卑怯者だと笑ってくれ

hikyoumono dato warattekure

卑怯者だと笑ってくれ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×210
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
146
評価数
36
平均
4.1 / 5
神率
38.9%
著者
みつこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784865894547

あらすじ

人付き合いが苦手な転校生・駆、
いつも人の輪の中心にいる雄大とその幼馴染涼。
本来なら仲良くなるはずもない3人はいつの間にか親友になっていた。
しかし、涼に彼女ができたことをきっかけに、駆は雄大が涼に想いを寄せていることを知る。
密かに雄大への恋心を募らせていた駆は、雄大に゛男同士の恋愛を教える“と言って、セフレ関係を提案―――
この一つの虚勢が、次第に駆を追い詰めていくことになる。

表題作卑怯者だと笑ってくれ

古賀雄大(高校生→大学生)
立川駆(高校生→大学生)

その他の収録作品

  • その後のふたり(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

甘酸っぱい青春を貴方に

久々に「あ、まって!!!これどストライクなんですけど!!!!!!」と思った一冊でした。
甘酸っぱい青春を感じました!!!
濃厚なイチャイチャシーンはありませんが、それがお話に合っているので、読後は「良かったね〜」と涙が出ちゃいますね。
絵柄も表紙通りのステキな作画ですので、ぜひぜひ読んでいただきたいです!!!

6

3人の笑顔が眩しい

高校生って、人と違うことを見つけると異常な程に攻撃してくる。噂話がその人の生き方さえ左右してしまう年頃。
周りからホモと噂され転校した駆は、クラスの中でも目立たず友達を作ろうともせずにいた。
そんな時に話しかけてきた雄大と涼。いつの間にか3人でいることに慣れていた駆は雄大を好きになっていた。しかしある日雄大が涼を好きだと知ってしまう。自分の気持ちは伝えられないまま、ゲイであることを告白した駆。

自分の性的思考に悩んでいたのに、それに追い討ちをかけて、クラスのみんなから指摘されたらトラウマにもなる。身体の関係から始まろうとしていても、駆が簡単に雄大に気持ちを伝えられるわけがない。でも、まさか最後まで告白できずにいるとは!
そして、冒頭で登場した結婚宣言をした人影が、あれは雄大だったのだろうと頭の片隅にあり、悲恋で終わるのかなぁと騙されました。そうきたか!
一冊丸々を存分に生かした、青春BLだなぁと感じました。
評価は、萌という感じがしなく、しっかりと書き込まれた考えさせられる作品だったので、神評価にしました。

0

三人組の中に潜む一方通行の恋

人付き合いが苦手な転校生の駆→人当たりが良くて人気者の雄大→そして雄大の幼馴染の涼→♡←涼の彼女

三人で過ごすうちに、自然と雄大に惹かれていく自分に気づきながらも「もう誰も好きにならないって決めたのに……」と自制する駆。
しかし雄大は幼馴染の涼に対して、友情以上の感情を抱いていることに駆は気づいてしまいます。
そんな矢先に涼は初カノができたと二人に報告。
なんでもない顔をする雄大に対して、自分の気持ちを隠したまま駆は近づいて……。

いつしか仲良くなった三人組の中に潜む一方通行の恋を描いています。
もともとボッチ思考が強くて、しかも以前の学校でホモ疑惑が持ち上がり、いづらくなった末の転校をした駆視点でお話が進むので、とてもナイーブというかセンシティブなお話となっています。


でもなんかあと一歩、何かが欲しかった。
ちょっと物足りない。

ゲイばれを恐れる駆の終始どこか気持ちを押し殺した感情が伝わってきてそこはいいと思ったのだけど、抑圧された気持ちのままなせいかどうしても俯いた雰囲気でお話がずーっと続いてしまう。

ようやく最後の最後で「俺は雄大と会いたい」とついに本音を言うシーンあたりからクライマックスにかけても、相変わらず淡々としているというか、テンポが変わらないのでカタルシスが得られないまま終了……。

二ヶ月ぶりに読み返しましたが、センシティブで淡々としていたなぁ…という読後感は相変わらずでした。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ