跪いて、永遠の愛を誓う。

hizamazuite eien wo chikau

跪いて、永遠の愛を誓う。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×218
  • 萌27
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
17
得点
214
評価数
63
平均
3.5 / 5
神率
17.5%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
BL小説
出版社
竹書房
レーベル
ラヴァーズ文庫
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812427743

あらすじ

日常はつまらないことばかりで、何もかもが億劫だ…。橘グループの御曹司、雄太はその恵まれた環境に甘え、毎日を好き放題に遊び回っていた。そんな雄太を運れ戻しに来るのが父の秘書、古家孝彰。雄太は、冷たくいつも取り澄ましているこの男が大嫌いだった。2人は従兄弟だが、孝彰が同性愛者だと知った時から、雄太は孝彰を避けるようになった。同じような、家が金持ちの連中と粗悪な遊びを行い、ついに最悪な事件を起こしてしまう…。追い詰められた雄太を救えるのは結局孝彰だけだった。だが孝彰は事件を隠蔽する代わりに雄太にとって最も屈辱的な要求をしてくる…。衝突する激情と異常なまでの執着心。愛と下剋上の物語。

表題作跪いて、永遠の愛を誓う。

古家孝彰 ゲイで雄太の父の秘書 従兄
橘雄太 タチバナグループの御曹司

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

サスペンスと思いきや

題名と表紙のイメージ通り、序盤からサスペンスに突っ走っていて、
「さすが、夜光先生…」という感じでした。
あまりにも重い展開だったため、恋愛よりも事件の方が気になってしまう始末(笑)

とは言え、終盤でいろいろと明らかになり、「そうきたか!」と安心できますので大丈夫です(^ ^)

あらすじだけを読んで、弱みを握った孝彰が雄太を奴隷のように扱うという展開を予想していたのですが、それだけではありませんでした。
ワガママ放題に育った雄太の根性を鍛え直すため、規則正しい生活と仕事を
させます。
はじめは不平・不満しかなかった雄太ですが、真っ当な仕事仲間との交流により、徐々に変わっていきます。
恋愛モノでありながら、受けの雄太の成長記でもあるんですね。

終盤で、雄太が孝彰の気持ちを試すためにいろいろと画策するところに
感心しました。
やられっぱなしではない雄太にあっぱれです!

4

大好きです。

前から夜光花さまは好きだったので、ワクワクして読み。読了も期待を裏切らずな展開で、大満足です。執事と坊ちゃんの勢力逆転も大変おいしゅうございました。
BL本でガッツリ仕事するの大好きなので、慣れない仕事に四苦八苦しながら頑張る雄太の姿は大変好ましく思いました。でも、これも会社を継ぐための試練なのね…。
エロは安定感のあるエロエロで興奮です。表紙からしてもエロエロですが、挿絵が文章と逢っていてすごく良かったです。

1

どこか愛にあふれているような

イラストは奈良千春さんなのですが、表紙が秀逸ですね。
2人とも表情も素敵で、
内容をより引き立てているように思います。

内容は、下剋上、調教もので、
時には犬扱いされたりするのですが、
どこか愛にあふれているように感じました。

薬物とかが出てくる物語は好きではありませんが、
甘さがあって、救いがあるのが、良かったと思います。

御曹司でどこか人生に飽き飽きして、自由に謳歌していた雄太ですが、
父の秘書、孝彰に弱みを握られ、服従を強要される。
孝彰に命令され、関連会社で下ッぱの仕事をさせられ、
犬のような扱いをされるのでした。
まさに落ちた雄太なのですが、
雄太の再生の物語ともいえました。

結局は、孝彰は雄太に惚れていたという展開なのですが、
上下に揺れる2人の関係性も面白いと思います。

ハッピーな調教ものを読みたい方には、是非!

3

最初と最後で印象が様変わり

サスペンス?、調教もの?、と思わせておいて実は…
最初と最後でガラリと印象が変わる話なので、ネタバレ知らずのまま読むのをおすすめ。
最初の乱交パーティーの惨状で、自分の身の保身に精一杯なボンボンをやり込める孝彰の行動に何かスカッとするな~とは感じていたけれど…。
エッチシーンも気兼ねなく楽しめて、あの方向へ話がまとまるとはさすが夜光さん!!

読み始めは、
孝彰: 弱みを握ったサド攻め×雄太: どうしようもない放蕩息子
だったのが、読み終わる頃には
孝彰: 大胆な荒療治を仕掛けた策士×雄太: 実はやればできる子
っていうふうに印象が様変わりしちゃっていた。

以下、ネタバレ感想を。

受けの雄太は確かにおバカな問題児だけど、彼なりに超えてはいけない倫理観を持っていたってのが鍵で、これで他の悪友達と人生を左右したと言っても過言ではない。
あと、孝彰の事をホモと見下して毛嫌いするのは、逆に彼を独占したい気持ちを隠す為だよなと、読み始めからすぐにピンときた(笑)。
孝彰のほうも、雄太にやきもちを妬くと沸点が一気に上がってりするので、何だかんだと主従関係の噛み合ったカップルだったのだ。

2

下剋上に萌えます!

一冊まるまる1つのお話です。
この作家さん、初読みです。
あまり期待せずに購入したのですが、かなり、好きな感じかも。
すごく、楽しく読ませていただきました。
要所要所にスパイスがきいていて、飽きずに読ませてくれます。
流石です。

さて、この話、下剋上ものです。
攻めが生意気な御曹司の鼻っ柱をへし折ります。
もうね、そりゃあ、思いっきり。ぺきっと。
生意気なガキが、屈辱にプルプルと震える様は、かなり萌えます。
はい、攻めの孝彰も、私たち読者も。
攻めの萌えが、ちゃんと読者にも伝わってきます。

いいわ、下剋上。
そして、メガネ攻め。
この作家さんの他作品も大人買いしたので、読むのが今から楽しみです♪

1

裸・首輪・鎖!表紙に尽きる(笑)

夜光花先生に奈良千春先生という大好きなセットだったので、かなり以前の作品でしたが、わくわくしながら読みました。

初期の作品だっただけに、壮大なスケールで緻密に練られた話を書くイメージの夜光先生の作品にしては、最初のショッキングな事件以外はありがちな話で、先も読めていたのですが、それでも放蕩息子の成長話や、孝彰のお仕置きプレイなどを織り込んで、ぐいぐい一冊読ませてしまうあたりはさすがという感じです。

そしてやっぱり夜光作品はエロがいい(笑)
自分の気持ちを頑なに隠して強姦まがいのプレイに出ちゃう不器用さんと、自分の気持ちに気づかずに反発しちゃう困ったさんが『脅迫』や『躾』という言葉を理由に身体を繋げて、心までもどんどん相手にのめり込んでいく課程が不器用なキャラが大好物の私にはたまりませんでした。

身体を無理やり開かれて嫌がる気持ちとは裏腹に感じてしまう姿にはにやにやだし、全裸に首輪と鎖の『躾』が待ってる週末って〰。興奮するなって方がムリ(笑)一回こっきりのプレイじゃなくて、次の週末を待ってる時間さえも縛られてるっていうのがまたたまらない。際どい表紙だけど、この話はこのシーンに尽きる!うんうん。
この二人には想いが重なった後も、上司と部下という身分でも、いつまでもワンちゃんプレイを楽しんで欲しいと思います(笑)

ずっと昔に〈裸でペットリング〉に大興奮したのを思い出し、性癖って何年たってもかわらないなぁ~と苦笑いしながら読んだ一冊でした(笑)

1

序盤はドシリアス、でも読後感は良し!

下克上ものが読みたい! できれば主従で! という欲望のもとサーチをかけこの作品にたどり着きました。

奈良先生の描かれた表紙がなんとも刺激的ですが、本文はテンポが良く調教シーンもそこまでハードではなかったので(あくまで主観ですが)楽しくサクサクと読めました。むしろ一番ハードだったのは序盤にある"事件"のシーンですね。「え、これbl小説だよね!?」と何度も思ってしまうくらいエグい描写があります。伏線はあったので何となく展開は読めましたが、それでも恐ろしかったです(というか実際に傷をおわされた○○が可哀想で…笑)。

"事件"以降は主人公にとって目まぐるしい変化の連続。ゲイだと蔑んでいた従兄(攻め)に調教されたり、強制的にホテルで働かされたり…。お陰で受けとしても人としても成長します。もともとやれば出来る子だったんでしょうね。ただ環境のせいで少し拗ねていただけというか。

ホテルで働くシーン良いですね。汗水垂らして自分で働き、自分で稼ぐ。そのやりがいや達成感を主人公が知っていく過程は読んでいて胸が温かくなります。周りもいい人ばかりで良かったです。

二人の関係に関しては、読者は早い段階から主人公(受け)が攻めのことを心の奥底では憎からず想っているのに気付くと思います。肝心の主人公自身がなかなか気付かないのですが(笑)。で、まぁ多分攻めも受けのこと好きなんだろうなということで安心して読めます。色々悩んだりすれ違ったりしますが、アラブからお越しの当て馬さんも一役買ってくれ無事ハッピーエンド。攻めの想いがしっかりと伝わってくる展開でグッときました。

想いが通じあって以降の受けが子どもみたいにはしゃいでいて凄く可愛かったです。多分それが素の性格なんじゃないかな? 攻めとの掛け合いも面白かったです。この攻めは"S"というよりは"むっつり"なんだな、と個人的には思いました(笑)

二人の先行きも明るく、下克上欲も満たされ、いい読後感を味わえました! そして何より面白かった!
主従の下克上ものに飢えてて、かつハッピーエンドが好きな人にはおすすめです(^-^)/

1

立場逆転

雄太は橘グループの御曹司。その恵まれた環境に甘えて、なんでも好き放題やって遊び呆けていた。そんな雄太を連れ戻すのが雄太の父の秘書でもある孝彰。孝彰と雄太は従兄弟の関係。しかし雄太は孝彰がゲイであることを馬鹿にして、避けていた。
そんな雄太はある日、仲間と事件を起こしてしまう。
そこに駆けつけた孝彰はこの事件を自分が隠蔽するかわりに服従しろと雄太に言い放ちます。

今まで孝彰に好き放題言ってきた雄太が孝彰の言いなりになってしまう、という立場逆転な王道ストーリーでした。
雄太が起こしてしまう事件がちょっと怖かった…wそれは最後にちゃんと解決するんですけどね。
孝彰が鬼畜でした(^;ω;^)雄太を服従すると言った日からほんとにご主人様とペットのような感じでした。雄太も事件のことがあるから孝彰には逆らえないし。
言葉責めもすごかったですよ~wいつも敬語なのに命令口調になったり。
孝彰が雄太を家に連れてきたときが一番萌えました。全裸にさせ首輪をさせなにもしゃべるなと言ったり、雄太にバイ○入れたまま放置したり。
主従好きにはたまらんですよ…!!
夜光花先生はエロかくのが上手い!

あと雄太の成長も見れるのがいいと思いました。
最初は遊び放題で言葉使いも悪いしクスリもやるわで、そりゃもうどうしようもない子でした。でも孝彰の命令でバイトを始め、だんだん更生していって最後にはあれだけ嫌と言ってた父の跡を継ぐという決意を見せてくれて。ほんとによかったです!

あとがきで夜光先生が挿絵の奈良先生の絵をみて、絵に文が負けてしまっているかもと言っていましたがそんなことないと思います!
表紙がすごく主従っぽくて好きです…v

4

主従逆転もの

最初はもっと暗い話になるかと思ってましたが、後半はとてもすっきりした気持ちで読めました。

あらすじでは「最悪な事件」と濁してある部分なんですが、本当にこういう描写見るとフィクションでも気が滅入ります。
雄太がこのへんまでは全然好きになれなくて。
ここで孝彰との主従逆転ですよ。敬語から命令口調に変わるのがたまりません。

ホテルでの仕事は雄太が成長していく様子が微笑ましいです。峰さんや佐原さんが良い人で良かった!でも孝彰は峰さんんに対して嫉妬しすぎです。
逆上してホテルで犯たり、自宅に連れ込んで放置プレイしたり。お風呂のところは完全に楽しんでますよね(笑)

終盤はとにかく面白い!シロのことは想像がついてましたが、やっぱりホッとしました。
ホテルで襲われそうな時に攻めが乗り込んでくるというのがお約束パターンですよね。
でも雄太は孝彰の気持ちに気づき、サラムを利用して自分から仕掛けるんですよ。策士ですね~。見直しました。
結局この二人ってずっと両想いだったんですよね。
でもこうして雄太が成長してから結ばれて良かったと思います。

最後の奈良さんのイラストの中川さんと子ブタにほっこりしました。

3

成長物語


いやーもう…表紙が表紙なだけにひいたけど、内容は単にエロいだけじゃなかった!!

わがままなボンボンの雄太がおちるとこまで堕ちて、そこから這い上がっていく成長物語炫

ずっと見下してきた孝彰によって犯される日常。
でも、同時にホテルでのバイトを始めたことで雄太自身人間としてちゃんと成長していきます。

非現実的で悪夢の様な冒頭のシーンから、佐原や峰さんのようないい意味で「普通の」人達と出会って働く充実感やお金の大切さを知っていく雄太。

その間もちろん孝彰による調教もございます(笑)たまに雄太のバイト先を訪ねてはご主人様然として雄太を抱いて…

犬扱いして目の前でトイレさせたのにはさすがに驚きましたが(笑)
イラストを担当された奈良さんも書いてましたが、後ろから抱っこされる形で湯船に一緒に浸かって頭なでなでされたりキスされたり…っていうシチュエーションには萌えましたねڂn[g

最後に悪夢の全貌を知った雄太がまさに仕返しとばかりに孝彰を騙して告白するよう仕向けたのはすっきりしましたn[g
あそこで惚れた弱味で雄太が自分からすがり付いていってたら読者としてはモヤモヤが残りますからねー

雄太はいいところが顔だけとか言われてましたが…私としては性格もお馬鹿だけど憎めなくて可愛いと思いましたよ炫

孝彰の「嘘」は余りにも重くてそこまでしなくても、とも思うけど、あれくらいじゃないとクスリにまで手を出してた雄太は更生不可能だったかもしれないですね^^

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ