本気の恋はしたくないのに――

結婚、エンリョします

kekkon enryo shimasu

結婚、エンリョします
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
8
平均
3.4 / 5
神率
25%
著者
雨宮かよう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784866574820

あらすじ

同性婚目前で彼氏に妻子がいると分かり、大失恋した直寿。
恋をすることに臆病になり、身体だけの関係を求めるようになってしまう。
ある日、アプリで知り合った清慈と意気投合し、熱くて濃密な一夜を共にする。
魅力的で真摯な彼に口説かれ、もう一度真剣な恋を…と思った直寿だったが、清慈には可愛い娘がいて…!?
大人のこじらせ胸きゅんラブ。

表題作結婚、エンリョします

瀧内清慈,公務員
橘直寿,スポーツジムインストラクター

その他の収録作品

  • 描き下ろし/大人の時間、エンリョしません♡
  • 描き下ろし/あとがき

レビュー投稿数3

結ばれるべくして…

雨宮かよう先生ファンです。
が、表紙であからさまに子育て……。私子育てものちょっと苦手〜という事で、恐る恐る読み出したのですが。

かな〜〜り!面白かったです!良かった。

雨宮かよう先生って「攻め」の造形がいつも良いと思っているのですが、本作も攻めがカッコいい!ルックスも性格も…
本作の「受け」は可愛くてまっすぐだった。アホっ子封印ですね。
そんな受け・直寿が元カレに騙されて苦しんでいたところから始まるのですが、ゲイ出会いアプリで出会った攻め・清慈にどんどん惹かれて…というストーリーです。
ところがこの攻めの清慈、実はバツイチ子持ちで。
既婚者に騙された経験のある直寿は、清慈に本当の恋をしないように「セックスもする友達」という立ち位置であり続けようとする。
読者からすると、「セフレ」よりもずっと心の交流あり。こりゃ完全に「恋人」ですよ。
なのに、頑なな直寿。
清慈に理由や過去の出来事を何も言わずに。
この辺の直寿はちょっと面倒臭い奴だったかなぁ。清慈の誠実さは本物だったもの。
清慈の誠実さは、子どもへの接し方にもよく現れてるんだけど、子供モノが苦手な私が、清慈の娘「しえ」ちゃんの可愛らしさと独自の個性にやられちゃったなぁ〜。
しえちゃんは魚博士。◯カナクンちゃんです。知識も捌くのも追求の子。
そして、そんなしえちゃんが2人の間にいる事がとても自然に思えるのです。

2人が「恋人」になる直接のきっかけは直寿のクズ元彼との関わりではあったけど、清慈の誠実さ、直寿の心の純な感じ、しえちゃんの率直さ、それがあるから遠からず2人は本当の意味で結ばれただろうと思いました。
彼らの結婚式が和風だったのも素敵。

0

攻めが諦めないのが良い!

雨宮かよう先生の作品を読むのは、かなり昔に電子で「ハジメくんとふたりのえっちな先輩のとろとろラブ」を読んで以来でした。

エッチなシーンが上手いのは分かっていたし、複数プレイの作品が多い先生なので子育てBLものをどう料理するのかと楽しみでした。


直寿の恋愛面でのトラウマとか、清慈との出会いのキッカケとかは良くありがちでした。そしてエッチするタイミングも凄く早かったです。

でも清慈が凄く誠実で子どもがいる事やシンパパである事、結婚してからゲイである事に気が付いて離婚した事を直寿に真摯に話してくれるんです。

でも、それが直寿のトラウマを刺激してしまうんです。その後の直寿と清慈と娘の詩絵ちゃんとの偶然な出会いは都合が良過ぎる感はありましたが、直寿に懐く詩絵ちゃんが凄く可愛かったです。

本当は子供が好きで子供がいる家庭を夢見ていた直寿が、別れるような関係になりたくないと何度も突っぱねるのがちょっと意固地かなと思いました。

でも身体の関係を続けながらも清慈が諦めないで、ゆっくりゆっくりと関係を深めて行くのが良かったです。

終盤に直寿にトラウマを植え付けた元カレが登場するんですが、これがかなりの糞でした。
でもこの糞との再会が直寿が心を見つめ直すキッカケになるんです。

同性婚が選択出来るようになった世の中のお話なのも面白かったです。育児が得意じゃない母親が許されるとか、子供が好きで子育てをしてみたい男性とか多様性のある社会が素敵だと思いました。

2

評価が分かれそうな作品

定期的にやってくる子育てBLを読みたい欲、
ちょうど発売されたこちらの作品を見かけて購入しました。
読後の第一声は、「裸シーンが多い!」でした(笑)
子育て時の困難とか、子どもと攻め受けの絆が描かれる、ストーリー重視する方は失望するかもしれません。
子育てシーンや、攻めとの出会いによってトラウマを克服した受けの心の変化など、そういった物語面や感情面の描写がわりとライトでした。
情事シーンが多いがエロ特化したわけではないので、濃厚な描写・生々しい描写ではないです。
全体的にライトなので、何も考えずに気軽に読める一冊だと思います。


以下はネタバレ込み感想
結婚式を挙げる予定だった男は実は既婚者で、それで恋愛に臆病になった受けは友人が作った出会いアプリで攻めと出会う。
攻めはシングルパパで、自分がゲイだと分かったことで妻と離婚し、新しい世界へ飛び込もうとする設定。
初めてのデートで受けに夜のお誘いをされた攻めはその誘いを断ったが、
店を出た後もやっぱり諦めきれない受けが攻めを引き止めたらそのままホテルへ。
「えっ!?さっきら断ったのに!?」とびっくりした自分がいました。
ふたりの初セックス。初めて男を抱く攻めだが69も抵抗なし(抵抗ない方が私のスケベ心が満たされるが)、なんだか少しだけ違和感というか……抵抗がなくても、攻めの感情や気持ちがわかるシーンがあればよかったかなと思いました。
全体的に割と展開が早めです。一夜限り、恋愛はもうしたくないと言いながら子どもきっかけで頻繁に会う攻め受け、そしてヤッてしまう二人(いいぞ!)。
最後は偶然遭遇した元カレの屑っぷりと子どもきっかけでようやく攻めを受け入れると決心した受け。めでたしめでたし。

攻めの受けへのまっすぐな気持ちや誠実な態度とか、
受けの心のトラウマや攻めへの気持ちや動揺、
子どもの素直さとか、
感情面の描写はしっかりあるが、あまり自分の中に入ってこなくて、共感することはできなかったです。
私的に、可もなく不可もなしって感想でした。
評価に悩んだが、「萌」にした理由は、
1回目の常時シーン、男を抱くのが初めてだからかちょっとマグロっぽい感じの攻めの情事中の表現がだんだん変わっていくのがよかったです。
そして攻めに男同士のセックスを教えると1回目から上にのる受け、全体的にわりと騎乗位が多めです。ここも私のスケベ心が刺されました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う