三兄弟、おにいちゃんの恋【BLCD】

sankyoudai oniichan no koi

三兄弟、おにいちゃんの恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
89
評価数
19
平均
4.7 / 5
神率
73.7%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
スタジオマウス、麻生真衣
脚本
茶乃原ゆげ
原画・イラスト
コウキ。
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
133 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4580166733197

あらすじ

美貌の三兄弟、ラン・ミキ・スー。
それぞれ父親は違うものの、お互いが大好きすぎる仲良し兄弟。
天使のような見た目の次男・ミキに対し、劣等感を抱いている長男のランは、ミキの親友・アイに淡い想いを寄せていた。
だけど、ミキもアイのこと好きだって知っているから、この恋は内緒。
そんななか、仕事の客相手にウリをしていることをアイに知られてしまい…?

おにいちゃんの恋をきっかけに兄弟に少しずつ変化が起こっていく―――。
大胆で破天荒、だけどとっても繊細な三兄弟たちの恋のおはなしが、大ボリューム2枚組み仕様でドラマCD化!
「三兄弟、じなんぼうの恋」「三兄弟、末っ子の恋」も収録。

表題作 三兄弟、おにいちゃんの恋

アイ → 神尾晋一郎

ラン → 駒田航

同時収録作 三兄弟、じなんぼうの恋

ルイ → 野上翔

ミキ → 中島ヨシキ

同時収録作 三兄弟、末っ子の恋

スー → 山下誠一郎

甲斐 → 笠間淳

レビュー投稿数7

この世に送り出してくれてありがとうございます!!

キャスト様発表があってからひたすら発売を待ちわびておりました!!
原作もとても笑いあり癒しありでしたが、音源化されるとあってとっても楽しみでしたが、いざ視聴…!大大大満足…!!!三組のカップル+各所に交わる百合…!!

〇1組目…アイ×ラン
素晴らしき英語…!!(笑)アイ役が神尾さん、ランが駒田さんと発表されてから、この2人でなければ誰ができる(笑)というくらい最高のキャスティングでした…!ランさんが本当に美しくて可憐で本当にエロスで溢れております!初っ端のモブとの絡みでこれは海外ドラマか?というくらい流暢すぎる英語での絡み…既に大興奮です///
アイとの絡みはもちろん低音ボイスがさらにたまらなく響くうえ、またおふたりの英語での会話は美そのものでした(つω`*)
後半になるとミキ×ランも交えて百合の大放出…!ヨシキさんのミキが可愛くて可愛くてランとの組み合わせはもう天使しかいない‪( ; ; )‬


〇2組目…ルイ×ミキ
ヨシキさんと野上さんのお2人の掛け合いはずっと聴いてきていたのですが、今作は受攻逆になるということでさらに楽しみにしておりました!
コウキ。先生も仰っておられたとおり、嫌なことがあったりつらいことがあった時にこの2人のお話を是非聴いて欲しいとのことでしたが、本当癒されます(//ω//)とにかく癒し(笑)先生の仰っていらしたとおりにゃんこ動画の音声版(笑)
我儘でバブちゃんみ溢れるミキ様が可愛くて可愛くて、そこへ1番常識人に思えるけどちょっとヤンデレ気質のあるルイくんはとにかく可愛くてしっかりルイ×ミキの受攻の組み合わせであるのはあるのですが、ルイくんも可愛いから百合というか本当に2人ともにゃんこ!完全にママと赤ちゃんな感じですがそこがまた良い!可愛い!天使!!
ミキもルイも結構ギャグ要素もあったりで演じているお2人も全力で楽しんでいるのが凄く伝わってきました!キャストトークでネタにされまくる‘おったっチン’ワードは本当に最高すぎました(笑)


〇3組目…スー×甲斐
山下さんの透き通るようなお声にホワワンとしたすーに癒されつつも全力で攻なギャップも最高でしたし、今回笠間さんが初受役ということでこれもまた楽しみすぎました!笠間さんの低音のお声で受が聴けるなんて既に最高すぎます(照)
先生がまた可愛らしくて…可愛いのにパパみ溢れてております!

書き下ろしショートストーリーも音源化されており、3組のエッチなシーンが一気に聴けて幸せ盛りだくさんです!
そしてキャストトークはまさにもう皆さん男子校か!なノリで爆笑トークとパワーワードの連発で凄く楽しんでいらして聴いていて本当に楽しかったです!
買ってよかった…!こんな素晴らしき作品を世に送り出してくださったことに大感謝です(//ω//)

10

可愛い×3

とても楽しく、可愛さがいっぱい詰まった作品でした。
以下、3カップルそれぞれのざっくりした感想です。

▼おにいちゃんの恋(アイ×ラン)
白状してしまうと完全にキャスト買いだったのですが、実際にフルで聴いてみて「これ以上のキャスティングはないだろう!」と改めて思いました。
ラン(駒田さん)の長男としてのしっかり者の顔と、アイの前でとろとろになる恋人の顔。このふたつの自然な切り替えとギャップが、とても艶っぽくて素敵でした。
お相手のアイ(神尾さん)は、年下だけれどおにいちゃんを甘やかしてくれる大人な恋人。余裕たっぷりの態度と声音には、これはランも安心して甘えられる……! という確かな説得力があります。
そしてこのカップルの一番の聴きどころと言えば、やはり流暢な英語での会話ではないでしょうか。原作を読んでいて、この横書きの会話(英語)はどうなるんだろうと思っていたところが、そのまま素直に英語になっていて大感謝でした。原作を読みながら聴くと、より楽しめるのではないかと思います。
洋画のように贅沢であまあまなカップルでした。

▼じなんぼうの恋(ルイ×ミキ)
一番ワガママで一番かわいいミキの話です。
実際にいたらこれはちょっと持て余すな……と思わせておきながら、「でもミキだから」で全て片付いてしまう愛されオーラ溢れるミキ(中島さん)。意地っ張りだったり勝手だったりするけれど、だんだん素直に、丸くなっていく過程がとても微笑ましかったです。
お相手のルイ(野上さん)はまさに従順な大型犬といった雰囲気。それが優しく、しかし時にはぐいっと攻めていく姿がたまりませんでした。迷言「おったっチン」も必聴です。

▼末っ子の恋(スー×甲斐)
エピソードとしては一番シリアスなものがぶっ込まれているのですが、いい意味でさらりと聴けるトラックでした。
どこまでも真っ直ぐなカップルです。
スー(山下さん)は淡々とした口調でありながら、そこには先生に対する思いをきちんと孕んでいて、ニュートラルな中にもスイッチがあり、それがカチッと入ってからが年下攻めの本領発揮でした。可愛いのとカッコイイのが絶妙に混ざるとこうなるんだという素晴らしい見本だと思います。
お相手は甲斐先生(笠間さん)。
3カップルの中で一番年上です。お声が想像していたよりも低めで、このお声で受けなんて最高じゃない……? と思いましたがやはり最高でした。
スーから離れた方がいいと思っていて、でも自分からは離れられないという大人の狡さがあり、しかしそこには先生自身の過去の辛い経験があり。この作品のビターな部分を一身に背負っていると言ってもよいのではないでしょうか。
個人的にこれからが一番楽しみなカップルです。

▼その他
・細かいところですが、タイトルコールが長男カップルだったの、みんなを引っ張っていくおにいちゃんっぽくて好きです。
・(本筋とは少し逸れますが)長男カップルのトラックには、ホテルの男性客とランの絡み(未遂)があり、そこでなんと英語の台詞に日本語を被せた、いわゆるボイスオーバーが聴けてしまいます。感謝。

とにかくひたすら可愛いものが聴きたい! 癒されたい! という方におすすめしたい作品です。

7

大大大満足

2枚組の本編と、わちゃわちゃトークCDに、大大大満足でした(^○^)!!
ランさん…まさに美人受け笑!駒田さん、上品なエロって感じが素晴らしい!!しかも、ミキとスーの"お兄ちゃん感"も日常会話から感じて、面倒見が良さそう。基本アイに対しても年上な感じに接するけど、エッチのときは主導権握られているのがいい笑。両思いエッチのあとから、僅かにランさんのみんなに対する口調が甘い。
アイ…妄想通りで推し感が更に増しました(#^.^#)甘え上手なんだけど雄みもある。まさに年下攻め!!!低すぎず高すぎずな声が心地良くて、目をつぶって堪能させて頂きました笑(^○^)心の声に吹きました、面白さが絶妙笑!神尾さん、好きです(^_^)
ミキ…ワガママで寂しがり屋感伝わるー!!ヤンチャっ気と女王様気質な美人さと両方あるといいなって思っていたら、ビンビンきました笑!攻めのルイと声のトーンにあまり差がないイメージをしていたので、そこがドンピシャ。中島さんって可愛いですね^^
ルイ…ミキより落ち着いているけど、めちゃくちゃ可愛い!ちょっとあざとさも感じる笑!攻めのトーンって割と低めが好きだったんですが、こんな可愛くてワンコ感出てるルイになら攻められたいぃ(#^.^#)主導権ミキに握られているけど、本当は"握らせている"感が出ていて、器の大きさも感じました。おったっちんだよー!
スー…末っ子っぽい笑!!スローな口調が可愛くて、でも先生に対しての男っぽい攻め感も出ていて、イメージぴったり!若いのに実は結構家庭の事情分かっているから、にぃにの言葉も響いてくるし、柔らかい口調の中にも芯を感じて、子供と大人の境界にいる子、そのイメージ通りでした( ◠‿◠ )
甲斐先生…パパァァァァァ(^○^)面倒見の良さが優しい口調に出ていて、かつ、若者の中にいる年配者のたたずまい、スーへの気持ち、場面場面で感じるものがたくさんありました。幸せになってほしいと強く感じました!

キャストトークがマジで大爆笑!駒田さんが弟達に手を焼くようなランさん化してました笑。おったっちんだよ、と、あながあったらこすりたい、この2択で盛り上がるのが最高で、このキャストの方々だったことが本当に幸せに感じました(^○^)

本編で兄弟愛も語られていてコミックスで泣きましたが、同じくドラマCDでも込み上げるものがありグッときました。面白いところ、泣けるところ、キュンキュンするところ、エロ大爆発、聴きどころ満載です。オススメ!コミックス読んだことある方は絶対オススメだし、未読の方はこのドラマCDを聴いたら絶対コミックスも欲しくなるはずです( ◠‿◠ )

5

BLCD素人にも伝わる面白さ

BLCDを普段あまり聴きません。
ですがこの作品はお気に入りです。

元々声優さんに明るいわけでもなく、また、聴いているとだんだん照れてきてしまったり、性的なシーンではそれがMAXになってしまうため、あまり興味を持ってきませんでした。

今回は原作既読での視聴だったのですが、この原作がまぁ、正直に申し上げると読みづらい。小ネタのサービスが多いのは嬉しいのですが、電子だと手書き文字が潰れて読めなかったりして、キャラクターや作品の空気自体は好きなんですが、ハマりきれずにいたんです。

そこにきて最近になってドラマCDが出たことを知り、キャストさんに最近興味を持っているコンテンツの方がいて、タイミングがあったとしか言えないんですが、ともかく、ミーハー心ありきで購入。



最高でした……………。
「ごちゃごちゃしていた部屋を、すっきり整理整頓してくれた!!」みたいな、この作品のいいところだけを上手に纏めてくれていて、結果的にすごく面白かったです。

クスッと笑えるところが絶妙なタイミングで入るからなんでしょうか、聴いているときに感じていた「あわわわわ///」という感情が一定数を超える前に次のシーンに動いてくれて、最後まで楽しく聴けました。3カップリング入ってるから飽きもなかったのでしょうか。

以下、普段CDを聴かない腐女子としての精一杯の感想です。

長男カップリング
…聴いてる時に自分の周りの空気が浄化されていくのを感じました。
英語の会話や演じられてる声優さんの個性なのでしょうか?下品なことを言っている最中にもどこか清潔感がある気がします。おかげで「もっと!もっとやれ!」って、あんなに照れてた性的なシーンで柄にもなくテンションが上がってしまいました。
 空港のトイレでエッチするシーン、原作を読んだ時にすごく萌えてたんですが、会話だけで行為の描写はカットでした…。でもコミックスの最後に収録されていた、お母さんのベッドでエッチするシーンが入っていて、大人の内緒の遊び感がとっても良かった…。


次男カップリング
…話が進むにつれ、自分が赤ん坊だったころを思い出しました。
こんなにいとおしそうに受けに話かける攻めがBLCDでは簡単に聴けるんですか…?
 初心者には声質が似て感じられたため、どちらの台詞かわからないところもあったんですが、それが逆によかった。受けの一言一言がただひたすらかわいいとしか感じられず、
「私の耳に彼氏フィルターでも付いたのかな?」
と思ったんですが、恐らく、攻めの受けへの演技がものすごく柔らかくて、愛おしそうだからなんですね。
 二人の声がマリア―ジュしてやわらかなおくるみに包まれるようなエッチシーンでした。


三男カップリング
…実は原作ではあまりピンときてなくて、どちらかというと三男×長男の描写に萌えていたんですが、視聴後見事におじさん受けに目覚めてしまいました。
 三男カップルのお二方の演技が、あまり声優さんに関心のない自分にはとても自然に感じられて、見た目や設定的に一番癖の強いカップルなのにスルッと耳に入ってきました。そして耳の中でぐるぐる…ぐるぐる…ぐるぐる…私の理性を弄ばれました。
 のんびりぽやんとしてる末っ子が、ちゃんと男の子というか、男としての面を持っていることと、きっちりカチッと教師然としていた先生が、自分自身の気持ちに戸惑いながらも乱れる様が、背徳感?とか、「あんなに小さかったあの子が…?」感の凄さに、最後の台詞で拍手しました。


気付くのが遅くなってキャストトーク特典が間に合わなかったのが残念です。聴きたかった…。
それでも、このCDはリピートしやすくて、既に何回か聴き返しているので、コスパはいいなと思いました。

話せる友達がいなくて、ついここに感想を投稿しに来てしまいましたが、続編が連載開始するということを、このタイミングで知ったので、次もCD化して欲しいです。

3

これ、好き。大好き。

10年以上BLCD聴いていますが、5本の指に入るくらい好きな作品です。

でも実は予測と違うところが多くて、いい意味で裏切られました。

アイ×ラン
長男CPです。ランはビッチで華奢な描かれ方をしていたので、
何となくラテン系な小悪魔のイメージをもってしまっていたのですが
駒田さんの音声聞いたらすっかりジェントルマンでした!!!
漏れ出る気品が素晴らしい。でも設定も英国ではなくて、
ママは日米ハーフでランのパパは米軍の兵士なので
4分の3アメリカなのです。でも駒ちゃんの英語は米語ではない!
だからといってゴリゴリのクイーンズイングリッシュでもない!
ありそうでない、ヨーロピアンなイケメン紳士の素敵なお声にうっとりしました。

神尾さんのアイは、ダンディーでしたよ。こちらも原作設定は
金持ちボンボンで体格がいいというものだったので、
我が強い感じに聞こえるのかと思っていましたが
独特のリズムでの台詞回しが、優しい甘ったれに仕上がっていました。

ルイ×ミキ
ヨシキ×野上んの設定をずっと聞いていたので、リバか?どうなるんだ?
と思いましたがリバ感は全くありません。
ひたすらわがままでかわいくてコミカルなヨシキのミキを
「そうだね、そうだね」となだめるルイ役の野上んの声も優しくて
器の大きさを感じられる攻めになっておりました。

二人とも仲良しでコミカル系のお芝居が好きと公言しているので、
このチームどこまでいっちゃうんだろうか?的な心配は少しありましたが、
やりすぎではなかったです。パワーワードはありましたが、
ストーリーと、キャラクターの魅力を余すところなく伝えてくれています。

スー×先生
スーも設定として、褐色の肌と大きな体躯というのがあったのですが、
山下さんのスーはひたすらかわいかったです。これはこれでいいと思う。
声質といい、ぼーっとしているかわいい役を演じるのに
山下君以上の適任はいないでしょう。

そして先生役の笠間さんの受け!が、とても素敵でした。
年の離れた先生を演じている割にはおじさんすぎず、
真面目に生きてきている感じとか、流されちゃう感じがとても上手でした。

CD聴きの皆さんに強く強くおすすめしたい作品ですが、
2枚組なので値段がするんですよ。
でも3組のCPがそれぞれ違ったトーンで物語を薦めてくれるので、
2作買うならこれでもいいと思う。
原作とはまた違う、予想と違った音の魅力を楽しめます。

2

【大満足♥️みんな可愛い3カップル!!】

※原作未読です。軽度のネタバレ(?)あります。

今回は声優さんに惹かれて購入しました!
どのお方も可愛いらしくて聞きながらもだえてしまいました…(´ρ`)
一組目のカップルが最近BL界でご活躍されている駒田さんということだったので期待に胸を膨らませながらトラックをスタート!
語りから入る駒田さん。
少し切なく語る駒田さんの演技が見所です
これは兄弟&他キャラを巻き込んで揉める系か?!、と思いきや兄弟のイチャイチャ…
とんでもなく可愛い生き物がそこにいました。
弟にコンプレックスを感じつつも甘やかしてしまうちょいダメお兄ちゃんがたまりません!!
とてもオープンな兄弟+αが繰り広げる下ネタの数々はツッコミ所が満載で大笑いしてしまいました。
本番シーンでは挿入までの初初しさが残っていて微笑ましi…プロを感じられました。
神尾さんが演じるアイは兄弟を成長させる大切なきっかけとなっているので是非聞いて下さい!
二組目のカップルは野上翔さんと中島ヨシキさんの喘ぎがあまりにも可愛すぎて「最早百合!!!!!!!!」と叫びたくなるほどでした\(^o^)/

エロ:笑い=3:7と感じました。
ギャグを求める腐女子必見ですね。
聞いて後悔なし!!!!!!!!、と思った素晴らしい作品でした。
ちなみに駒田さんと神尾さんが英語で愛し合うシーンが度々ありますが、お二人とも発音が良すぎて私には全て聞き取れませんでした。(^_^;)
いつか英会話CDがでると良いですね。

4

わかりやすくなった

原作既読です。

コミックスで読むよりも他の方もおっしゃってますが、音声で聴く方が分かりやすいかも。
原作は情報量が多く多少流れが分かりにくい部分があったのですが、音声化されることですっきりまとまって聴きやすくアレンジされてます。

3兄弟のそれぞれの恋。
お兄ちゃんは弟の前でやっぱり色んな意味で頑張ってたけど自分が甘えられる相手が出来て良かった。
兄弟だけどお母さん一緒で皆父親違いということで見た目も似てないけど子供のころから頑張ってきたラン。ミキとスーにもお兄ちゃんとして愛されてる。
英語のセリフにボイスオーバー新鮮でした。駒田さん本当英語お上手。
お相手のアイの神尾さんも低音の声がかっこ良い。駒田さんの受け初めて聴きましたが違和感なく過剰でも過少でもなく丁度いい感じ。

真ん中のミキは見た目がいいせいか、割とわがまま放題。
幼い時おじさんに襲われそうになったり、見た目で得することもあればそんな部分もあったけど、変に擦れずいっぱい皆に愛されて育ったんだな。
昔隣に住んでたルイが休みで帰ってきていて、兄は留学のお供、スーは友達の家に行ってる間ルイがミキのお世話係。
昔告白してこっぴどく振られたせいで東京の学校に進学して寮生活なのに、ミキは振ったことあんまりはっきり覚えてない。でも側にいるうちにルイとHす仲というか恋人に。
ミキには尽くしてくれる相手が必要だからね。
わがまま放題で自由奔放なミキを中島さんぴったり。そしてかわいい。
ルイの野上さんは声だけでいい人感出てる。

最後は末っ子スー
スーって末っ子だから本当皆自由な3兄弟の中でも特に自由でマイペース。
家族に愛されてる。そして家族が好き。
上2人は受けだったけどスーは先生抱いてたのね。
先生も家庭環境のせいか、スーに抵抗しないし、割とすんなり最初からスーを受け入れてたような。
先生と生徒という禁断な感じもあるけど、もうそんなのすっとばしてちゃんと恋人として好きだったのね。
山下さんのスー兄弟のまえではかわいく、先生の前ではちょっと雄みが。
先生の笠間さん受けがお初ということですが、生徒に翻弄される先生が中々いい感じでした。

原作は若干読み辛さを感じたのですが、ドラマCDだとすっきり整理整頓されてストーリーに入り込みやすかったので、原作未読で、キャスト様目当てでも大丈夫だと思います。
2枚組とボリュームたっぷりですがあっという間でした。
それぞれの恋と兄弟愛が良かったです。 

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う