アルファ王の愛で、未通のオメガは淫らに開花する

淫心 -身代わりオメガは愛に濡れる-

inshin

淫心 -身代わりオメガは愛に濡れる-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神50
  • 萌×231
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

247

レビュー数
15
得点
398
評価数
94
平均
4.3 / 5
神率
53.2%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリア文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784866574189

あらすじ

エアテリエの王子・ゼファは、オメガというだけで王位継承権を剥奪され、辺境で過ごしていた。
だが、国政に関われる立場を得ることを条件に、
『淫心の王』と名高いアルファ王・エドラントの後宮に入ることに。
アルファ性の強い王との初めての夜伽で、
めくるめく快楽を教え込まれるゼファ。
しかし、エドラントのことを深く知るにつれ、
彼の王としてのあり方、そして彼自身に惹かれはじめ――…。

表題作淫心 -身代わりオメガは愛に濡れる-

エドラント(α),26歳,イルリ・ローネの王
ゼファ(Ω),22歳,エアテリエの第一王子

その他の収録作品

  • そよかぜ
  • あとがき

レビュー投稿数15

隠された王子の成長が素晴らしい

紅葉先生と言えばヤクザBLのイメージが強かったので、どんな話なんだろうとドキドキしながら読みました。
最初、この2人には愛は生まれるのかと思いましたけど、ちゃんとハピエンになりました。
エドモントはどんなオメガでも1度しか抱かない。ちゃんとゼファは2度目も抱かれるようになるのか。それがまず心配でした。どうやったら今後も抱いて貰えるようになるんだろう。と考えてましたが、なるほどそういう理由で、という感じで納得しました。
エドモントも意識をなくした相手にそれ以上のえっちはできませんよね。そういうのが積み重なって、彼のオメガに対する認識も変化して言ったのかもしれません。後は価値があがるとか、そういうのも理由にあったのでしょうけど。
エドモントがゼファに気持ちいいのか質問するところ、本人は真面目に聞いてたんだと思うんですが、自分のえっちに自信が無くなった青年見たくて可愛かったです。

エドモントがだんだんゼファに惹かれていくところ、ゼファが知識をつけ王族として成長している所が見ていて楽しかったですね。

エドモントがゼファのために国を治めるということ以外にも彼が国に戻れるように、そして自分と結婚できるようにと人知れず頑張ってた事を知り、ああスパダリだなと思いました。

楽士のリザとエドモントの関係を知りたいです。何やら匂わせたのは嫉妬して欲しかったからなんでしょうが、本当に何もなかったのかな。あとはローマンのこともよく知りたかったです。

えっちも多めですし、すごく楽しめた1冊でした。

0

尊重し合う関係性と惹かれ合う過程が良かった!

“国家運営について真面目に話したいのに、肌へも触れて欲しくて、触れて欲しいと願うのに見つめ合っていたいとも思う。”


高月さんの刑事シリーズが大好きで、続編を待ちつつ他の作品を読んでみました。
こちらの作品は第一王子なのにΩの為隠居を強いられていたゼファが、協定を結んでいる隣国の淫心の王(褒め言葉らしい)に歳の離れた妹Ωを引渡されると知り、身代わりに向かうお話。

この淫心の王エドラントは優れたαであってもΩにとって余りにも強烈で、挿入すれば誰もが泣き咽び失神されるので夜を持て余している男。すごい。。。
ゼファは身代わりという事を即見破られるものの、気絶せず王に何回も付き合えたことで翌日以降も関係を続けるのですが、これって少し意外な設定だと思いました。普通主人公の受けは誰よりも敏感で反応が強いものって設定しがちな気がしますが、ゼファは敏感だけど最後まで落ちない。そして王は満足しつつ、ゼファが快楽をちゃんと得てるのか?褒美は?政治は?とあれこれ気にしていく、という流れがとても良い。

身体の相性だけでなくお互いの精神面や知識からも惹かれあっているのがよく分かるし、好きだと気づいた瞬間もはっきり自覚して同時に離れる運命に泣くのが良かった〜。
ゼファも受け入れる側で無知な部分があったにも関わらずナヨらず男だし、お互いが尊重しあってる関係性がすごく良い。
ベッドシーンは基本甘々で、受けが腰動いちゃったり、手で摩るのが痛いからと王が攻めフェラするのも良かった。
ゴージャスな衣装着たままの立ちバックは挿絵もあって最高でした!

0

オメガバース版大人のグリム童話のよう…

なかなかのボリューム感のあるお話です。読み応えはかなりあります。私は電子全然書籍で読んでいたんですが…まだまだ中盤なの⁈って思ってしまいました。ですが、話の内容がしっかりしているので飽きることなく読み進めることができました。言葉遣いがちょっと固い印象があるのですが、私はおとぎ話の感覚で読んでいたのでお話の雰囲気には合っていたように思います。

政治的な思惑から、隣国の王のもとに人質としてやって来るのがお話の始まりです。人質といっても身代わりです。もう何か起こる予感は満載の設定でドキドキしました〜。王様のエドラントはイヤな奴かと思ったら全然そんなことはなく、かなりの人格者です。そしてカッコいい…スパダリです!身代わり人質のゼファはか細い感じで弱々しいです。そして安定の美人。
エドラントとのセックス描写は言わずもがな濃厚なんですが、エロさの部分だけではなく、ゼファのことを考えて外に連れ出したり勉強を教えたりといろんな経験だったり知識を与えてくれます。本当にカッコいい王様です!ゼファの国の問題も解決に導いてくれます。もーーー最後まで読めば分かるのですが、すごい人格者なんですよ(2度目)。2人でお城を抜け出してお祭りに行くシーンなんかは、ほっこりするし挿絵の威力もあり素敵な場面です。

そうなんです。このお話をより良くさせているのは挿絵の魅力もあってだと思います。お話の雰囲気とベストマッチなんです!私は話を読み進めている中で、挿絵の出番を待っていました(^^)なんとなくミュシャの絵画っぽい雰囲気で、うっとりしました…。

最後はハッピーエンドなので、かなりのボリュームあるお話ですが読んで良かったーー!ってなります。しかもその後のゼファの妊娠から、子どもが産まれた後のアフターストーリーもあって大満足でした!オメガバースものの子どもを授かってのアフターストーリー、私は大好きなのでめちゃくちゃ嬉しかったです(^^)

2

タイトルにいい意味で裏切られました!

淫心というタイトルだし、王族・後宮モノだからどんなドロドロエロスが?!と思ったら、清らかエロスでした。
高月先生らしい男前な受け、ゼファが自分の世間知らずを必死に改善しよう・考えをめぐらせようと奮闘する姿もよかったし、恋愛要素も切なくて涙が滲みました。
攻めのエドラントがこれまたスパダリでかっこいいんですよ。ゼファのことを心から想う姿に惚れ惚れします。ラストはハッピーエンドでホッとしました。
個人的に、オメガだからといってその属性に屈しない女性がいるんですが、そういうキャラがいることも嬉しかったです。
2022アワードにノミネートされるのも頷ける作品でした。お姐様たちに感謝です。

2

スパダリ王様攻好きは読むべき一冊

BL小説に関して若輩者で、今作初読みの作家さんでした。

3つの国が舞台、そのうち2つの国の王と王子が出会うことによって、それぞれの国の在り方もまた変容していくしっかりとしたストーリーでした。
彼らの出会いから結婚に至るまでとその先少しが丁寧に描かれています。
最初の方こそゼファの身の上や環境からの不憫さや、淫心の王と呼ばれるエドラントの得体のしれなさに不穏さもありますが…甘い…甘々です。
所謂オメガバースの負の部分がほぼないので、オメガバースが苦手という方にもオススメできます。

また、芸術と言える笠井先生の挿絵の妖艶さに同等な、濃密な絡みの描写で大満足しました。
未通で知識もほとんどないゼファがいかに感じているかが蜜に描かれています。
過去、自分よりも相手を重んじてきた為に夜も満足したことのないエドラントが、自分を満たしてくれるゼファを知ったあとも欲望のまま無茶するでもなく、ゼファを手に入れるためにじっくり外堀から埋めていく様を、是非読んで確かめていただきたいです。
外見もさることながら、知的さ、思慮深さ、包容力と魅力たっぷりで、王様攻ブームの私にエドラントは大正解でした。
ゼファの中性的な美しさもしっかり表現されていて、姫のフリをする昼間は女性らしく、エドラントを迎える夜は男性的(体力的な意味)で、そのギャップも楽しめました。
花売りの女の子がゼファの髪に花を飾るシーンもとても好きです。

2

王宮 後宮 オメガ 切ない♡ 全てここにあります♡うき

もぉこれは『神』に違いない!
本当に本当に美しいストーリーに、これまた神がかってるイラスト……
こんなに美しい本がこの世に存在するなんて・・・
この幸福に酔います♡

攻め イリル・ローネ王国 国王
『淫心の王』と呼ばれている最強のアルファ

受け エアテリア王国 王位第一継承者
しかし父王のオメガ迫害政策で辺境の土地に追いやられている

載っているあらすじが如何なものかと…。
それにこの帯の謳い文句の「囚われのオメガは淫らに開花する」これもなぁ・・・。
そりゃ読書を煽らなきゃいけないのでしょうが、BL本のサガなのか毎回今ひとつと思うのは私だけではないはず!
それより作中終わりで出て来る言葉を少し借り
「それぞれの国を守るために、この恋は犠牲になるのか」
こっちの方が断然萌えるわぁ~~~。

と、ちょっと脱線してしまいましたが、『受け』は心ならずも身と名をを偽り『攻め』の後宮へ入るところから、物語は始まります。《後宮》って聞くだけでなんだか震えるわ♡
その《後宮》と言ってもだぁれも居ない!
番いとしての正妃も側室も。
全てこの『攻め』である王様アルファが一晩共にしただけで追い出してしまう。
ヤだ!ここも萌える要素やん!!
ここでのオメガはアルファと夜を共にする事で、初めて「道がつき」「ヒート」も表れる様になると言う設定です。
皆(オメガやその親族が)我先に王に道を付けて貰おうと、あわよくば正妃か側室にと送り込み、返されても物凄い価値が付くと狙うのだが、「肝心の王は実は……」ここも良いわァ。もう読書のツボを突くのが美味いっ美味すぎるっっ。

当然『受け』も一晩で直ぐに返されると思い込んでいたのに!!
そう♡ここから素晴らしい物語が始まって行くのです+.(*'v`*)+
辺境に追いやられ忘れ去られた『第一継承者の受け』
当然王である事の教育も成されず、僅かな本を頼りに無為に生きて来たのだが、『攻め』と出会い自国で即位した弟の為に必死で帝王学を身に付け、孤独で傀儡に近い弟を助けようとする。
見た目はまぁ妖精の様に儚い『受け』の芯の漢気。そしてそれを支える『攻め』である王。
本当に美しいです"♡"♡(*///ᴗ///*)♡"♡"
そして「オメガの王」の誕生の物語でもあります。
なかなか手に汗握る場面もあり、そして二人の愛を交わす場面のまぁ濃ゆいこと濃ゆいこと♡♡*╯ᴗ╰* L ͦ ͮ ͤ ♡♡
極めつけは隣国ミスカギートでの舞踏会の夜。
ミスカギートのアルファの国王を跳ね除け、邸宅へ戻り、寝室ではなく壁の窓枠のすぐ側、廊下には護衛の兵が直ぐそこに居る場所での二人の♡♡♡。
もぉたまんなぁーい!♡!♡!
ここここ!ガッツリと挿絵があります!
もう「 神 」かよぉぉぉぉぉ♡♡♡
と叫ぶこと請け合いです!!
もぉもぉ悶えしんじゃうわっっ。

そしていよいよ大ラスはっっ
『受け』が『攻め』から離れ自国に戻り、血統を残す為だけにアルファと番う!
えーっ
えぇーーーっ
それしか道はないの???

ぐふふ、あの『最強のアルファである 王』がそんなことをさせますかいなっ!
隣国のミスカギート王も巻き込み三国で政治的に進める!素晴らしい手腕。
勿論これには今まで嫋やかだった『受け』の王としてのひとり立ちの決心も大きく必要な訳なのですが。

はぁ~~~本当に凄い!
胸いっぱい!!

高月紅葉先生、最後まで手を抜くことなく、私達を満足させてくださいます。
ありがとうございますっ
こんなに満ち足りた読後なんてそうそうないですぜ!
そして笠井あゆみ先生の美しいイラスト。
特にこの『攻め』のカッコ良い姿ったら!
乙女(?!)の心を鷲掴み!!!
ハァハァ。
「あとがき」のイラスト
もぉこれ『現パロ』そうだよね!ね!!
とハァハァハァハァ。
興奮が冷めませんっっっ。

7

心のひだ

『淫心』なんていうタイトルなんですもの、淫猥なお話かと思っちゃうんですが。
でも、心の襞の話なんですよ、どっか別の所の襞じゃなく。

出版社あらすじも『めくるめく快感』なんて、淫猥方面を狙っている様な書き方なんですけれど、私は読んでいてあまりそんな感じはしなかったんですね。エドラントが絶倫さんなので確かに色々なことを何回も何回もやっていらっしゃいますが、エロいかな?……うーん、こうなってしまうと「エロって何だろう?」ってなことを考えちゃったりもしますね。

基本的に2人とも体の相性だけではなく、自分の天命に対する姿勢や、他者に対する寛容さとか素直さとか、そういう内面的な部分に惹かれている訳なんですが、このお話で私が面白いなと思ったのは、体を繋げるのとほぼ同時に、内面的な部分を予感している様に感じられることなんです。『ひどい人だと思ったのに実は……』ではないのですね。
なので、ふたりがどんな風に心を通わせていくかを読むのが楽しかった。
馬での遠乗りや、お忍びで行く夏まつりなどのシーンで、まるで高校生カップルみたいに少しずつ近づく2人が微笑ましくて。

お話のラストには大団円の為の陰謀も書かれますが、それがなくとも多分満足したと思うんですね。
高月紅葉さんって「好き」を『少しずつ表現していく2人』を書くのがお上手なんだと思いました。

7

美貌のΩ王子の波乱万丈物語

帯文は、「囚われΩは淫らに開花する」
貴種流離譚に類するのだと思う。中身は、酒池肉林物語ではありませんでした。
「淫」の字が嫌で、引けて敬遠してしまった。
笠井あゆみさんの表紙絵効果も凄い。
でも試し読み版で、それだけじゃないと確認。
官能シーンばかりだと飽きます。読み物として面白味が無いと嫌。
この作品は、起伏にとんだ筋書きで面白かったです。
ただの純愛物語ではなく、国難を乗り越える美貌のΩ王子の波乱万丈・純愛物語でした。

「淫心王」とは、αの中のα、最強のα王で、Ωから奪うだけではなく、与えることが出来る王のこと。

ゼファの生母(妃)が不義密通を謀ったと勘違いした父王が、怒り狂って制定した悪法の為に、幽閉され放置されたままの第一王子のゼファ。
人質を命じられた9才の姫の身替りをゼファは自ら志願して、淫心王エドランドの後宮に行儀見習いの名目で入る。
人並外れた美貌と向学心、素直な性格のゼファは一晩で帰されず、唯一独りの寵姫になる。
舞踏会で、従弟と会い、逃亡して国に戻るように告げられた。
エドランドに嘘を付けないゼファは、全てを語る。
すると、エドランドが調査した内容を聞いて、実は弟が毒を盛られ、王位継承争いに巻き込まれていることを知る。
ゼファは、エドランドに策を指南されて、騙された風を装い弟を救いに国に戻ることになる。
毒を盛った一味には、従弟も入っていた。
・・・と言う風に、
舞踏会を境に甘々モードから、冒険譚に急展開していきます。

4

おかわり希望!

こちらかなり厚めの本でした。
それなのに、テンポも良くてぐいぐい引き込まれ一気読みしました。

濡れ場シーンが割と早めに出てきたからエロエロかと思いましたが、そんな風ではなかった。
体から始まった2人が、お互いの心を通わせる様子が濡れ場シーンで表現されていてエロっちい感じだけではなかった。

そしてエドラントによってゼファが花開いていくんですよね。体だけじゃなく、精神的にも成長していくのがすごく上手く描かれてました。

最後までとても美味しくいただきましたけど、私としては、おかわりしたい。





10

これこそスパダリ!

凄く面白かったです。

世間知らずだったゼファが、エドラントによって導かれて行く様子にとてもワクワクしました。

そして初めは身体だけの関係だったのに、それだけじゃない相手になって行く過程が丁寧に書かれていてキュンとする場面も沢山ありました。

私はエロシーンが長々とあるのは本来苦手です。でもエドラントは「淫心の王」であるから、そのシーンが沢山あるのは納得しました。
それは仕方なくゼファを抱いている様子だったのに、段々と執着を見せ優しく変化する様でした。エドラントの中に愛情が見え隠れして来る様になったからです。

一方のゼファは恋と気がつくまでにとても時間がかかり、祖国と異母弟への愛情との間で板挟みになって苦しみます。

ゼファを陥れたのは誰で何のためにという謎もあり、とても読み応えありました。

そしてゼファを導きつつも余計なことは言わずに、全てを知って守り通したエドラントが痺れるほどカッコいいです。スパダリの鏡です。

2人と2人の国の未来の行方がどうなったか、とても面白かったので是非読んで欲しい一冊でした。

笠井あゆみ先生の描かれるエドラントもゼファもとても素敵でした。

15

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う