きみが俺のものだという証をつけたいんだ

溺愛アルファは運命の花嫁に夢中

dekiai alpha wa unmei no hanayome ni muchu

溺愛アルファは運命の花嫁に夢中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

237

レビュー数
7
得点
53
評価数
17
平均
3.3 / 5
神率
11.8%
著者
秀香穂里 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
れの子 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784576201092

あらすじ

突然プロポーズしてきたアルファの鹿川とお試しで付き合うことにした海里。半同居状態で鹿川の溺愛はエスカレートして!?


「俺の勘違いではない。きみと俺は運命の番だ」出会ったばかりのアルファである鹿川にプロポーズされた海里。昂る鼓動と衝動を抑えきれず、海里は鹿川の際限のない激しく甘い愛撫に溺れてしまう。どれだけ身体が反応しようとも、素直にプロポーズを受け入れられない海里は、「三か月間、週三日、自分の家に通うこと」という条件を出すことに。住む世界の違いを知れば気が変わるのではと思ったが、鹿川は嬉々として海里の自宅に通いつめ、さらには海里のために不慣れな家事まで楽しそうにし始めて――?

表題作溺愛アルファは運命の花嫁に夢中

鹿川吉城,35歳,大手商社取締役,α
真名海里,22歳,コーヒーショップ店員,Ω

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数7

天涯孤独なオメガのつがいは御曹司アルファ


ツンデレなオメガがアルファに溺愛されて家族を得る話

コーヒーショップでバイトをしている真名海里(受け)はある日店に来たアルファと思しき極上の男に食事に誘われ、「運命のつがいだ、結婚してほしい」と言われます。男は鹿野吉城(攻め)と言い、有名な会社の次期社長でした。
オメガはアルファと違い一度つがいになると一生そのアルファに縛られるため、捨てられることを警戒して一生恋愛などしなくていいと思っていた海里は戸惑うのですが、鹿野の押しに負けて結局3か月のお試し期間を設けることにするのです。


週3回海里の自宅アパートにきて、質素な生活を送る海里とやっていけるのか確認してみろという海里の提案(挑発)に乗った鹿野は、普段ならお手伝いさんにしてもらうような部屋の掃除や風呂掃除に料理に洗い物などをスマホでちまちま調べてこなしていきます。それを間近にみて、海里は少しづつ絆されていくのでした。

親に捨てられ施設で育った海里は愛情に飢えていて愛し方がわかりません。オメガであることもあって安易な愛情に振り回されないよう自分を律しているようです。ただ、鹿野に対しては自分で慎重だと言っているのが本当なのか疑いたくなるくらい無防備です。
どこが慎重やねんと何度突っ込みを入れたことか。

一度目のセックスは発作のようなヒートだったため仕方ないかと思うのですが、二回目以降は明らかに海里から誘っていますし。
特に一度目は不本意だったはずで、それなのに避妊よりも行為を優先していたし、妊娠したらどうすんの!と思いながら読んでました。
案の定だし・・・

作中他のアルファに声を掛けられるシーンでもあれば鹿野に対してだけ態度が違うと表現できただろうと思うのですが、そういったシーンもなく自己申告による慎重とはなんぞやという感じでその辺りはちょっと表現不足だと感じました。


育った環境が違い過ぎてうまくいかないんじゃないかと警戒するツンデレな海里が鹿野をちゃんと受け入れるまでという感じなので、ほとんど障害といったものはありません。
唯一年の離れた超ブラコン弟・真琴が攻撃的ですが、甘やかされたぼんぼんで性格自体は悪くないので嫌味やわがままをいうくらいでそこまででもないです。
どちらかというとエロ重視なさらっと読める話だったように思います。


気になることといえば、運命のつがいとは何をもって判断するのかよくわからなかったことや、鹿野が海里が妊娠してるのではと思った根拠は何だったのかが気になりました。結局どちらも説明なかったし。
細かいことを気にしてしまう読み方をしているので、考え考え読んでしまいましたが、さらっと読むにはドキドキハラハラすることもほとんどなく良いのではないかと思いました。

0

攻め様アルファが楽しく溺愛。

溺愛と付くからには、読んでみたい。

 受け様は、コーヒーショップで働くオメガの海里。
施設育ちで、両親の顔も無条件の愛情も知らなくて、誰かを頼ることや甘えることに不器用な頑張りやさん。

ある日、海里が働くコーヒーショップに訪れた攻め様である鹿川は、海里に運命を感じて「運命の番だ」とグイグイ押してくる。

 オメガバースの世界だから、ビビビッとくる理由は『運命の番だから』でもちろんいいのだけど、甘々になるからには、やっぱりそれだけではない何かが欲しいところだし、それからが大事でもある。

 最初こそ、いきなり運命の番だ、と押しきってきたけど、海里の気持ちは尊重してくれる鹿川。
俺様アルファではなく、むしろ分かりやすく尽くしたいかわいがりたい、というアルファ。
自分を知ってもらうため、と海里が週3回の自宅訪問を提案して、一緒過ごす時間を積み重ねていく2人。
お手伝いさんがいる家庭のお坊ちゃん育ちの鹿川だけど、慎ましい生活をしている海里に自然体で寄り添っていて。
掃除、自炊といった家事を楽しそうに率先してやっていて、とっても好印象。

自分1人で生きていくのだと頑なだった海里が、そんな鹿川の誠意や愛情に触れて、和らいでいく。

あんなに失礼極まりな鹿川の弟、真琴にも辛抱強く接していて、スゴいわ〜。

 いきなり番、という関係になるのではなく、甘やかで嬉し恥ずかしな恋人、というステップを踏みたいと願った海里。
そうだよね!
そこんとこ飛ばしちゃダメよね。
甘酸っぱくてにまにましちゃいました。

 真琴をはじめ、鹿川の家族にも受け入れられ、愛し愛される家族ができてよかったね、海里。
鹿川は、思いっきり溺愛させてもらえるようになってよかったね、と思いましたd(⌒ー⌒)!

1

タイトルに偽り無しです

もう出会ってからずっと攻めの鹿川は甘いです。誠実で奢ったところもなくて、海里に対して好き好きアピールと打ち解けようとする努力がもの凄いです。オメガバでこんなアルファいたでしょうか?

海里は今までの境遇のせいか、すぐに信じようとはしなくてツンツンしたところもありました。

でもそれが過剰では無かったし、鹿川を好きになって行く過程も自然でバランスの良い2人にとても好感が持てました。

大企業の跡取り息子のアルファと身寄りのない孤児院育ちのオメガということで、鹿川の親族の猛反対にあうかと想像しましたがそんな事もなく。両親には快く受け入れられてました。母親なんか孫の顔が見れると涙ぐんでいたくらいです。

唯一の難敵だった超ブラコン弟も根は素直で良い子でした。

波乱もなくて当て馬もいない、登場する人物が皆良い人ばかりのオメガバも珍しいのではないでしょうか?
私はその辺りがちょっと物足りなく思いましたが、痛いお話が苦手な方には丁度良い作品だと思いました。

0

運命の出会いは突然に

攻様に気に入られた受様がお試し期間を経て攻様の番になるまで。

この世界は男女の他に第二の性があり、アルファ、オメガ、ベータという
三層に分かれます。

少数ながらも容姿才能共にずば抜けて優れて政財界のトップを占め、スポー
ツ界のスターや芸術芸能の世界でも頭角を現すのは必ずアルファです。彼ら
は独自のコミュニティをつくり、結束を固める事に心血を注いでいます。

数としては一番多いのはベータで、穏やかで平凡な暮らしを営む者が多い
層になります。優秀ながらも傲慢になりやすいアルファを辛抱強く支える
秘書やマネージャーも大抵はベータです。

とりわけ数の少ないオメガは男女区別なく妊娠、出産ができる特異な体質で
3ケ月毎の発情期では蠱惑的なフェロモンを発して人々を惑わすと言われ、
慎ましやかな美貌と相まって犯罪や事件に巻き込まれやすい層でした。

受様もオメガとして生まれますが、今の時代はオメガ保護法の施行により、
オメガも何の心配もなく、普通に街を歩けます。それでもオメガであれば
特殊な身体と起こりうる様々な状況を学ぶために一定期間、専門施設で暮ら
す事を事務づけられています。

受様は生後間もなく養護印の前に捨てられていた子供で、奨学金とオメガ
保護法による支援金を受けて大学へと進み、養護施設の正規スタツフを
目指しています。但、その国家資格試験は難関で、今はコーヒーショップ
でバイトをしながら次の試験に備えています。

今のところ発情期はうまく抑えられ、バイト先は気のいいベータとオメガで
構成されていて、たまに客としてアルファが訪れても不要な接触は避ける
ようにしていましたが、5月のある日、1人のアルファによって受様の生活は
一変する事になります。

そのアルファは商談のために訪れた街でまたまた時間潰しに入ったコーヒー
ショップで、レジ打ちに入っていた受様に目を止めたオーダースーツを身に
纏う上流階級の男性でした。しかしこの人こそが今回の攻様なのです♪

攻様はアイスティーを買って店内で飲んでいましたが、店内清掃で攻様の
近くを通りかかった時に声を掛けられ、シフトや年を聞かれた挙句、大手
商社取締役の名刺を渡されて食事に誘ってきたのです。

受様は半信半疑でしたが、シフト終わりにスポーツカーで迎えに来られ、
強引ながらも明るく開放的で話しやすい攻様と1度くらいなら食事をしても
構わないかと誘いに乗るのですが、その場で「君と俺は運命の番だ」と
言われてしまうのです!!

果たして攻様は本当に受様の運命の相手なのでしょうか!?

天涯孤独の受様が攻様に一目惚れして家族にになるまでの身分差&年の差、
シンデレラ風味のオメガバースになります♪

受様に「こんなに惹かれた人はいない。番になって欲しい」と懇願する
攻様は温和そうに見えてもアルファの性をまざまざと感じさせます。受様
がどうすればいいのかと逡巡していると指先を絡めるように手を握られて
強烈なアルファの熱情で一気に発情してしまい、結果的に攻様に抱かれる
事となるのですよ (>_<)

攻様は受様を花嫁として迎える気満々ですが、受様は身体の相性は抜群で
も何もかもが違い過ぎる攻様の元に嫁いでも上手くいくようには思えま
せん。そこで受様は攻様が3ケ月のお試しを提案します。そして週3回、
受様の住む下町の1DKアパートに攻様が通ってくることになります。

掃除も買い物も食事つくりもした事の無いブルジョワジーな攻様ですが、
受様の料理のお礼にと大きな身体でちまちまと食器を洗ったり、スマホで
検索して風呂掃除や料理に挑戦したりと、自分から何でも率先してチャレ
ンジする、受様自身とその暮らしに馴染もうとする姿が微笑ましいです♡

そしてそんな攻様に受様もまた少しづつ心を開いて行って、2人が家族と
なるまで、受様の内心の格闘はあるものの、受様が徐々に攻様に馴染んで
いって惹かれていく過程も丁寧に描かれていてオメガバース初心者さんに
も読みやすい穏やかなで優しい恋物語でした。

ただ、途中攻様大好きなブラコン弟が登場して反対勢力の登場か!?と思い
きや徐々にほだされ、気難しいと言っていた攻様母が障害になるのか!?と
思いいきや攻様が結婚する気になっただけでOKと、特に波乱もなく終わっ
たのがちょっと物足りかなったです。

受様が嫌な目に遭って欲しいとかではないのですが、「運命の番」なら
なんでも乗り越えられる的な順風満帆っていうパターンよりもハラハラ
な展開を乗り越えて2人が結ばれる展開が好みなので。

1

多幸感あふれる

いつも思うのですが、秀香穂里先生の書かれるオメガバースものって、読中・読後に感じる幸福度が高い作品が多くないですか?
今回の作品も幸福度と糖度の高い作品となっております。
この2人の雰囲気、すっごく好きでした!
酷いことは起こらないので終始安心して読めてしまう上に、序盤からじわじわ〜っと甘くてむずむずするようなやり取りが続くんです。

先生のあとがきに、海里はツンデレ受けだと書かれていたのですが、私はあまりツンデレっぽさは感じなかったのです。
どちらかというと、愛や好意に対して臆病で慎重な子なんだろうなという印象が強かったかも。
だって、初対面で、ましてや自分とは何もかもが違う恵まれた環境で生まれ育ったアルファからいきなり「食事に行かないか」「運命だ」なんて詰め寄られたら誰だって警戒をしますし、なんだこの人…?となりますよね。

想像してみてください。
庶民とは掛け離れた、お世話をしてくれるお手伝いさんが居るような家で生まれ育った顔面偏差値の高いエリート好青年から突然、運命だ!と求婚をされるんです。
自分の現状と衣食住、育った環境を思い浮かべると…どうですか?
私だったら差がすごすぎてうなずけないですし、きっとこれは夢なんだなと思います。
なので、お話が海里視点で進むのもあってか、最初は鹿川が胡散臭くて仕方がなかったです!
絶対に何かあるでしょ…?なんて思ってしまっていました。
でもですね、それは勘違いで。
今回の攻めである鹿川が物凄く良い攻めなんですよ。
もう、全攻めに見習ってほしいレベルの愛情深い尽くし攻め。
お互いの事をまだ何も知らないでしょうと、海里が3ヶ月間のお試しパートナー期間を提案するのですが、これがこのお話の甘くてとても良い雰囲気に繋がっていくんです。

片や高級車に乗る富裕層、片や東京の下町にある築20年1DKのアパート住まい。
週に3日鹿川に通ってもらい、アパートで過ごすありのままの自分と生活振りを見てから改めて判断して欲しいと言う。
早い話が、現実を見て引き返すだろうと思っての提案なのですよね。
しかしながらこちらの鹿川という青年、かなりのポジティブかつスパダリ気質を発揮していくんです。
まず、この提案を自分にチャンスをくれるんだなと非常に前向きに受け取ってしまう。
彼はお手伝いさんが世話をしてくれているような環境で育っているので、部屋に招かれてただ座って待っているだけだったとしても決しておかしくはない気がします。
けれど、自ら率先して手伝おうか?と言ったり、美味しいご飯を作ってくれたお礼にと後片付けをしたりと、ただの待ち姿勢のお坊ちゃんじゃないんですよ!
手伝う内にどんどん家事が楽しくなって来てしまい、海里と一緒に台所に立つのが嬉しくて仕方がなくなっていく様子が可愛かったり、何よりも前向きに楽しんでやっているのが伝わってくるんです。
海里も初めはお試しだったはずが、彼と一緒に過ごす時間がだんだん心地良くなっていって、2人共が「こういうの良いな」と感じているこの空気がたまらなく良かった。
海里がまだ知らなかった、日常の何気ない幸せが溢れている。
海里を喜ばせたい攻めがとんでもなく可愛いな。

1番好きだったのが、施設育ちだと語る海里に対して、同情するでもなく「話してくれて嬉しい。きみについてまたひとつ知る事が出来た」と言うシーン。
海里に対して愛情の限りに尽くして溺愛する姿ももちろん良かったのですけれど、このシーンが出て来た序盤でもう、この攻め好きだなあ…なんて思いました。
彼と過ごすアパートでの日常の中で、愛を知らない海里が鹿川からの大きな愛に包まれて恋に落ちていく一瞬一瞬がとっても良いんですよ…
受けに対しておはようからおやすみまでを自で行く、誠実な溺愛尽くし攻め。
そして、愛される事によって自身も相手を愛したいと素直になっていく愛に臆病だった受け。
なんだか、最終的には攻めも受けもどっちも愛おしくなって来てしまいます。
妊娠発覚で嬉しすぎてボロ泣きする攻めが好きでした。
読んでいて思わずきゅんとしてしまうような、嫌な気持ちに全くならない、すごく穏やかで優しいお話だなあ。

それからですね、ベッドシーンでの海里が本当に気持ち良さそうなんですよね。
ヒート時で理性的ではないとはいえ無理矢理さは全くなく、きちんと同意の上で大事に大事に抱かれているのがわかるというか、鹿川が海里を大切に愛してあげたいと思っているのが伝わるというか。
うーん、秀先生の書かれるベッドシーンが好きだ。

思春期トゲトゲの鹿川の弟が登場したりもしますが波乱は特になく、彼も結構可愛いやつなので安心して読めるかと思います。
弟くんのスピンオフも読んでみたい気がします。
最初から最後まで幸せでいっぱいの、とっても素敵な悶える甘さのオメガバース作品でした。
糖分をお求めの方にぜひ読んでいただきたいな。

0

タイトル通りの内容です!

このオメガバース、とっても好きでした。
オメガバースといえば、Ωが蔑まれ性の捌け口にされて……みたいな作品が多いと思うんです。
そんな中で、ここまでΩの主人公を取り巻くα達が優しい作品て無いと思う。
作中登場するΩの保護法だって、Ωを巡る悲惨な事件に胸を痛めたαとβによって制定されたものなんです。
初っ端からここに胸打たれちゃって、あーこのお話好きだわ…って思いました。


バイト先で偶然出会った鹿川(α)に求婚される海里(Ω)。
運命の番である二人は、初めて会った日に起こした発作的なヒートにより身体を繋げます。
しかし、鹿川を簡単に受け入れられない海里は、3ヶ月のお試し期間を提案し……というお話。

とにかく、鹿川がまごうことなきスパダリです。
優しくて、海里への愛が海より深い!
慎ましく暮らす海里のアパートに週3回通い、掃除や炊事を楽しくこなす。その全ては、海里に喜んで欲しいから。
αなのに驕ったところがなく、心底優しい鹿川がとても魅力的!
海里と散歩したくて、スウェットに革靴で出かけて行く所も可愛くて好きでした♡

海里はちょっと気が強くて、親の愛を知らない青年です。
家族、愛、信頼、命…… 今まで知らなかった全てを鹿川によって与えられていきます。
ツンデレだった海里が改めて鹿川に恋をし、本能ではなく理性で相手を求めようとする姿がいいんです。
鹿川への気持ちの変化が丁寧に描かれているところも良かった。

妊娠を告げた海里に、鹿川が泣きながら喜びを爆発させるところ……ここはホロっときた。
授かり婚を祝福する鹿川の両親も、ブラコンの弟・真琴も皆優しくて、読んでいて嬉しくなるほど。

とても穏やかな気持ちで読むことのできるオメガバースです。
萌えだけではない温かい余韻を残す作品で、私は大好きでした。

3

優しくて幸せな、恋の話

こちら、甘くて優しくてしっとり読ませる、オメガバース作品になります。

誰とも番にはならないと、心に固く決めているオメガの海里。
バイト先のカフェに、整った容貌の紳士的な男・鹿川が客として訪れます。
なんと、出会って早々に、海里に運命的なものを感じたと言う鹿川から「自分の番になって欲しい」とプロポーズされるんですね。
しかし、鹿川に対して抗えない魅力を感じつつも、素直に受け入れらない海里は、「三ヶ月間、週三日、自分の家に通う事」と言う条件を出してー・・・と言うものです。

で、質素な自分の生活を知れば、鹿川の方から離れてゆくと思っていた海里。
しかし、鹿川は離れるどころか嬉々として家事を行い、海里に尽くしてきて・・・と言う流れ。

実はこちら、最初のうちなんですけど、受けに強い苛立ちを覚えたんですよね。
タイプとしてはツンデレになると思うんですけど、何だろう。
鹿川に言うセリフなんかが、いちいちすごく嫌味っぽいし、必要以上に冷たくない?みたいな。
えーと、彼は親に捨てられて養護施設で育ったのですが、自分の生い立ちを説明する時も「恵まれたあなたには分からない事情でしょうが」みたいな。
ええ・・・?
嫌味っぽい上に、なんか卑屈じゃないのよと。

まぁそんなワケで、最初こそ萌えは全然無かったんですよ。
ハッキリ言って、購入して失敗したと思ったんですよ。
が、ここからイライラしながら読み進めるうち、180度評価がひっくり返りまして。
あれ?
すごく優しくて素敵な話じゃない?みたいな。

えーと、鹿川なんですけど、とにかく優しくて誠実で愛が深い攻めなんですよ。
やたらツンケンして可愛げの無い態度の海里をですね、まるごと受け止めてひたすら甘やかす。
また、私は当初、海里の嫌味っぽいセリフばかりに気をとられてたんですけど、行動としてはちゃんと思いやりがあるんですよね。
こう、口では可愛げの無い事を言いつつも、手料理で鹿川をもてなし玄関まで見送りに行きと言った具合で。
あっ、これまさにツンデレじゃん!みたいな。

これね、そんな分かりにくい受けが、攻めからひたすら愛を与えられる事で、頑なな心を解き放ってゆくと言う所に、最大の萌えがあると思うのです。
そもそも、海里がこれほど鹿川を自分の中から閉め出そうとする理由ー。
彼の生い立ちに原因があるんですよね。

親から捨てられた彼は、心の底で無償の愛と言うものを求めている。
と同時に、愛した人に捨てられる事に怯えている。
そう、すごく臆病な受けなんですよ。

や、元々、恋に臆病な美人受けは大好きなんですけど、今作ではですね、そんな彼が、まっすぐ自分の気持ちと向き合う様が丁寧に綴られてまして。
これがすごく素敵で、とても感動しちゃうんですよ。


う~ん・・・。
巷でよく、自分から心を開かないと、相手に受け入れられないとか言ったりしますよね。
このお話を読んでると、それって逆なんじゃないかなぁと感じるのです。
相手からまるごと受け入れられて、無償の愛を与えられる事によって、初めて自分の中からも愛が生まれる。
そして、愛を返す事が出来る。
特に、無償の愛と言うものを与えて貰えなかった、彼のような存在は。

そう、一人で生きてきた受けが、攻めから深い愛情を与えられる事により、自分の頑なな心を解き放ってゆく。
初めての恋をして、愛し、愛される喜びを知る。
なんか、すごく感激しちゃって。
ああ、めちゃくちゃいいお話だー!と。
ちなみに、前半がツン9割なら、後半はデレ9割だから!
めちゃくちゃ健気で可愛いから!!

ところで、一つ引っ掛かる部分。
鹿川ですが、海里が運命の番だから好きになったんですよね

これ、一目惚れとはどう違うんだとか、運命的に惹かれるって別に悪い事では無いとか、色々思いはするのです。
でも、なんか納得いかない。
じゃあ、海里が運命の番じゃなかったら、愛さなかったの?と。
えーと、一応ですね、海里のこんな所が好きだとか、例え運命の番じゃなくても好きになったとか言ってはいるんですけど、でも、出会ってすぐに「番になってくれ」とか言ってるじゃん?と。

まぁそんなワケで評価に悩むんですけど、二人の愛に感動したのは確かなので「萌2」で。
このへんで引っ掛かる方は、ご注意下さい。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う