苦労知らずのいけすかないα、お前にだけは噛ませない!

子持ちΩと彼とカレ

komochi omega to kare to kare

子持ちΩと彼とカレ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×230
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

120

レビュー数
11
得点
366
評価数
85
平均
4.3 / 5
神率
50.6%
著者
ヤマヲミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイオメガバースコミックス
発売日
価格
¥659(税抜)  
ISBN
9784799748060

あらすじ

駆け落ちした夫αと死に別れ失意の中、子供だけが生きがいのシングルマザーΩ。
「もう生きてる意味なんてないけど、Ω手ひとつでこの子を立派に育ててみせるー」
警備員で細々と生計をたてていたが、突然エリート政治家に「運命の番」認定されて…
その強引さに心は抗うも体は激しく感じてしまうが、彼には大きな秘密があった!?
赤い糸を結び直す感動のドラマチックラブ、幸せすぎる後日談描き下ろし付き

表題作子持ちΩと彼とカレ

新道 直太朗(ナオ),α,議員
末永 千広,Ωの未亡人,シングルファーザー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下・あとがき

レビュー投稿数11

腐人生初

まず、個人的な好みの事で恐縮なのですが、オメガバースで妊娠・出産描写に抵抗は無いけれど子育て…がちょっと得意では無くて今回もヤマヲミ先生だけど〜、子持ち〜…で、でも試し読みで先が非常に気になり、腐人生で初めてちびっこが表紙に載っているBLを購入しました。

いや〜、いろんな意味でさすが…!
懸念していた子育てパートもふんわりではなくしっかり描かれていて、千広と未来の親子愛にももちろん、番とか赤い糸とか目には見えない、だけど特別な『運命』で結ばれた千広とナオと直太朗の3人の不思議な縁と絆…。
所々琴線に触れてめちゃくちゃ泣かされました。
なんか、もう、ほんとありがとうございます(?)。

オメガバースを基軸として要所要所にヤマヲミ先生節が効いていて説得力が素晴らしすぎました。
先生の素敵な言葉回しが好きで、胸に沁みてじんわりとさせられていたら吹き出し不可避なコミカルがブッ込まれてきたり、天使な未来には癒されて…といろんな感情を体験させてもらえて、なんて充実した一冊なんだろうと思いました。

もちろん、あとがきも大変充実してらして!
ヤマヲミ先生、10周年おめでとうございます(祝)
ドスケベフレンズとしてこれからもよろしくお願い致します(笑)

8

切り口が独特な最高オメガバース

ヤマヲミ先生のオメガバース!
約一年描かれていなかった…という事ですが
(あとがき参照)
もう…この作品を持ってこられたらいう事はありません!

先生の描かれるお子さんってぷにぷにしていて
健気でいい子でだいたい一回は泣かされるんだけど
今回もやはり泣かされた…大人たちの事情はちょっと難解でしたが。
未来ちゃん…いいコや

番を事故で失い、Ω手ひとつで警備員をして子供を育てていた千広。
ある日の警備中に若手政治家(反Ω派)の直太朗に出会ってから、未亡人Ωの運命が変わっていく。というお話。

相変わらずのシリアスとギャグの割合…というかバランスが絶妙で
笑ったり切なかったり泣かされたりで忙しい←嬉しい♥

ネタバレはしたくないので感想はここまでですが。
直太朗の中にはもうひとつの人格があって…種明かしはご自分でご確認ください。
ちょっと切り口が他とは違うオメガバースですが
本当にいい作品だと思います。巣作りとする千広…切ない

7

2つの証

ナオという愛する人をなくした千広の悲しみと、直太朗となって姿形を変えてのナオと千広の再会。ドラマチックな展開に号泣してしまいました。直太朗の心臓は亡くなったナオのもので、ナオは千広に再会するために、直太朗と千広を引き寄せました。ナオと直太朗は正反対のような性格で、心と身体が噛み合っていないように思えていましたが、千広とナオと過ごすうちに変わっていく直太朗の姿が、生き生きとしていて、心と身体が次第に一つに繋がっていくように感じました。勿論、ナオの記憶や思い出が消える事はありません。ナオは直太朗の中にも、千広の中にも、生き続けています。たとえ会えなくても、想いは届いていると、信じたくなる素敵な作品でした。ナオと千広の子、未来も可愛い。

直太朗が、千広や未来は勿論ですが、ナオのことも、自分のモノだから大切にしたいと思う気持ちが凄く素敵で印象的でした。ナオの心臓がカラダの中にあるので、勿論、ナオは直太朗のものになったのですが、そういう物理的な事ではなくて、千広が愛するナオも、千広とナオの思い出や過ごした時間も、一緒に愛して生きていこうという決意を感じました。ナオと過ごした千広、ナオを忘れられない千広、ナオを愛している千広、全部を大切にしたい気持ちが伝わってきました。最初のイメージとはだいぶ変わった、愛に溢れた直太朗が大好きです!!
番の証、ナオのものと直太朗のもの2つが千広にはつきます。全く重なるのでは無く、明らかな2つです。それが凄く良いと思いました。千広の番は、ナオと、直太朗なんです。私もナオを忘れたくないし、そう思える直太朗とナオの関係が素敵です。

大切な人が亡くなるということは、決して明るい題材ではないかもしれません。でも、明るさや希望がいっぱい詰まってます!コミカル要素も!切なかったり悲しい部分もありますが、暗くならずに、悩みながらぶち当たっている困難を乗り越えようとする姿が、すごく良い!文句なしの神作品、オススメです!!!

5

泣きっぱなしでもスッキリ

電子の試し読みで面白そうだったので紙で購入しました。

ギャグテイストかと思いきやそんな事もなく…

いやナオと直太朗の掛け合いや千広の言動や行動は笑える要素が沢山なんですが、ナオが千広と再会する為や未来と初めて会った気持ちを考えてしまって、もう冒頭から泣きっぱなしでした。

TV番組で心臓移植を受けた人が別人のようになってしまったお話は見た事あるのですが、それとオメガバを合わせるなんてメカラウロコでした。ティッシュで涙拭きながら鼻にも詰めて夢中で読みました!

亡くなった番のナオと直太朗のどちらかに千広の気持ちの比重が強くなると冷める方もいるかもしれませんが、そんな事も無く大円満な結末でした。

ナオの気持ちに引き摺られた訳でも無く、直太朗は自分の中で大切な者を見つけていました。

個人的に好きだったシーンはおしっこで目が覚めた未来をトイレに連れて行ったナオと、3人で寝ていて目が覚めた直太朗が愛しそうに千広の頬を触るシーンです。直太朗の車のチャイルドシートにドヤが顔で座っている未来、直太朗の使ったタオルを文句を言いながらも首に巻いている千広が面白くて笑えました。

読後にスカッとするオメガバース作品なので、多くの方に読んで欲しいと思いました。

それにしても未来に聞こえないようにって、ボロアパートの押し入れって隣家に音が筒抜けだと思うんですよね。ww

5

ヤマヲミ流オメガバース最高!

ヤマヲミ先生、10周年おめでとうございます!
ドスケベフレンズの一員としてヤマヲミ先生の描くオメガバース、非常に楽しみにしていました。
かなり苦しんだ末に出来上がった作品とのことですが、とっても面白かったです。
きっとエロエロ!と期待して読みましたが、エロよりもストーリーに引き込まれました。
感動して泣いちゃったよ( ;∀;)


主人公は運命の番に先立たれたΩの千広。
幼子の未来(ミク)を育てるシングルファーザーでもあります。
攻めは議員の直太朗(α)ですが、これがΩ蔑視の嫌な奴。
しかし、この直太朗にはある秘密があってーー…

ベースは想像通りコミカル。
千広が自立して頑張っているシングルファーザーで好感が持てます。
ネスティングする姿がコミカルで、タオルやシャツを首に巻き付けたがるのには笑っちゃいました。
そして、巣ごもりは押し入れというね。
ドラ◯もんかって感じ(笑)

千広は議員である直太朗の前でヒートを起こし、のちに番関係を迫られてーーという展開。
この直太朗、傲慢で偉そう。
だけど実は大きな秘密があって、千広の亡き夫・ナオに体を乗っ取られています。
ナオは今でも千広が大好きなのに、なぜか直太朗と番うことをすすめてくるから、一体どういうこと?となりました。
ですが、この理由がすっごく切なくて泣いてしまいました。

ナオと直太朗に愛されるようになり、千広も二人を愛します。
また、子どもの未来がめっちゃ可愛い♡
顔も言動もきゅんきゅんするくらい可愛いです。

Ωを蔑んでいた直太朗は、実際に千広親子の生活を目の当たりにして意識が変わっていきます。
Ωのため、子どもたちの未来のために日本を変えるという、議員としての強い意志にグッときました。

思いの外、エロは多くないです(個人の意見)
だけど、狭い押し入れでぎゅうぎゅうになってするHが良かった!
二人は運命の番なので千広がヒートを起こしっぱなしで、その表情や直太朗を欲しがる姿がとてもエロいです♡
(ただ、白抜き修正が残念すぎました)

千広の首筋に残る二つの噛み跡が、直太朗とナオふたりの番であることの証です。
すっかりデッレデレになった直太朗が可愛くて、傲慢なαが溺愛攻めに変わる姿に萌え萌えです♡

コミカルだと思ったら切なくて、そのバランスがとても良かった。
最初から最後まで運命に拘った作品ですが、運命だから惹かれる……という印象はなかったです。
ちゃんとナオと直太朗を好きになっているな、と感じられたところが好きでした。
素敵なオメガバースが読めて嬉しかったです。

カバー下のあとがきも面白くて、あまりの細かい字に眼鏡を探しました^^;
これだけ書けば〝あとがき王〟になれるかもです(笑)

14

新しい愛のカタチ

初めて読んだヤマヲミ先生の作品です。

エリート若手議員の新道 直太朗(α)と警備員の末永 千広(Ω)のお話。

千広は2年前に運命の番である末永尚海(ナオ)を交通事故で亡くしました。
それから、千広は1人で子供の未来を育てています。
ある日、若手議員 新道直太郎の警護をすることになった千広。
その警護中に直太朗とぶつかってしまい、千広はヒートになってしまいました。
突然、議員の直太朗が千広に向かって言いました。
「ちーちゃん!!俺だよ!ナオだよ!」

千広の「運命の番」だったナオが直太朗の中に蘇り、直太朗と「運命の番」になるように迫りますが、それにはちゃんと理由がありました。
じつは、直太朗の重い心臓疾患を救ったのはナオだったのです。
直太朗の心臓は臓器移植で提供されたナオの心臓でした。
科学では解明されていませんが、世界では臓器移植による記憶転移(きおくてんい)の事例は数多く見られるようです。
BLもオメガバースもファンタジーなのは理解していますが、この臓器移植によるナオの転移には心を奪われました。
大事な番を残して逝くことができないナオの苦しみや悲しみにリアルティさが感じられ、BL作品の中でも新しい「愛のカタチ」を築いたのではないかと思います。
ナオと直太朗のそれぞれが千広を「運命の番」にする。
3人には間違いなく相手に対する愛が溢れています。
でも、HAPPYENDなのにナオのことを考えると切なくなりました。
ナオは、自分が残した千広と未来の幸せだけを考えて「運命の番」を譲ったのでしょう(泣)

個人的には、「オメガ改定推進派」の直太朗が千広と出会ったことからΩに対する考えが変わっていき、新党まで立ち上げてしまう豹変ぶりが良かったです(笑)

Hシーンは、想像以上に濃厚でした。
とくに、千広がナオの服で作った巣(押し入れ)でのセックスはエロかったです。
暗闇で密室の押し入れの中、2人とも相手を求めて無我夢中な感じが萌えました。

描き下ろし『子持ちΩと彼の約束』
直太朗の視点のお話です。
出会った頃が嘘のような千広に対しての溺愛をご堪能ください。

臓器移植やオメガ法案改定など重くなりがちなテーマもコメディ要素が強いので楽しく読めます。
全体的なバランスが取れているので途中で中だるみもしません。
オメガバースが初心者の方にも食傷気味な方にもおすすめの作品です。

ヤマヲミ先生のあとがきも必見ですよ(笑)
デビュー10周年 おめでとうございます (๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

6

最高の愛の形に涙します

ちるちるさんのクジで、電子書籍の1000円クーポンが当たりました。(いつもは紙の本なので)初めての作品をどれにしようか悩んだところ、こちらの作品が面白そうだったので選びました。ちるちるさん、ありがとうございます。

勘と作家さんで選んだのですが、大正解でした!
よくあるオメガバーズ、よくある子持ちモノかと思ったら大間違い、良い意味で裏切られました。

最初から運命だと信じていた相手と死別しちゃうので、悲しくて切ない始まりなんだけど、その彼の深い想いや、その想いを受け継いだ(!?)2人目のαの熱い想いにキュンキュンします。
おまけに、死別した相手を忘れられずに、でも別の人に惹かれちゃうΩ・千広の諦めきれずに悶える気持ちもビシビシ伝わってきて。
そんな3人の、最高の愛の形でのハッピーエンドを目にした時には、また嬉しくて泣けて。
そして、何と言っても、お子ちゃまが可愛すぎてやられました。大好きな千広のために助けを呼びに行ったり、千広を慰めようとチューしたり。
また、千広と出会ったことで、Ωに厳しい世界を変えようと直太朗が動き出したのも良かったですね。

久しぶりに自分好みの素敵な作品に出会えて、幸せ気分でいっぱいです。

4

ヤマヲミ先生がオメガバース描くと…

ヤマヲミ先生のオメガバースって、今まで想像しませんでした。

おちゃめで健気な可愛さも有る受けを描かせたら、ヤマヲミ先生素晴らしいですよね。

初めは、勝手に3Pかな、ふーん。
みたいに思っていました。

違った、全然違いました…
ヤマヲミ先生の世界観なんですが、すごくオメガバース。
切なさが溢れた作品でした。

シングルΩの千広と未来の生活は、ヒートが起きてしまう日常と共に必死に生きてる。
番が死んでしまって、番った筈なのにヒートが起きてしまう。
そして、全くの他人なのに死別したナオの人格を持つ直太朗の登場…
何故なんだ~?と思いつつ読み進めました。

オメガバースの世界観って、基本設定有るけど、作家さんによっての自由度も有る。
この辺りが、それぞれの個性が出て面白いんですね~!オメガバース初心者だったのに、抵抗なく読んでしまう。あまつさえ、好きかもしれないレベルまで、自分のBL成長を感じます。

この作品の設定がファンタジー要素も入りつつ、甘さと切なさが絶妙で。
もう、読むのが一番だと思います。
千広とナオと直太朗の物語。

オメガバースの良さを、じっくり感じた作品でした。

切ない場面は読んでて、涙出ちゃいました。ヤマヲミ先生、すごい!
もちろん、えっちがエロい!
押し入れえっち、すごっ!読んで良かったです~

あとは、ヤマヲミ先生の手書き四段抜き後書き。相変わらずの熱量が、すごかった。
私、ちゃんとしたドスケベフレンズ(ヤマヲミ先生読者のことです~)になってきたかなぁ?
先生の作品をまた、楽しみにしています。
後書きアワード、ヤマヲミ先生一位です。

3

子育てものにめっぽう弱い‥

オメガバースα×Ωものが大好物です。
今回もまた新しい!
オメガバースとスピリチュアルの融合ですか!
私は結構信じる方なんですよ!
前世とか生まれ変わりとか‥
臓器移植をされた方が急に食べ物の趣味が変わったり、人生観が変わったり不思議に思って調べてみると臓器提供者の生前がそれと一緒だったとか良くそんな体験も伺いますので、こういう事ってホントにあっても不思議じゃないのでは?っと思ってしまいます。
BLはファンタジー!特にオメガバースは想像力の賜物!なんて思っている私なので、逆にこのお話はリアルに感じてしまったりして‥イマイチ違和感‥だったんですけど(それは本当に私個人の感じ方なので)

とはいえ、ハートフルな家族もの健気な子供が出てくると涙腺崩壊‥。

弱い立場たけど必死で頑張るΩ
約束された地位にいながら何振り構わず、愛するものを守ろうと頑張るα。
とても良いおはなしでした♡

3

セレブが雑草に落ちるまでみたいな話

オメガバースなればこそな作品。
Ωであるチヒロは番であるαのナオを事故で失い、シングルファザーとして子育てに邁進していた。そんな中出会ったのは、Ω法案の改定を通そうとしている派閥の筆頭議員、新道直太朗αだった。新道はなんとナオの魂を有し、不本意ではあるがチヒロに「番になれ」と迫ってくる。
っていうストーリー。

Ωをバカにしてるα様が、Ωに絆されていくっていう下りが「セレブ至上主義が貧乏の雑草根性に惹かれてく」っていう王道展開でおもしろい。

そして、この話の特異なところは、新道の中に元番であるナオがいることだ。新道は議員で、お堅い性格。対してナオは楽観的な頭にお花咲いてそうなα。
同じ体に二つの魂が共存している。

正直、私は読んでる最中、頭混乱したけどね。今、ナオなの?直太朗なの?どっちなの?みたいな。
あと、セックスシーン2回あるんだけど、ナオとのセックスがないの。私的には、あってほしかった。
ナオはあくまで、キューピッドに徹するっていうスタンスなんだよね。だから、完全にチヒロとその子供である未来見守り隊。
せっかく蘇ったのに、「直太朗と番になりなよ!」ってお前それでいいのかよ!!もっと熱くなれよ!!

オメガ法案改定推進派の筆頭が、いとも簡単にチヒロに落ちるのも、お前それいいのかよ!!もっと抗えよ!!ってなったけどね。

チヒロと未来かわいいから、まあ落ちちゃってもしょうがないかなって思うけど、そんなかわいいは正義みたいなさぁ……かわいいんだよ、チヒロも未来も…。議員なんてクソかよ!って言ってるチヒロも、甘えてるときかわいいし、Ω手一人で子ども育てようと躍起になってる姿もかわいい……。かわいいは正義なんだよ…。

個人的に最後の首筋噛むシーンが「直太朗、顔怖えよw」ってなりましたまる。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う