お酒が入ると、ヤリたくなっちゃう。

ただいま、ほろ酔い。

tadaima horoyoi

ただいま、ほろ酔い。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
31
評価数
9
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
縁々 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796413725

あらすじ

老舗割烹「みづ希」のオーナー・湯元は、板長が怪我をしたことで休業を迫られていた。

そんな矢先行きつけの小料理屋が閉店すると聞き、男前で腕のいい料理人・石川をスカウトし板前として雇うことに。

実は湯元はお酒に目がないが、酔うと誰彼かまわず襲ってしまう悪癖があった!

そのため下戸のフリをして、仕事終わりに石川の作った丁寧な賄いを食べながら一人でお酒を堪能していた。

するとそこに何も知らない石川が…。

酔った湯元は欲望のままに石川をセックスに誘い――!?

表題作ただいま、ほろ酔い。

石川,板前
湯元,老舗割烹のオーナー

同時収録作品法の前には等しくあれかし

国友,弁護士
吾妻達彦,検察官

同時収録作品司法修習生の恋煩い

橘理仁,司法修習生
遠野真尋,弁護士,所長

その他の収録作品

  • ただいま、ほろ酔い。(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下、表紙絵ボツ案イラスト

レビュー投稿数3

お酒と料理を楽しみたくなるBL

小料理屋の料理人・石川×老舗割烹オーナー・湯元
ふたりの、お酒と料理にまつわる美味しそうなBLです!
お料理とかも美味しそうに描かれていて、お腹が空いちゃいますね(笑)

縁々先生の絵柄はいつも綺麗でそれだけでも色っぽいのに
今回は『お酒を飲むと誰彼構わず襲っちゃう』という受の設定で…
ええ…もうなんかとってもH(笑)です。

湯元は自分でその悪癖を知っているから、石川の前では下戸のふりをして、自宅でこっそりお酒と石川が作ってくれる巻かない料理を楽しんでいたのに…。

そこになにも知らない料理人が現れて。
まあね、据え膳ですからちゃんといただいちゃうわけですが
湯元の一言「誰彼かまわず」という言葉にちょっとしたすれ違いが。

色っぽいエロが満載の美味しいBL。
同時収録の弁護士×検事のお話も面白かったです。

3

美味しいお料理とお酒とエッチ。ほろ酔い気分で誘ってみたら。

寡黙な料理人、石川くんの作るお料理がまず、美味しそう。
白魚と空豆のかき揚げも、お昼に出される綺麗に彩られたお重も。
料亭のオーナーで若と呼ばれる湯元さんは、石川くんの料理のファン。
お料理にピッタリ合うお酒とそれを愉しむのも好き。でも、酔うと直ぐその気になっちゃう。湯元さんのほろ酔いがエロい。
トッロトロです。そもそも惹かれあっていた2人はさっさと一線を越えちゃいますが、石川くんは寡黙なだけに、湯元さんの一夜の相手をしただけだと焦り。湯元さんは、だらし無いところを見せてしまったこと、こんな自分とお店に我慢しているのだと勘違いしてぐるぐるしてしまう。
物語は中編なので、モダモダは意外と早めに収束してめでたし!です。
もうちょい長めに、色々なお料理と共に楽しみたかったなぁ。
途中、石川くんが他のお店でバイトを始めて。それを転職されちゃうのかと焦った湯元さんは、
石川くんを尾行するのですが、石川くんは板場で料理の練習をする為に食材を買うお金を稼ごうとしていただけだったという。え⁈ お店の食材は使っちゃいけないの⁈ と、ちょっとビックリ。
料理人は皆んな、勉強の為に個人で食材を買うのかなぁ。だとしたら、結構大変ですよね。「みづ希」の板長が「板場使いたいなら好きに使っていいぞ。」と、言ってるのは、あくまで調理器具だけなんですね。と、細かい事が気になってしまいました。
お酒が入るとエッチのお誘いになっちゃうのが、YES or NO 枕みたい、と恥ずかしがってる湯元さんが可愛い。「お酒は俺の前だけにしてください。」と、寡黙な石川くんの独占欲もいい。
修正は一、二、三、四本の短冊。なので、見えてます。
石川くんのは結構太い。なので、見えてます。そんな短冊じゃ隠せません。
お尻突き出して、石川くんのを口にする湯元さんがエッチでした。
描き下ろしには、湯元さんは酔うとエッチになるけど、石川くんは酔うとまさかの寝落ち。
エッチはお預けの夜。

同時収録は、庶民派弁護士 × エリート検事の
◆ 「法の前には等しくあれかし」
こちらも国友弁護士が料理上手で、彼の作るおでんが美味しそう。
恋人の吾妻検事はがっちり胃袋ごと掴まれてます。

さらにスピンオフの
◆ 「司法修習生の恋煩い」
ほろりと切ないショートストーリー。
国友弁護士の事務所の所長、真尋は15年も前に恋人を亡くしていた。
それでも未だにその傷は癒えることは無い。
事務所にはかつての恋人、橘の甥・理仁が司法修習生として入所する。
理仁はほんの少年だった頃から一途に真尋を想っていた。
そんな理仁の気持ちをどうしても受け入れることの出来ない真尋。
真尋は、手に入れて失うことの苦しさを経験しているから。
恋する事を怖がっているのが切なくて。
けれども、理仁が怪我で病院へ搬送されたと聞いた真尋は、もう恋を失いたく無いと、走る。
理仁の心からの愛の言葉もキュッと胸を締め付けます。
まぁ、病院での激しいエッチは、『公然わいせつ罪で6ヶ月以下の懲役、または30万円以下のの罰金、または拘留か科料…。』なんて考えながらみっちみちに抱かれている真尋がエッチぃです。

3

ほろ酔いエッチ

表題作『ただいま、ほろ酔い。』3話と、
同時収録『法の前には等しくあれかし』とそのスピンオフ『司法修習生の恋煩い』。

割烹オーナー湯元と湯元が見初めた真面目な料理人石川。
お酒が入ると淫らに、平たく言うとエッチをしたくなってしまうという湯元の酒癖を知った石川は迫ってきた湯元を結構あっさりと抱きます。
その後も酔いに任せて何度も身体を重ねますが、最後は言葉少なめな石川の思いもわかり、湯元が素面で気持ちを伝えます。

顔のタッチが所々で少し変わるのが気になりましたが、全体の線が繊細で、お料理が美味しそうでした〜。

同時収録の家庭味溢れる弁護士・国友×バイタリティ溢れる検事・吾妻の秘密のお付き合いも気になりました。
大切な人を亡くし心に傷を持つ弁護士の遠野がその大切な人の甥で司法修習生の理仁の一途な想いを葛藤しながらも受け入れるお話もよかったです。気になる病室エッチでは公然わいせつ云々〜、と弁護士ならではの視点で考えつつも理仁の勢いに抗えず抱かれる遠野。

どのカプも程よくエッチシーンはあれど、受けのおしりを慣らす描写がほぼなく、即お繋がりだったので前戯好き←としてはそこはちょっと残念でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う