ヤリすぎブラザーズ

yarisugi brothers

ヤリすぎブラザーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×217
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

273

レビュー数
8
得点
135
評価数
34
平均
4 / 5
神率
26.5%
著者
魚ともみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799744895

あらすじ

「ひなたの暴力は、ご褒美です」
傍若無人でワガママ放題のイケメンモデルひなた。
息子の困った性格を直すべく、
父親が用意したのは義理の“お兄ちゃん”だった!
“お兄ちゃん”こと弁護士の卵・月は、
ひなたのお尻を真顔で狙うド変態!
一つ屋根の下、ひなたは貞操を守れるのか!?
電車で痴漢プレイ、モブにハメられAV撮影、
海でコリコリ前立腺マッサージ、
愛情たっぷりお浄めSEXまで、くまなく収録!
描き下ろしは家族が寝た後の声ガマンえっち

表題作ヤリすぎブラザーズ

ユエ(突然義兄になった弁護士の卵)
ひなた・19歳(モデル)

その他の収録作品

  • やりすぎブラザーズ epilogue
  • 電子限定描き下ろし
  • カバー下:あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

日焼けビキニパンツ最高

褐色肌だけでもエロいのにパンツ跡もしっかりあるので最高です!
褐色肌を活かすべくページのほとんどが半裸なので存分に楽しめます。
褐色受けはガチムチやイケメンが多い中、今作は可愛い系なのも高ポイントです♡

お薬飲まされてからのモブレがあるので苦手な人は注意です。個人的には大好物でした!

3年ぶりの魚ともみさんの新巻、存分に楽しめました。
とてもエロい身体を描く作者さんなのでまだまだいっぱい描いてほしいです。

0

お兄ちゃん

とってもお久しぶりな新刊ですね(*´ω`*)まってましたv

今回も兄弟ものです。
義☆兄弟です。
唐突に兄弟コンニチワでございます。
ダメダメな弟を躾るまともな兄とのラブバトルかと思いきや
どんだ変態が現れましたねw
途中なんだかすごくいい雰囲気というか、
至極まともでスバラシイ人間だったのでは・・・と思いかけましたが
結局のところド・変態でしたね。
二度見してはいけません((´∀`*))ヶラヶラ

受のお尻よりも毎日息子の喘ぎ声を聞く父の気苦労の方が心配ですが
甘く楽しく読ませていただきました。
お兄ちゃんプレイは好きだけど、コレはなんか違う気がする。

0

ヤバすぎお兄ちゃん

サーフィンが趣味で健康的な褐色肌が私の好感度
増し増しのモデルのひなた。
弁護士でむっつりな義理のお兄ちゃんのユエに
溺愛執着されてます。

こちらのひなた、何かとエロいトラブルに巻き込まれ、
その度に際どいことされちゃうんですが、
あれ?大概ユエ絡んどるな?みたいな(笑)

それでひなたがへこたれない強めのメンタルの持ち主
なので、ど変態のユエといい勝負というか。

ひなたの身体がしなやかで綺麗で、乳首と形のいい
おしりの描写がいいかんじでしたが、
お兄「たん」より「ちゃん」のほうが私は萌えるな、と
思いました。個人的嗜好です。

ヤルことはしっかり、でも気持ちもしっかり結ばれてる
なんだかんだとお似合いなふたりでした。
ご褒美はほどほどに…。

2

コミカルアホエロ

個人的に「魚ともみ先生=かわいいエロ」なので楽しく満足な一冊でした。
これは色々考えて読んではダメなやつですね(笑)
弁護士なのに攻めが受けを痴漢から守った後に自分が続きをしちゃったり、
なによりお父さんが寛容すぎたり♪
でも、全部ひっくるめて「そんなとこが可愛い」ってなりました。

そして何より…褐色受けのエロさ!!
私は兄弟モノが大好物なのですが、この作品の「兄弟」は
背徳感というよりもイメクラ感覚に近かった気がします。

1

突っ込みどころが満載(笑)



いい意味?で、突っ込みどころが満載だったなぁ(笑)

あらすじサラッと読んだときに、義理の兄とあったので、親同士再婚的な感じかな?と思っていたら、そういうわけでもなく、なんかサラッとお父さんが養子にしたから~義理のお兄ちゃんだよ~。って、まずそこでまじか!!と、なりました。(笑)


この義兄がまぁ、変態で変態で(笑)

公園でのやり取りも、いやいや、だからってズボン脱ぐ?!義兄捕まるわ!(笑)
お前本当に、弁護士か!!(笑)


お父さんも、心が広すぎてマジかよんって感じで(笑)
私的には、突っ込みどころが満載だったけど、エロいシーンも多くて、笑える作品でした。

2

お義父さんが寛容過ぎ!変態能面が好き放題!文字通り、ヤリすぎ‼︎

これは、アレですね。『セクハラブラザーズ』と対を成す作品なのかなぁ、と。
『セクハラ』が、弟攻めなら、こちらは兄攻め。まぁ、非常にぐっちょんぐっちょんにされるがままだろう事は 覚悟して読んでみたのですが、絵が綺麗になっているのも相まって、非常にマイルドに感じられました。その感じやすい身体から落してやろう!ってのは同じかもしれませんが、多分、ユエが思ってた以上にひなたが素直で良い子なので、簡単に落ちます。
弟だからなのか。

いい大人が突然義兄になったと言う、トンデモ。
『セクハラ』は、親同士の再婚っていう BLあるあるだったけど、本作は そういう訳では無い。
後に明かされる謎となっていく。いやはや義理の息子は確かに優秀かもしれないけども。実の息子がいいようにされちゃってますよ⁈ お義父さん‼︎っていう、お義父さんの寛容ぶりにビックリです。
しかし、このお義父さんの寛容さが、このトンデモ物語を温かいものにしてるのだなぁ、と次第に気付く。
大切な人を亡くした父、寂しかった兄。そして甘えたいさかりに母を亡くした弟。
実は〜、新しい家族の在り方を描いた物語だったのだー‼︎ なんてね。
終わり良ければ全て良しです。
そこは、ただのエロエロじゃないよ!っていう魚先生の矜持を感じられるところですかね。

イケメンなあまり 表情が乏しく、能面の様になっているユエの、執着と愛情の発露が全て真顔‼︎ 変態能面野郎になっているのが可笑しくて、笑えます。カッコいい顔して言ってるけど、それただの変態だから‼︎ 私が気に入ってるのは、モデルであるひなたの夏の撮影で、肌も露わな水着撮影を「エッチな雑誌への出演禁止。」って言い切っちゃうところ。いやそれ、ファッション誌だし!エッチな目で見てるのお義兄さんだけだし‼︎ いや待てよ、世のそういう人はコレはコレで、エッチな目で見てるのか⁈ と、妄想してみたり。このお義兄さんの不穏な発言が後に当たらずとも遠からずな事件に発展して行くという、ニクい導入部になっていたり。騙されて、本当にエッチな撮影現場に連れて行かれてしまうひなたですが、BLあるあるで、ちゃんと救出されたり。その後のお清めエッチまで、すすすーっと読ませてしまう手腕はさすが‼︎ の一言に尽きます。
魚先生は、ひなたを酷い目に遭わせたレン先輩を救済したかったみたいです。彼については詳しく描かれて無いけれど、元々は彼も騙されて堕ちてしまった様なので、可哀想だったかも。
それより気弱そうなマネージャーの秋元さんが悪くて、しかも途中で消えています。彼も脅されてたのかもしれませんが、彼にこそ天誅を!

ユエは家庭的なものに焦がれていたのかもしれませんが、最中に「お兄ちゃん」と呼ばせたがるのはただの変態。激し過ぎて、ひなたが「お兄たんっ」と言ってしまうところに最萌えしちゃう!フツーはその禁断の葛藤から兄とは呼ばせたく無い筈なんだけど、進んで呼ばせたがるとこも可笑しくて。
終始変なんだけど、可笑しくて。
エロはお題アンソロの様にテンコ盛りですが、ブツ切り感が全く無いのも凄いと思いました。
あと、棒ドーナツを食べさせるのがエロいです。勿論ユエの確信犯ですが、「お義母さんの味」という抗えない魅力を利用するのは卑怯。お義父さんが、ユエの野望になかなか気付かないのも仕方ないよね。

2

褐色日焼けのパンツ跡を愛でる楽しいエロ

丸々一冊表題作、これぞ魚先生の作品!という感じです。
3年掛かってのコミックス化、色々とご苦労があったようですが、新作が拝めて嬉しい。

アンソロの寄せ集めではないので、ただエロを楽しむだけではなく話も読ませてくれる内容。
痴漢、青姦、剃毛、鏡前プレイ、水着モデル撮影で弄られまくり、ゲイビ撮影未遂…エロが山盛り。
ひなたの褐色日焼けパンツ跡を愛でながらのプレイ、存分に楽しませて頂きました。

弁護士の父のアシスタントとして雇われたユエを、
我儘で協調性のない息子ひなたの再教育にと養子にし、義兄弟として一緒に生活することに…。
相変らずぶっとんだ設定で、魚先生の描く父はどこか突き抜けている。

ひなたを守ると言いながら、隙あらばエロを仕掛けてくるクール黒髪イケメンのユエに、
抗いながらも気持ちよくなるという、このひなたのチョロい流されっぷりがいいのです。

初っ端の痴漢話、痴漢から助けた本人が痴漢するという、あるあるですがエロかった。
朝の公園で寝ているひなたに、膝枕で棒ドーナツを咥えさせるユエが、
スーツ姿で下半身ズボンなし…エロ以外はコミカルだけでなくアホギャグ込みなので忙しい。

新人モデルのひなたが、水着撮影で尊敬する先輩モデルに弄られまくり…この場面は萌えました。
撮影をやめる訳にもいかず、撮影スタッフに見られながらの乳首攻めで、
どんどんいい表情を見せるひなたが色気たっぷりがで、エロカワイイ。

ユエとの絡みでももちろん乳首攻めがたっぷり。
形もですが弄りかたがエロくて、魚先生の描く乳首攻めが大好きです。
そして、毎話エロありなんですが、全部凝っていて見応えありのエロでした。

いつもスーツ姿で決めたユエが、海辺の撮影で水着姿を披露するんですが、
身体もカッコイイだけでなく、黒髪をおろすと更に色気が増す男前っぷりは眼福。

この二人、最後は結婚まで…
兄弟、同性でも結婚できる法律に変えると、弁護士ユエが決意し賛同する父でした。

この作品は何といっても、作画がキレイで生き生きしていて丁寧。
電子限定の描き下ろしはフルカラーで、肌が透けた描写での素股が…カットが上手くてエロい。

エロテンコ盛りですが、疲れることなく一気読みするオモシロさでした。

※シーモア:修正は白抜きです。

3

エロ特化です(良い意味で)

レーベル間違って買ったかな、と思うほどエロ特化でした。
ただ本番が多いという事はなく、フェチ要素が多い気がします。好きです。
受けの褐色の日焼けパンツ跡とかおにいたんと呼んでしまう所とか萌えました…。
パンツ跡については、インタビューにて先生は電子では潰れたかもと仰っておりましたが充分堪能させて頂きました。
エロ特化のBL作品はマンネリというか、とりあえず入れておけば(物理)な作業の用な作品も多いですが、今作は色々なシチュエーションで楽しめました。

ストーリー的には浅めですが、それを望む作品ではないと思います。
絵もとても綺麗です。

本編も素晴らしいのですが、作品を読ませて頂いて一番心に残っているのは後書きの「BLのLはレイプのL」です。その発想。
Rですがその辺は置いておいて、今作のような特徴あるエロに特化した作品をこれからも是非描いて頂ければと思います。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ