薔薇とヘドロ extra edition

bara to hedoro extra edition

薔薇とヘドロ extra edition
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×210
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
158
評価数
37
平均
4.3 / 5
神率
56.8%
著者
天河藍 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
メディアソフト
レーベル
発売日
ISBN

あらすじ

互いが居ないと生きられないと悟った理人と大我は、気持ちを確かめるように身体を繋げ合っていた。
ある日、理人が昔の仲間・柳川に呼び出される。それについて行った大我は、柳川からの問いに動揺を隠せず……。

求め合う共依存BLの後日譚――!

表題作薔薇とヘドロ extra edition

神子上理人
鈴木大我

レビュー投稿数3

この関係に名前をつけるなら?

『薔薇とヘドロ』の番外編です。
相変わらずぶっ壊れている理人と大我がみられます。
まさに共依存以外の何ものでもないという感じが
ビンビンに伝わってくる後日譚でした。


繋がり合って確かめるお互いの気持ち。
もうこれ以外に手段はないのか……とさえ思わせます。
ただ、大我を見つめる理人の視線が優しい。
明らかなる関係性の変化が目で見て伝わるところは、
とても素晴らしい表現力だと思いました。

高校の同級生・柳川も登場します。
密かにお気に入りのキャラだった彼は、
明らかにチャラくなりました^^;
高校時代の容姿の方が好きだったかなぁー

その柳川に対して一言も発しない大我が、
高校時代にどれだけ柳川たちに傷付けられたか分かります。
それは理人も同じだと思うのですが、
大我の中では全然違うものなのでしょうね。

大我に触れる柳川に対して理人が見せる独占欲。
ゾクってくるけど、これコレ!という感じもする。

帰ってからのHはお仕置きなのかな?
やっぱり愛情も嫉妬も独占欲も、
全ての感情の伝え方がセックスなのでしょうね。

歪んでいるけど狂おしいほどの愛を感じるました。
久しぶりのこの感じ……やっぱり大好きです!

大我の首の傷が痛々しいのですが、
そこを責める理人も感じる大我にも狂気を感じます。
相変わらずエロはたっぷりですよ!



10

ずっと見ていたい!

あの二人の後日譚が読めるなんて幸せです!
「薔薇とヘドロ」の狂気さは視覚からも分かりますが、こちらはより見えない狂気を感じました。
お互いに相手しか見えないというか、他はもう全くどうでもいいんだな、と。
「特別」なんて言葉ではぬる過ぎるし、この二人の関係性は「理人と大我」としか説明出来ないです自分には…。

大我が今回も凄く可愛いく泣いております!最高!
冒頭に咥えて飲むところがありますが、前作最初との対比のように感じ好きです。
今回は甘い!良かったね大我!

柳川と会っても、約束通り理人以外と話さない大我の視線運びがまた良いですね。
目でものを言うというか。
後遺症の大我を甲斐甲斐しくお世話する理人も、とてもスマートにそれが当然の如く行動してて格好いいです。
後遺症で咳き込む大我が毎度可愛いくて…
(ごめんな!と思いつつ滾りますね!!!)

俺のに触ったら処するぞ理人、最高ですね!!!
首の傷はやはり特別感がありそうです。
二人だけの傷、証、ですかね。
柳川が傷を触った時の顔と、理人が触った時じゃ大我の表情全く違いますし、なんならとろけてますし。そのままエロにもつれ込んでます。

理人もかなり表情が柔らかくなってて(大我といる時だけでしょうか…?)、大我もあのゲスっぷりは微塵も感じない程に穏やかになってて、どんな形でも二人で居て一生幸せになってくれ!と願うばかりです。

本当にこの二人が尊い…大好きです!

1

大変個人的なもやっと

あまり遠くの未来には踏み込んでいません。
残念でもあり、そこはもう作品としては必要ないところなのかもしれないとも思う。

以下、セリフバレとかなり勝手な感想なのでご注意を!

ただ一個どうしても気になるところが「未来にも人生にも興味ない」って理人のセリフ。んー原作が至高かつ正典なので、何言ってもしょうがないのですか、理人の解釈違いというか。今、なんだかんだ良い大学行ってバイトして寝て食って生きてる人間のこの発言、イキっててすこぶるダサい。理人はプライドものすっごく高そうなので、日陰の人生なんて歩む気ない気がして。理人のこのセリフは見たくなかった。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う