恋愛アクターズ

renai actors

恋愛アクターズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
46
評価数
13
平均
3.5 / 5
神率
7.7%
著者
鴨川ツナ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801969612

あらすじ

「銀太は俺の運命だ」
標的は向こうだったハズなのに狙われてたのはまさかまさかの俺の尻!?

元舞台役者の白城銀太は現在、総合探偵社・白城屋で相棒の西園寺とともに「別れさせ屋」を営んでいた。
ある日、ひとりの女性から持ち込まれた1件の依頼。
見せられた写真に写るのは男でその名を黒瀬律。
彼と現在交際中の相手(男)が女の意中の人物でその人と別れさせてほしいという内容だった。
つまり男と偽恋人になるってこと!?そんなの無理!と拒否する銀太だが
経営不振な事務所のためためらいなく受注した西園寺に押し切られる形で破局工作を開始するがことごとく失敗。
最後の手段で酔って寝落ちしたところをホテルに連れ込み捏造写真を撮って終わりにする強硬手段にでるも
途中で目を覚ました律に「銀太は俺とセックスがしたいんだな」と押し倒されてしまいーー!?

表題作恋愛アクターズ

黒瀬律,広告代理店勤務
白城銀太,元劇団員、総合探偵社代表

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数5

タイトルが秀逸!

読み終わって、なるほどー!とタイトルに納得しました。
まさに、〝恋愛アクターズ〟!
この意味、読めばわかります‼︎


元劇団員・現在「別れさせ屋」の銀太は、培った演技力を駆使して人の恋路を邪魔する日々。
そんな時、男同士のカップルを別れさせて欲しいという依頼が舞い込みーー…!

思いっきりノンケの銀太は、戸惑いながらも黒瀬というイケメンに接触します。
黒瀬はスマートなイケメンーーと思ったら、あっさり恋人とは別れるし、性欲爆発させるし、出会って間もない銀太の事が好きだというし……!?

「銀太は俺の運命だ」という言葉に、え?となりました。
だって、出会ってすぐですよ?
黒瀬が本当に掴みどころがないキャラで戸惑いました^^;
紳士だと思ったら、突然フェラするは兜合わせするは素股するは……大暴走!
銀太は、そんな黒瀬に翻弄されながらも絆されていきます。

うーん?と思いながら読み進めましたが、後半もう一人のアクターに驚いた!
何かあるだろうと思ってたけど、そこから?みたいな(笑)
そして、黒瀬は実は不器用で可愛い男でした^^
恋人になってからは終始幸せそうで、スキップする姿には笑っちゃいました。
性欲魔神だしね。愛があふれて止まらないって感じ♡

ハッピーウエディングなラストも悪くなかったし、前半の印象をいい意味で裏切ってくれる面白い作品でした!

4

ネタバレなしの感想です

元売れない劇団員・現別れさせ屋社員の銀太。

その演技力で相手を自分の方に振り向かせ
惚れさせて相手と縁を切らせて…という仕事をしていた。

ある日、とある女性から持ち込まれた依頼は
『彼と付き合っている男を別れさせて欲しい』という事で…
え?それって男を落とさなきゃいけないの??
と…戸惑いつつも段々と相手の人柄にほだされていく。

ターゲットの黒瀬さんはハイスペックのイケメンで性格もいい。
どんどん絆されていくし、体の関係も作られていく。

最後にどんでん返しがありつつ、なかなか面白いテーマだった。
別れさせ屋とか、やっているコトはクズいのに
二人が真面目に恋をしていく過程に好感が持てた作品です。

0

銀太かわいい

別れさせ屋の銀太はいろいろな役になり切って仕事をこなす日々の中、舞い込んだ依頼は同性と交際中の男性、黒瀬を落とすというもの。

元舞台役者の役者魂を奮い立たせて浮気を仕立てあげるためにターゲットの黒瀬に近づくも、ファーストコンタクトからキスにおさわり、フェラまでされてしまい、さらには運命だとまで告げられて…!
どうなる銀太の貞操、果たして黒瀬の真意は?


読み終わり、そうか〜、ともう一度読み返して違う視点からまた楽しめるお話しでした。

周りを巻き込んで欺いて欺かれて…
カモネギは一体どっちだ〜!?っていう。

ですが、途中黒瀬のキャラが私の中でちょっと迷子になってしまって。
はじめの余裕なイケメンオーラは演技、なんですね。素は天然で銀太を大好き過ぎる一途な恋心が危うくストーカーと紙一重な暴走系。
銀太を愛ですぎてエッチの時はほぼ黒瀬がフェラをしているので、お好きな方にはよろしいかなと思います。

黒瀬のごりごりの力業感も多少感じてしまったのですが、最後は銀太もまた夢を追い、黒瀬と寄り添う形でのハピエンで良かったです。
銀太のいろいろな衣装や髪型での七変化もかわいくて楽しめました。

1

演じているのは

今回は大手代理店勤務の会社員と探偵社を営む元劇団員のお話です。

ターゲットである攻様に恋愛工作を仕掛けた受様が恋におちるまで。

受様は友人と共に総合探偵社を営んでいます。友人は務めていた興信所
を独立をするにあたり、新規ビジネスで「別れさせ屋」をしたいと劇団
員だった受様に白羽の矢を立てます。

友人は備考や身辺調査、プランニング等の裏方を担当、受様は標的を誘
惑する実行役として依頼を受けていますが、新たやって来た女性の依頼
は想い人と彼の男の恋人を別れさせたいとうモノでした。

彼女の想い人はバイで大手広告代理店勤務、恋人はゲイで同じ部署の同
期であり、ランチはいつも一緒、週末は互いのマンションを行き来する
ほどラブラブだと言います。ターゲットの男性こそが今回の攻様です♪

最初に依頼人にターゲットの理想の恋人になりきれるカメレオン俳優と
大見えを切った手前、受様が女性相手の経験しか無く、男性だからと断
る事ができなくなってしまいます。

そしてたてた計画は攻様がよく通う新宿のゲイバーで偶然を装った受様が
ワンナイトラブを仕掛けるというモノで、攻様を酔わせてラブホ街を歩か
せて写真を撮り、浮気現場の捏造計画でした。

受様は件のバーでカウンターに陣取って周りの様子を見つつ、攻様を待ち
ますが、いざやって来た攻様にどうやって声を掛けたらいいのか悩んでし
まいます。

すると受様に目を付けた男がナンパを仕掛けてきて、攻様に助けられてし
まうのですよ(笑)それをラッキーと一緒に飲み始めますが、なんと攻様は
下戸で受様は自分が酔ったふり作戦へと変更します。

しか~し、飲んでいない攻様は酔い覚ましのドライブを提案してきて、
写真担当の友人は置いてきぼりな上に、夜景の見える港湾で攻様と車内に
2人きりの状況になってしまいます。

何とかカ―セックスからは逃れますが、キスされて、手コキされて、フェ
ラまでされてしまい、尻は死守したものの、攻様の言動は恋人のいる男の
所業とは思えません。

果たしてノンケな受様に恋人持ちのゲイの攻様を落とす事ができるのか!?

電子雑誌掲載作をまとめての紙書籍化で、劇団員だった過去を活かして
探偵社で恋愛工作を仕掛けている受様が、ターゲットであるはずの攻様
に迫られて右往左往するラブコメディになります♪

受様はなんとか浮気現場を捏造しようとしますがうまくいきません。攻様
はそんな受様の言動からやる気満々で迫ってきて、逃げ腰な受様では太刀
打ちできません。

受様が切り札とした攻様の恋人をも「彼とは別れるから付き合って」と言
われて効き目がなく、またしてもキスされてフェラされ、性感マッサージ
と指と玩具で慣らされてしまうのです♪

なんだかんだと攻様と付き合ううちに彼に絆されて徐々に関係の進んでい
く2人関係がどうなっていくのかワクワクしつつ読んでいたら、最後に大
ドンデン返し!!

所々で微妙にムムッ!? 的なほころびというか、矛盾する感じがあったので
すが、全ては伏線だったらしく、2人が恋人になるまで楽しく読ませて頂
きました。

攻様がドンドン最初のイメージと変わっていくのですが、それは狙いなの
かな!?

カバー下に攻様と攻様の友人との裏話が載っているので要チェックですが、
ネタバレ要素があるので本編読了後にめくりましょう (^-^)

0

バレてからの律さんが可愛すぎた!

別れさせ屋の銀太のもとにある日届いたのは男同士のカップルを別れさして欲しいという依頼。
そのターゲットに近づくも、なんだか下調べした情報と違う!そしてターゲットに惚れられてしまい…

最初は流されていた銀太もいつのまにか彼に恋愛感情を持ち始めて…そんなときに、以前の依頼者の登場で自分が別れさせ屋だと彼にバレてしまいます。
と、ここからがえ!そうだったのかー!な展開でした!

最初から、このターゲットの律さんがなかなか掴めなくて、何考えてるんだろう…いい人なの?何なの?ってかんじだったのですが、最後で全部分かった時に印象がガラッと変わりました!
そしてバレてからのイメージチェンジがすごい。ミステリアスなイケメンから、なんとも可愛いデレデレぶりに萌えました。
特にいってきますからの「ラブチャージでやる気満タンエンジン全開!今夜は秒で帰ってくるから待っててね!」はすごい笑
こんなデレデレのセリフ言ってくれる彼が実際いるだろうか!可愛すぎる!

2人とも可愛らしくて、ストーリーもよく考えられていて楽しく読めました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う