ロマンチックポルノ

romantic porno

ロマンチックポルノ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
59
評価数
16
平均
3.8 / 5
神率
31.3%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784866531465

あらすじ

『愛とは優しさ』だと思う瑞希と『愛とはセックス』だと考えるりつ。そんな2人が付き合うことになったから、さあ大変!! 優しさでりつを満足させたい瑞希は、りつの果てることのない性欲に応えようと奮闘するけどーー!!?

表題作ロマンチックポルノ

香山瑞希、彼女に振られてから間部と愚痴友達に
間部りつ、彼女に振られた同い年の同僚

同時収録作品こどもエンドロール アンコール

室賀優一、哲平の恋人で若手俳優
福澤哲平、室賀の恋人で大学生

その他の収録作品

  • ロマンチックポルノ その後
  • 作者コメントコマ漫画(カバー下)
  • こどもエンドロールコマ漫画(カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

コメディとして文句なしに面白い

初読みの作家様です。
コメディとして抜群に面白いです。それでいて、世界観というか設定がシンプルながらも非常によくできていて、ストーリーとしてもきちんと成立しています。
ゲラゲラと笑わせてもらいつつも、美麗な絵柄でうっとりさせて頂きました。エロシーンが非常に多いのですが、笑いのシーンと一緒に描かれていることが多くて、エロエロしいというよりはスポーツ観戦しているような爽やかささえ覚えました(笑)

以下、ネタバレを多く含んだレビューになっているので、あまり詳しく知りたくない方は飛ばしてください。




瑞希×りつという同僚が、同じタイミングで女性に振られるという体験を経て愚痴友達になり、それが高じてりつが瑞希に恋心を抱くようになり、付き合い始める・・・というストーリーです。

ストーリー展開として瑞希とりつの恋愛観というのが軸になっています。
りつは性に奔放な感じで描かれていますが、「愛情表現としてのセックス」を非常に大切にしている男です。愛するが故にの行為が、重かったりしつこかったりとなって不満要素になってフラれてしまう。
瑞希は性にはノーマルですが、相手の望みを叶えたい、相手の悦ぶことをしてやりたい、というやさしさの塊のような男です。常に自分の意見より相手重視のため、気持ちが伝わらず「本当に私のこと好きなの?」と思われてフラれてしまう・・・ということを繰り返してきたふたりです。

りつはセックスに対して非常に非常に貪欲です。描かれ方としてはかなりビッチな男に見えます(笑)しかも自ら道具を使うにも抵抗ないし、自分の性欲にも素直で、気持ちいいことが大好き。そして何より「声がデカい」。(最終的にこの二人、音大生御用達の防音設備の整ったマンションへ引っ越してます)
初めての時は、この声のデカさに瑞希が萎えてしまって出来なくなってしまいしたが、そこは「相手の気持ちが一番」の瑞希ですので、決してりつを悲しませたり失望させたりしません。詳しくは本著でご確認いただくとして、瑞希は頑張りましたよ~!

セックスに貪欲なりつに付き合う瑞希ですが、相手に付き合うことに関しては神がかり的な力を発揮する瑞希くんは、ものすごい絶倫です。りつに求められれば求められるだけ付き合えるなんてすごい・・・。りつの方もあんなに酷使して大丈夫なのか心配になります・・・。

りつは瑞希と本音で付き合っていくのですが、瑞希は常に相手優先で付き合っています。
そんな瑞希がある時、とあるきっかけで自分の性欲をりつに一方的にぶつけてしまい、そのことで自己嫌悪に陥ります。でもそのおかげで本当に自分がやりたいことを相手に伝えることが出来て・・・となっていきます。

キャラクター設定がとてもキッチリしているせいか、コメディだけれども物語としてもきちんと楽しめるので、よかったと思います。
ただ、りつと瑞希が同僚設定っているかな?と思ったんですが、まあ一応そのあたりの設定もいかしたストーリーだったので、気になるほどではなかったです。

コメディですので、少々強引な展開もありますが、これくらいやってくれないと笑えないのかも知れませんね。
久しぶりにスカッと楽しく笑わせてもらえる作品に出会えて非常によかったです。


同時収録作品は前作を知らないので詳しいことはわかりませんでしたが、それなりに楽しめました。

2

ダイナミックなシーンに戸惑いのモノローグ

あまりにあっけらかんとした明るいえろに、声を出して笑ってしまいました。
面白いです!

同じ場所で同時に振られた会社の同僚、香山と間部。
2人で呑んでは振られた傷を愚痴で癒そうとする日々だったが、ある日、シャツを脱いだ香山の上半身を見た間部は…。

ちょっと水渡ひとみさんの「フラれ男と恋のはなし」に似た始まりです。
大きく違うのはそこからの怒涛の展開。
間部の告白を受け入れて、気持ちも体も準備万端になった香山が間部の「真の姿」を目の当たりにして想像とのギャップに動揺、そこからの葛藤と苦難の連続がコメディタッチで描かれています。
めろめろの間部と深刻に悩む香山のコントラストが見どころです。
その後、香山にトラブル、さらにうっかり聞こえてしまった噂話などを挟んで、「この流れでそうなるの!?」という衝撃の展開が!!
終始、香山の空回りっぷりと笑いの絶えないふたりが楽しめました。

前述の似た設定の作品に比べて心理描写で読み込むというタイプではないので、勢いに乗ってすごくライトに楽しめる作品だと思います。
ストーリー重視の方には物足りないかも。

同時収録は「こどもエンドロール」の番外編でした。
ムロガの不器用さが炸裂してました。
やっぱり言葉にしないと伝わらないものもありますよね。
「こどもエンドロール」を読んだ方にはぜひ読んでほしいです。

描き下ろしはおもちゃありの香山×間部。
ものすごくものすごかったです。
下着を含めない着衣シーンが2コマ、という辺りでお察しください。

胸がきゅんきゅんする!とか、涙で前が見えないという作品ではないので、さらっとあまあまな作品を読んで笑いたいという方にぴったりだと思います。
それと「こどもエンドロール」を読んだ方は、この番外編は必読です!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ