サドのオトコを落とす方法

sadistno otoko wo otosu houhou

サドのオトコを落とす方法
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×218
  • 萌15
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
227
評価数
58
平均
4 / 5
神率
37.9%
著者
ヤマヲミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784832290242

あらすじ

佐渡出身の本間翔太(ほんましょうた)は、 両親の死をきっかけに大学を中退し、
幼い弟を育てる事に。 苦しい生活の中で偶然出逢った売れっ子建築家・坂上鉄明(さかがみてつあき)から、
生活費のためにと「1回5万円」というHな取り引きを提案される。
セックスはちょっと意地悪だけど、 ふだんは本当の家族みたいに温かい坂上に
翔太は次第に惹かれていくが…!?
イケメン建築家×子育て青年ラブストーリー❤
濃厚Hシーン大幅加筆&描き下ろし付き!

表題作サドのオトコを落とす方法

坂上鉄明 有名建築家
本間翔太 弁当屋で働きながら弟を一人で育てる

その他の収録作品

  • サドのオトコを落とした後は
  • カバー下:あとがき

レビュー投稿数10

風太が可愛すぎてしんどい

は〜神でした。。
読後の謎の達成感(?)すごいです。

とにかく弟の風太が可愛い。お兄ちゃん大好きなのがめちゃめちゃ可愛いし表情も豊かでこんな弟欲しいって思いました。とにかく風太に癒されまくった。
風太に癒されエチシーンで心は穢され風太に浄化されエチシーンでゲヘゲヘし。。の繰り返し笑

一回5万で鉄明に抱かれることに後ろめたさを感じる翔太もいい子だな〜って思いました。
金で買われてるんだから甘えたらダメだ。割り切らないと。と思って鉄明に「触らないで」って言った時、「失敗した。金なんて渡すんじゃなかった」と切なそうな顔をする鉄明にも萌えました。

それとトーンの使い方がすごく綺麗。
乳首と舌もすごい美味しそ...っていったら変態ですねすみません笑笑
トーンを使った翔太の身体がいかにもガリガリ。
だから肝心なアソコが白ヌキだったのが残念に感じました。笑

個人的な話ですが坂上っていうとどうしても忍がチラつきました笑
あと鉄明と翔太が前髪が一緒なのが少し気になりました。

だけどそんな細かいこと気にしなければ本当に面白いです!もっと皆に見てもらいたいです!

BLで癒されたかったらぜひ!

6

そっちかぁー!!

佐渡弁いいですねー!「だっちゃ」くらいなら何とかわかるものの、それ以外は言葉からして違うからいちいち注釈見てしまったけど、その苦労を差し引いてもものすごく魅力的な言葉でした。特に、小さい風太が言う「だちかんちゃ!」には何回もヤられました。

坂上さんと翔太の恋は始まりが始まりだけに、両想いなのになかなかうまくいかなくてジリジリしましたが最終的には坂上さんの強引さでメデタシメデタシ。単巻なので坂上さんが翔太に引かれたきっかけとかがぼんやりでしたが佐渡弁の男二人の可愛さでストーリーそのものはそれほど気になりませんでしたね。

そして、ヤマヲミさんの黒真珠のお話。相変わらず捨て身のネタで笑かしてもらいました。パイナップルの成分で柔らかくするなんて、今後酢豚を食べる度に思い出しそう。やめてー!

3

残念でした、佐渡の男です!

全国のドスケベホモスキーの一人なので(笑、ヤマヲミ先生の新刊と聞いたらそれは買いですよ!
あとがきにもありましたが、サドと聞いてS?!と思い浮かべましたが、まさかの佐渡。
だっちゃ!は、熊本の某らむちゃんなイメージでしたが、佐渡の方言はそれの乗算かわゆい!と、新境地方言でした。

ストーリーは、 親が亡くなってしまい、園児の弟が手元に残された大学生が、大学を辞めて弟のために親戚の家で働き始めたところで、有名建築家と出会い。
な、いわゆるスパダリもの。
ヤマヲミ先生といえば、やっぱりスパダリですよね!それも、清々しい高スペ!!
見た目よし、才能溢れる建築家の坂上。
そして、その高スペだからこその悩みをを癒す受け!!
・・・ わかっているんですよ、今回も甘々で、エッチな流れだって!読む前から、表紙で信じちゃいますよ。
でも・・・なんだろう、毎回新鮮だったりします。高スペスパダリだけども、それぞれの思いや葛藤とかもあって。
しんみりしたり、ドキドキしたり、さすがのヤマヲミ先生です。

今回のしんみりがあるとしたら、エッチに対する金銭のやり取りでしょうか。
貧乏でどうにもならない翔太が、坂上に誘われ一回五万でエッチをすることになるのですが、このやりとりが、お互いのいいわけや、恋愛の難しさのキーワードになっていくんです。

にしても、ヤマヲミ先生のすごいところは、本当ハッピーなんですよね!
以前にBL川柳で、ストレスとホモ買いが比例する。みたいなのがありましたが、本当、まさしくそんな気分の時に買うといい漫画な気がします。

そして、今作はいつにも増してエロ多めな気もします。
こちらもあとがきにありましたが、ヤマヲミ先生の体の事情で、下半身を意識したから?!とか思ったりしました(笑。

何にも考えずに、ハッピーになりたかったら、本当、ヤマヲミ先生はオススメです!

1

強引なところはあるものの

可愛いお話でした。なにが可愛いって、受けとその弟の方言!!だっちゃ!ですよだっちゃ!萌えないわけないですよね。

最初はお金の為に身体の関係から入るわけですが、ピュアな翔太は次第に本気で惹かれていきます。翔太は健気でとても可愛いのに、坂上の性格があまり好みではなかったのが残念です。翔太が佐渡に帰ってしまったのを知ったあとの坂上の心情をもっと詳しく書いてほしかったです。
容姿端麗で仕事もできるバイセクシャルなら、経験は豊富だろうになぜ翔太でなければいけなかったのかとかも。

余談ですが、カバーを外したらヤマヲミさんのあとがきがあるので、ぜひそちらも!

1

サド違いだっちゃ

いやはや、そう来たかー。
てっきりSな攻めを予想して読み始めたら、いきなり台詞が「え、ラム◯ゃん!?」状態。
あれって方言だったんですねぇ。
ずっとうる星や◯らの作者の造語だと思ってました…。

両親に先立たれて幼い弟を養うために奮闘するお兄ちゃんという基本設定自体にもの珍しさはないけれど、これはもう出身地設定勝ちですね。
登場シーンでは、や◯ざかな?な雰囲気だった坂上さんもじわじわスパダリっぷりを発揮して素敵でした。
自分がしっかりしなきゃ!と肩肘張っていた翔太にとっては、坂上さんのような包容力ある年上の存在が親、恋人、頼れるお兄さんとまあ、多面的に包み込んでくれる状況。
坂上さんにとっては、メディアに取りざたされる坂上さんを特別扱いすることなく、どんなにつらい状況でも笑顔で健気に頑張る若者がこころのささくれを取り払ってくれる状況。
これはお互いに惹かれ合わずにはいられないだろうなあ。
ふたりともが相手に自分の求める温かさを見つけていくのが微笑ましいです。

翔太の性格的にそういう展開になるだろうという展開も経て、堂々のハピエン。
最高。

そして何しろ風太がかわいいです。
子どもが出てくる作品は概して子どもにきゅんきゅんしますが、確実にベスト5に入れる可愛さ。

まあ、最後まで読んで、最終的には黒真珠にすべて持っていかれましたが…。
あとがき…w

1

スパダリ+子育て=可愛いは正義

風太が可愛くて可愛くて!

テッちゃんのスパダリぶりも翔太の頑張るお兄ちゃんぶりも、風太の可愛さもコミカルさも、素敵なんですが。

もちっとこう、デッサンどーにかならんもんかと…汗

バストアップ以上の寄り絵は、綺麗だと思うのですが、全身が入る立ち絵、特にテッちゃんと翔太が並ぶと遠近や身長差がおかしい…Hシーンみたく誤魔化しがきかない裸体の絡みになると、もう足と体と頭の位置が…2人が対面座位で座ってるシーン、翔太が10cmくらい縮んでないか…?

話の内容は凄く好きなのに、Hシーンの度に色々気になって集中できなくなってしまいました…

0

サドはサドでも…?

てっきりS(サド)男のお話なのかと思っていたら「佐渡」でした!笑

両親を失い、幼い弟の風太を育てるため大学も中退し、住み込みで
働きギリギリの生活を送っていた佐渡(サド)出身の、本間翔太。
油断するとうっかり佐渡弁「だっちゃ」が出ちゃう薄幸の男の子です。

ひょんなことから知り合った有名建築家の坂上と一ヶ月間、同居することに。
しかも、「セックス1回につき5万円」という取引をしてしまい…

はじめこそ俺様で、翔太の方言をからかう意地悪な坂上でしたが、
一緒に暮らすうちに風太の世話を手伝ってくれたり、翔太を優しく
見守るようになり、次第に翔太の心の拠り所となってゆきます。

坂上もまた二人と過ごすうちに六畳一間のぬくもりと幸せを知ります。
そして、風太には自分しかいないといとしげに弟を抱きしめ、
誰にも頼ることなく一人で頑張り続ける翔太を放っておけず、
そんな兄弟への庇護欲はやがて愛情に代わり始めます。

愛人契約も元は生活を少しでも楽にしてあげたいという思いからでした。
(もちろん下心もあるのだろうけれど…笑)

けれど、そんな坂上の思いを知らない翔太は恋心を自覚してしまうと
お金のために体を繋げ続けることに虚しさを抱くようになってしまいます。
どうみても翔太にベタ惚れな坂上なのに、翔太だけがそのことに気付かず、
じれったく切ない道のりでした…。

幼稚園に風太を迎えに行く坂上は子煩悩なお父さんで、
家で夕飯の用意をして二人を出迎える翔太は若くて可愛いお嫁さん。
風太を寝かしつけた後にはこっそりと行われる夫婦の営み。

そうやって少しずつ本当の家族になっていく三人が幸せすぎて
この時間が永遠に続けばいいのに…と願わずにいられませんでした。

けれど、坂上から想いを告げられた翔太は風太と一緒に姿を消してしまいます。
思いきり甘えてしまえばいいのに…それが出来ないところがまた健気ちゃん。

佐渡まで二人を迎えに行き
「逃げてもどこまででも追いかけてやるからな」の言葉に
坂上の深い愛情と生涯二人を守って生きてゆくという
男の覚悟が滲み出ていて格好良かったです。

そして、その後にはそれまでの抑え込んできた感情が
一気に溢れ出すような極上の濡れ場が待ち構えておりました。

坂上の激しさと連続して押し寄せる快感に乱れ、朦朧としながら
「かんにんしてぇっちゃ」と翔太の佐渡弁での喘ぎが色っぽすぎて
ヤバいことになっています。何この方言の暴力!笑

風太と坂上の関係性もとても好きでした。
翔太を奪われると坂上をライバル視していた風太が少しずつ坂上を
家族の一員として受け容れてゆき「とーちゃ」と甘える姿にキュン♡
血のつながりがなくても、風太の頭を優しく撫でる仕草も
軽々と抱き上げる姿も子を思う父親そのものでした。

0

佐渡でした(^^;;

なんだかんだで毎回買っちゃうヤマヲミ先生。
どエスのサドかと思いきや佐渡のサド。
はい、まんまと騙されたクチです(笑)

攻めは俺様スパダリな坂上、受けは健気で頑張り屋な翔太。
所謂シンデレラストーリーのようなお話なんですが、いつの間にそんな惹かれるようなったんだろう?
同居も唐突すぎる気がするし、Hの件といい翔太流されすぎやしないか?
そりゃね…子供を育てるって事はお金がかかりますよ…。
少なからず坂上に対して気持ちがあった上に1回で5万だもんね〜とは思うんだけど。
身体から始まり両思いになり、でも坂上のために身をひこうとする切ない展開になるのですが、イマイチ共感し辛かったです。

そんな中の癒しは翔太の弟の風太!
兄ちゃん大好きで微笑ましいです(´∀`*)

書き下ろしでは、翔太が小学生になっても相変わらず兄ちゃんっ子で可愛い〜。
金と権力を手に入れるよう、頑張れ風太(笑)

ヤマヲミ先生といえばあとがき。
今回も笑いました!!
黒真珠…(^ω^;)

2

サドの言葉がかわいい“だっちゃ”(*´꒳`*)♡

サドはサドでも佐渡の佐渡。
佐渡弁&風太くん(3歳)にしこたま萌える1冊でした!

両親を亡くして3歳児の弟を育てながら生きていかなくてはいけなくなった翔太(佐渡出身)が、若手イケメン建築家の坂本(いけすかない東京男)をひょんなことから自宅に匿うことになって───というところから始まるお話。
【ハイスペックスパダリ攻め×健気受け】のテッパンカップリングです。
お金に困っている翔太に坂本が匿ってもらっているお礼としてエッチ1回5万円の援助を持ちかけて先に身体の関係が出来ちゃって、そんな始まりだから両思いなのに2人してあーだこーだのもだもだ系。
好きなヤマヲミさんの作品に比べるとストーリーは正直うーんな感じだったけど、今回は風太くんがいるのでラブ以外でたくさんきゅんきゅん出来たかなと!
お兄ちゃん大好きで、一生懸命お兄ちゃんを守ってるの( ´艸`) 坂本さんめっちゃ攻撃されてますw
佐渡に戻って兄弟2人でご飯食べてるシーンの大ゴマがキュン過ぎるんだけど、これヤマヲミさんもぶっちゃけ一番力込めて描いてない?坂本と翔太の決めゴマよりも気合いを感じるよ?
あと何より、翔太&風太の佐渡弁がかわいかった〜!
「〜だっちゃ」っていったらラムちゃん(うる星やつら)が真っ先に浮かんじゃうけど、実際に方言であるんですね!(ヤマヲミさんのご両親が佐渡出身なんだそうな)

あ、作品によって修正がまちまちな花音電子版ですが、これ結構マシでした!
うっすら白塗りされているだけです。ストレスなく読めました^^

そして。
もはや本編よりあとがきの方がインパクトキョーレツなヤマヲミさん。笑
今回一番笑わせていただきました。
2ページに小さい字でみっちり延々自分の尻の話!
漫画家さんのお尻事情ってまじで笑い事じゃないんだろうな。お大事にしてくださいませ。

【電子】ひかりTVブック版:修正白塗り、カバー下○、裏表紙○、電子限定特典(1p)付き

1

好きだっちゃ

兄の子育てとスパダリとの家族になろう的なお話ですね。

ヤマヲミさんが書くとこうなるのかあ。
エロエロ成分たっぷりでした。

両親の死、お金が無く幼い弟を育てる為に大学を中退し働く翔太。そこへ有名建築家の鉄明が現れて。

うーん、あるあるな設定鉄板ですね。
でも援助の気持ちからとエッチ一回五万円の設定が、お互いに恋をしていく上で厄介なことに。

鉄明が一緒に暮らそう迎えに行くよと言ってくれたのに、翔太は甘えちゃいけない!自分の力で弟を育てて立派にならなきゃと故郷の佐渡へ逃げます。

追いかけるのもお約束?

無事に同居して鉄明の援助を受けて学校へ通う翔太。資格取得を目指してるようですね。

弟風太が小学校一年生になっても二人はラブラブ。
風太が兄を取られてスパダリへの道を歩む。

王道ですが王道ならではの安心感があります。サドにかけてるのも面白いですね。

元下町のナイチンゲール翔太に幸あれ!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う