スパダリ社長に陰キャな俺が強引に迫られてます

supadari shachou ni inkya na ore ga gouin ni semararetemasu

スパダリ社長に陰キャな俺が強引に迫られてます
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
25
評価数
7
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
渦井 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784866573304

あらすじ

そんな目で見つめられるとキスせずにはいられない

俺はとんでもない人物に愛されてしまった――
売れない舞台俳優・諏訪は、世界的なセレブの芸能人・アゼルに、ストーカーの如くバイト先で待ち伏せされ、「一目惚れした!」と告白される。
戸惑いながらも、真剣な眼差しで紳士的に口説いてくる彼に絆される諏訪。
つい「友達からなら…」と言ってしまうが、突然抱きしめられ、キスされて!?

表題作スパダリ社長に陰キャな俺が強引に迫られてます

アゼル・バニーアティーエ:海外セレブ芸能プロ社長
諏訪:売れない舞台俳優

同時収録作品お前は俺の嫁っ‼︎

秘境に住む遊牧民
田沼宗助:ピン芸人

その他の収録作品

  • 本番チャレンジッ!(描き下ろし)

レビュー投稿数2

ハイスペックな溺愛攻めが嫌いなわけない!

渦井先生の新作は、スパダリ×陰キャの格差ラブコメ^^
表紙だとちょっとわかりにくいのですが、
攻めはドバイ出身の褐色イケメンです。


売れない舞台俳優・諏訪は、
バイト中にイケメン外国人に見初められます。
彼は俳優・モデル兼有名プロダクション社長のアゼルでーー…!

バイト先で一目惚れされた諏訪が、
押しが強くて優しいアゼルに絆されていくお話です。
アゼルが芸能プロの社長で諏訪が売れない舞台俳優なので、
てっきりアゼルに俳優として引き上げてもらうのかと思ったら、
そういう展開は皆無でした。
そこは、己の力で!ということだと思うし、
諏訪だってプライド傷付いちゃうでしょうしね^^;

終始、アゼルが諏訪に猛烈アタックし続けます。
アゼルはイケメンで包容力があって優しくて、
そのうえ一途で健気なスパダリです!
タイトルに偽りなし‼︎
ただ、アゼルは諏訪を理想の恋人と言っていますが、
正直一目惚れ以外の好き要素が見つけられなかったので、
そこがちょっと残念だったかな。

まぁ、こんな素敵な攻めにグイグイ来られたら陥落しますわ^^;
Hの時も無理させずに自分が我慢するアゼル……
結局、最後までアゼルの巨根を諏訪に収めることはできませんでした(^◇^;)
〝お互いが気持ち良ければセックスだ〟と言って、
諏訪に無理強いしないアゼルが素敵だ(´>///<`)
確かに、挿入だけが全てじゃない!(ちと物足りないけど)

諏訪の大学時代のトラウマの相手・高橋も登場しますが、
まぁコイツも悪い奴ではなかった。
ただ、誰もアゼルには敵わない( ̄▽ ̄)
アゼル無双‼︎

諏訪の俳優活動にも兆しが見えましたがそこは重要ではなくて、
あくまでもラブストーリーがメインの作品でした。


同時収録作は、遊牧民×ピン芸人
勘違いから、イケメン遊牧民に無理矢理ヤラれちゃう芸人・田沼が不憫で笑っちゃう^^
名前も知らないイケメン遊牧民ーー誰だよ(笑)‼︎

描き下ろしは、アゼル×諏訪のリベンジH♡
アゼルが年下だったという驚愕の事実が!


紙本 修正はトーンと白短冊

4

ドバイ生まれの褐色スパダリ攻め

表題作と描き下ろし、短編のコミカル2作品。

最近特に褐色にハマってるんですが、ひとえに褐色と言えど色具合が違うんですよね…
この作品の褐色はかなり薄め、ちょい日焼けレベルで黒髪のブルーアイ。
スパダリですがスーツじゃなくラフな男前って感じなのも、なかなか好みで、
一番ドキっとさせられた表情が、大きな目をトロンとしたタレ目具合です。

ドバイ生まれアメリカ育ちの大富豪で、アメリカでは元役者兼スーパーモデル。
日本で芸能プロ代表兼タレントのアゼルはバイ…肩書きどんだけ。
こんなスパダリに、売れない舞台俳優の諏訪が一目惚れされ迫られ、
気づけば友達からあれよあれよと…。

舞台俳優の夢を追う諏訪の現実は厳しくて、
バイト詰めの毎日に大学時代のトラウマも引きずり笑う事もできない状態。
そんな諏訪をただ好き好きと言って、拒否されてもアタックし続けるアゼル、
格差違いと卑下していた諏訪が、気づけばアゼルに癒されて絆され惹かれていく。

そりゃ~こんなトロケル笑顔で好き好き言われたら、
こっちも無意識で微笑み返しですよね。
トラウマから人を信用できない諏訪が、心を開いて笑顔を取り戻す。

芸能業界ものと言えばスキャンダルです。
アゼルがスクープされ窮地にという展開ですが、
レベル違いのセレブなので、さほど大変な感じがしなかったかな…。

諏訪が大学時代にトラウマの元になった同業の高橋が、意外とデリケートな心情描写で、
男に気持ちを持っていかれる自分に抵抗する様子が解りやすい。
好きじゃないと言いながら、惹かれる想いや嫉妬で揺れる感じが如何にもという感じ。
結局最後は諏訪に、俺にしない?と言って撃沈なんて笑うしかないわ。

アゼルとの出会いで自分を取り戻した諏訪が、
しっかり最後は自分の力で役者の仕事をゲットしてるのも、
変なシンデレラストーリーにならなくて良かったです。

勝手にキスするのに、エッチは諏訪から誘ってからというのもステキなアゼル。
褐色攻めのエッチは常に全裸でお願いしたい。
スパダリ社長というより、大型褐色ワンコ攻めでしたね。

★お前は俺の嫁っ!!★
ダリアコミックスアンソロジー「民族」に収録された短編。

秘境のイケメン遊牧民×ピン芸人

アジアの遊牧民に会いに行くというTV企画で、
カメラマンと遅れて現地入りし迷子になったピン芸人が、
金髪長髪イケメンと遭遇し、色んな勘違いから抱かれて嫁にされるコミカル作品。
こちらは、色白美人の金髪イケメンなんですが、エッチはパワフル。

渦井先生のエッチ描写はエロいので好きです。

※紙本:修正はトーン描写に短冊です。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う