―――この恋は、悪意のキスから始まった。

ロングナイトスイートポルノ

long night sweet porno

ロングナイトスイートポルノ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×223
  • 萌22
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
275
評価数
76
平均
3.7 / 5
神率
28.9%
著者
野花さおり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784796413497

あらすじ

トラウマ持ちのイケメン美容師×ダメ男を惹きつけちゃうツンデレくん、
心はピュアで身体はHなもだもだラブ!

雑貨屋で働く浅見は男運がない。
面倒見のよさと「好き」と言われると応えてしまう性格も災いして、
歴代彼氏にはメンヘラ・無職ヒモ・DV男がずらりと並ぶ。
次は普通の相手を…と思う浅見の前に現れたのは美容師の設楽。
「俺のこと好きになった」?と軽いノリで接してくる設楽に辟易し、
ビシッと拒絶するも設楽は全然へこたれない。
ノンケのチャラ男なんて相手にできないと思っていた浅見だけど、
ある日、設楽の孤独な過去を知って―――?

表題作ロングナイトスイートポルノ

設楽夕陽・浅見を口説くイケメン美容師
浅見 蒼・男運のない雑貨屋店員

その他の収録作品

  • after sweet(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数12

可愛らしい2人

感想は他の皆さまが書かれているので、
修正について。
アマゾンで購入しました。
少し前に電子の発売日が発表されていたので、予約をしました。(発売日当日自動でデータが送られてきます。)
数日後に「諸事情により、キャンセルさせていただきました」とメールを受取りました。
本日、無事アマゾンで購入。
「電子修正版」の嫌な文字。なぜか、タイトルの『ポルノ』のルの文字が○になっています?
嫌な予感的中。ガッツリ白抜き修正。
同じ日に、予約をキャンセルされたGushさんから発売される作品も同じことなのでしょうか?

大好きな先生の新作なのにがっかりです。もちろん野花先生らしい可愛いい作品でした。


3

末永く幸せに…

トラウマなせいでチャラ男化したイケメン美容師×男運の悪い尽くしたがりの雑貨屋店員

同じビルで働く二人は顔見知り程度
でも潔癖(受はチャラい恋愛が大嫌い)な受は攻のコトをよく思っていません。
髪を切ってもらったコトがきっかけで近づいていく二人…というお話。

野花先生の作品は以前から読ませていただいてますが、今回は少しシリアス寄り。
甘くて可愛いだけではない、大人の不器用な恋愛が描かれています。

攻の過去を知ると真剣に恋することに臆病になるよなあと思ったり
受の過去も慎重な恋愛を望むのも分かるなあとか

テイストは少し違いますが、今回のお話もいいと思います
チャラい攻が時折見せる寂しそうな眼差し…これにやられました←

1

好きな人に好きになってもらえる

野花先生新刊待ちで読み直しました。
可愛いふわふわの恋ってイメージだった野花先生の作品の中では、ダークとまでは言いませんがちょっとトーンが抑え気味というか、しっとりめという感じです。

好きな人の望むことを何でも叶えることでしか好きを表せなかった過去を持つ設楽くん(ノンケ)と、
好きな人に自分を同じくらい好きになってもらえたことのない浅見くん(ゲイ)。
自分をちゃんと見て欲しいっていう浅見さんが作中では「重い」とされてるんだけど、必死で求めてて、真剣、て感じです。
えっちもいつもよりアダルトな気がしました。
すごくすごく求めてる浅見くんが、自分から行くのに初々しくてきゅんきゅんでした。
男相手が初めての設楽くんが、ひとつひとつ段階を確認するのが優しい言葉責めになっちゃってて、とろとろの浅見くんがめちゃめちゃえっちでした…。
野花先生の描く身体はとても綺麗で、太腿とかお尻とかむちむちで、浅見くんは特にむちむちヒップですごーくそそられます。

ですが、これを購入した頃までずっとkindleだったので、白発光体で二人の真ん中にずっとブラックホールならぬ謎の白宇宙があって…液体描写も多分他より微かだと思います。
こちらを拝見して、失敗したと知ったひとつです…。
先のレビューにも書いてらっしゃいますがamazonではタイトルも「ポ◯ノ」て表記されて、作風と全然違ういかがわしい感じになってるし…。ショックでレビューとかできてなかったのですが明日の「イケメンの先輩が〜」の発売が待ちきれなくて読み直し、気を取り直して、発光体のレビュー。
オマケ漫画で、好きな人に大切にしてもらえる自分を一晩中確かめてる浅見くんがいじらしいです…!

浅見くんのゲイ友達がめちゃくちゃイイです。
すっごい好みでもあり、この人のお話を読みたい!て思いました。お名前も出てきてない気がします。

1

読みやすい

絵がシンプルで綺麗なので読みやすいです。
BL初心者の方も入りやすいのではないでしょうか。

受けは攻めに対して最初はツンツンすぎるくらい素っ気ない態度なのですが、一途に想ってくれる攻めに次第に惹かれていき、好きを自覚してからのメロメロぶりが可愛くて良かったです。
特に絡みの時のギャップがとても萌えました。普段クールで淡白そうなのにエッチの時となると表情や誘い方がエロい!そりゃあ攻めもやられます。
攻めもチャラそうに見えて受け一筋で、忙しい合間に会いに行ったり、ひた向きにアタックしたりと一途でとても好感が持てました。
二人とも良い意味でギャップがあるのでギャップ好きな身としてはキャラに萌えられて良かったです。

0

本心て重くても可愛い気がする

ロマンチックです。
タイトルも素敵だけど、お話も素敵。
受け君も攻め君もトラウマや失敗を持ちながら悩みながら生きていて、いろんな気持ちを諦めようとしながらも諦めきれない。
人を好きになる思い方はそれぞれだけど、この二人、二人ともがロマンチストだし根底は乙女です。

で、私個人としましては受け君が無表情系な尽くし男子で付き合ってきた男はろくなのでないのばっかりでロマンチストのに男前な行動や言動があってとても好きです。

二人が頑張ってきたぶん、この後の幸せももっとみたいなぁと思える余韻の残る(次回も楽しみです)お話でした。

0

読後感良しの可愛いラブストーリー

野花先生の作品て、いつもかわいいなと思うのですが、
本作も大人の男同士の可愛いもだもだラブでした^^
イケメン美容師×男運なしのツンデレくん

男運がない浅見は雑貨屋店員。
同じビルで働くチャラい設楽を苦手にしていたのに、
美容院で担当してくれたのその設楽でーー…!

浅見が設楽を苦手としていることを知っているにもかかわらず、
浅見を気に入った設楽がグイグイ攻めてきます^^;
設楽は「キスもセックスも好きじゃなくてもできる」という、
人の気持ちを軽くみるところがある男なんです。
そんな設楽にキスして『これも何も感じないんですね』なんて言っちゃう浅見は、真面目で彼氏と手を繋いで歩くことを夢みるロマンチスト。

軽い恋を好む設楽と人の気持ちを大切にする浅見。
正反対なような二人ですが、
実は設楽には本気の恋ができないトラウマがありました。

好きだった女に尽くして裏切られ、
〝重たい〟とまで言われた設楽は傷つき、
恋に臆病になっていたのです。
だから自分のことを嫌いな浅見が相手なら、
今より悪い状況にならないと思っていたんですよね。
それでも、自分のために怒ってくれたり共感してくれる浅見にどんどん惹かれていく設楽。
そして浅見もまた、真っ直ぐに好意を向けてくる設楽の気持ちを嬉しく感じています。

とにかく、浅見への気持ちを隠さない設楽が良かった!
〝一日中浅見さんといれるから嬉しい〟
〝やっぱり浅見さんのこと好きだな〟
とか、とにかく言葉で行動で攻めに攻めてきます!

そして、確認系Hにも萌えました♡
〝ちゃんと奥まで届いてる?〟
〝止まって欲しいのに動いちゃうの?〟
もーいちいち聞いてくる設楽のH好きだなぁ(〃ω〃)

浅見も普段クールなのにHの時はすっごいエロいの!
〝恥ずかしいのに ずっとイってるみたい〟なんて言って、
半泣きで感じまくりです。
そして、鈴口から溢れてくるような描写も良かった!

スピーディーな流れであっさりしているかもしれませんが、
お互いに大好きー‼︎って感じのハッピーエンドで、
読んだ後はほっこりした気持ちになります^^


シーモア修正白い短冊
甘めの修正で良きでした。




6

男運なしというよりは…

表題作と描き下ろしのシリアス作品です。

雑貨屋店員の浅見は男運のないゲイ。
ビル店舗で見かけるチャラいイケメンを毛嫌いしていたら、
美容院で顔見知りになり、俺のこと嫌いでしょ…と言って、
ちょくちょく会いに来てちょっかいを掛けるイケメン美容師の設楽。

塩対応でやり過ごしていた浅見ですが、
設楽は嘘のない浅見の強さに惹かれており、本当の自分も受け止めてくれる?と意味深。
その後も変わらず懐いてくる設楽に、少しずつガードを緩める浅見。
以前同僚だった美容師から非難される設楽、チャラく見える設楽の抱えるトラウマが…。

恋人だった前の店のオーナーの為に、身体を使って指名を取ったり、集客の為に色仕掛け、
望まれるまま手段を選ばず尽くした設楽ですが、
結局いいように使われ捨てられる。

設楽のやってることは酷いんですが、
好きな人に応えたいという想いを肯定して設楽を受け止める浅見に、
もう一度人を信じたいと本気でぶつかっていく設楽。
いつもと違い慎重になっている浅見ですが、酔って思わず…。

浅見は正直で真面目な面倒見のいいタイプ、
自分を必要だと言われたら応えてあげたくなる…というように、
男運がないという人は、問題ありな男を自ら選んでるのでは?という典型。

設楽と浅見は初め正反対のタイプに見えましたが、
好きな人に尽くしたいという想いの強さは同じ。
想う相手が同じくらい自分に尽くしてくれたら、こんなステキな関係はないですね。

ただ、設楽のトラウマ扱いがね、トラウマになるほどの裏切りにあった設楽は気の毒ですが、
個人的には自業自得じゃない?とブッタ斬り。
好きな人の為なら手段選ばないとかないわ…。
惚れた相手が悪かったでは済まない、人として最低限のマナーを守らなかった報いです。

それを含めて受け止める浅見は、やっぱり問題ありの男が好きなんですよ。
設楽の重い愛を受け止める、デカい器の浅見は相思相愛か。
手を繋いで外を歩きたいという密かな願いを叶えてくれたのは、
設楽の真っすぐで重い愛です。

雑貨屋がクローズアップされていてテンションが上がりました。
個人的に雑貨屋と本屋は一日中いられる場所で、大好きな癒し空間です。
そこらへんも丁寧に描かれていて共感でした。

驚きなのが浅見のエロさ…髪の毛を触られてイク場面は中々ない。
酔ったとはいえ自分から口でするとか、予想外のエロ仕掛けでした。
描き下ろしの自宅で散髪。設楽に髪を触られるとダメですね~浅見さん。

※シーモア:修正は短冊で、しっかり描写でした。

3

中盤から「おや?」

落ちたら一直線すぎた…。

出会いは雑居ビルの休憩室。
「付き合って」と言われたら付き合うし、「キスして」と言われたらキスしちゃう、軽くて誰にでもヘラヘラしている美容師の設楽。
そんなチャラ男にロックオンされてしまった雑貨屋勤務の浅見。
「好き好き」攻撃 vs「俺は嫌い」という2人の攻防戦を楽しく読んでいたのですが…。

チャラくてすべてが嘘っぽい設楽を毛嫌いしていたのに、中盤から急降下で落ちます。
付き合った男は顔は良くてもメンヘラにヒモにDVというダメ男吸引機の浅見にとって、イケメン+外面良過ぎな設楽は嫌いなタイプなのに、なぜ自分から絡みにいく?
好かれたい相手に「気持ちはなくてもキスもセックスもできる」なんて言っちゃう設楽も理解できないし、そういう設楽に浅見が腹いせにキスするのも、…なぜ?
その先にある過去話への伏線にしても、ここが不自然すぎて引っかかってしまいました。

2人の距離を縮めるきっかけに引っかかってしまうと、あとはもう「他にも不自然なところはないか?」と粗探しに躍起になってしまうのが、悲しい習性。
本当に嫌いな相手なら、無理矢理連絡先を交換させられても未読スルーでしょとか、さんざん毎日用もないのに店に来てた設楽が、浅見のシフト外の時間に来たからって「用があったのかも」って会いに行っちゃうのは会いたいだけの口実じゃないの?とか、「体で客を引っ張って来い」なんていう時点で、彼女の方は完全に経営者としての比重が大きくなってるやんとか。
そもそもホストまがいのことをやろうと決めたのは設楽自身で、指名制の世界で離れた客を取り戻すためでも自分の担当以外の客に手を出したら、周囲の冷たい反応は当然というか、裏切られた気分になるのは同僚じゃない?
担当者が何もしないなら、どうして色恋仕掛ける前に担当者と話さなかったんだろう?って思いませんか?
自己判断で顧客リストの上から色恋仕掛けていったなら、浅慮としか言いようがなく。
なのに自分だけが被害者気分で、「もう人なんて信じられない…」って言ってる設楽に同情できなかった時点で、萌え倒すのは諦めました。

惜しいんですよ。
最初から嫌われてるなら取り繕う必要もないし、相手も媚びてこないから言っていることが信じられるというスタート地点から、設楽の甘さに「うへぇ」ってなる。
何かもっと、自業自得と思えない形でトラウマがあったら、同情できたのに。
自業自得としか思えないから、「甘いなあ」になってしまって、何を言っても「甘ちゃんですな」と思えてしまう虚しいループ。
そんな甘ちゃんに絆されるお節介焼き屋さんも、「嫌い」と言いつつ自分から絡みに行ってる時点で好きじゃないかと。

粗探しreadingは、誰もしあわせになれませんね。
そんな読み方をしないためにも、引っ掛かりのない流れを!お願いします!!

1

「好きなひとの為なら!!」タイプ同士の恋

出逢う男は尽くクズのダメンズホイホイの浅見。しかし、クズだと分かってても好きだと言われたら惹かれてしまうしついつい面倒を見てしまいたくなる性格。
そんな浅見が働く雑貨屋と同じ建物に入ってる美容院で働く美容師設楽に気に入られてしまい好き好きアピールされまくり。
誰にでも愛想が良くチャラそうな設楽を苦手に思っていたのにグイグイ来られ絆され始める浅見。


チャラ男と真面目男の絆されストーリーだけかと思っていたら、まさかの設楽が愛の重いタイプ♡
元職場での揉め事から恋愛に対して引き気味だったのに、それでも浅見にはグイグイ行っちゃうのは可愛かったです。
ラストの「俺重い」「俺の方が重い」って言い合う二人はたまらん可愛かったです♡

0

好きの始まりとは…

帯には「この恋は、悪意のキスから始まった。」とありますが
果たしてそうだったんだろうか?と、ちょっと疑問。
浅見は自他共に認める男運のなさで、元カレもダメ男ばかりだったけど
そのセンサーはなぜ設楽に働かなかったんでしょうね~
設楽は厄介な男の部類に入ると思うし
どんな意味の「好き」かはわからないにしても、友達にはあんなにさらっと好きって言わなくない?だったらちょっと意識しちゃわない?と、突っ込みたくなりました。

そして丁度良いタイミングで現れた元カレ清志!(恐らくメンヘラポエム教師)
彼の登場で一気に安っぽい展開になったのが残念でした。
何の前触れもなく職場に突然現れる→わりとあっさり帰る→その後設楽が家に来ることになり、待ってる→インターホンが鳴る。
ここまで重なったら清志が家に来るのがページをめくる前からわかってしまってちょっとがっかり。
結果的にふたりがうまくくっついたので良かったですが。

設楽も浅見も重たいくらい相手を想える人たちなのでその点は相性が良さそうだなと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う