淫具

ingu

淫具
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
5
得点
41
評価数
15
平均
3.1 / 5
神率
20%
著者
愁堂れな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784344846210

あらすじ

亡き兄が性具を使って乱れている映像を見た夏樹は、兄の気持ちを知ろうと性具を試しているところを親友・東雲に見られてしまい!?

表題作淫具

東雲遥,26歳,中学からの親友で会社の同期
八代夏樹,26歳,総合商社勤務のリーマン

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数5

人を救う嘘の話

笠井画伯の淫靡な表紙絵のインパクトは、衝撃大です。
そしてタイトルの「淫具」も凄い。でも、中身はちっとも淫らじゃない。
「淫夢」に続く、才と愛の推理話。
故人の恋人が誰なのかを伏せて、遺された人を救う嘘の話。

心臓が悪かった夏樹の兄が孤独死。
仏国から帰国して、たった一人の肉親・兄を失い、兄との関わり方を後悔する。
兄の事を知らな過ぎて、葬儀にも戸惑う。
夏樹は、才に生前の兄の動画について相談に行く。
(表紙絵にも描かれているし、兄の片想いの相手が誰が、冒頭から解っちゃう)
・・だから、どんでん返しは、表紙で無効になってます。

才と愛の推理の通りなら、優しい冬樹は、病弱故に人並の幸せを諦めていた
それでも、想い人の選択に何度も賭けて問いかける。
「自分を(冬樹)を選んで」と言えなかった時点で、全てを諦めたのだと分かると
結末のエピローグの「祈り」が哀しくなって、涙してしまった。

冬樹が言えなかった本音を、動画を解析した才が気づいたけれど、
真実を伝えても誰も幸せになれない、と事実を伏せて夫々に説く場面も切なかった。

0

心に突き刺さる「純愛」のストーリー

愁堂作品の『淫夢』のスピンオフ作品。『淫夢』で登場した、ミステリアスなお金持ち・神野才が登場するお話です。

才は今作品の重要な立ち位置にいる男性ではありますが、あくまでサポート的な立場にいる人物なので前作未読でも問題なし。ただ、彼がどんな人物なのかは前作を読んでいた方が分かりやすくストーリーに入り込みやすいかもしれません。

ということでレビューを。
ストーリーはすでに書いてくださっているので感想を。

笠井さんの挿絵目当てで購入した作品。

が。

めっちゃ面白かった…。

今作品の主人公は商社に勤める夏樹。
兄・冬樹を亡くし、哀しみの底にいる彼を中学生の時からの親友である東雲がなにくれとなくサポートしてくれて。

実は東雲は、ずっと夏樹のことが好きだった―。

というお話ではあるのですが、今作品は東雲×夏樹の恋の成就のお話ではありません。

冬樹の遺品を整理していた夏樹は、冬樹が写った動画を見つけてしまう。その動画には夏樹が知らない、兄の姿が収められていた。淫具でみだらな姿をさらす、冬樹の姿が。

この動画を取った人物がいるはず。

そう確信した夏樹が、その人物を探そうとする謎解きのストーリーです。

正直、読み始めたとき、兄ちゃんのそんな動画は見て見ぬふりをしてあげればいいのになー。なんて思ってたんですよね。読後も、その思いは変わりません。ぶっちゃけて言ってしまうと、今作品は「誰が兄ちゃんの淫らな姿を撮ったのか」というところを軸にしたストーリーでしかないんです。

ないんですが。

この作品の主人公はあくまで東雲×夏樹。
が、この二人の恋の成就を通して見えてくるものは彼らの恋愛模様ではありません。

冬樹の、切なく、一途な恋のお話なんです。

そのストーリー展開が、実に秀逸。
冬樹を主人公にせず夏樹を主人公にすることで、謎解きの側面を持たせ、話の結末が一体どうなるのか、読者を一気にこの作品の持つ世界観に引きずり込む。

前作『淫夢』は、主人公が刑事だったこともあり謎解き、あるいはミステリーの要素が盛りだくさんでしたが、今作品はミステリーの要素は皆無。皆無ですが、最後のオチにすべて持っていかれました。

笠井さんの描かれた表紙、そしてタイトル。
一見エロ度の高いストーリーを思い浮かべますが、紛れもなく純愛を描いた作品でした。

最後の最後まで、冬樹が報われることはない。
プロローグ、そしてエピローグ。
これがまた、なんとも言えない冬樹の想いを現していて切なくなります。

そんな冬樹を差し置く形で夏樹と東雲が幸せになることに若干納得できない思いを覚えつつ、けれど非常に面白く読みごたえがある一冊でした。

特筆すべきは「才」という人物の描き方でしょうか。
非常に個性豊かで強烈な存在感を放つ人物でありながら、彼は「恋愛」という側面では完全に蚊帳の外にいます。が、彼がいなければ、今作品は成り立たない。

彼が恋愛というベクトルから外れているがゆえに、今シリーズはこれからいくらでもスピンオフ作品ができそうなのも良し。

ということで、続編を正座してお待ちしています。

4

お薦めしたい

『淫夢』のスピンオフ。
前作も好きだったのですが、私はこっちの方がもっと好きかも。
ロアルド・ダールの本とかが好きな方なら好きだと思うんですよねぇ。もしくは『世にも奇妙な物語』とかお好きな方も良いんじゃないかと(うーん……ちょっと違うかな)。

ネタバレしちゃうとこの本を読む喜びが大幅に減ってしまうので、察しの良い方はこの先を読まずに本を読んで欲しいのですよ。出来るだけネタに触れずに書くつもりですが念のため。

私としては『お薦めの一冊』なんですけれどねぇ……
ただ、このお話、好き嫌いが極端に分かれる様に思うんですよ。
少なくとも読んで癒されるお話ではないのよね。
かと言ってメリバとも違う。
お話のラストに辿り着いた時、
「おおーっ」ってなった後、ちょっとばかり負の感情を持つ様な本。
でも、それがいいんですよ。
日本語としておかしいけど『いい感じの不快感』なんですよ。

私、この手のお話は『性愛怖いジャンル』に入れているんですね。例えば『八百屋お七』とか『安珍清姫(娘道成寺)』なんかも、そのジャンルに入っちゃう感じ。
恋から鬼が生まれるんです。
最初から魑魅魍魎なんじゃないの。
恋によって生まれ、育つものだから、とても美しいし、かなり悲しいんです。
でも、ものすごく怖い。
読後、色々考えました。
いやホントに怖い。

この手のお話、お好きな方はすごく好きだと思うんですよね。
察した方は是非お手に取ってくださいまし。

1

面白かった!

笠井先生なのでマストバイ。王道なのかなと思って読んでいたのですが「おお!」と思ったので萌2より萌でお願いします。キャラがどうこうというよりお話が面白かったです。2018年の「淫夢」に出ていたサブキャラが同じく出ているとのことですが、それぞれ独立しているとのことで、私は問題なく読めました。本編220Pほど+あとがき。

たった一人の肉親である2歳上の兄が急死し、研修先だったパリから帰国した夏樹。同期で長年の友人である東雲が手伝ってくれて、滞りなく葬儀を終えたものの、家の相続などやる事がたんまり。権利書が見当たらず探し回っていると、兄のクロゼットから、色々怪しげな道具が出てきて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
冬樹(受けの兄、受けそっくり、体が弱かった、故人)、才、愛(淫夢にも出てきた超怪しいイケメン+超絶美少女(♂))、清(受けの家の通いの家政婦さん)、神宮寺先生(兄の主治医)。才、愛が面白そうな方だったので、淫夢も読んでみようかな。

++より内容に触れる感想

受けさんは兄の急死に出くわして「もっと兄と深く話していれば良かった」と悲しんでいる印象が大きいです。健気とはあまり感じません。人の心の機微にあまり敏感ではないようなので、個人的には親近感。

攻めさんは、大人しめ、控えめな、でも本当に一途なワンコ。嬉しくても悲しくても耳しっぽに喜怒哀楽を表わず、ひたすら付き従って、呼んでもらえるのをじっと待ってる印象でした。思いがかなった時に涙してたんですが、「うう、良かったねえ」と思いましたよ(攻めが泣くなんて!とげんなりしてしまうこともあるのに)。

でも。
そう思わせておいて、実は表紙の表情が本性 と言う説もあるのか?
そうだったらかなりビビる。(笠井先生はそれを狙ったのか・・?)
と色々妄想してしまって楽しいです。

私は真実は闇の中というお話が好きなのかもしれません。
王道くっきりはっきり正義が勝つ!というお話が好きな方でしたら、ちょっともやっとするかもと思います。
いつもは二時間ドラマか!と思って好きではないのですが、最後の種明かしタイム的エピソード、私はとても良かったです。

これ以上ネタバレすると面白くないので書きませんが、「おお!」という感じのお話が気になる方でしたら、良いのではと思いました。

5

受けがかわいそうだよ(´・ω・`)

「淫夢」スピンオフになります。
そちらは未読ですが、特に問題無く読めました。

で、こちら、亡き兄の秘密「同性相手に性具を使って乱れる姿の映像」を知ってしまった主人公・夏樹が、兄の真実を探ると言う推理ものになります。
エロス&ミステリーって感じでしょうか。

また、そんな彼を手助けするのが、頼りになる親友の東雲。
更に影の主役として、ミステリアスな男・才も加わり、ストーリーは進みます。

こちらですね、お話としてはとても面白いです。
兄の真実を探ると言うミステリー部分を軸としてストーリーは展開して行きますが、こう、お話が二転三転するんですよ。
てっきりこうかと思いきや、次にはアッサリ予想が覆される。
また、オチが拍子抜けだと思ったら、最後にどんでん返しが来て驚愕させられる。
からの、二段オチ!
愁堂先生ですが、本当にミステリーものがお上手だと思う。

あと、親友で攻めである東雲が、すごくいい男なんですよ。
唯一の身内である兄の死にショックを受ける夏樹にですね、真摯に寄り添う。
謎解きがメインでありながら、二人が結ばれるのがとても自然なんですよね。
そりゃ、こんないい男にこれほど大事にされれば、ノンケでも心を動かされるよね!と。
だからこそ、オチで分かった真実にですね、「なんじゃそりゃ!?」しか出て来ない。
ラストのオチに至っては、人の心の闇の深さを覗いちゃったみたいな感じで、ひたすらやりきれない。
いやこれ、主人公が気の毒だよ。
何も知らないから幸せなんだろうけど。
以下、レビューが書けないから核心部分に触れます。
ご注意下さい。






兄の淫らな姿をビデオ撮影した相手を探すと言うのが主題になりますが、なんと兄は自身で撮影して相手が居るように見せかけてただけー。
そう、自作自演だった。
と言うのが主人公が最終的に知った(嘘の)事実。

で、実はその裏に隠された真実があり、兄の相手はなんと東雲。
兄から誘惑された東雲は、誘われるまま何回もビデオ撮影をし、それどころか兄と寝たりもしてたんですよね。
いや、夏樹への想いを拗らせてソックリな冬樹(兄)を拒めなかったって事ですが、いい男だと思ってただけに、この真実にはガッカリ。
兄の相手を探して苦悩する夏樹の隣で、素知らぬ顔をしてたのにムカつくなら、その事を隠したまま夏樹と結ばれちゃうのにも納得いかない。
夏樹に対しても冬樹に対しても、申し訳なくはないのかい?
よく、夏樹に堂々と告白出来たよね?と。
個人的に、こういう不誠実な攻めって大嫌いなのです。

この後に更に驚きのオチがありますが、冬樹が気の毒すぎてやりきれない。
ここで、再び東雲に対して怒り心頭。
こいつ、自分の事しか考えてないよね?と。
いや、優しく穏やかな兄の裏に隠れた冬樹の生身の姿に、凄みまで感じちゃったりはするんですけど。
もう、何を信じればいいのか分からない・・・。

まぁそんなワケで、攻めがどうにも許せないのと、ラストがモヤモヤしまくりで萌えきれませんでした。
でも、ストーリーとしては本当に面白いと思うので「中立」で。

18

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う