蜂蜜と眼鏡

hachimitsu to megane

蜂蜜と眼鏡
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×213
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
109
評価数
32
平均
3.5 / 5
神率
12.5%
著者
岩本薫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ウノハナ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784403525001

あらすじ

憧れの作家・穂高充生の担当となり、期待に胸をふくらませていた柊。
だが潔癖のきらいのある柊に穂高は「次のテーマはエロスだ」と告げ……?

表題作蜂蜜と眼鏡

穂高充生、ベストセラー作家、39
柊一路、担当編集者、30

その他の収録作品

  • その後の蜂蜜と眼鏡
  • あとがき

レビュー投稿数6

王道のスレ違いものですよー!

テーマがエロスの新作を書く事となったベストセラー作家。
新担当である童貞編集者・柊は、自分の身体を張ってインスピレーションを得てもらおうと奮闘しー・・・と言ったお話。

こう書くとエロメインに思えそうですが、いや、実際エロ多めですが、二人のスレ違いがなんともジレジレさせてくれる王道の片思いものでした。
ストーリーとしては先の展開まで読めちゃってと、もうひとつ捻りが欲しい方には物足りないかもしれないんですけど。
ただ、一生懸命なのにどこかズレてる受けだったり、俺様なのに妙に子供っぽい部分があってヤキモチ焼きの攻めだったりと、なんともキャラが魅力的なんですよね。
そんな二人がジレジレやってるのに、萌えまくっちゃいましたよ。
ちなみに、攻めの告白を聞くまでもなく、恋愛感情で手を出しちゃってるのが丸分かりって所も楽しかったです。

ザックリした内容です。
まずこちら、新担当である編集者・柊が、ベストセラー作家である穂高を訪ねる所からスタート。
ずっと文芸を希望していた柊ですが、この度、念願叶っての異動となり、張り切っているんですよね。
ところが、初対面の穂高から自身のエロ本を読んだかと聞かれ、未読だと知られると、そのまま追い出されてしまう・・・。

実は穂高ですが、ベストセラー作家として売れる前に、別名義で官能小説を出していたんですね。
柊の勤める出版社で。
で、勝手にその事を触れられたくない過去だと認識していた柊は、深く反省して全てに目を通す。
その上で穂高の自宅に日参し、なんとか家に入れてもらう事に成功する。
しかし、取材として目の前でセックスを繰り広げる男女を見た途端、生理的に受け付けなくて戻してしまう。
実は柊ですが、幼少期にイタズラされたトラウマから、性的な事を一切受け付けられなかったんですね。

そこで、編集者としてトラウマを克服し、一皮むけたい柊。
売れない自分を拾って育ててくれた、初代担当編集者の社長に恩返ししたいものの、なかなか新作のインスピレーションを得られない穂高。
二人で協力して、新作を書き上げる為に、柊のエロレッスンを開始して・・・と言う流れ。

う~ん・・・。
こちら、とにかく柊が可愛いんですよ。
穂高からの指示で同居する事になるんですけど、家事でも仕事でも、手を抜かずに一生懸命なのです。
また、作者さんも書かれてるんですけど、微妙に頑張る方向性がズレてるんですよね。
編集者として「(インスピレーションを得る為に)自分の身体を使ってやって下さい!」的に。
ただ、本当に仕事に真面目に向き合ってて、だからこそ、試してやろう的に無茶を言い出した穂高がほだされて行く。

いや、この穂高がですね、最初はすごく俺様なんですよ。
世間がイメージする、気難しい小説家そのもので。
それが、トラウマ克服+インスピレーションを得る為に柊に触れるワケですが、ここからどんどん甘さを増して行く。
また、レッスンを途中で止めようとするのですが、それが柊に失望したのでは無く、彼のあまりに辛そうな様子に続けられなかった。
こう、影で自分を責めてたんですよね。
分かりにくいけど、すごく情が深い優しい男なのです。

と、こんな日々を過ごすうちに、穂高に惹かれてゆく柊。
しかし、穂高が自分に触れるのは、あくまでトラウマ克服に協力してくれてるからに過ぎず、決して気持ちを知られるワケにはいけないと思い込む。
そこで、本来の目的である「エロス」の取材ーーー自身と他人との「本番行為」を提案し・・・と続きます。

これ、しつこいですが、頑張る方向が完全にズレてるし、オチも簡単に予想がつきます。
ついでに、トラウマってそんな簡単なものじゃ無いとも思うのです。
いや、性的な事を一切受け付けなかったのに、穂高に触れられると、わりと簡単に気持ちよくなっちゃってるし。

まぁただ、誤解が解ける瞬間なんかが、王道だけどめちゃくちゃ萌えるのです。
余裕綽々だと思っていた攻めが、意外とヤキモチ焼きで、グルグルやってたとか楽しすぎますしね。

ちなみに、後半が書き下ろしですが、付き合いだした二人のイチャ甘+恋と仕事の線引きで悩む主人公と言った感じになります。
こっちでも柊が、またまたおかしな方向に頑張っちゃってる。
いや、エロに関しても一生懸命で研究熱心な恋人って、最高だから問題ないのか。

と、捻りなんかは無いですし、ちょいトラウマ部分の掘り下げなんかも甘い気がする。
ただ、王道の甘くて切ない片思いを堪能でき、とても楽しいのです。
あと、とにかくキャラがツボで、二人の関係性なんかも楽しい。
そんなワケで、個人的にはとても面白く読めました。

7

甘々で優しいお話だけれど

作家買い。

ウノハナさんの男の色香あふれる表紙。
そして帯の「新作のためにまっさらなこの身体を使ってやってください」というちょっとエロティックな文句。

ということでテンションも上がりつつ手に取りました。




主人公は編集者の一路。
まじめで潔癖な彼は大の本好きということで編集者という職を誇りに思いつつ仕事をしている。そんなある日、職場の移動に伴い彼は人気作家・穂高の担当になることに。

憧れていた作家の担当になれるということで気合を入れ挨拶に向かうが、そこで穂高から新作はエロスでいく、と言われてしまう。仕事には真摯に立ち向かってきた一路だが、彼が唯一苦手とするジャンルは「エロス」。

それでも仕事と割り切り穂高の仕事をサポートするが、その最中に一路は嘔吐してしまう。「そんなに潔癖なら自分の編集者は務まらない」と、そのことを理由に穂高に見限られてしまうが―。

というお話。

一路がなぜエロスを受け入れられないのか、という謎解きも含め、一路が仕事に真摯であること、穂高のために何でもしようとガッツを見せることから、はじめこそ不穏な空気が漂った穂高×一路の恋も少しずつ進んでいきます。

が、バッサリ言っちゃと、ただそれだけ、という気も。

穂高はイケメンで人気作家というまさにスパダリ。
一方の一路も、過去のトラウマを乗り越え、仕事に、恋に、一生懸命な好青年です。
そんな二人の恋を応援したい気持ちは、読み進めるごとに強くなってはいきます。

けれど、エロスを書く作家と、それを下も含めてサポートする編集者、というありきたりの設定に加え、この二人が恋愛的な意味で早い段階でくっついてしまうので、あっさりした展開。

この作品は「まっさらなまじめな編集者を、スパダリの百戦錬磨の色男があの手この手で攻め立てる」というエロを楽しむのがよい作品かと思います。

甘々で優しいお話で、読後ほっこりするストーリーで全く萌えなかったわけではないのですが、もう一捻り欲しかったな、というのが正直な感想です。

7

既視感がある設定ながらも王道の安定感は抜群

ビターラブからスイートラブへの移り変わりが
個人的には萌えツボを刺激されましたヾ(*´∀`*)ノ

評価に悩んだのですが
読書量がさして多くない私でも俺様人気作家×真面目な編集者の組み合わせはお腹いっぱい。
(いや、わかってて購入したんですが新たな視点が楽しめるかなーとちょっと期待してたので…)
ストーリーは特に意外性もなく萌え評価。

なんですが!

さすが長年活躍されている作家さんといいましょうか。
ツボはしっかり抑えてくるんですよ!
萌えると指先がジンジンする質なんですが、時折指先ビリビリ・胸はキュンキュンしておりました。
なので単純に萌え度で評価するならしっかり萌えを堪能しているんですよねー。ぬぬぬ。

うーん…。萌え×2寄りの☆3.5かな。
読み返し度は低そうなのでちょこっとマイナスです。


内容は詳しく書いて下さっているので感想を。

受け:柊
柊の生真面目さはとても好感が持てました。
失敗しても下手な小細工無しで体当たりして誠心誠意謝るしかできない。
何事にも裏表がなくて一生懸命。
やはりね。頑張る人は応援したくなりますね。

柊の頑張りがどこかズレてて斜め上に向かうのがキュンときます。
なぜそうなる!?と突っ込みたくなるんですが、本人は必死だし可愛いなーと。

攻め:穂高
イケメンで長身で才能があってヒットメーカーで…スペックもりもりです;
でもそんな彼も1つの作品を生み出すのに時間を掛け苦悩することもある。
スペックだけみたらイージーモードっぽいですが、
人柄に触れると努力の人なんだなーと感じられる部分が良かったです。

穂高も裏表がないけれど、良くも悪くも…ですね。
言葉尻が強くザックリと突き刺さる言葉も平気で出しちゃう。
そういった部分を俺様というのか、不器用というのか…。
序盤は前者の印象が強いけれど、徐々に後者になっていくのが個人的に萌えツボでした♪

一番萌えたシーンは、
両片想いのすれ違い萌え!!!!ヾ(*´∀`*)ノ

柊は仕事の迷惑にならないよう自分の恋心を封印して接するけれど、
それがまぁ悉く間が悪くて穂高の地雷踏みまくり(笑)
穂高も穂高で柊が恋心封印してるなんて思いも寄らなかったらしく、
不機嫌を露わにするだけで何も言わないから拗れてしまって。

これがま~ビターって感じでキュンキュンするのですよ!

説明書きしちゃうとただの王道っちゃド王道だけど
王道って既視感あろうが何度読んでも萌えに刺さるからこそ王道なんですよね。
いや~~~良いッ。このシーンはめちゃくちゃ萌えた。王道バンザイヾ(*´∀`*)ノ

本編のすれ違いはビター感が強かったですが、
書き下ろし後日談のケンカしてすれ違いは甘さがあったかな…?
穂高はどんだけ怒ってても絶対柊を手放すわけないだろうなって安心して見てられるし、
柊がオロオロと右往左往してるのをガンバレーと思いながらのほほんと読みました。

結局のところ、穂高と柊は性格が対極なようで
不器用さと真面目なところは似てるんですよね。
似たもの同士な部分があり焦れったいところが良きです(∩´///`∩)

個人的には本編のすれ違いビター感が一番好きでした。

2

あっさり読めて官能的

思っていた以上にあっさりしたストーリーです。
小説家・穂高が担当編集者・柊に「次のテーマはエロスだ」と告げるところから始まっていく二人の関係。
読み進めていくと、本作自体が官能小説のような気がしてきます^^;

大人気小説家×トラウマ持ちDT編集者

性は嫌悪の対象である柊が担当することになった穂高の新作は、
柊が唯一苦手とする分野〝エロス〟
柊の苦手を見抜いた穂高に担当失格の烙印を押されても、
決して諦めずに立ち向かう柊。
そして柊は、「まっさらなこの体を使って下さい」と告げます。

ここからプロット作成の手伝いとして柊が脱ぎます!
オナニー、乳首攻め、前立腺攻め、そして最終的にーー…
と、段階を踏んで穂高との関わりでトラウマを克服しながら性に目覚めていくのですが、なんとも官能的。
これってそういう小説?と思ってしまうほどでした^^;
そんな中で惹かれあっていく二人なのですが、
そこはあっさり好きになっちゃったなという印象……

ただ、読み進めていくと、困っている人に黙って手を差し伸べる包容力のある穂高と、生真面目で嘘がなく一本気な柊がとても魅力的で、惹かれあっていくことに納得してしまいました。
とてもキャラの魅力が生かされている作品だと思います。

後半の書き下ろしは、恋人同士の甘々ではなく、
柊が公私の区別に悩む様子が描かれています。
もはや、ここでは作家と担当として仕事に取り組む姿はなく、
普通の恋する男同士という感じでしたね(^◇^;)

全体的にに読みやすいのですが、あまり心に残らないかな。
柊のトラウマに関しては、もっと凄いことが起こっていたのかと戦々恐々としていたので拍子抜けしてしまいました。
いやいや、本人にとっては一大事だし、
あってはならないことなのですが小説としてはね……
ただ、ウノハナ先生のイラストが素敵で、
作品の質を一段も二段も上げてくれていると感じました^^


1

小説家も担当さんも大変

先生買い。さらっと読んじゃったので萌にしました。小説家ネタがお好きな方や、生真面目な頑張り屋リーマン(出版社編集さん)がお好きな方にはよいのではと思うお話、雑誌掲載のお話140pほど+その続き120Pほど+あとがき。

実用書担当していましたが、前任者退職を受けて、人気作家穂高の担当になろうとしている柊。大ファンなのだけど、トラウマあって自社にて出版している穂高執筆の官能小説は読んでいません。それがバレて門前払いを食ってしまい・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
風俗関係の方少々、別の出版社の穂高先生担当、柊が担当する新人作家、受け会社関係者少々ぐらい?

++以下内容に触れる感想

受けさんが超真面目。実用書担当だった時に、自分が一人暮らし初めてだったので「初めての一人暮らしに便利な本」を出したり、料理本を出したり、それを自分でちゃんとやって納得した内容だけ出すという、まあ生真面目な方でして。そのおかげで家事全般超優秀(多分私より)。で、生活スキルない攻めさんを一生懸命支えるってところから始まります。王道なんだけど、そういうとこ好きなんですよね。

でも書いてもらう内容は、受けさんがトラウマあって苦手とする官能小説。なんとか克服したいし、攻めさんはプロット詰まってるし、ということで二人でなんとか打開しようと頑張るお話が前半でした。
やれやれ良かった、さあ後半はと思ったら、公私混同に悩んじゃう生真面目さんと小説家さんとのすれ違いって、これまた王道。

そんなに傲慢傲慢してる感じは無く好きな感じの攻めさんでしたが、お話として王道過ぎたのかな。
受けも嫌いではないですが、そんなにめっちゃ好きというポイントがある訳でもなかったので、今一つぴんと来なかったお話でした。おかしいな雑誌掲載されたときは面白く感じたのに。ヘルパー部分が好きだったのかな。

0

ありきたり、かな

作家買いしているので迷わず購入しました
まあ、あらすじから少しは覚悟していたのですが……

言葉が悪いですが『使い古された設定』でしたね……

それでも何かしらハッとするような、そんな展開を期待したんですが結果小説や漫画でよくある話と変わらなくて正直ガッカリです

これ、書き下ろしなんですよね?

もう少し違うテイストを書いて欲しかったなー

作家さんのファンではありますが、萌が何にもなかったのでこちらの評価で

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う