この毎日が「幸せのゴール」だと思ってた。

7年目の純愛

7nenme no junai

7年目の純愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×226
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
184
評価数
46
平均
4 / 5
神率
28.3%
著者
藤谷陽子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リイド社
レーベル
SPコミックス mimosa
発売日
価格
ISBN
9784845856121

あらすじ

付き合い始めて10年、同棲し始めて7年の純九と愛は、毎日一緒に食卓を囲み、特別な日だけセックスをする──そんな平穏な日々を過ごしていた。

しかしある日、愛に転勤の話が持ち上がる。

動揺しながらも愛を応援しようと遠距離恋愛になることを決意した純九。

そんな純九のことを好きだと言う男性が現れて…

表題作7年目の純愛

南雲 純九,自動車整備士
幸島 愛,生地メーカー勤務の会社員

その他の収録作品

  • 8年目の春も
  • カバー下・四コマ漫画2本

レビュー投稿数8

いつまで経っても君が好き…だよね

あああ…これはもうなんだか泣ける
尊いって言葉が似合う。
柔らかで穏やかな恋愛…純愛という言葉がぴったりです。

付き合い始めて(出会いは高校)10年目
一緒に住み始めて7年目
修理工場勤務の純九とサラリーマンの愛。
熟練夫婦のような関係で、セックスは互いの記念日だけ。

凪いだ風のように静かな毎日に、ほんの少しの波紋が。
愛に転勤の話が出て、純九はそれを応援しつつやっぱり寂しい。
そんな時に車修理を担当したタクシー運転手から、熱い真っすぐな思いをぶつけられる。

双方が感じる、ほんの少しの違和感。
それがもうこれで修復不可能か?ってくらいの喧嘩になって…長い付き合いだからこそ、言葉足らずになっていく。
相手の思うコトは分かるのに、気持ちを言葉にはできない。

でもやっぱり、最後は互いにずっと愛してる相手しかいないんだよね…あああ。もう本当に素敵なお話。

藤谷先生らしい、静かで優しくてあたたかいお話でした。
尊いってこういう話だろうなあ。

これからも。
いつまでも。
二人でから揚げ持って毎年毎年、お花見ができるんだろうなと思います。

1

純愛

長く一緒にいるから言えることと、長く一緒にいるからこそ言えていなかったことがあるなと、胸がじんわりと切なくなる作品でした。勿論ハピエンで終わりますので安心してください笑!!日常生活の中で危機の風と仲直りの温かさを感じました^^

驚きだったのが、学生時代の2人!ヤリチン純九に、同性の友人に片想いしていた愛がお金を払って抱いてもらう関係だったんです!でも、だからこそ純九は愛の健気さや一途さに胸が熱くなり、愛に告白したのかなとも感じました。

転勤することになった愛は、一緒についてきて欲しいと純九に言えませんでした。転勤を愛から言われた純九は、寂しいと言えませんでした。"いってよかったのか"と思った愛の素直な気持ちから、言わなかった後悔ではなくて"次は話そう"の気持ちが大切だなと思いました。どんなに長く一緒にいたって"分からないことがある"、その気持ちを忘れたくないと思いました。

大喧嘩して、言いたいこと言って、泣いて、考えて、2人が出した答え。シンプルですが、愛の転勤に純九がついて行くことになりました。喧嘩したから本音を言い合えて、気持ちをぶつけ合ったから相手に伝わりました。それが凄く良いと思いました。喧嘩のシーン、良いです笑!

食事のシーン、お風呂のシーン、生活感あふれるところも"7年目"感が出ていて素敵でした^^

0

タイトルの意味に感動

いやー、とっても良かったです。
藤谷先生こんな絵だったっけ?と思ったりもしましたが、あっという間ににストーリーに引き込まれました。 
同性カップルの人生の話です。


一緒にいることが当たり前になっている純九と愛は、高校の先輩後輩だった二人で、現在は同棲中の恋人同士。
セックスは大切にしたいから記念日にしかしない。
夫婦同然、今更トキメキもないけど毎日が幸せ。
そんな時、愛に転勤の話が持ち上がり、純九は遠距離恋愛を覚悟します。

あー、こういうカップルいいなぁって。
一緒にいるのが普通で、男同士とかそういうの関係なくいいなぁって思いました。
きっと、今の関係に満足してるんだろうなって。

だけど、パートナーの転勤という人生の転機を迎えて、改めて立ち止まって考える交際10年目で同棲7年目の二人。
突然現れた、純九に恋するする当て馬・風磨。

穏やかな生活にたった波が徐々に大きくなっていく様子にハラハラしたし、とても切なかったです。
風磨に告白されてグッとくる純九は、本当は愛と昔のように求め合うセックスがしたいんだと分かりました。
愛と純九が傷つけ合って喧嘩してしまう場面は、本当に胸が苦しくなった。
本当に言いたいことほど言えないんですよね。

遊び人だった純九が初めて本気で好きになり、追いかけてやっと結ばれた愛。
好きな人とするセックスの尊さを教えてくれた愛。
昔を思い出して腹を括る純九が男らしくてカッコ良かったです!

「別れる」「浮気」なんて言葉に違和感を感じるほど、二人は家族だし何よりも大切な人なんです。
転勤について行くと決めた純九と愛は、最後に7年間暮らした家で気持ちのままに求め合うセックスをします。
これが尊くて、胸いっぱいになりました。グッときた。

まだゴールじゃなかった。
7年目の純愛は、二人の人生のリスタートです。
きっとゴールなんてないんだろうな。
二人の人生がこれからもずっと続いていくのだと思うと、感極まるものがあります。

風磨はちょっとかわいそうだったから、いつか風磨を理解してくれるいい人が現れるといいな^^

13

付き合いが長いほど、素直になれないもの

あらすじ&作家さん買いです。こういう、付き合いが長い同棲カップルのお話が大好きなので、ワクワクしながら読みました。

付き合った年数は10年で同棲し始めて7年、Hは大事な日だけ…なんて、まるで熟年夫婦のような2人のお話です。この2人の当たり前の日常に、転勤と浮気?心変わり?という非日常が突然降って湧きます。

お互い大事に思ってるのに言葉が足りなくて(あるいは長年一緒にいるという安心感?)、すれ違ってる2人がもどかしくて、心が痛かったです。あの大ゲンカの時には、自分の事のように泣けました。そういう時に昔のことを言っちゃうのは、たぶん心の奥底では許せてないんでしょうね…(苦笑)。

それでも、新たな第三者の登場でお互いに自分の心に素直になり、離れることよりも一緒にいることを選んだ2人に感無量でした。
激しい愛があるわけではないけれど、穏やかで優しくて温かい愛情に、終始心が洗われるようでした。
ただ一点だけ、なぜ指輪を嫌がったのだけが気になりますが…。

2

変らないと思われた日々に訪れた変化

今回は自動車修理工場の整備士と生地メーカーの会社員のお話です。

同棲7年目のカプが迎えた転勤とライバル出現で起こる変化の顛末と
新生活での続編短編を収録。

攻様は恋人の受様と付き合って10年、同棲生活7年目を迎えます。

受様は同じ高校の先輩です。当時の攻様は性別もポジションも問わず、
奔放な性生活を送っていて、自分が同性を好きな事に悩んでいた受様
の相手をした事から2人の関係が始まりました。

厳格な両親のもとで育った受様はゲイである事に少なからず罪悪感を
抱いていてカミングアウトはしていませんが、攻様は職場でも同性の
恋人がいる事も同居している事も隠していません。

今日の攻様は残業でくたくたで仕事上りに同僚達からの飲みに誘われ
ました。攻様が受様が唐揚げを作って待ってると断ると惚気ていると
揶揄われてつつも、攻様が選択を変える事は有りません。

途中、5年前から借りている一軒家の家主と行き会います。コンビニま
でちょっとと言いますが、女性が夜中に1人歩きは危なかしくて店の
前までついていく事にします。

お腹を減らして帰宅すると、調度よく受様が唐揚げをあげていてくれ
ました。揃って食べられない時でも食事中は一緒にいるのが2人の暗黙
のルールで、話の接ぎ穂で攻様が家主の娘夫婦が帰ってくる話をする
と受様は「この家を使わせたいって話じゃないのか」とふってきます。

攻様は趣味繋がりで意気投合した家主から今の一軒家を紹介されます
が、彼女がそうしたいならはっきり言いそうだと思うし、受様は心配
性過ぎると思います。

長く続く付き合いで若い頃はそれなりに激しく求めあいましたが、今
はもう年に数回しかセックスもしません。誕生日や記念日に大事に
大切に過ごす時間になっています。

攻様にとって受様におかえりと迎えられて、穏やかで何でもない日常
の続く毎日がとても愛おしいものとなっていたのですが、攻様はそろ
そろ揃いの指輪を買いたいとも思っていました。

そんな時に受様に愛知への転勤話が持ち上がります。3年か、長ければ
10年くらいになるかもしれないらしく、攻様は受様の仕事や気持ちを
一番に考え、離れ離れでも心か通じ合っていれば問題ないと思うので
すが・・・

電子連載をまとめての紙書籍化で、穏やかな同棲生活を送る同性カプに
訪れた変化についての悲喜交々になります♪

藤谷さんのお話はとてもリアリティがあり、私達の日常生活の隣にお話
のキャラ達がいてもおかしくないくらい彼らが喜んだり、悩んだりする
様子に共感できます。

本作も7年という年月を共に過ごす事によって、良くも悪くも慣れ合い
始めていた2人でしたが、受様には出世を伴う転勤が持ち上がり、攻様
には修理を担当した客に告白されるという変化が起こるのです。

穏やかに過ごしてきた日々の中に起こった変化は同時期に起こったが故
に、そして互いが互いに良いようにと思うが故に、互いに相手に本心を
まっすぐに伝えられず、悪い想像へと駆り立てていくのです。

変化が誰にでも起こりうる出来事で有るだけに、それぞれがどうするの
か、2人でいる未来は難しいのか、とハラハラ&ドキドキでたいへん楽し
く読ませて頂きました♪

大人になり、一緒にいる事が当たり前になり、今の幸せを壊したくない
と思えば、口にしない、出来ない事もあると思います。そしてそれを見
せない事が大人になる事だとしたら、大人って難しいですね。

タイトルに込められた想いにジーンとさせられる素敵な恋物語でした♡

本作もカバー下にSSがあります。忘れずにチェックしてくださいね。

1

幸せにゴールはない

『結婚するかもしれない男』に続いて読んだ藤谷陽子先生の作品です。
藤谷陽子先生は絵が綺麗で、コマ割りがスッキリしているので読みやすいです。

自動車整備士の南雲 純九(バイ)と会社員の幸島 愛(ゲイ)のお話。

出会いは高校生、付き合いは10年、同棲して7年の純九くんと愛くん。
セックスは、お互いの誕生日や同棲開始記念日だけ。
それでも、夕食は一緒に食卓を囲み、支払いは共同カードで済ませる「家族」のような関係。
平凡だけど幸せな毎日。
そんなある日、愛くんに愛知への転勤話が持ち上がり…。

付き合って10年、同棲して7年…もう家族のようだとは言え、法的効力もない関係で遠距離恋愛をするのは厳しい。
それでも転勤を機に遠距離恋愛を選ぶであろう2人でしたが、当て馬の登場で運命の流れが大きく変わります。
遠距離恋愛を選択する未来と一緒にいる選択をする未来、比べることは出来ないし、どちらの選択が幸せになるのかはわかりません。
お互いを大切に想っているからこそ、本当に大事なことは言えない。

個人的には、愛くんが指輪を拒む理由も知りたかったのですが、続編で読めることを期待しています。

この作品には、当て馬が登場します。
タクシー運転手の風磨くんです。
外見は少し怖いけれど一途でいい人そうです。でも、ちょっと強引過ぎるかな。
他に脇キャラでは、純九くんの同僚と2人の借家の持ち主 理子さんが登場します。
なにげに、理子さんが癒しになった(笑)

Hシーンは、エロさは薄いですが、お互いを求め合っているのがわかります。
とくに、いつもクールな愛くんが気持ち良さそうにしているのが良かったな。
これからは、キスは毎日、セックスは月2回してください(泣)
言葉も大切ですが、スキンシップも大切だよ~。

描き下ろし『8年目の春も』
愛知に引っ越した2人がお弁当を作ってお花見に行ったお話。
来年もその先もずっとずっと2人でお花見して欲しい。

好きな人が隣にいてくれる幸せに感謝したくなる素敵なお話です。
BLのファンタジーな要素とリアリティな部分のバランスが取れていると思います。
読後は、ほっこりと幸せな気持ちになれること間違いありません。
ぜひ多くの方に読んでいただきたいおすすめの作品です。

1

大喧嘩

長く付き合った2人が、別れるだの別れないだの派手に喧嘩する話が好きです。「大人」を強く意識して伝えた方が良いことを伝えない作品が多いんですけど、大人なら、相手を真に思うなら、言った方が良い場合もある。

◾︎純九(オープン)×愛(クローズド)
試し読みの、めちゃくちゃ生活感のある始まり方に惹かれて買いました。ただ、その辺は最初だけだったかな?ご飯シーンは多いです。

セックスレスを描くBL漫画ってそう多くない気が(思いつくのが数冊…)。下調べあまりなしに読み進めたので「今日なんかの日だっけ…」のセリフに、ん?と思い…「年に数回」に、お?!と。絶対必要とは言わないけど、2人とも嫌いじゃなさそうだしね笑

ストーリーも好みでしたが、別に持ち家ってわけでもなく、転勤も可能なのになんでここまで拗れたのかってところがモヤモヤ。風麿くんのこと別として。
ガチ喧嘩が読めたのは嬉しい!BL作品の喧嘩って、痴話喧嘩みたいなのか、付き合う前の喧嘩をよく見るけど、付き合った後の大喧嘩は貴重。長く付き合った後の2人を見せる作品がそもそも少ないからな。本当は言いたくないこと、ほんのちょっとだけ思ってたことを、100倍膨らましてトゲをつけて言ってしまう…読みながらヤメて〜〜と思うのが楽しい。
喧嘩後に高校〜付き合うまでを思い出しながら泣くのが切ないよ…「愛以外で勃起なんかしたくなかった」ってドストレートで好き。

あとがきで触れてた指輪の話、自分はない方が好みです。引越し準備中のちょっと距離近いだけで照れ合う2人、可愛いね、よかったね。

0

10年も20年も。進んでいこう!

皆様のレビューをある程度読んでから臨みましたので、遠恋の危機からのハピエンである事などはわかっていました。
でも実際読んでみて結構驚き…
特に驚いたのが2人の出会い。
へぇ〜……そうでしたか…
…とそれはそれとして、7年同居してる同性カップルに波風が!というストーリーですが。
この7年。
表向き特に波乱はなかった、という設定なのでしょうか。私には愛さんはかなり難しい人のように思えた。
クローゼットだから、というだけでなくて「純九」というパートナーがいても尚、自分の行動も思想も変えない、感化されない人のように見えました。
それは良く言えば「自分」というものが確固としているという事なのでしょう。だけどちょっと頑なすぎるかなぁ。
7年の歳月、それは恋人を家族に変えた。だからこそセックスの頻度も少なくなっているんだと思うんだけど、言葉でもカラダでも語らない2人に降りかかる「転勤」という事件…
これだけでも十分事件だと思うんだけど、本作はさらに当て馬をぶつけてきます。
私的にはここはドラマ過剰だったかなぁ。
風磨さん、性急すぎるし、絵に描いたような当て馬ぶりでただフラれるためだけの登場みたいだった。
そして喧嘩シーンになるんだけど…
ここは胸が痛くなりましたね…私には2人とも言っちゃいけないところまで言ってしまっているように読めました。よくこれ言っちゃってうまくおさまるね…
言ってスッキリ想いを吐き出せました〜なんていうレベルなんでしょうか?私が甘ちゃんなだけ?
ともかく、この2人はこの喧嘩で愛情を再確認できたようなので良かったケド。

7年の月日、勝手に落ち着いて、勝手に忖度して、でもまた恋人としての熱を思い出す…
そのストーリーは良かったです。
が、高校時代の純九や当て馬に疑問があるので「萌」で。


1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う