プッシーキングさまの悪癖

pussy king sama no akuheki

プッシーキングさまの悪癖
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神103
  • 萌×287
  • 萌22
  • 中立12
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
31
得点
941
評価数
228
平均
4.2 / 5
神率
45.2%
著者
おわる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
ISBN
9784801968141

あらすじ

湾岸諸国 某都市 砂漠の摩天ーー、から少し外れた郊外。
ばあちゃんの大衆食堂を切り盛りしているカドリの元に
王族で実業家、だけどワガママ暴君で有名なファティが
土地開発のための立ち退き要求に訪れる。
断固拒否するカドリに興味を持ったファティは"セックスで決めよう"と
突拍子もないことを言いだした!
悩んだ末、ばあちゃんに心配をかけまいと覚悟を決め屋敷へ。
経験値ゼロでどうしたらいいのかわからないまま
手取り足取り教え込まれ初めての快楽を知ってしまう。
大事な店を守るため、と自分に言い聞かせるも
性に奔放で乱れまくる王サマを前に腰が止まらない――!?


自由気ままな王サマにノセられ乗っかられ、拒否権なし!?

ノンケの下町料理人×バリタチ傲慢王サマの
カラダからはじまる下剋上ラブ

表題作プッシーキングさまの悪癖

カドリ,下町の料理人
ファティ・アル・ラヒム,王族の親戚で実業家

同時収録作品破滅のドリフトナイト

ファティ・アル・ラヒム,王族の親戚の実業家
ラビ・従者

同時収録作品プッシーキングさまの従者は憂鬱

サーデク,代々仕える従者
ラビ,ファティに拾われた従者

その他の収録作品

  • プッシーキングさまの手腕について(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数31

従者カップルが神!

快楽の化身、酒池肉林の王(作中で言われてる呼ばれ方)がDT君相手に受けになるという美味しいメインカップル、よかったです♡

メインカップルもよかったのですが、サブカップル(従者カップル)が神!

ラビ(サブカップルの受け)がヒロインではないか?というくらいのおいしさで、
4人一緒にえちえちしてベッドに受け二人並んで同時に攻められながら受け同士がキス☆なんて刺激的なシーンもあります

そして2カップル二つとも受けが女々しくないっていうのが最高ですね!そこ大事!好き!
(従者カップルがメインだったら神評価にしてたかも…話の順番的に実はそっちがメインっていわれたら納得しちゃう構成でもあるのですが)

あとがきトークで「メインカップルの攻めをショタにしようか迷った」みたいなのが書かれてたのですが、ショタにしなくてよかった!とおもいます
ショタが嫌いなわけじゃないんですけど、青年キャラの体が本当に美しく描かれていて、目の保養です~!

0

盛り沢山〜!

おわる先生の〜この作品サイコー。
電子書籍254ページ、ボリュームもあって〜登場人物のキャラクターも映えてて、ストーリー共に、神作品だわ!
登場人物4人が、みんな主役級で楽しめました。
地域設定が中東系かな?、褐色好きには堪らないわ。
頂点に君臨するファティが、自由奔放でワガママ暴君だけど、かわいい〜良い奴だった。
凄く好きなキャラだし、この悪癖は良い癖だわ!
カドリと出会って、バリタチから可愛いドネコに変貌。

従者2人サーデクとラビも脇役とは思えない活躍で、ストーリーにどんどん絡んで来て〜どうなるかと気になったけど、ラストハッピーエンド。

2カップルが綺麗に纏まって〜書き下ろしまで2カップル分あって〜満足度MAX!

あとがきに登場する担当者さん〜いー趣味していらっしゃる。

0

こんな作品読んだことなーい

ちょっっっ…
どこもかしこもエロ、エロ、エロ…
脳内ショート寸前です。修正白抜きで目がチカチカしました。どれだけのセックスシーンをぶっ込んでくるのでしょうか。

ヤバイーーー
楽しーーー♡

最初は陵辱モノかと思って、ウッとなりました。いやいやいや…振り幅!!
ファッッ…ファティ!こんなに可愛い王サマだったとは、驚き過ぎて顎外れそうでした。
しかもなんだ。
最初の印象が悪いだけに、読み進めるうちにどんどん可愛く見える不思議。受けちゃんとしても超優秀だったのね。

ハーフアップの褐色イケメン、良いです^ ^


従者カプも含めてのエロ祭り。
作品の中身全部がエロフェス状態です。
読者いるって分かってる?ってくらいセックスまみれで、どこをどう評価したら良いのか分からなくてプチパニックしました(笑)

こんなにエロが飽和状態なのに、ちゃんとストーリーはしっかりしています。読み応えもありました。
疲れたときに読みたい一冊です。
エロは地球を救う?(笑)とても幸せな気持ちになりました^ ^

0

王サマキャラがナイス

おわる先生初読みです。
気になった作品は、ネタバレ回避のため事前情報入れずに読む派でございまして。

のっけから、どんなエロマンガなのかと思いましたら、キャラも惹かれ合い方もよくておもしろかったです。

ハーレムを仕切るバリバリタチの王サマが、平民童貞を食うため受けになって、ツンデレになっていくところがかわいかったです。

カドリが王サマに負けず、対等にわたり合うのもおもしろかった。
頑丈すぎて、王サマ略奪の時、警備員に捕まらないのがマジで?と笑いましたがw

くっついてから、調子が戻ったファティが王サマ節を説きながらカドリにみのむしみたいにぎゅーぎゅーくっつくところが激萌えでした。
そんなファティをかわいいと思うカドリも。

サーデクとラビも好きです。

当て馬アミルも全くかわいそうに思えず、突き抜けたキャラでよかったです。

エロ含め、漫画がお上手だなぁと思いました。
先生の他作品も読んでみたいです。


完全に好みですが(5☆満点)
すごい ☆☆
面白い ☆☆☆☆
内容が好き ☆☆☆
絵が好き ☆☆☆
キャラが好き ☆☆☆☆
萌える ☆☆☆☆

0

超キュートな一冊です

受け手側のもじもじ感や、攻撃を受け手側に変換するところがかわいい
こんなに苦しんでいる人が見られているなんて、とても、素晴らしいですね
翻訳機の使用

0

またやってる、まだやってる。

バリタチの王ファティが途中まで好きになれませんでした。酒池肉林が苦手なので。
悪癖にも程があると。

しかし下町の料理人カドリが童貞だと知ると、なぜかこの俺様を抱かせてやる、男で童貞を捨てるがいいみたいな…。セックスで勝負だと。

抱かれてるのに負けてないファティ。
だけど変わっていくファティ。

この辺からファティが可愛く思えてきました。

カドリがもしいなくなったら、こんなふうに変わってしまった自分だけが残るの…?
と体を他人に任せようとして。

駆けつけるカドリ。執事に逃がしてもらいゴージャスな広いリムジンの片隅で抱き合う二人。

ギュッとされてズンズンつかれるのが好きなファティ。可愛いですね。

おわるさんの作品はエロいですね。
とくにこちらはほぼエロと言っても過言ではないのでは?
あまりにエロ描写が多すぎて、すぐおっ始め過ぎて、あんまりエロく感じなかったなあ。
またやってる、まだやってるって。

0

暴君、愛、極まれり

おわるサンの作品もいくつか読みましたが
これが一番好き。
エロもストーリーもキャラクターもツボでした((ノェ`*)っ))タシタシ

地位と身体と容姿を武器に
性に関してはやりたい放題だった名実ともにな王様
ツンで口の悪い部下をもどエロスに調教したあげく、そいつに恋心こじらせてるもう一人の部下に抱かせるというゾワゾワする演出もオイシイ。
そんな王様が出会ったのは下町の普通の男。
自分の周りにはいなかった存在にこれまで誰にも許さなかった
後ろを許すわけだが・・・・

まるで攻を犯しているかのような始まりから
徐々に形成逆転、体力をも凌駕されてクタクタに
絡めば絡むほど坩堝な展開が面白かった。
濡れ場も多いのですが、キャラ設定やエピソード選びもしっかりしてて
凄く読みやすかった。
男を犯しまくっていた主が配下の目の前で犯されているという設定も面白い
良い意味で心がざわついた。

配下カプもまた可愛くて良きですね。
ぜひぜひ続編希望いたしまする

0

とても野獣的。

内容については今更長く語らなくても良さは分かるかと思うんですが、
最後に後書きを見て、
「あー、この作品ほんっとうに作者さんとアシさんがめちゃくちゃ楽しんで描いたんだな」
と実感しました。

一応リバでもあるし基本的にビッチ感のある襲い受けなんで、普段純愛系のBLを好む人にはオススメできんのですが、ファティもカドリも好きな人のためならなんでもする所や、正直言って最後の最後までマインドが攻めなところが好みです。
最後には可愛いけど。

1

高い敷居を乗り越えられれば、萌える!

敷居が相当高かったです。
玄関を開けたらいきなりえろす。
無差別えろす攻撃。
えろす耐性があまりないという方や、快楽目的のえろすはちょっと…という方には、敷居が高すぎて、壁に見えるかもしれません。
でもそこを打破できれば、ときめきが待ってますよ。

インドっぽい設定。
王族の血を引く実業家のファティは傲慢で横暴、でも商才に長けたカリスマ的存在。
彼にとってセックスは遊びで、自分に群がる者たちを適当に相手するだけ。
あるとき、都市開発の下見で立ち寄った食堂で、自分に楯突くカドリに出会って…。

という話ですが、本編前の前菜的短編で性的に奔放かつ横暴すぎるファティを、お腹いっぱい見せられます。
これが結構きつい。
本編に突入してからも、カドリ×ファティにサーデク×ラビが1つのベッドで…なんていうシーンがあって、とにかくえろすの濃度がものすごいです。
基本雑食読みなので、過剰なえろすも読むことには読めるわたしも、最近めっきりえろすのない/少ない作品ばかり選んでいたせいか、途中でリタイアしそうになりました。
ゲイビデオを延々と見せられているような感じとでも言いましょうか。
ただおわるさんの作品の特徴として「すごいえろす」は必須なので、そこを理由に挫けるわけにはいかず。

でも「すごいえろす」で終わらないのが、これまたおわるさん作品の特徴で。
気持ちの揺れや変化もしっかり描かれています。
最初は挑発に乗っただけだったカドリが、ファティのふとした表情や行動を「かわいい」と思ったり、嫉妬や独占欲がじわじわ出てきたりするのがたまらんのです。
ファティの方も誰にも執着しなかったのに、他の人々と今までのように楽しむ気が起こらなくなったり、海外出張から帰宅する前にカドリの部屋に忍び込んだり。
もうこれ、両思いじゃん!って思うじゃないですか。
そう簡単にはいかないんですよ…。
ファティのプライドが邪魔したり、ファティに言い寄る旧知の友人が現れたり、社会的地位の違いをカドリが再認識したり、まあ、いろいろあるんです。
切ないです。
冒頭の破天荒なえろすへの拒否反応なんて、どこへやら。
すっかり切なさともどかしさで胸がいっぱいになってました。

良いですよ。
「過剰なえろすはちょっと…」という方は、えろす斜め読み/片目読みで。
ただおわるさんの描くちょいがっちりボディの質感は一見の価値ありです。
がっちり苦手なわたしでも、毎回あの滑らかそうな肌質にやられております。
特に褐色のファティの胸は見ていただきたく!

同時収録はサーデク×ラビ。
素直になれない2人に、ファティがちょっとした意地悪をしてました。

1

えっっっち

ファティさまがとっても好き!!!
ひたすらえっちしてる!!!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う