α×Ωとα×αの三角関係 運命を揺るがすドラマチックオメガバース開幕!

友情孕ませトライアングル

yuujou haramase triangle

友情孕ませトライアングル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
13
評価数
10
平均
2 / 5
神率
0%
著者
雨宮かよう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784801969056

あらすじ

詢はまっすぐな性格で、Ω性に負けない強さを持つ。
そんな詢の幼なじみで親友の2人はαだ。
精強なメンタルの男前・廉久と知性的な美青年・陽翔斗。
友情の裏で、詢と陽翔斗はそっと廉久に恋をしていた…。

ところが、突然告げられた運命に穏やかな関係が一変…!
詢と陽翔斗は〝運命の番〟と呼ばれる「特定番」だった…!?
遺伝子上の相性がもっとも良く、優秀な子を残せる2人は
人類の未来のため、番わなければならない。
このままでは、3人の友情も恋心も壊れてしまう――…!?

描き下ろし9ページ収録!

表題作友情孕ませトライアングル

廉久(α),起業家
詢(Ω),大学生

その他の収録作品

  • かきおろし

レビュー投稿数4

すまないが、私は陽翔斗推しなんだ

詢(Ω)廉久(α)、陽翔斗(α)の親友の3人がとある陰謀で引き裂かれるけど、陽翔斗の頑張りと詢のビンタで修復への第一歩を踏み出した、友情愛情ドロドロ風味オメガバース…って感じですかね。
ネタバレ全開で感想を書きます!

ストーリーの大筋は面白かったです。が、私の初見読了の感想は「見たい書き下ろし後日談はコレジャナイ…」でした。理由はひとえに『陽翔斗推しになってしまったから』です。

腐女子的には壁になりたい空気になりたいといっても、結局漫画で読む以上は、誰かの目線で物語や情景を追いかけ、人物の感情をフィードバックしていくものです。この作品で誰の目線で一番ストーリーを進めているかと言ったら、始まりこそ詢の視点で始まりましたが、実は陽翔斗なんです。

両親はマッドサイエンティスト、陽翔斗は両親のイかれた陰謀に抗うために廉久のことが好きな詢と詢のことが好きな廉久を番わせる。が、それにより、実は陽翔斗の運命の番で一緒にいるととても居心地のよかった詢にはそれが感じられなくなり、陽翔斗もまた想っている廉久からは同じαとして威嚇されギスギスされ、3人の友情は崩れ落ち孤独に陥る。それでも一人で闇落ちしないようもがきあがきながら2人を両親の魔の手から守るために頑張る。そんな健気な描写見たら、感情輸入して彼を応援したくなっちゃうじゃないですか。そうなると、これだけの苦労をしたらとびっきりの幸せがあってもいいんじゃないかと期待してしまうわけですが……最後まで見て、幸せが足りないと感じてしまうわけですよ。居場所がまだないのにそりゃあ島から戻って来ないよな、と。

ちなみに、陽翔斗側の事情をもっと伏せて、詢視点でストーリーを追ってみると、詢の望みは実はかなり叶っていることもあり、スッキリする部分があるのかなぁとは感じました。

今後、是非とも陽翔斗の救済スピンオフを、お願いします!

1

三角にもなれない弾かれはどこに行く?

個人的注目作家様の雨宮かよう先生作品。
設定はオメガバース。
そして、題名からもわかるとおりトライアングル、三角形のお話です。
Ωの詢(しゅん)。可愛らしいタイプ。
詢の2人の親友・廉久(きよひさ)と陽翔斗(はると)は2人ともイケメンα。
3人はいつも一緒。
廉久と陽翔斗は差別される詢を庇ったり励ましたり。
そんな2人のことが大好きな詢だが…

…となると、2人の攻めに受けが詢で、となりがちですが、ここはそうは進みません。この展開は意外性もありかなりそそられましたが。
「が。」なんですよねー……
ひとり陽翔斗だけが不憫なんですよ…ここが読んでいて受け入れ難く可哀想ということもあるし、陽翔斗の行いがすごくわかりづらいし。
そしてこのわかりづらさははっきりと作者様の作話の練り方がうまくいってないから。
陽翔斗がひとり身を引く、母親に宣戦布告する、そこはわかるし、ここまではすごく面白いんです。
だけどその後話がブチブチ切れて、陽翔斗の感情の流れがわからなくなる。
だからとても残念。
廉久もなんか冷たいし。
逆に詢がポジティブすぎて陽翔斗に対して残酷な事してるのわかってないし。
とにかく陽翔斗が不憫だったなぁという感想でした。
また、いつもは雨宮かよう先生は攻めの造形がすごくいいんですが、本作は描きわけがうまくいってない。修正されたとの事ですが、その事でいつもの攻めのクールでキレのいいかっこよさも薄まった感じ。
そこも残念ポイントでした。

2

活かしきれない設定と見分けのつかないお顔

うーん、人物の書き分けが出来ていませんね(・・;)
初め、主人公のα2人を双子だと思って読んでました。
だって、2人とも黒髪つり目なんだもん……
そして、もうひとりのΩの主人公も黒髪だし。
あとがきを読んで驚いたのですが、αの2人は連載時から大幅に書き直しされているとか!
これで⁉︎という感じ( ̄▽ ̄;)
陽翔斗の父親なんてもはや同一人物‼︎
そんな訳でとても読みにくかったし、ストーリー自体も……


Ωとして懸命に生きる詢の支えは、親友である二人のα。
ユーモア溢れる廉久と理性的な陽翔斗。
実は、詢と陽翔斗は廉久に恋をしていてーー…


ひとりのαに対し、αとΩが片想いしているという珍しい図式。
とても面白そうな設定なのに、活かし切れていなかったかな……という印象です。

物語は〝運命の番〟である詢と陽翔斗が無理やり婚約させられ、
監視されつつ子作りを強要されるという驚きの展開に!
ただ、ここで陽翔斗が素敵だったのは、詢と両想いである廉久を呼んだこと。
発情誘発剤を打たれた詢のために、自分の恋心を封印して廉久と番わせたのです。

陽翔斗が全体的に可哀想でした( ;∀;)
好きな男を諦め、目の前で親友同士がHする姿を見せられる。
2人に子どもができた後も、詢は陽翔斗と親友を続けたいと言うのですーー
これって陽翔斗には酷じゃない?
自分たちはいいけど、親友3人のうち2人が番で、
しかも残りの1人は番のうちの1人を好きってーー地獄だわ(。-_-。)

最後まで陽翔斗が不憫でならなかったです。
そして、とても優しくて強い男でした……
ただ、番の2人に都合の良すぎる展開とラストにはモヤモヤが残ります。
Hの時の詢の言葉使いも子どもっぽくて好きじゃなかった。
結局、Ωとして自立しないで結婚しちゃうしねε-(´∀`; )


レンタ 修正は白抜き

3

友情ってすごい…

初読み作家さん
タイトルからしてなんとなくオメガバース?と思ったらやっぱりそうだった。そして、2人のイケメンと可愛い系男子の組み合わせ…これは真ん中のいかにも受けな子を取り合うの?…と思いきやここが違いました!

3人の中で1組が両思いなのですが、もう1人もそのうち1人に片思いしているんですよね…それが、え?こっちかー!な意外性でした。

2人の為に悪者ポジションになってしまうその陽翔斗が可哀想で…最後は友達としてまた絆を持つのですが、うーん辛いなぁ。陽翔斗にも幸せがやってきますようにと願わずにはいられなかった!
と言うのも、個人的に可愛い顔の受けの詢がいまいち好きになれなかったからかもです…これは個人的意見なのですが。
あと、発情すると人格変わったようにおちんちんとか言っちゃうのがやっぱり苦手です。これがオメガバースなのかと分かっていても、普段との変わりようが凄くて、そこに萌えが生まれない…
オメガバースを楽しみたい!っていう人になら良いと思います。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う