再会したセフレは他人の愛人になってました

saikaishita sex friend wa tanin no aijin ni nattemashita

再会したセフレは他人の愛人になってました
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
3
平均
3 / 5
神率
33.3%
著者
愁堂れな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
金ひかる 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784344846173

あらすじ

元刑事・山下響一は、高校時代の友人・甲斐がヤクザの若頭であることから、癒着を疑われ警察を辞め、今は探偵事務所を開いている。ある日、「夫の愛人が男のようだ」という妻の依頼で浮気相手を調べた響一は、それが学生時代セフレだった吉野薫とわかり愕然とする。調査中だったが、つい声をかけてしまった響一に、薫もまた驚くが再会を喜ぶ。大学一年のとき、サークルの飲み会で出会った薫とは偶然同じアパートだった。そして酔った勢いで関係を持ってしまい、それから三ヶ月ほど経ったある日、『親が危篤らしい』というメモを残し薫はアパートを引き払い、大学をも辞め、自分の前から消えてしまったのだ。思いがけぬ再会で、また関係を持ってしまう響一。そんな折、調査対象の夫が何者かに殺害され、妻は愛人である薫が怪しいと騒ぎ……!?

表題作再会したセフレは他人の愛人になってました

山下響一,元警察官で現探偵
薫,響一の元セフレ

レビュー投稿数1

全然、嬉しくない

え?なにこれ?
ごめんなさい……これ、素直な感想。

元警察官で現探偵の響一と、ヤクザの若頭で幼なじみの甲斐が登場するところから始まるお話です。
てっきり、響一と甲斐のラブストーリーだと思い込んでしまったわけですが、タイトル通り、昔のセフレが登場。
で、実は甲斐が当て馬だったという、嘘でしょ〜という展開に納得できないまま読了しました。
もちろん、私の思い込みなのですが、いやでもこれ……
普通は甲斐とのラブを期待しない?っていう流れなんですよ!

甲斐との友人関係を警察関係者にリークされ、警察官を辞職した響一。
その響一に責任を感じ、心配して、探偵事務所を開業させたのは甲斐です。
インテリヤクザの甲斐がカッコいいんですよー
明らかに響一の事が好きだし、独占欲丸出し!
でも、自分の気持ちは晒さないという、硬派な感じもあります。

対して、響一がポンコツ。
ポンコツ過ぎるわ!
浮気調査の依頼を受け調査した結果、その相手が元セフレの響。
まんまと顔が割れ、家に上がり込まれて迫られる展開。
普通はここで思いとどまると思うんだけど、ポンコツ響一はそのまま抱いちゃう。
薬を盛られて寝ている間に、撮った写真を盗まれた挙句、盗聴からの鍵コピー。
おーーーい!
おいおい!
突っ込みどころあり過ぎだよ( ̄▽ ̄;)

薫が得体の知れない、気持ち悪い存在です。
薫の不倫相手が殺され、殺人事件として新たな局面を展開していくのですが、どう考えても薫が怪しい。
それなのに、依頼主にも甲斐にも警察にも薫のことを隠す響一。
正直、響一に対してイライラが募りました。

事件は意外な?結末を迎えるのですが、サスペンスとしてもイマイチと感じてしまいました。
で、正体が分かった後も薫にモヤモヤが残る。
でもこれ、響一と薫のハッピーエンドなんだもんなぁ……
甲斐はあんまり出てこないんだもんなぁ……
じゃあ、甲斐いらなくない?みたいな。

うーん、全体的に面白くなかった。
というか、イラついた。
ちなみに、響一と薫はヤってばっかりです。
そこもなんだかなぁ……

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う