俺達はBLにはならない

oretachi wa BL niwa naranai

俺達はBLにはならない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
68
評価数
18
平均
3.8 / 5
神率
27.8%
著者
上田にく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796413923

あらすじ

「今夜はもう俺に近寄るなケダモノ! ! 」
無名の新人俳優×ストイックな人気俳優

撮影のためだから、キスさせて。
人気若手俳優の小湊は、WEB番組のドッキリ企画で、
不本意にも俳優養成所に通う新谷とのキスシーンを撮られてしまう。
激怒する小湊だったが、予想外にネット上では2人の関係に大フィーバー!
そこで話題性のため利用しようと割り切った小湊は、
新谷にBL営業の練習をしようと持ちかける。

表題作俺達はBLにはならない

新谷瑞生,22歳,新人俳優
小湊周,24歳,人気俳優

その他の収録作品

  • 後日談(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数7

こんな芸能界ものならもっと読みたい!

タイトルから面白そうな予感がひしひしとして来たので読んでみました。

芸能界ものだし、私は"ファンの声"とかで、主人公たちの関係がどんどんしんどくつらくなっていく系はあまり見たくないタイプなので、読む前は大丈夫か不安でしたが、その心配は全然いりませんでした。
意外とかなり日常的で、コミカルにテンポよく明るい系でした!
しかも、漫画なのでもちろんファンタジーですが、ファンタジーすぎて引くような展開や言動がなかったのもこの作品のよかった所です!

登場人物としては、特に受けが好きでした。
攻めは、ツンツン来られてもめげない系で、少し強引なのにたまに見せる素直に照れる顔が、歳相応って感じでいいなって思いました。
受けは、普段優等生キャラだったのが、攻めに対してだけ特にツンツンしてくるところに愛を感じました。そんなツンツンしてる彼が照れた時のいろんな赤面顔は最高に可愛いく破壊力がすごいです!

だんだんと、お仕事としてのBL絡みだけじゃなくなっていく2人の様子には、ずっとニマニマできました。

こんな芸能界ものだったら、もっと読みたいなと思える作品でした。

1

もう少しゆっくりが良かった

途中まですっごく良かったのに、最後駆け足〜
もっとゆっくり気持ちが通じ合っていくところが見たかった。
そこは残念でしたが、トータルで面白かったです。


人気若手俳優・小湊周は、WEB番組でドッキリを仕掛けられてしまいます。
仕掛けたのは、俳優の卵・新谷。
二人がキスする姿を放送されてしまいショックを受ける周でしたが、ネット上は思いの外盛り上がりーー…!

どうせならお互いに利用しよう!ということで、BLっぽい絡みをみせるようになる二人。
純情ボーイの周は、仕事に対してはストイック。
新谷との関係は、あくまでビジネスと割り切っています。
しかし、新谷は〝BLスイッチ〟として称してキスしてくるように……と、いう展開。

売名行為だったはずの周との関係から、真面目さや可愛さを知るにつれ惹かれていく新谷。
マイペースで真面目な周が可愛くて、恋に疎いところも憎めないです。
進展しそうで進展しない感じが焦ったく、新谷を意識していない周と、意識しまくりの新谷とのすれ違いが切なくてキュンとしました。

このままゆっくり進んでいくと思われた関係は、お互いへの焼きもちで急に進展します。
やっと気持ちが通じ合ったと思ったら、玄関開けて2秒でHとは…
すごくエロいし表情も良かったんだけど、ちょっと性急過ぎたかな。

途中まで萌え萌えだったのに、Hまでが急過ぎ。
もっと気持ちの変化を丁寧に描いて欲しかった。
うぶな周に爛れた生活をさせないで欲しかった;

上田先生の後書きにもありましたが、周のマネージャー・吉川の出番が少なくなっていくのが悲しかったです。
土下座しながらのネットパトロール、私も好きでした(笑)

2

BLにならないわけがない?!

作家買いしている上田にく先生の作品です。

俳優の卵 新谷 瑞生と若手人気俳優 小湊 周のお話。

移り変わりが激しい芸能界…一時的な人気で終わらせたくないし、スキャンダルも気を付けているし、自分や周りの炎上なんてもっての外だ。
そんな若手人気俳優の小湊くんは、新人マネージャー吉川さんのミスでWEB番組(下品系)に出演することになりました。
「色んな職業の同世代を集めて飲み会 ぶっちゃけトーク!(仮)」
その名の通り、いろいろな職業の男子が飲みながら話す企画です。
WEB番組の撮影が始まり小湊くんはなんとか無難にこなしていましたが、トイレ休憩で同じ出演者の新谷くんに個室でキスされて?!

小湊くんは新谷くんにキスされたのはWEB番組のドッキリ企画だったことが判明しますが、予想以上にSNSで盛り上がります。
この話題性に便乗してお互いを利用することにした新谷くんと小湊くん。
2ショットをSNSにアップしたり、女性雑誌の取材を受けたり…と、頑張ります。
そして、仕事を通じてお互いを意識するのですが、上田にく先生が距離感を丁寧に描かれているので読みながら作品に惹き込まれました。
両片想い中のジレジレモダモダのバランスも良かったと思います。
残念だったのは、最後の展開で急いでしまったように感じました(汗)
あと、売れ出した新谷くんと映画の主演に抜擢された小湊くんの活躍を見たかった (๑•̥̥̥́ω•̀๑)

このお話には当て馬は登場しませんが、脇キャラでマネージャーの吉川さんがいい味を出しています。
登場回数が少なくて残念。
本編の「土下座してネットパトロール」も素晴らしいですが、アニメイト特典ペーパーでは「夜な夜なネサフしてBLを勉強」しております(笑)

Hシーンは、本編で1回のみです。
2人とも可愛いんだけど全裸にして欲しかったな~。
そして、小湊くんの初セックスをもっと堪能したかったです(泣)

描き下ろし『後日談』
お付き合いをスタートさせた2人のその後。
「ビジネスカップル」は、いつまで通用するのか?

上田にく先生は絵が可愛くて、コマ割りもスッキリしているので読みやすかったです。
それに、新谷くんも小湊くんもそれぞれキャラが魅力的でした。
芸能モノにWEB番組のドッキリ企画やSNSなどを取り入れているためリアリティさも感じられて楽しく読めました。
最初はハラハラし、途中はドキドキし、最後はほっこり幸せな気持ちなれる作品です。
始まったばかりの2人をこの先も見守りたい。
ぜひ続編をお願します!
その時は、マネージャーの吉川さんの登場回数を増やしてあげてください(笑)
芸能界モノがお好きな方はもちろん、BL初心者の方にもおすすめです。

1

上田にく先生クオリティ。

上田にく先生の作家買いです。

先生の描くどこか、すっとぼけた感じが好きです。読むと、ほっとするんですよね。
暗さがなくて、優しい。
こちら、芸能界のお話でした。
今時は、テレビだけじゃないし活躍する媒体はたくさん有りますよね。

何が自分を輝かせるのか?
この選択は難しい。取り巻く周囲の人たちにもよりますし。芸能界って現実的に大変なんだろうなぁと思います。
そんな気持ちを軸に展開されるんですが、個人的にはドッキリものって余り好きじゃない。

とはいえ、こちらの作品では企画されたドッキリも2人の恋が進展する良いスパイスになっていました。

小湊が、当初の気持ちとは裏腹に新谷を好きになっていく過程は可愛いかったです。

割りとあっさりとはしていますが、えっちも有ります。でも、その前段階の新谷ががっついて小湊にするキスが何ともエロく感じました。

どろどろした事は有りません。
上田にく先生の描くほんわりラブコメ、楽しみました。


1

振り回されて。振り回して。

売り出し中の人気俳優の小湊くんは、マネージャーの軽い判断で、何でもアリなweb番組に出る羽目になる。自分のイメージやマネジメントに真面目に取り組み、好感度&好青年を目指していた小湊くんは大慌て。
そんな真面目さが売りの小湊くんに仕掛けられる甘い罠。小湊くんの人気にぶら下がろうと新進の新谷は、小湊くんの不意をついてキスをかます。「終わった…。」と、小湊くんが諦めた頃、ネット上では大バズり。小湊くんは一躍時の人となる。腹黒の新谷に腹を立てたものの、コレってアリなの⁈ と、思った小湊くんは俺もコレを利用してやれと思うようになる。小湊くんの反撃開始!なのである。そもそも腹黒い魂胆で近付いた、自分の事しか考えて無い新谷は胸クソなんだけど、小湊くんの可愛さとその生真面目さにタジタジからのメロメロになって行くんですよねぇ。ははっ。攻めザマァです。
「これはビジネス」と割り切った小湊くんは強い。あんなに拒否ってたのに、自ら「BLアピール」「仲良しアピール」した方が良いよね、とばかりに近い!可愛い顔が近い‼︎ ボディタッチも何のその。果敢に真面目に取り組んでくる。『そうだよな、演じてるんだよな。』と思うと、途端に切ながる新谷。仕掛けた筈が仕掛けられて。振り回してたのに、振り回されて。ぐるんぐるんの展開です。ふふっ。作者も、最初は「振り回される受け」を描き始めた筈が、「振り回されるのは攻め」になっていて、「その方が好きだから。」と書いているのも何とも微笑ましい。私も攻めザマァな方が好物なので、展開自体は嬉しかったな。だけど、だけど、小湊くんを最初振り回していた新谷がやっぱり小憎たらしいので。そこはそれ。もっと新谷が悩む展開にして欲しかったです。
最後まで新谷はブレイク直前っていうのも残念。小湊くんの彼氏になりたいなら、実力伴う俳優になって欲しいよね。

2

タイトルがフラグ

タイトルからして、BLになるしかないだろう!という感じでした。

お話の内容とか話展開は、結構今どきな感じがします。
個人的には、淡々と進み、あっさりと読めてしまいました。

小湊の素と芸能人としての顔の差はツボでした。
劇的な差があるわけではないですが、なんか良いですこういうの。

対する新谷はずっと変わらず新谷なので、小湊とのギャップも楽しめます。

あんまり劇的な展開がなかったもので、印象に残っていることが少ないのが正直なところなんですが...
マネージャーの吉川さんが良いキャラだったので、終盤で出番が少なかったのは残念でした。

1

んぐう…

いやいや、こんなんもうならないわけないやろ〜!っていうね。

人気上昇中の若手俳優の周は一時的な人気で終わらないために、自分の立ち位置や売り出し方を分析して真面目に仕事に取り組んでいて、そんな姿には好感しかなくて、間違いなく私の中で好感度高い俳優(キャラ)ランキングの上位に食い込んできます。

周はWEB番組に出演した際に共演者で俳優の卵の新谷にキスをされてしまうというドッキリを仕掛けられてしまいます。
その番組がバズり、新谷との仕事が増え、悩みながらも新たな売り方としてBL路線を思いつき、これまた真面目に取り組もうとしてくる周に振り回される新谷。

BLスイッチを入れるためのキスをして、ふたりでの仕事をこなす度に近づく距離感…
上田にく先生の軽快で小気味良いテンポとなぜか憎めないマネージャーの吉川の働きによりサクサク進んでいく新谷と周のBLへの道。
楽しく読んでいたのですが、やっと本気のLにたどり着き、ちょっと性急でしたが身体も結ばれて、さあここから〜、という所で終わってしまったのにはしょんぼりしてしまいました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う