僕のハッピー悪魔ちゃん!

boku no happy akumachan

僕のハッピー悪魔ちゃん!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
35
評価数
8
平均
4.4 / 5
神率
37.5%
著者
平喜多ゆや 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344847712

あらすじ

家庭環境にも、仕事先の人間関係にも恵まれず、いっそこの世から居なくなってしまいたいと思い詰めていた幸志郎。
そんな彼を可哀そうに思った天使が、希望の矢のつもりで、間違って「恋の矢」を射てしまった!!
しかも、幸志郎と一緒に恋の矢を受けてしまったのは、幸志郎の魂を狙っていた悪魔のリンジー。
Hで大胆なリンジーと、陰キャな幸志郎。そんな二人は、出会ったその日にHしてラブラブな同棲生活を送っていたが、リンジーだけは「恋の矢」に期限があることを知っていて……⁉

表題作僕のハッピー悪魔ちゃん!

千葉幸志郎,自殺しようとしていた無職の青年
リンジー,悪魔

同時収録作品純情悪魔ちゃんの初恋

その他の収録作品

  • 出勤直前悪魔ちゃん!
  • カバー下漫画

レビュー投稿数3

可愛い悪魔ちゃん

訳あり青年・幸志郎と可愛い悪魔ちゃん・リンジー。

悪魔、恋の矢、使い魔、魔法陣…などなど、人外要素たっぷりでしっかりファンタジーなんですけど、キャラ達が発する平喜多先生の紡ぐ言葉が真っ直ぐでスマートで、あたたかさを感じられて心にすっと沁み入る優しいお話しに仕上がっていて、リンジーと幸志郎のお互いを想いやり合う気持ちの深さに何度もじーんとさせられました。

きっかけは恋の矢だったのですが、ふたりが恋に落ちたのはきっと運命だったんだなあ、と思います。
序盤ではよく泣いていて暗い表情をしていた幸志郎…。
ラストシーンのふたりの笑顔にはハッピーが溢れていて、胸がぎゅうっとしてぽっかぽかになりました。

悪魔のリンジーの淫魔コスプレもあり、リンジーの尖ってツン上向きの耳がしゅんとした時やえっちの時に垂れるのが好き。

リンジーもモモも、みんながみんな幼体の時のフォルムの可愛さがとんでもないですし、天使のポポエルもめちゃかわ。
モモの成体姿のエピソードもあり、お相手は個人的には意外な彼(ポポエルなのかなと思っていたので)でしたが、ピュアで可愛らしいお話しでした。

0

ギャップに弱いのです。

大好きな作家さんの、大好きなファンタジーです。そんなの、面白いに決まってます。ということで、読むのを楽しみにしていました。

自殺を今まさに決行しようとした青年と、死にたての魂を探して彷徨っていた悪魔ちゃん。この2人がたまたま恋のキューピッドの矢に射られたから、さぁ大変です。
お互いがお互いを強烈に想い合い、新婚のようなイチャイチャ甘々が、矢の効果がなくなっても続くのか…。

その想いがなくなり嫌われること、自分のせいで好きな人が不幸に見舞われることがツラい、そんな悪魔ちゃん・リンジーの想いがヒシヒシと伝わってきて、読んでいて切なかったです。
だって、悪魔なのに好きな人のために身を引こうと離れちゃうんですから!!こういうギャップと健気さって、やられちゃいますよね。
でも、幸志郎は諦めずにリンジーを探してくれて、本当に良かったです。だって、リンジーってば空腹で死にそうなのに、幸志郎以外からはエネルギーをもらわないなんて我慢してたんですもの。どれだけ、健気なんですか…。
そのせいで幼体になったリンジーに、ちゃんと気付けた幸志郎にも萌えました。

とは言え、幸志郎を追い詰めた相手に軽く復讐したり、淫魔のようにHだったり、悪魔らしい一面も。そんなトコロも魅力的なんですが。

チラッと登場した悪魔のモモちゃんカップルも可愛くて、こちらもスピンオフでじっくり読んでみたくなりました。

1

ほのぼのと、切なさと、エロ可愛さと。

死にたての人間の魂を食べるために彷徨ってた悪魔のリンジーと、自殺しようとしていた青年・幸志郎。
そんな二人が、へっぽこ天使が誤って放った「恋の矢」に射抜かれて……。

「恋の矢」の威力は絶大で、二人とも即、ラブラブモードに陥ります。

職場でアウティングされクビになり生きる希望を失った幸志郎。
それが、リンジーと恋に落ちたことで生きる希望を取り戻していくんですね。
愛するリンジーと一緒にいたい!と。

だけど……。

それはあくまで「恋の矢」のおかげ。
生きるための活力となっているものが、まやかしでしかないという……。

側から見れば、相思相愛のラブラブカップルそのものなんですよ。
本当に幸せそうなの、二人とも。
だからこそ、恋の矢の効力が切れた時を考えると切なくて……。
いっときの儚い幸せみたいなもんを見てる気がして。

そしてリンジーはこの恋は期限付きだと知ってるんだけど、幸志郎と一緒にいるうちにどんどん本当に好きになっていくんです。

期限が切れても、好きって言ってくれるかなぁ……と思うリンジーが切なくて。
で、大好きな幸志郎の幸せを祈るリンジーが健気で。

悪魔だけど天使か?!って感じ。

おまけにリンジーは淫魔じゃないんだけど、淫魔級のエロ可愛さでした。


スピンオフは、リンジーの使い魔だったモモとその幼馴染とのお話。
幼年時代は、真っ白まんまるなモフモフ姿なんですね。
そのモフっぷりがぬいぐるみみたいでかわいいの、二人とも。
上から目線だった幼馴染が、実は……!ってところがかわいかった。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う