前世で繰り返し不幸な結末を迎えた二人は、今世で幸せになれるのか──?

転生ばかりの俺たちが、ついにハッピーエンドを迎える件

tesnsei bakari no oretachi ga tsui ni happy end wo mukaeru ken

転生ばかりの俺たちが、ついにハッピーエンドを迎える件
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
29
評価数
8
平均
3.8 / 5
神率
37.5%
著者
高月まつり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
こうじま奈月 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
レーベル
プリズム文庫
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784775529133

あらすじ

階堂が職場で出会ったのは、初対面だけど初対面ではない相手──桃山だ。

出会った瞬間、二人は前世の記憶を思い出した。
階堂と桃山は前世で何度も繰り返し出会い、常に恋人同士になり、そして……
結ばれる度に若くして命を落とし、新たな人物として転生してきたのだ。

今世では、白髪になるまで共に幸せに生きていきたい。
でも、セックスをしたら死んでしまう。

階堂は、今世で桃山と恋人になるのを躊躇うが──。

表題作転生ばかりの俺たちが、ついにハッピーエンドを迎える件

桃山亨司、同会社営業部、23
階堂真行、玩具会社企画広報部、29

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数2

今度こそ二人で、幸せになってみせるぜ!みたいな。

何度巡り合っても、不幸な結末を迎える恋人達ー。
と、あらすじからは切ない系を想像してましたが、「今度こそ二人で幸せになってみせるぜ!」みたいな、明るく前向きな転生ものでした。

元々、転生ネタは大好きな為、楽しく読めたんですよね。
ただこれ、トーンが微妙なんですよ。
切ないなら切ない、ギャグならギャグに振り切ってもらえると、更に面白かったと思うんですけど。
なんか中途半端で、個人的には盛り上がりにくい。
あたたかくて優しい、素敵なお話なんですけど。

でも、甘え上手な年下ワンコ攻めと、包容力のある男前受けは、とてもいい味を出してました。

ザックリした内容です。
子供の頃から、何故か水に対して恐怖心を覚える階堂。
同じ職場の営業社員・桃山と出会った瞬間、二人は同時に前世の記憶を思い出すんですね。
実は、階堂と桃山は、何度も繰り返し出会って惹かれ合うものの、恋人として結ばれる(エッチする)度に命を落としていてー・・・と言うものです。

で、桃山が命を落とす事を恐れ、今生ではエッチをしないと決意する階堂。
やっと巡り合えたのだから、身も心も結ばれたいと願う桃山。
果たして二人はこの運命に打ち勝ち、無事エッチを出来るのかー?
と言った所でしょうか。

実はここにですね、もう一人キーパーソンなる人物ー。
なんと神様がおりまして。
この、超カジュアルでフランクな神様がおっしゃるには、二人の生涯を綴った本を池に落としてしまった。
で、水に浸かった本は、二人が結ばれた後からの文字が消えてしまった。
そう、二人が繰り返し繰り返し転生し、結ばれる度に不幸な終わりを迎える理由は、神様のこの失敗のせいだったのです!みたいな。

繰り返しになりますが、こちら、明るく前向きなのです。
これ、反省した神様の協力の下、2人(+1柱)で、この運命の輪を絶ち切るべく奮闘すると言う流れなんですね。

いやこれ、面白いのが、やっと巡り合えた愛し合う二人ー。
ずばり、彼等が肝心のエッチが出来なくて、モンモンとするって所ではないかと!
えーと、桃山ですけど、とにかく階堂が大好きなんですよ。
で、我慢しきれず階堂にねだっては、素股だのと言った挿入以外のエッチをしまくる。
そう、レーベルがレーベルなのでエロ多めなのです。

あと、階堂ですが、包容力があって男前なのです。
こう、やたらとくっついて好き好き言いまくる桃山をですね、おおらかに受け止めて甘やかす。
うむ。
彼は、神様より器がデカいんじゃないのか?

この後ですが、二人は歪んでしまった運命を正しいものにする為、最大の試練に望みます。
えーと、神様の力で正しいものに修正したのですが、その反動で、二人に訪れる災害と言う形の試練。
二人は無事試練を乗り越え、今度こそ幸せな一生を送れるのかー?
って感じで。

こちら、とりあえず、感動の大団円でした。
いや、頑張ったね、二人とも!って感じで。
また、二人の恋愛だけで無く、それぞれの家族の絆と言うのが語られるのも素敵で。

ところで、しつこいですが、こちらエロ濃厚。
実は初挿入時の階堂の言動に、一番萌えちゃいました。
えーと、階堂に、過去付き合った相手が居た事を知り、しょぼくれる桃山。
すると、「もう、こんな事になってるのに・・・可愛がってくれないのか、亨司」みたいな!(≧∀≦)
男前受け、最高ですな!

と、ちょい起伏が弱い気もするんですけど、全体的には好みの素敵な作品でした。

6

神様がドジっ子!?

なぜか、最近転生モノを読む機会が多く、不思議な縁(!?)を感じた1冊でした。

転生モノと言えば、悲しい別れからの号泣を想像しますが、この作品では涙が流れることもなく、読後は良かったね~頑張ったね~と2人を祝福する気持ちになれました。言ってみれぱ、『愛は勝つ』の曲のような…。

とにかく、2人がパワフルで前向きなので、読んでるこちらもつられて元気になっちゃうんです。
おまけに、転生を繰り返した理由が神様のドジだったんだけど、これが面白いキャラで怒れないんですよね。
だから、頑張れ!頑張れ!とエールを送りながら楽しめました。
それに加えて、エッチがいっぱいイチャイチャいっぱいなので、何とも幸せそうなカップルで…。

たまにはこんな明るい転生モノもいいなぁと、新たな発見ができました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う