ハイキー×ローキー

high-key×low-key

ハイキー×ローキー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神79
  • 萌×243
  • 萌14
  • 中立19
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
19
得点
628
評価数
162
平均
4 / 5
神率
48.8%
著者
灰田ナナコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801969377

あらすじ

メディア露出の少ない謎に包まれた写真家・Melが撮る
イケメンモデル・ケイの写真に目を奪われて以来、
ケイ目当てに個展に通う真央。

写真に見惚れていると、突然「君を撮らせてほしい」と
声をかけてきたのはなんとMel本人。
モデルさながらの甘い顔に落ち着いた大人の声、
絡みつくような視線に取り込まれ気づけばベッドの上――。

「いい子に出来たらケイに会わせてあげる」そんな言葉をかけられ
わけも分からずただ気持ちよさに夢中だった真央だが、
後日、真央の目の前にはケイが、しかもMelに撮られながら
ケイとセックスすることになり――…!?!?


「俺らがイイとこ全部触ってやるから」
トラウマ持ちの写真家×孤独を抱えたモデル×純真無垢なファン

とろけて、交わる――
純粋で無自覚な三つ巴恋模様

灰田ナナコ、Qpa初登場!!

表題作ハイキー×ローキー

市橋圭,25歳,モデル
八坂真央,モデル

同時収録作品ハイキー×ローキー

中田祐介.25歳,カメラマン
八坂真央,モデル

その他の収録作品

  • ハイキー×ローキー ~after~(描き下ろし)
  • カバー下:漫画「KEI×MAO」「YUSUKE×MAO」

レビュー投稿数19

真央くんがかわいい


初めての作家さんです。
3Pものが好きなのでそれ目当てで購入したのですが、
予想以上に物語があまーくて、絵も綺麗でした
エロ描写もすごく綺麗で、艶かしいけどどキツイいやらしさもなく、胸焼けしない感じが好みでした。

誰かが不幸になるわけでもなく
ただひたすら3人が3人でいられるための幸せの形を模索するお話で、
ハッピーエンド主義の私にはとても嬉しいストーリーでした。
ふんわりなお話に浸りたい気分な時に読みたい一冊です。
3人ともお幸せに!






13

甘々可愛い!

まずは、真央くんが本当に可愛い!
何もかも初めてで、流されまくってますが…両方とも凄くうまかったということで。
攻め二人とも色々抱えていますが、それを純真無垢な真央くんが癒して最終的に二人に愛されちゃう、甘々なハッピーエンド3Pの話です。
二輪挿しもあります。

…欲を言えば、もう少しカメラ前で色々致してほしかったかな、と。


あとがきの初Qpaさんだから、クパを使いたかったっていう作者さんも可愛い(笑)
250ページ以上でボリュームもエロも沢山でした!




紙本購入
修正はぐしゃぐしゃ白線です。

8

少しのネタバレ注意と語彙皆無

もうほんとに最高すぎました。
まおもけいもmelもどの子も平等に互いに愛されててこれぞ3Pだと思いました。
灰田ナナコ先生の絵柄とストーリー自体私は本当に本当に大好きなのですがハイキー×ローキーは特に大好きです。どこか中毒性がありまた読みたくなるという気持ちが来るのが短期間であり、こんなにハマる漫画はそうそう出会えないと思っててだからこそ本当に色んな人に勧めたい作品のひとつです。
買って私は損しませんでした。
むしろハイキー×ローキーから灰田先生の作品を試し読みなどして全てストーリーから何まで最高でしたので作者買いをさせて頂きました。
本当に本当にみんなかっこいいです。

3

喜歡!!

2

絵が色っぽいです

最初は写真家の個展のモデルのケイが気になっていた真央は、そのうちその写真家のMelのファンになり個展に通い続けます。

ケイの写真の前で佇んでいるとMel本人に、真央の写真を撮らせてくれとお願いされるのです。
カメラマンとモデルは信頼関係が必須だと、何故か真央はMelに抱かれます。そしてケイに合わせてあげると言われて、今度はケイに抱かれるのです。

誰ともセックスした事の無い真央が、立て続けに知り合ったばかりの男2人と気持ちよさそうにセックスしてるので、最初は置いてけぼりを食らった気分で何を言いたい作品なのかよく分かりませんでした。
たまにMel(祐介)が意味深な眼差しと、言動をするので尚更でした。


ケイ(圭)と祐介は25歳で18年一緒にいる幼馴染みです。

祐介は裕福な家に生まれカメラもお金も何でも持っていながら何も持たない自分を悲しみ、明るくて皆に好かれている圭に憧れていました。

圭は放任主義の親を嫌いでは無いものの、祐介の家と自分の家庭環境を比較して初めて惨めだと感じてから、それがエスカレートしてセックスしている時だけ忘れられると依存するようになっていったのです。中学生のうちから校内でやりまくっていました。

圭と祐介はカメラマンとモデルと言う関係以外に、お互いを尊重し合った友人でもあったのです。そこに被写体として真央が加わった事で2人の関係が変わって来ます。

真央の緊張を解いて良い表情を撮るためにと、撮影前にセックスするのです。圭と真央の時もあれば、3人でしている時にもあります。
もうエロエロすぎて、2人に付いて行く真央も凄いとしかいいようがなかったです。

素直で可愛い真央に圭は特別な安らぎを感じるようになります。2人きりでドライブしようと海に誘う圭が甘々でカッコいいです。

圭と真央をモデルとした個展は回を重ねる毎に好評で、ついに大手出版社から写真集の話が持ち上がりました。3人は喜んで打ち合わせに向かいましたが、担当者はかつて祐介が告白した先輩でした。
別人のように変わった祐介に気がつかない上に、圭と真央をモデルとしてカメラマンを別に撮影すると言い出して、圭が怒り3人は出版社を後にしました。


写真集の事で落ち込んだ祐介が家から消えて、真央は祐介は圭の事が好きなのだと伝えるのです。祐介から連絡があり2人は海に迎えに行くのですが、真央は圭と祐介を2人だけにして車で待っていました。両方同じくらい好きだと気がついた真央は、2人のファンとして近付き過ぎたと後悔します。
一方で祐介は圭から真央は特別な存在だと告白され、自分が先に真央を見つけたのにと祐介に憤りをぶつけます。圭に本当は真央を好きなのでは無いかと言われて、初めて祐介は真央に対する自分の感情に気がつくのでした。

圭と祐介から告白されて真央は2人を受け入れて、一緒にいる事を選んでました。 
そしてまた3人でセックスしてました。

横顔がバランスが悪い時もありましたが、祐介の眼差しが印象的で、圭がとても色っぽくて、真央がとても可愛らしく描かれてました。ただストーリーはどうかと聞かれると、スタイリッシュな作品を目指したのか中途半端な印象でした。

12

良い濃度のエロさ

初読み作家様でした。
3Pを醸し出す表紙の三人の横顔がちょっと独特なタッチだな、と思い読み始めましたが中はシャープでとても綺麗な絵で、横顔も表紙ほど引っかかる感じはありませんでした。

容姿端麗でピュアながらも魅惑的な真央、カメラマンで落ち着いた雰囲気のMel(祐介)、モデルで色気ダダ漏れイケメンの圭。
違う魅力をもつ三人がそれぞれに惹き込まれて流れるように、本当に流れるように(2回言う)身体の関係を持ち、カメラマンとモデル以上の特別な存在になっていく。
アーティスティックでエッチで三人仲良くハッピーエンドなナイスバランスのトライアングル。

そこに至るまでの葛藤こそ多少あり、はじめの真央の扱いどうなんでしょうとは思いましたが、当本人の真央がふたりを受け入れて心の隙間を埋め、圭と祐介の攻め攻め同士のキスもあり、絆を深めて三人一緒がいいね♡なラブラブ感を楽しめました。

エロはさすがQpa〜!ってかんじの良い濃度のエロさで三人がイイ感じに絡んでいて良きです。

3Pならではの二輪挿しもあり、本編では匂わせるものの実施はなく、残念に思ったのですが圭と祐介のこれまたエロい指使いにとろとろにされた真央を見てそれはそれで満足。
その後の描き下ろしでばっちりふたりにより挿し行われたのですが、読み終わって作者様のあとがきコメントにしてやられました〜(笑)

6

複数苦手!と避けたらもったいない

恋愛は1対1であるべし!複数なんてもってのほか!
と思ってました。
表紙に3人いる時点で「地雷じゃなかろうか…」と怯えてました。

怯え、どこ行ったー!?
何だかしあわせな気分だけが残ってるんですけど。
カメラマンとモデル2人。
性への解放感に満ちあふれたアーティストの世界だからこそ許せるというのでもなく、それぞれのキャラクターがしっかり描かれていて、3人全員に思い入れができたからこそ受け入れられた感じです。

SNSは文字情報だけ。写真を見られるのは個展だけ。
そんな謎に満ちたカメラマンのMelとモデルのケイ。
誰もが「抱かれたい」と感じる写真に写るケイを見た真央は…。

運命の巡り合わせですね。
ケイ目当てで個展に通う真央をMelこと祐介が見つけて、祐介は真央をケイのためにモデルにして、という感じで、ひたすら感情の矢印が入れ違うようなストーリー展開です。
読んでいて一瞬も気が抜けませんでした。ひたすらハラハラどきどき。
金持ちで何もかも与えられてきたのに、自分には何もないと感じていた祐介。
多忙ゆえの放任主義で満たされなかったケイ。
厳格な父と奴隷のように従順な母のもとで、自分の価値を認められなかった真央。
全員が欠けた状態で、それを満たしてくれる存在を求めていたり、求める術すら知らないでいたり。

後半のジェットコースター感がハンパないです。
3人の均衡をまずケイが破り、次に祐介が破ったところで、結末が全然見えなくて。
車に戻ったら真央が消えているというパターンとか、消えていなくても結局ケイと祐介の絆が強すぎて、とか、もういろいろ考えましたよ…。こころが疲れた。

一般的ではないにしても、3人の形が出来上がって「よかったね」と思った後のあとがきで脱力。思わずページを戻って、その場面を探してしまいました。

複数無理でもわりと入り込みやすいスタイルだと思います。
「BLをもっと柔軟に楽しみたいのに、自分の倫理観が憎い!」と思っている方はぜひ。

6

やりおった…

灰田ナナコ先生、今回はダークな感じですかね?
表紙はダークな色調と、完全に飛んじゃった子と前後に挟むクールな視線の青年2人。

と、思いつつ作家買いなんで予約日には紙の御本が我が家に届いたのです。

紙の御本、厚いの!259ページ!
ブラックが基調のカバーも相まって、より厚みを感じ。平日に、やめとこ!
で、休みを待って読みました。

いや、休みで正解でした。
エロかった。どエロかった~!
灰田先生の作品では、3Pってみたことなかった。この度はありがたや。
素敵でした…

しかし、いつもながら受けちゃんが初心始まりなんですが、どんどん開発されていくところ。大変よろしかったですよ。

真央、トロ顔ヤバいでしょう?
大変、気持ち良く感じすぎ、飛びすぎていますよ~!

今回は、一見捻れた幼なじみの圭と祐介の関係性がどうなるのか?
じりじりする感じも有り。

圭は、真央が好き。じゃあさ、祐介は。
とにかく、真央が2人とセックスしまくっています。一人づつ、二人と同時に。

真央が、2人の特別になる過程はなるほど良くわかる。とはいえ、真央がどエロで健気で良いこってのはなぁ…
ちょっと出来すぎた天使感はございますが、まあいっか。と思いました。

描き下ろしでは、本編でやりそでやらなかったあの、プレイ!3Pと言えば!
んも~是非読んで確認して見てください。
カバーとは違い、甘々の限りを尽くされていますからね~

カバー下ありでした。

4

それぞれの居場所になる

カップルではなく3人での恋愛模様が描かれていますが、ドロドロした部分はナシ。
けれど、ただ性欲だけに溺れることもなくあっさりとした関係というわけでもなく。
不思議な関係なのにバランスを保てているので違和感なく読めました。

真央を巡って祐介と圭はお互いに独占欲はあると思うのですが、いがみ合わず相手を蹴落とすことなく、それぞれが自分のやり方を貫くというスマートさが個人的にポイント高かったです。

人物像は結構謎な3人ですが、ざっくりと明かされているくらいでもお話としては楽しめました。

2

神よりの萌2。
3Pだからか勝手に、浮世離れしたような、倒錯的な作品だと思って読み始めたらまさかの純粋な恋愛。
受けの真央を中心にして、誰がかけても物足りなくなるだろうバランスの良い恋模様でした。
好きのやじるしの向きが、はっきり決まっているから3Pであっても入りこみやすいのではないかな。(圭⇄真央⇆祐介)

前半少し性急。
真央が祐介と致す経緯が不明、圭には憧れていたとは言え、祐介と致した翌日(たぶん)に戸惑いや疑問なく圭とも致しちゃうの!?感は否めず。
かと言って、無茶な理由付けされるくらいなら、そのへん曖昧で良かったと思います。
ええ。良いえろでしたもの。

致す時、攻めが服着たままorパンツ履いたままってめっちゃ良いですね。
今まで特に何かを思ったこと無いのですが、この作品でめっちゃ良いじゃん!!と。

良き3Pでした♬

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う