峰岸さんは大津くんに食べさせたい

minegishisann wa ootsukunn ni tabesasetai

峰岸さんは大津くんに食べさせたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
6
平均
2.5 / 5
神率
16.7%
著者
三戸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
発売日
価格
ISBN
9784575380521

あらすじ

いっぱい食べる君が好き!人気者で営業成績もトップの峰岸さんは、なぜか同僚の大津くんによく好物を差し入れてくれる。リア充すぎる彼が苦手な大津くんだけど、実は峰岸さんは大津くんが大好きで…。峰岸→大津の矢印強すぎ片想いの行く末は…?モテ系イケメンとこじらせ陰キャ男子のじれった甘~い餌付けオフィスラブコメ!!SNSで話題の大人気ピュアBLが描き下ろしをたっぷり加えてついに書籍化!!

表題作峰岸さんは大津くんに食べさせたい

峰岸・同僚のモテメン営業マン※攻め受けなし
大津・卑屈なぽっちゃり営業マン※攻め受けなし

その他の収録作品

  • 第1話~第16話
  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

どこまでいけるかポッチャリ受け

ちるちるで紹介された時から、色んな意味で気になっていた作品です。

地雷ではないですが、ポッチャリ受けの許容範囲がどこまでなのか?
表紙ではアウトだったのと、性格が卑屈な陰キャのデブ受けという…個人的にキワモノ。
BLを読みだして地雷がどんどん減ってきた今、いけるかもしれないという希望が湧き上がる…。

発売されてもレビューが上がらず、
余計に本当は作品としてどうなのかと気になってしまい、とうとうクーポン使用で電子購入…高いわ!!
定価990円(税込)なんてビックリなんですが、
購入するまで気付かなっかった…138Pという少なさに愕然。
エロなし作品で描き下ろしが26Pついて138Pなんて、極上の18禁作品の方が安いわ!
16話あったのでページ数を確認せずに買ってしまったアホな私…知ってたら好奇心でも買わなかった。

気を取り直して、本当は作品としてどうなのか?
キャラの作り込みや小ネタが充実していて、
テンポが良くて間合いが上手い、ほのぼのコミカル作品でした。
エロなしなので、健気な溺愛攻めが好きなら、充分に攻めを愛でる視点で楽しめます。

そして問題の…卑屈で陰キャなポッチャリ受け。
ポッチャリというよりデブ呼びしたくなるキャラで、僻み根性が強くて性格が歪んだデブ。
萌えるかと言われたら萌えない…でも、面白いんです。
1話よりも、2話になって更にポッチャリ丸くなっているんですが、丸い方がなんだか愛着が湧く。

個人的に溺愛攻めが大好きなので、大津の食べる姿に幸せを感じる峰岸に萌えました。
しかも、大津に嫌味で返されても、誉め言葉にして受け取るという技を持っている峰岸。

大津の僻み根性があってこそ、ここまで面白くなる小ネタ集なので、大津はあのままがイイ。
まさかこんな自分を好きなわけはない、弄って遊ばれているとしか考えない、
あんなにイイ人である峰岸を、いいようには受け取らない性格の歪みがあってこそ笑えます。

会社が舞台なので、脇キャラの同僚もしっかりキャラ立ちしていて魅力的でした。
峰岸の気持ちに気付いている女性同僚は、峰岸のツッコミ担当でいい味出してます。
二人の関係を色々ツッコみながら見守っている後輩の田中に、
心の声やモノローグでたくさんニンマリさせて貰えますよ。
ブスなデブ猫ネタも面白くて、ブスネコが大好きなので個人的にツボでした。

描き下ろしは途中入社である二人の出会い、そして現在。
初めて営業トップになった大津に沢山食べさせ、大津の食べる姿を幸せそうに見つめながら
「私はちゃんと見ているからね」と言う峰岸に、
それ口説いてるんですか?峰岸さん大体いつもギリギリアウトですよと、突っ込む田中が最高でした。

この作品では、大津は峰岸の気持ちには気づかないまま終わります。
SNSで評判だった作品のコミックス化ですが、あとがきの様子だと続かないのかな?
イマイチ良く解りませんが、お値段が高いのでなかなか手が出ないですよね。

作品としては面白かったですよ。大津には萌えませんが峰岸に萌えました。
デブ専の方は残念かもしれませんが、エロなしだから萌え減りしなかったんだと思います。

評価は値段が高すぎる分を引いて、萌。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ