囁きは甘い蜜に満ちて

囁きは甘い蜜に満ちて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
3
平均
2 / 5
神率
0%
著者
かのえなぎさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ライトグラフII 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
レーベル
アルルノベルス
発売日
ISBN
9784903012568

あらすじ

世界的に稀有な天才・メールソプラノの美声で人々を魅了する織田真郷。父親の徹底管理の下、籠の中の鳥状態な真郷を救い出してくれたのは、クールで危険な男・森脇だった。彼に惹かれていたが、熱い腕で強引に組み伏せられ、奪いつくされ、薔薇の蕾に溢れるほどの蜜を注がれてしまう。 蹂躙され征服されても、森脇への恋する気持ちが消えない真郷だったが、衝撃の事実を知ってしまい――。

表題作囁きは甘い蜜に満ちて

森脇英志,28歳,輸入雑貨の店を経営する青年実業家
織田真郷,25歳,世界的に有名な男性ソプラノ歌手

レビュー投稿数1

音楽ものではなく復讐騒動ね

2006年刊。
かのえさん作品は初読み。
電子書籍で購入するのに気になるのは挿絵の有無だが、無事挿絵も付いていてほっとした。
アルルノベルズかぁ…
当時は買う機会がなかったけれど、ラインナップを眺めていると、現在は電子書籍で読めるか一部は別レーベルの新装版で読めるものもあるよね。

主人公・真郷はメールソプラノという高い音域の声が出せるオペラ歌手だが、物語のメインは音楽ものではなく攻め・森脇の復讐に巻き込まれるといったものだ。
事情を隠して静養の為に日本へ戻ってきた真郷、父親は一人息子を溺愛しているが冷え冷えの親子関係、実は間郷に気があるんだよねってのが丸分かりなマネージャー・小野寺。
そんな彼らに絡んでくるのが真郷の父親・和仁に恨みをもっている森脇。
真郷が何かしら困っている度に上手い具合に登場して連れ出しているのだ。
森脇が恨んでいる内容ってのは中盤以降にならないと分からないのだが、門倉という友人が傍に居るって事は根っからのワルじゃないんだろうなと…

そんな二人のラブシーンは、実は真郷が密かに好意を寄せ始めたところを思い切り裏切っての無理矢理だったりする。
まぁ森脇はわざと真郷に冷たく当たっているのがばれてるのだが、当て付けにと致している最中を門倉に見せつけるのは鬼畜だぜ。
そんな森脇が、案の定激怒した門倉にぶん殴られたのは当然だが…

父親との確執も込みで、そんな騒動を経て心身傷付いた真郷もリハビリを経て立ち直っていく。
どうしても森脇の事を憎めないところか、好きになってしまって諦めきれない真郷の前に、猛省した彼と再会を果たして無事にハッピーエンド。
森脇が和仁を憎んでいる過去の出来事や、真郷に近づいた時の下心とか泥々しさがなく物足りなさもあるが、全体的に手堅くまとまっていると思う。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う