俺にはアンタしかいねぇんだよ、兄貴

spilt milk -スプリット・ミルク-

spilt milk -スプリット・ミルク-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
4
得点
92
評価数
24
平均
3.9 / 5
神率
41.7%
著者
dotsuco 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
KiR comics
発売日
価格
¥663(税抜)  
ISBN
9784815530082

あらすじ

破門された半グレ狂犬×寡黙なエリート若頭の下克上執着愛 烏羽一鉄と城金吟磁は、兄弟の契りを結んだにもかかわらず ある事件がきっかけで絶縁状態になっている。 吟磁は兄分であった一鉄に裏切られたと憎む一方、 身寄りのない自分に手を差し伸べてくれた一鉄を忘れられずにいた。 やり場のない怒りと喪失感を持て余した吟磁は、 堅物の一鉄に淫らな辱めを受けさせることで 溜飲を下げようとするのだが……。 濃厚溺愛セックス8P描き下ろし! 大型新人dotsucoが贈る、至高の極道エロティカ。

表題作spilt milk -スプリット・ミルク-

城金吟磁(城金組組長)
烏羽一鉄(能木組若頭・吟磁の元兄貴分)

その他の収録作品

  • あとがき
  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

想い合いからのすれ違いは切ないけど尊い

初コミックスとの事で、まずは第一に絵が超好み♪

お話はヤクザの兄弟盃を交わした二人の執着愛♡

子供の時に一鉄に拾って貰ってからずっと慕ってきたのに、突然の破門。
裏切られた憎しみを抱えながら代紋を持たない半グレ上がりの集まりのような組の頭となる吟磁。
復讐をしようとするも一鉄への想いが捨てきれず、憎さだけじゃなくて裏切られたと思ってる悲しさが現れるのたまらなく切ない。なのに・・・なんか可愛い。

最初の復讐で下のモンに一鉄を陵辱させるけど、その時の感度がよすぎて一鉄に男の経験があると思い込んでる吟磁が、ラストの幸せセックスで”初めて”と知ってビックリしまくるのがめちゃくちゃ可愛かったです♡

0

裏切りと憎しみの裏にあるもの

 表裏一体の愛と憎しみから幕を開け、回を重ねる事に明らかになっていく真実、その先に待ち受けるは過去との決着、そこから再び紡がれる絆、暗闇から朝焼けの空に向かって駆け抜けるような構成。

 イラストやあらすじに惹かれて購入したので、正直ヤクザの事はよく解りません。ただ、前半のヤクザっぽいエグさと、終盤のBLらしい甘さには若干テイストの差を感じるものがあります。
 時々入るデフォルメ顔や笑えるシーンがダークな世界に光を差し込むとも水を差すとも取れる…この作品の甘さと辛さの匙加減と、読み手が求める両者の比率の差に寄って良し悪しが別れてきそうではあります。

 エロは1話目が一番ハードです、モブレ…地雷だと思っていたんですが、これは吟磁の意思・命令により部下たちが遂行している、だから間接的に吟磁が犯しているのと同じで、気持ち的には一対一だと思うのですよ。
 一鉄は一切抵抗しない、それすらも本望であるかのように、吟磁へ犯した罪に自らを咎めるように全て受け入れる、その耐える姿にすら彼の強さを感じられる。
 犯される一鉄を見て気付いた吟磁の欲望からは、憎しみの裏に隠しきれない愛情が垣間見えているのです。

 そのプレイ内容が、挿入無しでありながら少しマニアックで充実したものでした。乳首責めから始まり、裸にネクタイを咥えた強制M字開脚姿に褐色肌が映える、一鉄には申し訳無いが眼福な情景。
 もっと凄いのはその後でローションを注入する描写があります、直接ボトルを挿して体内へ入れるのですが、浣腸シーンとかに興奮する私は無駄に喜んでしまった…変態でごめんなさい。※汚いやつは無いのでご安心を。

 ストーリーに関しては、ヤクザに詳しくないなりにツッコみたい所や疑問に思う所もありました。
 組織うんぬんも絡みはしますが、結局一番原動力となっているのは、お互いに個人の感情で、それで動いている印象が強かったです。
 突き放す者と執着する者、破門の理由と復讐の理由、根っこにある本心はきっと二人とも似たもの同士。

 それでも、回想と二人のバックグラウンドから始まり、サブキャラクターも交えながら明らかになっていく真相と互いの本音、そして黒幕…。終盤にはスリリングな銃撃シーン!全てを終えた後には雨上がりのような幸せな結末が待っている。
 読み応えのあるストーリーを前後真逆テイストのエロで挟む両者の両立には拍手を送りたいです、BLとしてはこれで良かったのでしょう。

 一鉄は何故吟磁を破門させたのか…その理由を知ってから読み返すとまた印象が違ってくると思います。

1

面白かったが少し物足りない

表紙の艶かしい乳首に惹かれ購入しました。
ヤクザもの、大好きなので期待をしすぎてしまいました。
ステキな設定で面白かったのですが、
話の展開が自分的に早いように感じ、あっさり読み終えてしまたったため……。

ストーリーはあらすじのとおりです。
そこに、多少の流血暴力シーンが加わります。

ストーリー ★★★☆☆
登場人物 ★★★☆☆
エロ度 ★★★★☆

一言で言うと、一度裏切られた兄貴分にものすごい執着している攻×寡黙真面目硬派兄貴受ですかね!

あと、コミックスではちんちんが完全白抜きで……。
乳首が素晴らしく期待をしていたのですが……。

1

ダークなドロドロ下剋上愛憎劇、でもラストは甘々

ずっと単行本化待ってました。
めちゃくちゃ良かったです。
肉厚の絵柄と骨太のストーリーに性癖をがつがつ抉られます。


元弟分で敵対組織の俺様組長×元兄分のクール男前な若頭の愛憎劇!!
攻めも受けもどっちもカッコイイ。今までで一番好きなヤクザBL漫画です。

まず絵が好き。
表紙からも分かる通り、むちむちかつしっかり筋肉のある肉感が素敵。
そしてお話もめっちゃくちゃ良いんです…。
凌辱、自責、愛憎劇からのラブラブHのカタルシスがすごい。


吟磁(銀髪の方)は一鉄(黒髪の方)の弟分です。吟磁は一鉄をとても慕っていましたが、とある事情で一鉄は吟磁を破門にします。
裏切られたと感じた吟磁は愛憎を抱えながら一鉄への(性的な)復讐を目論み、一方で一鉄は裏切ったという自責の念にかられ抵抗できずに身体を任せる…というお話です。

しょっぱな一話から吟磁が自分の部下に「そいつ(一鉄)をオンナにしろ」と命令し凌辱させるシーンがあります。挿入なしのモブレ。
一鉄は負い目があるので抵抗せずそのままおとなしく辱めを受けます。その姿を見て興奮してる吟磁の変態ぷりが最高。
(読み進めていくと分かりますが、吟磁はNTR地雷です。何でこんなことやらせたんだ…。挿入なしなら興奮するのかな)

2話目では無理やり抱いて自分の欲望を一鉄にぶつけるんですが、
そのときの吟磁の顔が、、、
いくら言葉で罵倒してても、もう一鉄のこと大好きなのが伝わってくるんですよね。
表情だけでこんなに伝わるのなかなかない…。憎くて、一鉄を壊したくて抱いてるはずなのに幸せそうな絶妙な表情が…。
そして抱かれながら「俺を見るお前の目は、あの日からずっと変わっていない」って思う一鉄が切ない。
吟磁は憎しみながらも、心の奥底ではずーーーーーっと好きで、
そして一鉄もそれをずーーーーっとわかっていたんですね。


ラストは本当に殺してしまうんじゃないかとハラハラしましたが、誤解もとけてハッピーエンドでした。その後のラブラブなエッチがめちゃくちゃ可愛い。

どちらも素直になってようやく結ばれた先なので、ふたりとも本当に可愛い。赤面する一鉄さん超可愛い。普段クールで笑顔があまりない一鉄さんが、満面の笑みで「俺もお前が好きだ」って。
吟磁じゃなくてもきゅーーーーーんってなるはずです。
Hのとき吟磁が、一鉄の感じやすい身体に不信感を覚え「アンタ初めてじゃないんだろ…男に抱かれるの」ってちょっと拗ねるとこも可愛い。(※初めてです)
あと、H中黒いソックスだけつけてる一鉄さんにフェチズムが刺激されました。

書き下ろしも最高で…
突っ込まれることは構わないけど男として上に乗りたいって理由で騎乗位をしてくれる一鉄さんと
ベッドの上でリードされるほどガキじゃないと責める吟磁のマウント合戦…。
どっちもカッコイイのとカワイイの両方見られて大満足です。


結ばれた後のふたりもずっと見ていたい。続巻でないかな~と本気で思ってます。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ