アルファ同士の恋はままならない コミコミ特典SS小冊子 小銭から、愛は始まる

alpha doushi no koi wa mamanaranai

アルファ同士の恋はままならない コミコミ特典SS小冊子 小銭から、愛は始まる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

28

レビュー数
3
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
アルファ同士の恋はままならない(但コミコミスタジオ購入時のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁)
祖父江がマッシモの事を恒星に相談するお話です。

表題作アルファ同士の恋はままならない コミコミ特典SS小冊子 小銭から、愛は始まる

マッシモ・ニシナ・カステリーニ,名門カステリーニ家長男
祖父江芳明,マッシモの伴侶となった青年

レビュー投稿数3

気持ちは分かるけど

あれだけの金額を返したいという祖父江の気持ちも分かりました。日本人ならそう考えるだろうと思うからです。

でもお金を返されたマッシモが怯える気持ちも分かるのです。一度去られていますから、どうしたって考えてしまうでしょう。

イタリア人のマッシモの様に愛を囁けとは言いません。せめてどうしてお金を返すと思ったか言ってあげて欲しかったと思います。

祖父江に残った小銭で買われたマッシモが、嬉しそうに小銭を磨いてると知りほっこりしてしまいました。

どうしてもマッシモ贔屓になってしまいます。小姑みたいですいません。

0

運命の相手じゃなくても

本品は『アルファ同士の恋はままならない』のコミコミ特典小冊子です。

本編後、祖父江が恒星に悩みを相談するお話です。

祖父江はマッシモの機嫌の悪い理由が判らず、アルファの探偵、弓削恒星
の事務所を訪ねます。弓削は何でも面白がるので、祖父江が誰かを刺し
殺したとしても愉快そうに話を聞いてくれそうです。

だから祖父江は正直に悩み、昨日からマッシモが機嫌が悪くて悩んでいる
と口にしました。弓削は機嫌の悪いマッシモなんてハワイに雪が降るよう
なものと言いますが、本当に心当たりがないのかと言われて、祖父江は
あることに思い当たります。

それは祖父江がマッシモが払った1千万と飛んで千六百二円を払った事で
した。あまりにも高額なので、いつの日が返してやろうと思っていて、
無駄使いせずにコツコツと貯めていたお金でした。

それを聞いた弓削はニヤリと笑って理由はこの上なく明白だろうと言い、
祖父江に分からない事の方が不思議だと言われてしまいます。祖父江は
弓削達のように運命の相手じゃないからと言いますが・・・

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)12頁のボリュームにてマッシモの
借金問題のその後が描かれています♪

弓削は伴侶であっても何も言わずに分かり合えないと言い、かけがえの
ない相手だと思っているならそのまま伝えろと言います。

祖父江は納得したわけではありませんが、弓削の伴侶である智宏が帰って
きた瞬間にいつもの皮肉げな彼とは違う心から慈しむ目をしていました。
マッシモもこんな目で自分を見る事があると思った祖父江は何やら恥ずか
しくなってそっと部屋を後にしました。

マッシモにちゃんと言おうと帰宅すると、マッシモは縁側で長い足を持て
余していました。祖父江はジャンパーのポケットの小銭を握って、マッ
シモに拳を突き出します。マッシモの手に落とされた小銭は「三十八円」、
祖父江はそれで「マッシモを買いたい」と言います。

それは今の祖父江の全財産です。祖父江はマッシモに買われている事が
最近とみにひっかかり、自由になりたいと思ってしまったと告白します。
祖父江は「マッシモといると生きているって感じがする」とこれからは
対等な関係を築いていきたいと告げ、マッシモを笑顔にさせる

・・・というちょっとした散れ違いからのラブラブでした♪

運命の相手でもそうでなくても言葉は大切ですね。マッシモがアルファ
の中のアルファであっても何でもわかる訳じゃないというのは第三者の
弓削さんだから言える事だから登場したのだと思いますが、

弓削さんカプが大好きなので、彼らの様子もチラッと読めてとっても
お得な1冊でした (^m^)

0

借金返済したら。

本編終了後のお話。

 マッシモの機嫌が悪い、と恒星に相談に来ている祖父江です。
いつもと変わった事など何もない…と思い巡らせていて、ふと思い出しました。
昨日、マッシモが自分を買い取った時のお金を返したことを。

そりゃーマッシモ、不安にもなっちゃうだろうねぇ。
でも、それがとんとわからない祖父江。

マッシモがかけがえのない相手であることを、ちゃんと言葉にして伝えるよう祖父江にアドバイスする恒星でした。

その後、智宏がやって来て、彼のためにいそいそとレモンパイと紅茶を準備する恒星は、もう智宏しか見てなくて。

この恒星&智宏の変わらず幸せそうな姿を見ることができて嬉しい〜。
この小冊子をGETできてよかった(≧▽≦)

家に帰った祖父江は、借金を払った後の、残り全財産の小銭をマッシモに渡して、マッシモを自分のものにしたいと伝える。


運命であろうとなかろうと、一緒に愛を育んでいくのなら、言葉も努力も必要で大事なんだって事ですね。

その後、祖父江からもらった小銭はマッシモの宝物になって、大事に大事にしている。
幸せそうに小銭をピッかピかに磨いているマッシモの姿が目に浮かぶようです。

1