ご機嫌カレシ(仮)が鬼畜過ぎて仕方ない

gokigen kareshi kakkokari ga kichiku sugite shikatanai

ご機嫌カレシ(仮)が鬼畜過ぎて仕方ない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×28
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
119
評価数
27
平均
4.4 / 5
神率
59.3%
著者
高比良りと 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784815550479

あらすじ

仕事デキる系サラリーマンの仁は自他共に認めるスマートな遊び人………のはずだった。
しかし10歳年下の那智による読めない暴愛アプローチで、バリタチを「過去」扱いされるほどには、ネコの才能が開花し始めている。
「鬼畜で変態 頑張るねそんなカレシ」なんて、次々繰り出される激しく甘い愛情表現に、特に性的にヤられっぱなしながらも、どこか絆されてはいるのだが……レイプ目から始まるラブもある!?
蹂躙系うぶ恋DK×経験値高めな恋愛不感症アラサーに本気の恋は、実る…のか。〔えっちなおまけ同時収録〕
ガーゼローションプレイ番外編
教えておフェラ描き下ろし

表題作ご機嫌カレシ(仮)が鬼畜過ぎて仕方ない

紺野那智,18歳,高校生
藤岡仁,28歳,会社員,元タチ専

その他の収録作品

  • 番外編 phase 0.5
  • 描き下ろし
  • カバー下:あとがき

レビュー投稿数1

ここから始まるー!

「不機嫌イトコがかわい過ぎて仕方ない」の那智×仁さんのまるごと1冊の続編です。
表紙からもわかる通り、とってもエロい!
でも明るく楽しいお話なので、「鬼畜過ぎて」となってはいますがひどくしたりなどはないです。

前作で強引に仁さんを抱いた勢いのまま、恋人というにはまだちょっと時間が必要かなという関係性だった二人。続編でちゃんと恋人になる姿が見られて本当に嬉しいです。
とにかく押せ押せだった那智ですが、今作ではカレシ(仮)という立場になれたこともあり必死さは落ち着いて、大好きな仁さんに対する一生懸命で一途な健気さが前面に出ていてとてもかわいいです。
那智のことを受け入れ、想いを伝える時の仁さんの言葉にもそれが表れています。

(仮)とは言えやることはずっとやってる二人なのでエロも豊富なんですが、仁さんが自覚してないだけで充分想い合ってるなーとわかるので、ふんだんにあるエロも快楽優先じゃなくそこに気持ちがあると感じられて安心して楽しめました。
ドライ、潮吹き、おもらし、本編後に収録された番外編ではガーゼとローションを使ったちょっと特殊なプレイまでとにかく多種多様です。
特に想いを確かめ合った後の仁さんの騎乗位がたまらん。男らしい体つきも相まって仁さんがめっちゃかっこいいです。

そして本作で最も重要なのは、最後の最後で二人の10年後が見られること。
那智は黒髪になってて、いかにも仕事ができる男って感じでめちゃくちゃかっこいいし、仁さんはすごく色っぽい。10年後の仁さんを見ると、思えば仁さんはずっとバリタチっぽさが出ていたんだなと改めて思いました。大人のネコ感ある仁さんは、男らしさに色気が加わってこれまた素敵なんです。
ただ数ページなので嬉しいけど足りない!きっとこの二人でまた続編やってくれると信じてます。晴樹たちの続編が決定したとのことなので、まずはそちらを楽しみにしつつ、なちじんの大人編も読める日を願ってます。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う