身長差、体格差、身分差大 子供当主×おじさん家政夫

ようこそ有澤家へ

youkoso arisawake e

ようこそ有澤家へ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
84
評価数
20
平均
4.3 / 5
神率
45%
著者
かつらぎ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784829686140

あらすじ

「あなたの仕事は、僕の機嫌をとることです」会社員の征二郎は、どこにでもいる普通の40歳。
ところが部下の失敗の責任をとり、会社を退職。
次の仕事を探して面接を受けるも――…
現れたのは、12歳の少年当主!?
手足を縛られて監禁され、強制的に名家・有澤家に勤めることに!
全く可愛げのない大志に振り回される日々、しかし子どもらしく生きられなかった彼の苦悩を知り――。
一つ屋根の下で繰り広げられる、28歳差カプのほのぼのラブストーリー。

表題作ようこそ有澤家へ

有澤大志・当主・小学生
三原征二郎・家政夫

その他の収録作品

  • 有澤家をはなれて(描き下ろし)

レビュー投稿数5

健全な、年齢差愛

年齢差・体格差・身分差大
いろんな要素が詰め込まれていて、読んでいて楽しかったです。

小学生×元リーマンの家政夫の構図ですが、関係性はいたって健全。どちらかというと小学生の育成っぽさを感じます。大人すぎる小学生が元リーマンと関わることにより、解けて子どもっぽさを垣間見せるところが萌ポイントでした!

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

お人よしすぎる受けの征二郎は、働いていた会社で起こった問題の責任を取り退職。その後、好条件すぎる求人につられて有澤家を訪れます。
そしてそこからいきなりの拘束、強制的に家政夫へ。という怒涛の展開。それもこれも有澤家当主の大志に出会ったからでした。

小学生にして当主の大志は、自分の身の回りの世話をしてくれる人を探していたよう。好条件に釣られてやってきた征二郎を強引に家政夫として雇います。強引すぎる振る舞いは、おっと~?と思いますが、そこは征二郎にずばっと指摘されて改善されていきます。

この話の軸にあるのは、大志の育てられ方からくる彼の考え方かな~と思いました。有澤家にあるべき姿として本当に小さい頃からスパルタ教育を受けてきた大志の振る舞いは、小学生とは到底思えません。

そんな彼を変えていったのが征二郎の存在でした。最初は嫌々ながらも、だんだんと絆される征二郎はまさにお人よし。
かき回していくトラブルメーカーな大志の叔父の登場もありながら、2人は心を通わせていきます。とはいっても大志は小学生なので、あくまで健全。でもお互いに恋の自覚はあるようです。

最終話は6年の歳月が経った有澤家の様子をみる事ができます。大志がたくましくイケメンに育って...
大志が成長して、ようやく2人の関係は先へと進みます。

じっくりと距離を詰め、時間をかけて恋へと進めていく過程がじれったくてたまりませんでした。大志が年相応の感情を出すようになる変化も必見です。
おじさん家政夫もとても可愛いのでぜひ、読んでみてください。

3

大人びた少年とお人好しなアラフォーとの育成系LOVE

属性だけ見たらショタ攻めみたいなってますが、危ない話ではないのでご安心を!

12歳にして名家の当主という立場の「大志」と、彼の世話をすることになった元商社マンの「征二郎」。

大人びた子供と人のいいアラフォー、、素晴らしい組み合わせですね。
大志は子供らしい可愛げこそないのだけど(最初は捻くれたクソガキ)、征二郎と心を通わせていくなかで、徐々に素直になっていく過程にキュンとしました。それにあたふたするアラフォーも最高です。

受け攻めもばっちりすぎる。(個人的趣向ですがw)

ただ、えっちがオマケ並のページ程度で、、欲を言えばもっと余韻ににひたりたかった!!なので神ではなく萌2。

あと、表紙裏のあとがき漫画で、編集様から「この二人がえっちしてるところ想像できないですね〜♡」と言われたエピが書いてあったのですが、、、だから萌えるんですよと声を大にして言いたい。

2

少年とおじさん

かつらぎ先生、好きだなぁ〜
立て続けに三冊読んでみましたが、どれもとても面白かったです。
本作は、おじさんと少年の組み合わせ。
しかも、40代の元エリート会社員と12歳の小学生です。
歳の差、少なくとも28歳はありますよね。
ショタものですが、小さいうちは軽いキスだけです。

実業家の小学生・大志が家政夫として雇ったのが、失業中のお人好し征二郎です。
大志は初めから征二郎に惹かれていた感じですが、その辺どうだったんだろう?
大人っぽい大志は、恋愛に関しても大人だったのかな?
大志があまりに大人過ぎて可哀想になるほどでした。

本編は連載で読んでいたので何となく覚えていたのですが、まさか描き下ろしで二人のHが見られるとは思いませんでした。
大志がもう18歳なので、犯罪ではないです^^;
よくここまで待ったね、征二郎!
で、やっぱり受けは征二郎なのね。
二人の年齢差が大きすぎるので、征二郎の老が心配になるけど、出来る限り二人で幸せに暮らして欲しいです。

0

年の差ありますが、全然隠微じゃないです

小学生とアラフォーおじさんの年の差恋愛ものですが、その恋愛はいたって健全と言ったらいいのかな。
とりあえず、お互いの執着と好意はそれはそれとして一旦棚に上げておいて、家政夫とその雇用者、保護者と庇護されるべき未成年者としての期間を全うしてから、恋愛的には前に進みます。
お話の大半は、「有澤家」という家に縛られていた子供当主が征二郎という28歳年上の男を見初めて、征二郎がその気持ちを消化して受け入れるまでの、お子様に振り回されて困惑する征二郎や、大志の的外れな行為や、大志の困った親戚やら、小学生には重すぎる責任やらなんやらかんやらの描写なので、その辺読んでいて結構辛いものがあったりなかったり、、、、。
最終的には、大志が高校を卒業して、ようやっと二人は結ばれるわけですが、征二郎(多分)46歳、18歳の大志を受け入れきれるのか、ちょっと心配。
年上受けは好きだけど、ここまでの年の差は、というか、出会い方が突拍子もなさ過ぎて、萌としてはこの位が精いっぱいかな。

1

おじさんと少年

少年が不気味でした。。
笑顔がすごみがあって怖い。いや、だんだんと可愛くなってくるのですが、最初はおじさんの方が蔵に縛られて監禁されたり、それを見てにやりと笑う子供だとかが怖くて、第一印象があまり良くなかった。ので辛口の評価になっています。
有澤家は資産家なのに、茶の間でご飯とか、使用人を全員解雇とか、ちょっとあり得ない展開も興ざめの原因かな。

しかし中盤以降は二人が仲良くなり、家のために無理をしてがんばっている子供の素顔と、それをいたわり守ろうとするおじさんという関係性になってきて、そこからはすらすらと読むことが出来ました。

さすがに12歳なので本編では色っぽいことはないし、付き合うまでもいかないのですが、大きくなってからのHが巻末のおまけにありました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う