僕と管理人さんの憑いてる日常 上

boku to kanri nin san no tsuiteru nichijou

僕と管理人さんの憑いてる日常 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
23
評価数
7
平均
3.4 / 5
神率
28.6%
著者
すず黄 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784815500764

あらすじ

憑かれる男と視える男の年の差オカルトBL!!
最強霊媒師オジサン×取り憑かれ体質リーマン

サラリーマン有沢斎(ありさわ・いつき)の朝は、以前自分をナンパ(?)してきたおっさんとの挨拶から始まる。
おっさんこと加々見惣一(かがみ・そういち)は斎の住むマンションの管理人。
“霊が視える"ことを理由に斎に構っては、面倒事に巻き込んだり巻き込まれたり――!?

僕と管理人さんの非日常な日常が始まる!!

表題作僕と管理人さんの憑いてる日常 上

加々見惣一(マンション管理人)※攻め受けなし
有沢斎(サラリーマン)※攻め受けなし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

世話焼きおじさま♡

憑かれやすい体質のサラリーマン斎と、
斎の住むマンションの管理人で霊が見えて払うことが出来る加々見のお話。

いつも霊を引き寄せて憑かれまくっている斎をほっとけなくて
何かと世話を焼いてしまう加々見さんのツンデレおじ様感♪(デレ=祓い)

霊能者の多い一族に生まれたが祓ったり等霊ごとを
”仕事”とすることが嫌な加々見さんが
マンションオーナーでもある斎の叔母に頼まれたとは言え
毎度なんだかんだで斎の面倒を見るのにキュン♡ってしちゃいます。

しかし、BL感はかなり薄め!

2

BL風味はごく薄味

※上下巻まとめてのレビューとなります

あと一歩、踏み込んだらそこはBL!
今は微かに匂う、くらいのお話でした。

お話自体はテンポがよく登場人物たちも笑えて、すごく面白く読ませていただきました。
オカルトすきの同僚たちや女性陣がとぼけていてパワフルで、こういうほっこりしたお話好きです。

転勤を機に叔母の経営するマンションに越してきた有沢斎(いつき)。
斎は歩けば当たるようか霊に憑かれやすい体質で知らず知らず危ない目にあっています。

引越しの1ヶ月前、斎はバス停でオッサンにナンパされたのですが、そのオッサンこそが斎のマンションの管理人:加々見。

実は加々見は霊が視える血筋で斎との初対面はナンパではなく、斎に憑いていた霊に声をかけていただけだったのですが、斎は加々見に対して警戒心全開でいちいち過剰反応をしてしまいます。

それでも何度も憑かれる→落とす、を繰り返すうちに斎は加々見がいることに安心感を覚え、縁談が持ちこまれた加々見のあとをつけたりと感情に変化が出てきます。

加々見も笑顔を見せるようになった斎に祓うだけではない気持ちで放っておけなくなります。
自分の視える体質が疎ましく他人に深入りしないと決めていた加々見が「厄介な人間関係」を抱えてもいいと思えるようになる…という描写があるのに!
べそかいた年下男子に抱きつかれてるのに!

↑上巻はここまでとしても、下巻では加々見の体は勝手に斎のみに有効な修業を始めたり、来世の話まで出てるのにキスもなし(霊に憑かれた斎が加々見にキスをしようとしたけど未遂)
んもー!!加々見さん、そこは大人が動きなさいよ←

自分がモブになって煽りたいくらいエロの欠片もありませんでした。
清々しいほどノーエロ。
面倒くさがりの面倒みのよさという年の差Loveの醍醐味を発揮して関係がちょっと進んだふたりを見てみたいので続編が出たらいいなぁ、と思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ