運命の相手がややこしい!

unmei no aite ga yayakoshii !

運命の相手がややこしい!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
2
平均
1.5 / 5
神率
0%
著者
柚木ゆー 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
発売日
ISBN
9784861237973

あらすじ

「今すぐ、ホテルに行ってもいいですよね?」

振られた勢いで婚活サービスに登録した中条が紹介されたのは、
響という可愛らしい女性。会話も弾むし、明るく笑顔が素敵で――
なにより、遺伝子マッチングの結果が200%の超運命的相手だった!
しかも積極的な彼女から誘われ、身体の相性もばっちりだとわかった。
だが、また会いたいと切望する中条の前に現れたのは、
同じ名前でキレイな顔の不遜な青年で!?

運命の相手に翻弄される、女体化マッチングラブ♡

表題作運命の相手がややこしい!

中条紘人(32歳・会社員)
新井響(21歳・アルバイト・周期的に性別が替わる)

レビュー投稿数1

女体化はBLか?TLか?

 見解は人によって異なると思いますが、私個人としては「BL」と答えたいです。「女体」に一時的に「変化」するのですから元は男性、相手も男性ならそれはBLになると思います。

 しかし、外見的に男性同士の絡みで無いものを何故BLと呼べるのか?女体に変化したものは女性…と言う方も居るでしょう。
 
 なので、双方とレーベルを分け「女体化」に特化し、個別に「ラブコフレMagic」として立ち上げたブライト出版さんの判断は賢明だと思うし、高評価したいです。

 遺伝子レベルで相性をマッチング、と言う近未来を感じさせる面白い設定ではあるのですが、このマッチングと言う題材自体が私には不向きだったかな…と。

 紹介された初対面の二人がいきなり付き合い始める、一緒に過ごす内に愛が深まっていく設定なのは解るけれど、相手に対する執着や愛欲がまだ不足していて、淡々と進み盛り上がりに欠ける印象。でも婚活サービスで出会うってきっとこういう感じなんだよね…。
 その割にやる事だけはやっているので、じわじわ距離を縮めていくタイプにしても中途半端に思いました。

 主役二人もあまり好きになれなかったです。そもそも紘人はサービスに登録した事すら忘れていたボケ。響は運命だから!って初日からすぐHに持ち込み後から「責任とれよな!」って…既成事実作って逃げ道塞ぐ悪女みたい(-_-;)
 だから私はあまり可愛いと思わないんですが、紘人は事あるごとに「かわいい」って、でもそればかりに見える…。

 反対に響が男の時、紘人は素っ気無く、中身は同じ人物なのに女性の時の外見の可愛さだけに惹かれている感が強い…ノンケだし半ば騙されたみたいなモンだから仕方ないのかもしれないけれど。
 婚活サービスの連中も本来なら最初に体質の事を説明するべきなのでは?

 …とまぁ上記の事全部気にしていたらこのお話始まらないんですが、ある程度の萌えがあれば細かい事は全てスルーして楽しめるのですよ。でも私には合わなくて悪い所ばかりが目に付いてしまいました。
 「好き」って言葉も、相手の行動により救われる場面もあり、ラブもきちんと存在するので合う人には合うと思うのですが…。

 女体化が私の認識と実物に差異があったのも萌え辛い原因だったかも。私は胸と性器だけが変化すると思っていたのですが、実際には骨格や顔付きも女性的になっている?これが正しいのだろうけれど、同一人物として捉えにくかったです。
 
 デートもHも殆ど女体、後半は男性の時に温泉旅行に行き、BL!と言う感じのHシーンも少しだけありました(挿入は無し)。

 世界観の割に恋愛の様子や外見重視感はリアルを感じました。姉妹レーベルがTLなので、どちらかと言えばノリがTL寄りなのかもしれません。
 あまりBLを読んでいる気分では無かったので、BL好きは素直にBLレーベルから出ているものを手に取った方が良いのかもしれませんね。

 ちなみにこの巻ではまだ完結しておりません。婚活会社のミスや、響を狙う男の登場でこれから盛り上がっていきそうではあります、でも私はもういいかな…。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う