ヤキモチはきつね色

yakimochi wa kitsuneiro

ヤキモチはきつね色
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神115
  • 萌×2128
  • 萌42
  • 中立9
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
30
得点
1222
評価数
298
平均
4.1 / 5
神率
38.6%
著者
末広マチ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
ISBN
9784834264739

あらすじ

大学一年生の秋葉は、油断すると狐の耳やしっぽが出たり、狐に体を乗っ取られてしまう”狐憑き”という特殊体質に悩まされていた。それを改善するために親戚の寺へ預けられることになった秋葉だが、その寺の息子・ゆくりに出会った瞬間無意識に抱き付いてしまう。しかも狐が勝手にゆくりにキスしちゃって――!?

イケメン大学生×超・純情な狐憑き男子の、ドキドキ♡同居生活スタート!

表題作ヤキモチはきつね色

高橋ゆくり,20歳,寺の息子,大学生
紺野秋葉,18歳,狐憑きに悩む大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数30

か、か、か、可愛いっっつっっ!

とにかく可愛いです。
というか、試し読みで狐しか見ずに買ったので、可愛い以外の言葉が浮かんできませんっっ。
ストーリーはそれほど濃いわけではないのですが、狐の可愛さでもうすべてを許せてしまいます。個人的に描きおろしのエロは余計かなと思ったのですが、それも狐が可愛いから許せます。とにかく、多少のストーリーの厚みも私が大体心の中で文句を言う描きおろし(描きおろしはほとんどエロを描くためと勝手に認識している。私はエロは、いらない派なので余計なものを……グヌヌといつも思っている)も何も思わずに読めました。
とにかく、可愛いキャラが好きな人は必読です。

1

絵がとってもきれい!!かわいいとかっこいいの暴力です...o_o

心が弱っているときや、動揺しているときに心の隙をついて体を乗っ取る狐憑きに悩まされている秋葉は、それを改善するために、親戚のお寺へ預けられることになりましたがそこの息子・ゆくりに出会った瞬間抱きついてしまって...という感じのお話です

獣人モノが大好きなので表紙買いしたのですが、ストーリーもさることながら、絵がとてもきれいで魅了されました!
登場人物みんなお顔が綺麗!!眼福です...

そしてなんといっても秋葉の可愛さが大爆発しています!
狐に体を乗っ取られた後に秋葉に戻った時の、あの照れている感じがなんとも言えない可愛さ//私も女ながらに惚れそうでした(笑)


狐も全くいうことを聞かないやんちゃっこかと思いきや、ゆくりのいうことはちゃんと聞くかわいさ!ご褒美をねだるところも普段の秋葉とは違って気持ちの赴くままなところもかわいかったです

あとはなんと言っても、ゆくりの同級生で狼憑きの隼人!
この作品のスピンオフとして書かれている『あいまいなウルフ』を読んだ後にこの作品を読み返すとまた違った視点で読むことができるのですが、これだけで読むとなかなかに嫌な奴です(笑)
まぁそこに駆け付けたゆくりのかっこよさには惚れました...(/ω\)

秋葉と狐の性格が真逆で、ゆくりに対する態度も全く違うので、ギャップが感じられて最高にかわいいです。
秋葉にとっては狐はどうしようもない存在なのかもしれませんが、所々で秋葉とゆくりの関係の後押しをしているところがすごくいい役割だなぁと思います!

この作品単体でもすごく楽しめますが、購入を考えている方にはぜひ『あいまいなウルフ』も一緒に購入することを強くオススメします!!

1

きつねかわいーーー!

ファンタジーものは私にとってプラス要素にならないんですが、これはきつねが可愛くてとてもプラスプラスプラス要素!
通常時も可愛くて、きつね時も可愛くて!
獣耳獣しっぽ…こんなに良いものだとは…。
グッとくるストーリー、盛り上がるストーリーがある訳じゃないけど、サンプル読んで、きつね可愛いと思ったら読んで損ないのでは?と思います。
きつねは可愛いし、マンガはテンポ良く楽しいし、癒されます。

ちょっと意地悪っぽいけど優しい攻め。設定が不憫だけど頑張り屋な感じで天然素直、表情くるくる変わって可愛い受け。同居ものってのもワクワクドキドキ楽しいし、余裕そうな攻めがちらほら振り回されてるのニンマリしちゃう!

二人(と1匹)が今後どうなるのかもっと見てみたい…!!きつねが色々巻き起こしてくれそう。そんなの絶対楽しいし、絶対可愛い!

1

絵もお話もかわいい

末広先生初読みです。
この後、フェイクファクトリップスも読みます。

絵もキャラもお話もかわいい!
すごく好きなかわゆさ。

ケモ耳萌えはしないので、以前はスルーしていたんですが、内容がよければいいし、末広先生気になっていたので読んでよかったです。

秋葉の顔立ちが好きなかわゆさだし、素直な表情がめっちゃ萌え〜。

狐の秋葉がゆくり大好きで抱きついたり、びっとりくっつくのもすごく好き。

動物に好かれるイケメンゆくりもいい。
嫌味のないイケメン。
最初はすぐにキスしたけど、その後は狐にはしなくなったし。

ゆくりはやさしすぎるとこはあるけど、その分怒った時が怖いのもいい。
隼人が怒ったゆくりにビビったとこよかったです。しょんぼりして、ゆくり越しに秋葉にあやまる隼人がツボw

狐が2人の仲を取り持ったり、進展のお手伝いをするところもかわいいし笑っちゃいました。

秋葉は気が弱かったので狐は扱いやすいかった…ゆくりとうまくいくようになって出番が減った…今後は狐がほぼほぼ出なくなる未来がくるのでは…と思えたラストでした。

1点少し気になること、細かいことを言えば、秋葉が隼人狼に襲われそうになったとこ、もう少し怖そうな顔をしてもよかったかなぁと思いました。表情的にはそんなに変化ない?ように見えたので。ゆくりには伝わっていたのでよかったですがw

1

可愛いBL

秋葉君自身と憑いている狐とのギャップが可愛い。動物好かれ体質ゆくり君との相性も合わせて可愛いBLだと思う。

2

秋葉(受)くん可愛い。

イケメン大学生×超・純情な狐憑きの男子のお話!
Hなシーンは最後ら辺に少ししかないけど、
お互いを好きになっていく過程のお話が良い。


痴漢から助けてくれた男の子が、お世話になる家族の1人だったなんて…もう運命ですね。
だから、ゆくり(攻)くんが秋葉くんの獣耳を見た時に驚かったのね。納得。

狐に操られてる時の秋葉くんも可愛いけど…
素の秋葉くんはもっと可愛い。

まさかゆくりくんのお友達が狼憑きだとは思わなかった。
邪魔者が入った!って思ったけど、結局、そのお友達さんは良い子だったからよかった笑

2人の可愛い姿が見れたので私はとても満足しました!

3

なんて可愛い!

絵がとってもきれいですね!特に表紙がたまりません。

とにかく絵がお上手で可愛くて。

狐憑きの秋葉と親戚で寺の次男ゆくり。
誰にでも優しくて困っている人をほっておけないゆくりが秋葉を助ける理由…。
助けてもらって素直になれない秋葉の気持ち…。

ケモ耳尻尾も狐憑き秋葉も可愛くて。ゆくりにぴっとりひっついて。
秋葉状態でもケモ耳尻尾は出るのに、いつもどっちの秋葉かわかるゆくり。

ゆくりのおかげで学生らしいことが色々できて良かったね!ゆくりとお付き合いが始まって秋葉の心の隙間が減って安定してきて。
狐憑き秋葉が二人の仲を進展させようとして…。

可愛いお話でした。

2

狐と秋葉の入れ替わりに癒されること間違いなし

黒髪のゆくり×茶髪の秋葉

ケモ耳初体験です!

狐憑きというと少女漫画の「フルーツバスケット」を思い出します。あちらの作品はシビアでかなり切なく辛いシーンも多かったと記憶しますが、こちらの作品は本人や家族は悩みもあるでしょうが、それほどシビアに描かれることはなく、むしろポップな印象です!

代々狐に憑かれやすい家系の秋葉は心に隙ができたり動揺するときつねの耳としっぽが出ちゃう。さらに体を乗っ取られると知らない場所に行ったり畑を荒らしたり、だんだんそれがエスカレートしてきたのを改善するため、親戚の寺に預けられることになる。

その寺の息子のゆくりに対して、初めて会った時から狐の反応がすごくてどうやら狐はゆくりのことが大好きみたい。

秋葉と狐が入れ替わった時のギャップが二重人格みたいに見えるけど、ツンデレっぽくてそこがまたかわいいワケです。もうすでに耳やしっぽがある時点で見た目が可愛いのだけれど。お寺で飼われている猫(こちらは本物の動物の猫)たちの存在もかわいいくて動物好きな人はたまらないでしょう。

男女問わず誰にでも優しいゆくりと耳と尻尾がいつ出るか分からず、それに怯えてなかなか友達ができない秋葉、そして狐の三者の気持ちの交錯によって、ちょうどよく、ちょっとだけヤキモキさせられたりするのがこの作品の楽しいところだと思います。

そこにまたいい塩梅の調味料として現れる当て馬の隼人。コヤツがまた重要な人物なのですね〜。ふふふ。

末広マチ先生の作品は初めて読んだのですが、主人公である秋葉をピカピカにかわいくかわいく描いていらして、とにかく動物好きな人はもちろんのこと、そうでない人でもキュンときちゃうはずです。えちシーンはかなり少なめになりますが、全部を通して、秋葉の照れ顔を多めに堪能できたのが良かったです。続編である『あいまいなウルフ』も楽しみです♫

4

可愛い〜〜〜〜〜!!!!!!

油断すると狐に身体を乗っ取られちゃう”狐憑き”男子大学生の紺野(受)。特異体質の改善のため親戚のお寺に預けられるのですが、そこで動物に愛され体質のゆくり(攻)に出会い、紺野の中の"狐"が懐き..... 紺野の意思に反してゆくりにベタベタしてしまいます.......

"狐"と紺野の二重人格具合が本当に可愛い!普段は大人しい恥ずかしがり屋で素直で可愛らしいのに、"狐"の時に滲み出る適度な妖艶さ!色気!たまらんです...(...ただ、狐って喋れるんですね笑 なんだか驚きました笑)

それから途中で出てくるゆくりの"友人"...!
あなたもゆくりの"動物に好かれる体質"に惹かれたのでしょうね......いい味出してます。もっと掻き乱しに来ても良かったのよ((
なんだかんだ一番好きなキャラになってしまいました......♡

→追記!!!
"友人"が主人公のスピンオフ作品「あいまいなウルフ」発売されたのですね!大歓喜!早速読みました!◎◎

2

とにかく可愛い!!

狐憑きの秋葉 × イケメン大学生のゆくり

とにかく秋葉が可愛い、、、秋葉単体でも可愛い上に狐の耳としっぽが出てきちゃうところ可愛さ増量!!
狐になった秋葉はゆくりにベッタリくっついててほんとうに可愛い、、♡

最初は狐にされるがままだったけど、ゆくりとカフェ行ったり映画いったり、どんどん秋葉がゆくりのことを意識してって、読んでる私はニヤニヤが止まりませんでした(^_^)
狐は秋葉とゆくりの手助けをしてたのかな??笑


素直でピュア系、カワイイ系が好きな人はぜひ読んで見てほしいです.ᐟ.ᐟ.ᐟ

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う