白雪姫にくちづけ (2)

shirayukihime ni kuchizuke

白雪姫にくちづけ (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×216
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
180
評価数
44
平均
4.1 / 5
神率
38.6%
著者
吉尾アキラ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796414012

あらすじ

約束する、俺だけは君を裏切らないと――
転校生×麗しき生徒会長の再会愛

父の命で複数の男に体を差し出していた一条は、
事情を知って父と取引をした財前に連れ出され、共に生活することになる。
その境遇故、誰一人信用することなく生きてきた一条。
しかし自分を案じ、守ろうと身を削る財前にだけは、心を許すようになっていった。
財前との日々は優しく穏やかで、一条の心には次第にある感情が芽生えはじめ――?

表題作白雪姫にくちづけ (2)

財前政宗,高校生
一条飛鳥,高校生,生徒会長

同時収録作品初恋グリッター

天羽怜,高校生
鬼塚慎之介,高校生

その他の収録作品

  • 7話と8話の間のお話(描き下ろし)

レビュー投稿数6

嵐の前の静けさなのかな。

1巻がかなり重めだったのに対して2巻は幸せな感じ。
起承転結の承の部分的な。
飛鳥がら周りの人達に愛されている姿が愛しい。
もっともっと幸せになってもいいんだよ。
今後の展開に期待高まります。

0

うーん

甘さもエロもなく、個人の葛藤のみで終わってしまった印象です。
あっさり読めてしまい、完結してから一気に読めば良かったなのかなと思ってしまいました。

攻めの家族と受けが仲良くなる話はあんなに長く必要だったのでしょうか?
もっとコンパクトにまとめて、話のテンポを良くした方が良いのではないかと感じてしまいました。

線はベテランの先生なので勿論綺麗です。
ただ、受けが綺麗(白雪姫のように)なのは本当に良くわかりますし、毎回ゾクゾクさせられましたが、その件が続きすぎてお腹が一杯になりました。
まだ続くようですが、今後は完結して評価が良かったら買おうと思っています。

0

良い人ばかり

一巻では財前に救い出されて彼の屋敷に住むことになった一条ですが、今作では彼の大分穏やかになった表情が見れました。

そして財前の母親と弟と対面する事になるのですが、あの財前の内面はこういう家族がいるからなのだと納得しました。
みんな良い人ばかりで安心しましたが、自分を卑下する一条にちょっと心配になりました。

一緒にいる事が増えて表情が柔らかくなる一条に気持ちを抑える財前が男前です。今回は彼の父親の話や会社を継ぐ経緯が描いてありましたが、努力の人だと知る事が出来ました。
そして一条をどうやって彼の父親を納得させて連れ出したかも分かりました。


2巻は嵐の前の静けさというような平穏な内容だったと思います。


来夏から再連載らしいので気長に続きを待ちたいと思います。
若い彼等が周りを渦巻く欲や困難をどう乗り越えて行くかが楽しみでもあります。

ラブ度が少ないので3巻では増しますように!



同時収録作は可愛い攻めと絆される男前受け幼馴染の続編でした。
前回も思ったんですが、受けが手のひらで転がされてるような…

1

白雪姫は未だまどろみの中。

なんと‼︎ 完結はまだ遠く。財前は、一条を案じてスパダリ力発揮。一条を縛り付けていた家から救出に成功するも、彼を引き摺り落とそうとする悪夢は、次巻までヒタヒタと迫って来る様子。この第2巻は、束の間の休息と言えるブリッジ的な内容かも。

そもそもが、一条家の正当な跡取りと言えない。母親の愛人の子である飛鳥は、父親の憎しみを一身に背負い、父の仕事の取り引き道具とされ、まだ10代なのにウリの様なことをやらされている。飛鳥もそれを仕方ないとして諦めていたのだ。いや、そもそもスキモノ達に美しい息子を抱かせて取る様な仕事って何だよ⁈って、ツッコミは不在。父の取引先は、美しい息子をただ抱きたいのだ。名家の御令息の集う学園でも同じこと。身体で繋ぐコネは、将来父の事業に役に立つと信じている。不思議。
ともあれ、そんな腐海から一条を救い出した財前は、自分も幼ない頃から一条に惹かれてはいるものの。その恋心は、一条に群がる下劣な者共の下心と同じだと思われたく無い一心で、ただ良き友人であろうと健気にも踏ん張っている。いつか、一条の信頼を勝ち得て、それからだ、と。彼は紳士なのだ。
恋を知らない一条は、自分でも分からない内に財前を煽っている事を知らないけども。踏ん張る財前が可愛くて。そういう意味でも癒される2巻です。財前、君はよく頑張っているよ!自分の気持ちより、一条の幸せが一番。こんなにも愛してくれる財前の優しさに、早く応えてあげて欲しい。

次巻、一条に執着する副会長・久遠が、父の取引先である京極が何やら不穏な動きをしそうな。財前、しっかり頼むよ!というわけで2人の想い繋がるエチも勿論お預け。

エチは、同時収録の可愛い可愛い「初恋グリッター」にて補完。
カッコいいし、背も高いけど、天然気味の慎之介は、抱きたいほど可愛い怜にいつだって抱かれる側。男として、どうしても抱いてみたかったりするんだけど、始まったら気持ち良くてわけが分からなくなってしまう。でも、抱きたいんだよね、っていうジレモダ。怜は譲る気が無いみたいなんだけど。そろそろリバってみるのもどうだろう。アリだと思うんだよね。修正は太め短冊バシバシ貼ってて、もはや絆創膏みたい。

1

まだ続きます

『白雪姫にくちづけ』の2巻。
うーん、これは長期連載になりましたね。
今作では殆ど物語は動きません。

不遇な一条を買い取った財前。一条が笑えるようになればそれでいい……という、財前の健気で一途な想いが明らかになった1巻からの続きです。

一条は財前の母親と弟の政臣に会い、財前を取り巻く人々の優しさに癒されていきます。
財前母カッコいいなあー
政臣は幼いながらも、一条に魅了されていますね^^;
一条の美しさは罪だわ。

財前の気持ちに気付かない一条に焦れますが、恋を知らない一条にとっては仕方がない事なのかな。
ついつい手を出してしまいそうなところを、強靭な理性と自制心で押さえ込んでいる財前がすごいんですよ。
この子は将来、もっといい男になるわ!

一条が寄り添ってくれた事もあり、財前は父の死とようやく向き合えました。
これは二人の絆を強めるエピソードになったと思います。

ほっこりした2巻から、続編は一転してシリアスになりそうです。
2021年の夏に連載再会だそうなので、コミックスの発売はまだまだ先になりそうですね。


同時収録作は、「初恋グリッター」の続編。
こちらはコミカルテイストです。
後ろでしかイけなくなってしまった慎ちゃんがエロかった♡

1

無自覚に始まり…?に萌えた!

1巻の時は違和感の方が大きくて戸惑いました。

なんとなーくその印象がを拭えなかったんですが、
ようやく「萌え」がカチッとはまって
キタキタぁぁぁぁぁ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ と心でガッツポーズw

スロースターターな萌えというのかな。
爆発的瞬発力はないけどジワジワと沁み渡る感覚が良きです。


さてさて。

財前の家で居候生活が始まった一条。
穏やかな毎日の中で少しずつ笑顔が増えます。

そんな中、自分がどうなりたいか考えた結果、
"財前の友人として誇れるような人間になりたい"と口にしてーーー。

実は恋心を隠し持っている財前。
少しずつ無自覚な感情が育っていく一条。
2巻はゆっくりとした穏やかな時間が流れていました。

財前の母親や弟が登場します。
優しくて温かい財前家は一条の家族とはまったくちがうのですね。

そんな中に自分のような人間がいていいのか、
自問自答する一条の姿に締め付けられました。
ほんとね、一条は自己肯定感が低すぎるんですよ(;ω;)
(わたしゃクソ親父どもが憎くて仕方ない)

で。一条が持つ温かな記憶には側近の篠田がいる。
けれどその篠田にさえ裏切られたんですよね…。
今回、初めて身売りした場面について触れてたんですが
「何度も助けを乞うた」とあって泣きそうになりました。
一条の不憫さが悲しくて仕方ない。

と同時にデスね……(∩´///`;)
幸薄健気美人受けの看板が似合いすぎる一条にウットリしちゃう腐女の業が…。
思わずぴょっこり出てきてキュンキュンしちゃう…。

心を凍らせてしまった一条を
優しく温めてほぐしていく財前に救われますね~。
ベースは友人と接しているけれど、時々
恋心が暴走しそうになるとこが更に良き…!( ´艸`)

『友人』のワードが2人を縛り付けるのが、
ストーリーの展開的にめちゃくちゃ萌えました。

一条を裏切るまいと友人に徹している財前の気遣いは、
無自覚に感情が育ち始めた一条にとっては
『友人』と言う言葉が心をチクりと刺すんですね(;ω;)

ああああ、これすれ違い生んじゃうやつだよね?
相手を想っているだけなのに噛み合わない予感だけで
既に床ローリングで萌えてしまった////

展開はすごくゆっくりな2巻でしたが、
予告を見ると3巻は波乱がありそうなので…。
心休め的な巻になっているのかもしれません。
心を落ち着けて次巻待機。

描き下ろしは一条の長袖の理由が明らかに。
半袖を着ることができるのも一種の解放で、
本当は感動的なハズなのにwww
一条が美しすぎるのが罪なんだな…というお話でした♪

ちなみに本編は義継×楓も少しだけ登場。
相変わらず癒やし度が高いカップルです(﹡´◡`﹡ )


◆初恋グリッター
1巻に収録されていた短編の続きです。

小さくて可愛い方が攻めポジに収まり、
大きくて雄々しい方が受けポジという幼馴染みカップル。

受けはポジション替えを提案するけれど却下され、
(却下理由が「ガサツには尻を託せない」で笑ったww)
渋々受けてるものの、本当は尻が気持ち良くてーーーというお話です。

お尻じゃないとイけなくなった受けが可愛い!
ポジション替えを却下した理由がとにかく面白かった。
そりゃそーだ、としか言えないwww

表題作とはまったく異なるタイプのお話ですが
これはこれで面白くて好きでした(﹡´◡`﹡ )
(ちなみに3巻はまるっと白雪姫onlyになるそうです)

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う