人魚姫の真珠

ningyohime no shinju

人魚姫の真珠
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×211
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
11
得点
157
評価数
46
平均
3.6 / 5
神率
34.8%
著者
北沢きょう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
華藤えれな 
媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
ISBN
9784199608049

あらすじ

人魚伝説がのこる海で織りなす、切なくも美しいLOVEストーリー♡ 豪華コラボで贈る珠玉のロマンティック・ファンタジー!!

アイルランド沖の小さな島で育ち、
海を自由に泳ぎ天候を予知する人魚の末裔・水凪。
その力ゆえに島民から疎まれてきた。
唯一優しくしてくれたのは、
島に来たばかりの若き侯爵・リアムだ。
密かに想いを寄せるが、ある夜、
遭難して瀕死となったリアムを人魚の力で救う。
「きみは俺が探していた伝説の人魚だ」
目覚めたリアムに求愛されるけれど、
水凪はどうしても自分の正体を告げられず!?

表題作人魚姫の真珠

ウイリアム(リアム)、若き公爵
水凪、人魚の末裔、19

その他の収録作品

  • 思いがけないヴァカンス (人魚姫の真珠、番外編) 華藤えれな
  • 思いがけないヴァカンス その後 (人魚姫の真珠、描き下ろし番外編)
  • あとがき

レビュー投稿数11


水凪くんが可哀想で可愛くて不憫で美しくて
たまらん


少しだけでもいいから従兄弟ざまぁがあれば最高だった(笑)
小説にはあるのかな?読んでみようかな


北沢きょう先生本当男に愛される男というか美しい受け描くのうますぎて…
攻めの圧倒的美も毎回息するの忘れるレベルですよね

1

水凪は本當にかわいそうすぎる~

北沢先生の絵が大好きですが...
生まれ故郷の島に男娼として扱われる、利用され、ゴミ箱のような存在...
3P、複数P、陵辱強姦、人前プレイ、AVを撮られる...全部が大嫌い!
ストーリーを読んだ心が痛くて、殺意が沸くでした!!

0

コミカライズから原作小説へ

北沢きょう先生の美麗な絵で華藤えれな先生のお話を楽しむ事が出来ました。

ちなみに原作小説は未読です。レビューを見る限り水凪に対する島民の扱いが酷いのと、従兄弟に裏切られたり、攻めのリアムも一時期辛く当たったりと書いてあります。

なので水凪が可哀想な表現に躊躇するという方には、こちらのコミカライズ版の方が読みやすいのでは無いかと思いました。

水凪は可哀想ではありますが純粋で心優しい青年として描かれているし、何と言ってもリアムが公平で正義感の強い人物だけど間違いは素直に認める人柄が強調されているように感じました。

それに巻末に華藤先生の番外編で水凪とリアムの幸せなその後が読めますよ♡

コミカライズ版から原作小説を読むパターンもありだと思いました。

0

神x100!!

言葉が要らない。。
そして攻めが格好よすぎてヤバイ

1

愛しあえる人生に感謝

小説のコミカライズ版です。
原作は未読ですがコミックスだけで十分に楽しめました。

人魚姫伝説になぞらえたお話なので、
ラストがバッドエンドだったらどうしようかと思いましたが、
ハッピーエンドで安心しました^^;

人魚の末裔・水凪が主人公の人外ものになります。
この水凪がとても不憫な子で、
癒しの力があることから村の男たちや訪れる富裕層の男たちの慰みものになっています……
本人は心と身体を分離してしまえることと、
村人の役に立てるということで喜んで身体を差し出しています。
その対価は少しの食べ物だけ……

ハッキリ言ってこの設定は要らなかったと思います。
水凪が可哀想というだけだなく、
人魚姫なのですから処女のままの方がよかったのではないでしょうか?

そして、王子にあたるのは公爵のリアム。
水凪を誤解してしまう場面はあるものの、
基本的に正義感があり優しい青年です。

ただ、リアムと秘書のサリヴァン以外はほとんどクソです。
水凪の母親も含めて……

ハッピーエンドで大変満足なのですが、
水凪が村を出たことで母の時のように村が荒れることはないのかな?
そこらへんの設定が曖昧だった気がします。

Hは多く、場所がほとんど岩場みたいな所だったため、
頭とか痛くないかしら?
と気になって仕方がありませんでした(^◇^;)
あと、水凪の乳首が大きいのが気になりました……
絵が綺麗なのもあって官能的でしたけどね。

つらつらと書き連ねましたが、総じて面白かったと思います^^
あと、扉絵がとても好きでした!

0

ただただ惜しい。。。

原作未読。
原作者様の他作品は2作品ほど既読しています。

小説を原作としたコミカライズに共通してるのは
やっぱり説明しすぎ、ということですね。
気持ちはわかります。漫画は表情とかコマわりとか俯瞰視点とかの表現で読者に
気づきをあたえますが、小説は説明で気づきを与えるから・・・。

なのでわたしはもう、小説原作のコミカライズは買いません。。。

小説でさへ、ご都合感を感じるので漫画になるともう違和感がすごかったです。
うーん。。。相性の問題だと思うので、わかりやすいものが好きな方であれば
こういった作品はいいと思います。
わたしは作品にもう少し主観の余力が欲しいタイプなので、
ここまでガチガチに設定、説明、気持ち、状況が描かれると萎えてしまいました。

絵柄はすごく好みですし、原作者様の小説作品のファンタジー設定はすきです。
中立寄りの萌評価になりました。

0

不憫の極み

人魚の水凪が恐ろしい程に不憫。

島民に雑に扱われ、村長には正当な報酬を貰えず、
友人に金は盗られ、唯一信頼している従兄弟にいいように使われ、
母親には代わりに男娼をさせられ。。。。。

それでも立ち向かう男気でもあれば応援しようともなりますが
水凪がネガティブ極めてて、最悪の状況にも関わらず
すんなり諦めてしまうのがなんとも。(悲)

唯一の救いはリアムが、水凪に酷く当たりっつも
違和感を感じている事でしたが、それもそこそこ後半でしたし
水凪の不幸が帳消しになる程のハピエンだったかと言われると・・・うん。

そして従兄弟のエメットが無理。
水凪に好かれているのか同情されているのか分からないけど
お咎め無しなのが納得いかない。

若干のモヤット感の残る作品でした。

2

水凪くん不憫で、健気で抱きしめたい( ; ; )

人魚の末裔の水凪と水凪の暮らす島に商売でやってきたリアム様の物語。

話の大筋は人魚姫を思わせるストーリーです。
水凪は人魚の末裔で海を自由に泳ぎまわれ、天気を予知できます。しかし、満月の夜に真珠を食べないと干からびてしまい、20歳までに人間と愛し合わなければ泡になり消えてしまいます。

水凪は島の中で厄介者扱いされ、身なりも汚くやっとのことで生活しています。
それも、人魚の力を持つ水凪の母親が駆け落ちして一度島を出て、水凪を連れて出戻りしたからです。
母親は島民に身体を売って生計を立ててましたが、ある時その役を水凪に押し付けます。

水凪は終始不幸な目にあいますが、「自分のせい」と思い自分を追い詰めていきます。
その姿が不憫で辛いですが、そんな健気な水凪がかわいくて仕方ないです。
心まで真珠のように美しいよ水凪くん・・・

そして、お相手のリアム様も芯があって曲がった事が嫌いでちょっと強引な愛情深い人でした。
途中、水凪くんに冷たく接する場面は悲しいです。

途中ハラハラしますが、水沢きょう先生の美麗なイラストに酔いしれます!オススメです!

1

ちょっと不憫すぎやしませんか

原作未読、きょう先生大好きなので購入。ちゃんとハピエンなのですが、受けが不憫すぎて怒ってしまったので中立です・・・先生ごめんなさい。雑誌掲載分9話分+えれな先生の書き下ろし4P+きょう先生の描き下ろし2P+あとがき1P。カバー下は表紙と同じ絵(単一カラー版)でした。

10歳の時に両親を亡くしたウィリアム・チチェスター・オブ・オドンネル侯爵。ようやく爵位を継ぎ、希少な真珠ブルーパールの養殖会社の経営のため、モルーア島(通称人魚島)を訪れます。現場の視察をしている最中に水凪(みなぎ)というみすぼらしい身なりの青年に出会います。彼は採ってきた天然のブルーパールをウィリアムに渡したので、まっとうな価格で買い取ったのですが、どうも不当な扱いを受けているようで・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
攻めの秘書(眼鏡イケメン♡)、フィン(島民、くず)、エメット(受けの従兄弟、イニス家の人間)、村長(くず)ぐらいでしょうか。

**超むかついたところ

メロウ(人魚)の子孫と言われるイニス家の血を引く水凪が、海神の声を聴け海の中でも魚のように泳ぐ力を持っているのは素敵だったし、下手すれば泡となって消える!なんて、ああ人魚姫!と思ってとっても良かったのですが!!!!!

狭い島で人間的な扱いを受けず、島民の性欲の受け皿のような事をすることにより日々の糧を得て・・って、えれな先生の書かれる不憫受けだよなああああととても思うのですが、どうしても不愉快でもうムカついてしまって、ダメでした。

綺麗に着飾った受けさんはキレイし、攻めさんもめっちゃカッコいいんですけど、とにかく不憫受けの扱い(二回三回と手酷い目に遭う)がひどすぎると感じてしまった一冊でした。

3

美しく不憫過ぎる人魚姫

原作既読。原作小説は華藤えれなさんです。
かなり主人公の境遇が悲惨な印象があったお話だったのですが、挿絵をされていた北沢きょうさんのコミカライズとの事で購入。
まず、表紙のイラストがあまりにも美しすぎますよね。
芸術作品のようでずっと眺めていられます…
本編の作画もとても美しいので、原作ファンはもちろん、北沢さんファンの方は特に必見です。
海や水の泡の表現、しなやかな身体の描き方が素晴らしいです。


以下、長めですが内容について。
舞台は人魚の伝説が残る島、モルーア島。
この島では人魚の伝説が信じられていて、イニス家では1代に1人ほど人魚の力を持った者が産まれ、その者は天候を読み、海の声を聞くことが出来、海を自由に泳げる…等、不思議な力を持っている事から神子として扱われていました。
人魚の力を持って産まれた者は、20歳までに愛する者と結ばれなければ海の泡となってしまいます。
今作の受けである水凪の母・ローズは人魚の能力を持っていたのにも関わらず、「人魚の子孫は島を渡ってはならない」という掟を破り、日本人の男性学者と駆け落ち。
数年後、学者に捨てられた彼女は幼い1人の子供を連れ島へ戻って来ます。
この子供が水凪なのでした。

掟を破ったローズはイニス家に戻ることを許されず、入江の小屋で島民に身体を売りながら真珠を集め暮らす事になります。
水凪が10歳ほどに成長をすると、ローズは自分の代わりに水凪に島民達の相手をさせるように…
そして母亡き後、現在も島民達に利用されながら暮らしています。

ある日、島の管理者である侯爵家を継いだ若き侯爵・リアム(攻め)が島を訪れた事により物語が動き出します。
島民達から辛くあたられていた中で、人として優しく接してくれるリアムに水凪は徐々に好意を抱くように。
そんな中、いつもより着飾らされ男娼まがいの事をさせられていた水凪は、後ろ暗い事のある島民達が新たな侯爵であるリアムを邪魔に思い、事故に見せかけて始末してしまおうと船に細工をした事を知ってしまいます。
嵐の海の中で遭難し重傷を負ったリアムを、水凪は人魚の妙薬と呼ばれる薬を使って助けようとしますが…
こちらの妙薬、妙薬を飲んだ人間と人魚が身体を繋げる事で怪我が治るというものなんですね。
リアムはリアムで自分を助けてくれた美しい人魚に恋をするのですが、いつもぼろぼろの姿で現れる水凪と美しい人魚が同一人物だという事に気が付かず、すれ違いと勘違いを繰り返してしまい……
水凪とリアムはどうなるのか?水凪は泡となってしまうのか?というようなお話です。


こちらの作品、原作・今作どちらも読む人を選ぶ作品かなと思います。
・受けが辛い目に遭い過ぎる
・島民による受けへの性的虐待
・幼い子供が性的に扱われている描写
・やや毒のある母親
・無知な受けを利用し騙す島民達
・モブからのレイプ(未遂含む)描写
等、受けである水凪の境遇があまりにも悲惨なのです。
これらの描写が苦手な方は要注意かもしれません。

想いが通じあった後は、どうかリアムに溺愛されて幸せになってくれ〜!という気持ちでいっぱいになるのですが、通じ合うまでが辛過ぎるので…
出て来る島民達がほぼほぼクズなのです…
水凪もすごく素直な良い子なのですが、育った環境的に自己肯定感が低く、何も知らず、騙されている事にも利用されている事にも気が付かず、むしろお礼を言ってしまうような子なんです。
読んでいて切ないを通り越して痛く感じてしまいます。
切なくも美しいLOVEストーリー♡というテンションで読む作品ではないかなと感じました。
よって中立寄りの萌評価です。
作画だけで判断するのなら文句なしの神評価でした。

題材も良く設定も面白いと思いますし、何より作画が素晴らしいのにも関わらず、ポジティブなレビューがあまり書けずに申し訳なくなります…
ただ、コミカライズ版という事で、原作よりも痛い表現はマイルドになっているかな?と思います。
(モブとのベッドシーンはやや生々しいかもしれません)
リアムとのベッドシーンは色気たっぷりです。
ベッドシーンでの攻めのリアムの身体が非常に美しいので攻めの筋肉萌えの方には本当におすすめです。


かなり人を選ぶかと思いますが、健気受け・不憫受けが幸せになるまで・勘違いとすれ違い・お伽話が題材 等がお好きな方は楽しめるかもしれません。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う