• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作人魚姫の真珠

ウイリアム(リアム)、若き公爵
水凪、人魚の末裔、19

その他の収録作品

  • 思いがけないヴァカンス (人魚姫の真珠、番外編) 華藤えれな
  • 思いがけないヴァカンス その後 (人魚姫の真珠、描き下ろし番外編)
  • あとがき

あらすじ

人魚伝説がのこる海で織りなす、切なくも美しいLOVEストーリー♡ 豪華コラボで贈る珠玉のロマンティック・ファンタジー!!

アイルランド沖の小さな島で育ち、
海を自由に泳ぎ天候を予知する人魚の末裔・水凪。
その力ゆえに島民から疎まれてきた。
唯一優しくしてくれたのは、
島に来たばかりの若き侯爵・リアムだ。
密かに想いを寄せるが、ある夜、
遭難して瀕死となったリアムを人魚の力で救う。
「きみは俺が探していた伝説の人魚だ」
目覚めたリアムに求愛されるけれど、
水凪はどうしても自分の正体を告げられず!?

作品情報

作品名
人魚姫の真珠
著者
北沢きょう 
原作
華藤えれな 
媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
ISBN
9784199608049
3.6

(58)

(19)

萌々

(17)

(11)

中立

(5)

趣味じゃない

(6)

レビュー数
14
得点
201
評価数
58
平均
3.6 / 5
神率
32.8%

レビュー投稿数14

水凪くん不憫で、健気で抱きしめたい( ; ; )

人魚の末裔の水凪と水凪の暮らす島に商売でやってきたリアム様の物語。

話の大筋は人魚姫を思わせるストーリーです。
水凪は人魚の末裔で海を自由に泳ぎまわれ、天気を予知できます。しかし、満月の夜に真珠を食べないと干からびてしまい、20歳までに人間と愛し合わなければ泡になり消えてしまいます。

水凪は島の中で厄介者扱いされ、身なりも汚くやっとのことで生活しています。
それも、人魚の力を持つ水凪の母親が駆け落ちして一度島を出て、水凪を連れて出戻りしたからです。
母親は島民に身体を売って生計を立ててましたが、ある時その役を水凪に押し付けます。

水凪は終始不幸な目にあいますが、「自分のせい」と思い自分を追い詰めていきます。
その姿が不憫で辛いですが、そんな健気な水凪がかわいくて仕方ないです。
心まで真珠のように美しいよ水凪くん・・・

そして、お相手のリアム様も芯があって曲がった事が嫌いでちょっと強引な愛情深い人でした。
途中、水凪くんに冷たく接する場面は悲しいです。

途中ハラハラしますが、水沢きょう先生の美麗なイラストに酔いしれます!オススメです!

2

神x100!!

言葉が要らない。。
そして攻めが格好よすぎてヤバイ

1


水凪くんが可哀想で可愛くて不憫で美しくて
たまらん


少しだけでもいいから従兄弟ざまぁがあれば最高だった(笑)
小説にはあるのかな?読んでみようかな


北沢きょう先生本当男に愛される男というか美しい受け描くのうますぎて…
攻めの圧倒的美も毎回息するの忘れるレベルですよね

1

続編希望します!

ストーリー、描写とも、言うことなしでした!素敵でした。

受けが、不幸で可哀想とは思いましたが、最後にハッピーエンドで良かった。

けど、話の内容的に1巻で終わらせず。
3巻くらいまで、話を膨らませても良いんじゃないかとも思いました。

ストーリーが、素敵なだけにもったいない気がして。
最後に、攻めが人魚になったのなら、その先の物語もあって欲しかった。

続編があったら、嬉しいです。
ラブラブな2人を、まだ見たかった!

0

絵がとても綺麗 

原作読了済み。
コミカライズが出ていたことを知らなかった。

原作のイメージ通り、幻想的で、今世なのに非日常性を感じる神秘的な描写。
難をあげるなら、絵師さんは、綺麗なものを描くのは上手いけど、
高齢者とか 脇役をそれなりに描くのが苦手みたい。
何を書いても可愛く仕上がってしまうので、人物の見分けが難しい。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP