淫夢

inmu

淫夢
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
56
評価数
17
平均
3.5 / 5
神率
23.5%
著者
愁堂れな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344841499

あらすじ

確かめたい。
これが夢か、現実か

美少年となり男に抱かれる夢に悩む龍。その美少年そっくりの高級男娼・祐貴に、同僚刑事・葵とともに出会うが、祐貴も殺され!?

月島西署の刑事・折本龍(おりもとりゅう)は夢――その中で龍は艶めかしい美少年で、常に男に抱かれている――に懊悩していた。同僚で親友の木下葵(きのしたあおい)に、夢の核心には触れず悩みを打ち明ける龍。そんな折、殺人事件関係者の高級男娼・祐貴(ゆうき)を訪ね、驚く。彼は夢の美少年にそっくりだったのだ。その夜、夢の中で龍は祐貴となって葵に抱かれ、そして次には祐貴が殺されて!?

表題作淫夢

木下葵, 月島西署の刑事, 28歳
折本龍, 月島西署の刑事, 28歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

謎解きがお好きな方にお勧め

笠井さんの挿絵に釣られて購入。ネタバレ含んでいます。ご注意を。






主人公は月島西署の刑事・折本龍。ほぼ彼視点でストーリーは展開していきます。

彼の最近の悩みは「自分が他の男になって、男に抱かれている夢を見る」という事。全く別人になった自分が、男色の趣味はないはずなのに男に抱かれて喘いでいる。
悩みすぎて仕事にも影響が出始めたときに、彼の不調に気づき手を差し伸べてくれたのは同僚の刑事である葵。葵に勧められ、彼の知り合いだという神野という男性のもとを訪れ相談するが…。

というお話。

主人公が刑事という事で、サスペンスの面もあります。龍が夢で見た「自分になっている男性」は高級男娼の祐貴で、さらに祐貴が殺されるという事件を担当することになるがー。

立て続けに起きた殺人事件の解明、そして龍が頻繁に見る「淫夢」の謎。
大きくこの二つを軸に進んでいくストーリーでした。

殺人事件よりも龍がみてしまう淫夢の方に重点が置かれていることもあって、ミステリーものというよりもよりBL感が強い作品ではありますが、その夢がなんとも意味深で面白かった。なぜ龍が祐貴になって淫らな行為をしているという夢を見るのか、という謎も最後にきちんと解明されているので読後はすっきりします。

愁堂さんらしい読みやすい文体にテンポよく進むストーリーで、さらに謎だらけの展開という事もあってページを捲る手が止められませんでした。この作品のテーマが「淫夢」なので龍がみる夢は濡れ場が多いのですが、タイトルや表紙からイメージするほどエロに特化した作品ではなく、いい意味で裏切られる作品だったと思います。

で、夢を見る因子が、なかなかに萌えました。理由よりも、その動機に萌えます。ネタバレしちゃうと面白くないと思うのでこれ以上書くのは避けますが、ぜひともご自身で読んで、その動機を堪能してほしいです。

笠井さんの描かれた挿絵は文句なしの美しさ。
特に表紙が素晴らしいと思います。
ちょっと、というか、かなりエロい絵柄ではあるのですが、読後にじっくり見てみると、この絵柄にこめられた意味が理解できるんではないかと。

ハイスペック男子である葵、綺麗なビジュアルの龍。どちらも素敵な男性でしたが、個人的には神野が非常にツボに入るキャラだったので、スピンオフを書いていただきたいなと思ったりしました。

2

オカルトエロスサスペンス

電子書籍版を購入。
あとがきあり、挿し絵なし。

神と迷って、萌え×2評価。

忘れていましたが、これぞ愁堂れな作品。
最近、二時間ドラマ風味な作品ばかりを読んでいたので、忘れていました。
(まぁ、二時間ドラマ風味な作品もそれはそれで好きなのですが)

愁堂れな作品で一番好きなのが『純愛』。
あの、オカルトとエロス、そしてサスペンスが絶妙なバランスで融合した作品を読んだときは、あまりもの素晴らしさに頭を殴られたような衝撃を受けましたっけ。。。
今回の作品は、それと通じるものがあります。

今回の作品を気に入った方は、是非、『純愛』をオススメします。
逆に、『純愛』を気に入ってる方は、是非、本作を手に取ることをオススメします。

いつもの二時間ドラマ風味が好きな方は。。。本作はイマイチかもしれません。
プロローグとエピローグで泣かせる、いつものあの涙がホロリとこぼれる人情的な展開とは、ちょっと遠いかも。



1

挿絵に騙された!

初読み作家さんです。
笠井さんの挿絵にひかれて購入しました。あとは刑事ものが好きなので、あらすじからわくわくしていたのですが、読んでみると思っていたのと違いました。
初読み作家さんなので、どんな作風かもわからず読みましたが、刑事もので作中でも事件が起こりますが、そちらがメインではなく主人公が何故あのような夢を見るようになったかを探る方がメインらしく。事件はあまりにもさらっと終わってしまい、もう少し深く掘り下げてほしかったです。
また、笠井さんの挿絵に騙されました!私は読む前に挿絵をパラパラと見るのですが、その時に攻めと受けともう一人の3 Pの挿絵があり、何があってそんな展開になるのか楽しみにしていたのですが、どうやらそれは主人公の夢だったらしく、、、楽しみにしていたのに肩透かしを食らったような。見事笠井さんの挿絵にまんまと嵌りました(笑)

1

オカルティックなサスペンス、プラスエロと隠された愛

あとがきにて作者様ご自身のコメント『サスペンス調のラブストーリーにエロティックさとオカルティックな雰囲気を加えたような作品』、これがもうズバリ本作の説明になっています。
主人公は刑事の龍で、最近同じ夢をよく見るようになったのだが、内容が自分が少年になって抱かれている、というもので、その少年に心当たりはないし、男性に性欲を抱いた事もないし、なぜそんな夢を何度も見るのか意味がわからず、誰にも相談もできず、寝不足が続いている…という冒頭。
捜査でコンビを組む葵に、細かい内容はぼかして同じ夢ばかり見て悩んでいる、と話すが、そんな時殺人事件関連で聞き込みに行った相手の顔が夢で見る少年だった事に驚き、夢の内容ももっと過激になっていく…
夢の内容がエロエロだという事と、夢に出てくる知らない人物が実際にいて、しかも夢の通りに殺される事態になる、というオカルトめいた展開が、怖い話好きな私のツボを刺激してきます。
謎解きをするのが葵の知り合いで天才肌の才。
後半才の謎解きが炸裂し「そうだったのか!」とバっとパズルのピースがはまっていく感覚があり、なかなか爽快。
ですがその真相は賛否両論ありそう…ネタバレ無しで読まれるのが最善だと思いますので内容はハッキリ書きません。だからわかりにくい言い回しになりますが、才の助手の愛(女装男子?)が嫌う通り、腹黒で策略で執着の末の結果、という感じで、やっぱりこういう絡め取り方はかなり怖いかも。
結局のところ、「オカルティック」に見えるけれど非常に「科学的」な根拠によるサスペンスです。
才と愛の関係性なども興味深いので、続編orスピンオフあったらいいな。

1

最後まで引っ張ってくれます

電子書籍で読了。残念なことに挿絵なし。

あとがきに「二時間サスペンス調のラブストーリーにエロティックさとオカルティックな雰囲気を加えたような作品」とありますが、ミステリ風味も大きいお話だと思います。まずは核心部分に触れないようにあらすじを。

刑事の折本龍を悩ませているのは度々見る淫夢。夢の中で龍は美しい少年の姿で誰かに抱かれ喘いでいます。自分にはそういう欲望はないのに何故?と思い悩んでいることを、バディである木下葵に気づかれ『天才の先輩』神野に相談することになります。
翌日、殺人事件の参考人として二人が尋ねた高級男娼の宝生祐貴は、まさに夢の中に出てくる少年!龍はその夜、祐貴と葵に抱かれる夢を見ます。夢の中で龍を独占しようとした祐貴に腹を立てた葵は祐貴を絞殺してしまうのですが、実際に祐貴の絞殺死体が発見され……

ほの暗い、抑圧されるような文章が雰囲気を盛り立ててラストまで引っ張ります。お話の空気が重いので「ひょっとして?あれ、まさか?」と本当に最後の最後まで気が抜けませんでした。
安楽椅子探偵の役割である神野の最後の謎解きで「そうか、あれかーーっ!」と叫んだ私は、見事に愁堂さんの張った罠にはまっちゃったわけで……結構多くの人が知っていることがトリックに使われていました。でも、わかんなかったのよね。はい、何冊読んでもミステリ脳が優秀になる訳ではありません。
非常にスリリングな読書時間をいただきました。

0

オチの取ってつけた感

三行感想
> 殺人事件は添え物
> そんなことってある?
> 受けを病院に行かせてやってくれ


普通に感想
受「なんか最近、美少年になって掘られる夢見るんだよね〜〜〜意味不明過ぎて逆に気になる〜〜〜……って仕事先で出会った奴が夢の中の美少年クリソツやんけ!」
みたいなお話。

不思議な夢の真相は一体?!的なノリで読み進めましたが……個人的に微妙な落とし所のように感じました。
確かにここでそういう伏線があって、ここでそれっぽい所もあるし、それに……って読み返すと分かるんですが、記憶にも残らないような伏線が多く、伏線回収でよくある「アレがそうなるのか…!」的な驚きやカタルシスはあまり無かったように思います。
殺人事件も起き、それが受けの夢にも関わってくるんですが、結局その殺人事件のネタバラシ的なのも一緒に済ませてしまうし……。
やり方はともかくとして結構気味の悪い真相なのに、と勿体ない印象を覚えました。

真相とかミステリっぽさとか、全部取ってつけたような感じなので「タイトルになる程の淫夢の真相や如何に?」みたいな期待で読み始めると「そっか〜…」と不完全燃焼に終わる可能性があります。
あと謎解きが雑な印象を受けます。頭が良いとされる脇キャラの謎解きも「えぇ…」って感じてしまって……。

でも攻めの執着具合に関しては「気味悪いなぁ、コイツ」って思えました。「ヤンデレ」よりも「執着」と表現するのがピッタリな攻めだと思います。


個人的に気になった部分
受けが夢に悩まされまくって仕事に支障をきたしまくりだわ、長いこと気味の悪い目に遭ってるわで可哀想でした。
病院に行ってカウンセリングとか受けた方が良いと思います…


まとめ
謎解きとかミステリーとか期待せずに読むと良いと思います。お話としては個人的に微妙に思いましたが、薄ら寒い攻めが見れます。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う