蛇と星屑

hebi to hoshikuzu

蛇と星屑
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×29
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
81
評価数
23
平均
3.6 / 5
神率
17.4%
著者
秋生ちゃけ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
秒で分かるBL
発売日
電子発売日
価格
¥659(税抜)  
ISBN
9784799749623

あらすじ

あんたがもっと出来た人間だったら こんな風に抱いたりしなかった 人の心が読める情報屋、佐々木 光は人の弱みを金に変え暮らしていた。 そんな砂を噛むような日々に飽き飽きしていたある日、街である男とぶつかってしまう! その瞬間、相手の思考が堰を切ったように流れ込んできて…? ヤクザの下っ端、平田 幸彦はどうやら親父の女を寝取ってしまったらしい。 佐々木は退屈しのぎで平田の窮地を救う。気まぐれで始まった関係だったが、 次第に今まで感じたことのない思いが芽生えはじめ――? 描き下ろしは心透け透けエッチ

表題作蛇と星屑

佐々木光,情報屋
平田幸彦,ヤクザの下っ端

その他の収録作品

  • 癖になったらお前のせい(書き下ろし)

レビュー投稿数3

少し泥臭い感じがいい王道です

表紙の綺麗目な男性が攻め君で表紙右の細身だけどがたいのいいヤクザ君が受け君です。
「心が読める」 が題材とされた作品集の一作品ですが、心が読める上でのブラックな部分もちゃんと入ってる上でのお話なのでとても読みいってしまいました。もっとあちこち散らばってる複線のようなところも回収していただけたら神作品かと思うような素敵な作品なのではと感じてしまいました。
二人ともの良いとこがお互い引き出せていけそうなカップルで、不穏な雰囲気から可愛い二人になっていく出来すぎと思われる方もいるかもだけど素敵なハッピーエンドです。
私はもっとイチャイチャや二人が組んだらこれからどんなかなぁとか読んでみたかったです。
本編シリアスなお話なんですが最後の可愛いやりとりみてたらラブコメにもなりそう…と勝手に煩悩展開したくなりました。初のオリジナルBLとのことでびっくりしまさかたが次回も楽しみにしております。

2

主要キャラにゲイがいないBL

ヤクザ絡みネタだけど主人公は心が読める情報屋攻で、不器用な下っ端ヤクザが受。

濡場は6回。
うち1回は夢オチ。

心が読める系BLは、読んだ心の内を指摘するかしないかに別れると思っているがこれは指摘するBLだった。
心が読めることを公表して進むと、そのこと自体がストーリーから置き去りにされてしまいがちだと思うが本作はあくまでも心を読める力を活かして情報屋としての依頼を受けていく話になっていた。
心が読めることで周りの騒音に傷ついたり人の好意が信じられなくなったり、そういうありがちな流れがなく、受との恋の駆け引き?みたいなところに焦点当てて進んでいくのが無駄がなくて良かったように思う。
絵も綺麗だし孤児院に被害がなくてよかったしいい話だった。

個人的には描き下ろしのSM拘束具プレイが最高だった。これだけであと20ページくらい描いてほしい。

0

星座占いは中間だけ見る

作者さん初単行本。
秒で分かるBL 第1弾テーマ「心が読める」5作目です。
心が読めるというテーマに真っすぐ向き合った誠実な作品。
攻め受け両視点。
受けの方がガタイがよし。身長は攻めが高し。

幼いころ親に捨てられた佐々木(攻め)。
孤児院で育ちやがて自分の力を使って情報屋を始めます。
ある日街中でヤクザの下っ端である平田(受け)と出会う。
親父の女を寝取って困っているという情報が流れ込み、面白そうだという理由で助け舟を出します。
その後助けたお礼として自分の仕事を手伝わせますが、ターゲットに媚薬を盛られた平田。
楽にするためという名目で身体に触れる佐々木は、一体彼はどこまで許してくれるのだろうと試してみたくなる。
曖昧な関係のまま時は過ぎ、訪れた孤児院の危機。
そのとき平田の取った行動とは?
というのが大まかな流れです。

退屈な日々を生きていた攻めがヤクザだけど抜けているお馬鹿な受けに出会って人生変わるお話し。
表紙ではちょいSっ気のありそうな悪どい顔しているのに、本編では無表情でぐるぐる考えてます。それ以外はどこか含みのある笑顔。
それが段々と溶かされていくのが良き。
甘党で平田がタバコを吸った後のキスのときム・・・とした顔が可愛いかったです。
意味深な手袋とか気になってたんですけれど、本編では触れず。残念。
仕事柄なるべく指紋などを付けないための配慮かな。

王道展開味もあるのですが、お互いがお互いのために行動する姿は熱いものを感じました。

書き下ろし「癖になったらお前のせい」
エッチのときマンネリ気味だという平田の心を読んでしまった佐々木。
それならばと目隠し・拘束・ボールギャク。
ええっ、何で持ってるの佐々木よ。
意外な一面が見られました。

修正(紙)
白抜き

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う