京極家の結婚

kyougokuke no kekkon

京極家の結婚
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神58
  • 萌×254
  • 萌15
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
23
得点
554
評価数
130
平均
4.3 / 5
神率
44.6%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813032748

あらすじ

「俺と偽装結婚してくれ」
現職の法務大臣を父親に持ち、その秘書を務める京極誠志郎は困惑していた。
異母弟の礼央と一緒に暮らすことも!
突然再会した、元同級生の京極 尊に秘密を握られたことも! !
そのうえ、尊と偽装結婚する流れになってしまったことも! ! !
礼央も尊も命に代えても守る。
そう尊に宣言した誠志郎だが、協力する条件として尊に押し倒されて・・・
嘘から愛は生まれるのか?

表題作京極家の結婚

京極尊,俳優の息子,バツイチ
京極誠志郎,政治家の3世,政治家秘書

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数23

これからどうなるのか

偽装結婚設定が好きなので読んでみました。

静かなテンションでゆったりと進んでいます。分かりやすい胸きゅんが少なく、私の好みとはちょっと違ったのですが、高評価の作品。続編の初夜まで読むと印象が変わるのかな?高評価の方はこの空気感が好きなのかな?

奔放そうで派手華やかな攻めと政治家一族でお堅そうな受け。
受けはお堅そうに見えて慌ててる様などは微笑ましく可愛い、ギャップ萌えをはらんで期待しちゃう。キャラクターが魅力的なので、そこに惹かれてる方が多いのかな?
二人が引き取ってる子供も小生意気で可愛かったです。

正直、この巻・結婚だけでは消化不良で判断が難しいです。その内初夜も読んでみようと思っています。 

0

最高によかったです!

人気作だけど絵が淡泊だな、と見た目だけで敬遠していた自分を叱ってやりたい。
木下先生、最高でした。人気なのも納得です。
続刊ものということで、2冊合わせて購入しましたが大正解でした。
本当に人気も納得の良作。今年読んだBLの中でもかなり上位です。エッチな描写は少ないですが、キャラクター同士のやり取りの面白さが木下先生の作品にはあります。
キャラクターがいきいきしているので、もっと読みたいと思わせるんでしょうね。

0

偽装結婚からどのような愛が生まれるのか

茶髪の尊×黒髪の誠志郎

法務大臣の父の秘書を務める京極誠志郎は父の隠し子(異母弟)の礼央を隠しながら一緒に住んでるんだけど公園で遊ばせているのを同級生だった京極尊に目撃されてしまい…。

2人の結婚式のシーンかわいい〜。
もう今月はBL本の中でいくつの結婚式に参加させてもらったことか!←妄想ヤバ!

木下けい子先生の絵が好きな人は絶対読んだ方が良いです。尊は両親が芸能人だけあっていつみてもキラキラなイケメンですし、誠志郎はほっそりした黒髪美人、それでもって5歳の礼央くんも生意気なところがまたキュート。

尊は女性と離婚したばかりなんだけど最初からぐいぐい攻めてくるんだな。誠志郎も生真面目で硬い印象だったから、なかなか落ちないんじゃないかと思いきや、結構ちょろかった。照れまくってる姿、もう最高です!

同性の偽装結婚を政治家の父に利用される。そんな嘘から始まる本物の愛への物語♪なのでしょうがここではまだまだ。先は長そう。2人の愛が深まるのを自作まで待ちましょう!といった感じです。

0

軽いようで軽くない予感

凛とした強さがあるのに、どこか諦めたような、でも芯はしっかりしていて、でも流されちゃう人って大好き!!
木下先生のシュッとした黒髪塩イケメン大好きです。

なぜか同居するはめになり、なぜか偽装結婚するはめになり…
なんでやねん?だけど、この巻き込まれ型な展開が楽しい!!
子供が出ると聞いていたので、子育てBL苦手な私は後回しにしてましたが、隠し子の年の離れた義弟をかくまう?子供主体ではなく、ちょっとこまっしゃくれな礼央が良いスパイスで!可愛い!!

誠志郎は塩対応だけど、礼央に寄り添って、偽装結婚といえども「幸せにする」って男気やエロ可愛さの伸びしろとか良い~尊が惹かれ始めるのも分かります!!!
誠志郎は??高校の頃に気にかけていた様子をみるに、今は無自覚だけど心惹かれるものがあるのかなとも思ったり。

キャラそれぞれに食えなさがあって、誠志郎の辛辣な態度もさくっとかわしたり受け止めたりな尊の態度や読めなさ、尊に翻弄される誠志郎のわたわたも楽しい。

さぁ、これから!!と行ったところで次巻も楽しみ。
今作は序章のようで最初から続きありきのように感じるのですが、巻数表記なし、次巻もタイトル変わっているのは何ででしょうね?タイトルから展開とか面白さも感じるけど…常に惑わされるBLあるある…

0

何だこれ面白いじゃない

続巻の「京極家の初夜」が発売されたので、試し読みをしてからこちらを購入してみました。


あらすじを読んだだけでは何がなにやら分からなくて、読んでみて初めて内容が理解出来ました。

色々とツッコミどころ満載だけれど、コメディなのに終始ムッツリしている誠志郎と、人当たりは良いのにイマイチ何を考えているのか分からない尊が、これからの結婚生活でどう変わるのか楽しみになりました。

口が悪い誠志郎の義母弟で幼稚園児の礼央がメチャクチャ可愛いので癒されます。

尊が何故離婚したのか?元嫁が語る離婚の原因である仕事は何をしていたのか?どうして親から勘当されてるのかは一切明かされていません。

そして礼央の母親は礼央をどうしたいのか?礼央の父親である誠志郎の父親は礼央をどうしたいのか気になるところです。

1番肝心なのは尊と誠志郎は本当の夫夫になるのかですが、尊が男同士でも誠志郎と躊躇なく関係しようとするのも謎でした。

それと高校時代の尊がメチャクチャカッコよくて眼福でした。

0

続巻でどうなるかで評価が変わりそうな作品

良いお話だけどなんだかツッコミたくて仕方がないような。

何もかもどうでも良さそうな尊。高校まではあんなに華やかだったのに。親に勘当されたって何があったの?

そして誠志郎。どこまで堅物なの?家のためにどこまで犠牲にするの?

見方を変えれば親の隠し子とイケメン元同級生とハートフル家族物になりそうなんだけど、二人とも抱えてるものが大きそうで、偽装結婚に巻き込まれる礼央が一番可哀想。

尊はなんでいきなり誠志郎にキスやあんなこと平気で出来るの?ゆくゆくは好きになりたいなって思ってるから?
誠志郎の尊と礼央は全力で守るって言葉は重くて良かったけど、3人とも人生を誠志郎の父の思いつきで変えられちゃって、日本中の人達に誤解されていいの?

罪悪感で死にそうな誠志郎。
続巻で本当の愛し合う夫夫になれればいいけど。

偽装結婚は萌えの可能性を感じますが、このお話はまだ今のところはしんどいですね。特に礼央が存在を認められてない上に偽装結婚に巻き込まれるのがひたすら不憫です。

1

含蓄深い台詞が秀逸 爆笑

木下けい子先生の、挿絵本は読んだことはあるけど、
漫画、オリジナル漫画を読むのは初めて。
なんとなく、エラが張った独特の描写が気になって、敬遠していました。
この作品、台詞が凄く面白かった。
爆笑。ユーモアのセンス満点。 他の関連本もそのうち読んでみたい。

エスカレーター式の学園の同級生、同じ姓の黒と白の京極。そして、父の隠し子のレオ君。
3人の生活を綴るコメディ。
ある日、白と黒の京極君たちは、同性愛カップルだとパパラッチ記事が週刊誌に載ってしまう。
たまたま白の京極君の父親の選挙公約とマッチする部分があったので、偽装結婚するように白の京極父から厳命を受ける。
面白い。

0

また間違ってたの?

読めば面白いと思うのに なぜかいま一歩ハマりきれなく苦戦していた木下さん 先月読んだ罪(積み)本で何かが開花!

そんな中見つけた どうみても続きですよね?ってタイトル

ねぇさん事件ですッ!
地味にハマれなくて寝かしてるアレに続きが出るみたいです

速効予約しちゃったのでお復習 ってより読み込みます ←何回読み込んでもしっくりいかなかった人


秘密の共有の上に成り立つ関係 しかも 秘密は訳あり園児

子どもの冷めっぷりがいいんですよ
大人の事情に巻き込まれ三昧 卑屈になったっておかしくないのに 超絶冷めてるw

何だかんだ子どもの部分はあるけど 堅物?世間慣れしない?スットコドッコイ?頭でっかち?唐変木? 変に優しいのにそんなことおくびにも出さない便宜上の兄に守られ 変にスレた感じに育ってて 間違いなく彼がこのお話のキーマン ←え?


代々まつわる政治家一家の秘めたる部分を握り 一気に同居へってところに若干の強引さはあるけど3人の距離感は面白い


いろんな事情ひっくるめて偽装結婚に持ち込んだはいいが ウソのパパに何があったのか とか ウソのおじさんが持つふたりに対しての自責とか 気になるところが満載
なんだけど このウソの甥兼息子を通して 大ウソ家族ながら何だかんだ上手く折り合いつけながら 幸せに暮らしていくんだろうな……って

そうそうそう
面白かったのよ 嘘から出た実になっていく様も 互いが距離を縮めようとする様も でも中途半端感すごくて…… そっか 続きがあるんだ

あぁ この続きが読めるんだ ちょっとうれしい
今度こそしっくりくるかしら? 超期待膨らむわ

1

続編が楽しみ!

木下先生の黒髪短髪クールイケメンきたー!と思ったら受けだった。
ま、どちらでもいいんですけど、木下先生が描かれる黒髪短髪長身クールイケメン攻めがどストライクに好きなタイプで、そんなキャラが出てくる作品はハマるもので。

そして、本作は相手もイケメンなので、イケメン×イケメンcpが好きな私はほくほくです。

先生の言葉「結婚から始まる恋愛が萌え」いいですね。
本作は偽装結婚からの始まりだけど、尊は契約だとは思っておらず、誠志郎の「死んでも守る」との心意気に協力する、というのが萌えでした。

誠志郎はまだ尊のことを意識していないけど、尊は誠志郎のことをどんどん好きになっているところもよかった。

ただ、最初、尊が誠志郎にいきなりキスしたのは、なんでそんなことをしたのか誠志郎は聞かないのかなとは気になりました。

あと(偽装結婚の話が出る前)尊に迫られて、誠志郎は口ではやめろと言うけど、本気で抵抗しないものなんだなぁと。
簡単に服を脱がされちゃうし、流されやすいのかしら。

式を挙げたところで、本作は終わり。
これだけだったら消化不良なのですが、続編が出るんですね。その名も「京極家の初夜」
楽しみです。

2

D組

「D組なのに」とか「A組で東大」どうのってことは成績でクラス分けしてるけど、成績良くてもクラスは変わらないのか?謎。

木下先生とそこまで相性が良くなく、また「え?終わった?!」みたいな作品そんなに好きにならないんです。なのに何故か!何故か好きだった!!
そして続編があるんですね。自分としてはここで終わってもそれはそれで面白かったなで完結できてしまいます。どうか自分にとって蛇足にならないことを祈るばかり。

木下先生の作品で直近で読んだのが17だったからか、コメディ寄りの先生だったかな〜と疑問でしたが、そういえば由利先生なんかはややコメディでしたっけ?真面目なのにどこか抜けてるキャラの面白みが好きで、誠志郎やその父は好み。朝倉先生は腹黒なのか天然なのか…後者の方が好きなんだけどどうかな。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う