ブーム到来中のタイBLドラマ原作、待望の日本語訳版!!

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作Manner of Death

ウィラポン・ヨートスンヌーン,26歳,塾経営者
バンナキット・ソンサクディナー,30歳,優秀な監察医

その他の収録作品

  • 補章

あらすじ

タイ北部の病院に勤めるバンは、優秀な監察医。
容姿端麗、頭脳明晰だが、誰にも言えない秘密があった。
ある日、バンは自殺と思われる女性の検死をし、他殺と結論づける。
しかしその夜、彼は謎の襲撃者に、検視報告書を自殺と書くよう脅される。
辛くも難を逃れ、親友の若手検察官プートに事実を打ち明けるが、直後彼が失踪。
責任を感じ、調査を始めたバンは、第一発見者の塾講師テーンを疑うが……。
次第に惹かれ合い、けれど緊張感をはらむ二人の関係。
二転三転する真実に、ページを繰る手がとまらない!

翻訳:南知沙

作品情報

作品名
Manner of Death
著者
Sammon 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
発売日
電子発売日
ISBN
9784041108444
3.5

(12)

(3)

萌々

(3)

(4)

中立

(2)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
6
得点
41
評価数
12
平均
3.5 / 5
神率
25%

レビュー投稿数6

フィジカルは強くメンタルは繊細なテーンが

殺人事件の真犯人を追う監察医と塾講師、テーマのわりに作り込みがふわっとした作品。ミステリとして読む構成ではないし、BLとしては一目惚れ要素が強く萌えにくい。ひたすら不憫なテーンのキャラクターはとても魅力的だった。

視点変更有りな一人称小説。バン視点から始まり、序盤は殺人事件を隠蔽したい犯人との攻防が繰り広げられる。監察医一人を脅すだけでどうにかなる、ド田舎での事件っぽい。絡まり合う人物相関図が複雑で面白かった。

中盤でテーン視点に移ると、いきなり真相が語られてしまう。そこから後は、権力を持つ真犯人とどう戦うかの話になっていく。
だが決着は策も何もない行き当たりばったりともいえる逮捕劇。バンの活躍もなく、何のために何度もバンは頭が切れると書いていたのかと思った。

終盤はその後の二人のお話で、事件の詳細やバンの元彼絡みの話など、細かな謎が一つ一つ片付いていく。事件解決の盛り上がり後にまだページ数が1/3も残っていて、長いおまけを読んでいる感覚。

BL的には、テーンが辛すぎる日々を送っていた間、放置していたバンが引っかかる。村八分状態で針の筵の中、たった一人の家族といえる母を看取るまでテーンを放っておいたのに、一瞬の反省でくっついてしまうとは……。

テーンは生い立ちが同情を誘う酷さで、バンに一目惚れして尽くす健気さもまた涙を誘う。フィジカルは強く、メンタルは繊細。
全てを懸けてバンを守るまでになるには、それに見合うエピソードが欲しいところだが、辛い境遇を思えば、共感に至らずとも全力で応援したくなる。崇めるようにバンを見つめるテーンの心理描写が刺さった。

バンの魅力は正直あまりよく分からない。でもテーンはバンに惚れまくっていて、テーンはバンがいれば幸せで。それなら仕方ない、というかテーンが幸せならそれが一番、という目で見ていたかも。

事件ものとして見ると、二部作の本編と後日談のよう。BLとしては二人の関係性を深めるエピソードがもっと欲しいと思った。
ただただテーンの魅力に引き込まれ、何よりもテーンの幸せを願いたくなる作品だった。

0

ドラマ版との齟齬が気になって…

 ドラマ版を視聴してから原作小説を読んだのですが、珍しく複雑な心境になりました。
今まで映像版を視聴してから原作を読んだ場合、映像版で端折られているエピソードや心理描写が多いので原作は深いなーと思う事が多かったです。
この作品の場合、一冊の小説を連続ドラマ化されたので、かなり原作の内容を膨らませられている事が分かりました。。原作というより原案と言い換えた方がいいレベルかも…。


 ドラマ版は事件の被害者女性やその周辺の社会問題の深層の根底にある「女性の哀しさ」にスポットライトが当てられていて見応えがあったのですが、原作の方はそういう描写が無くて驚きました。原作は「家族(一族)の物語」で一連の事件とBLがメインの内容でした。

 さすが作者が現役の医師の人だけあって、法医学のリアルな現場の話とスリリングなバイオレンス展開が面白かったです。BLとしては「容疑者と恋仲に??」というのが盛り上がり所でしょうか。一連の事件の吊り橋効果で気持ちを育んだバーンとテーンの二人が事件解決後、一緒になるまでの道のりや葛藤が丁寧に描かれていました。
ドラマ版に描写の無かった一族の業を背負うテーンの姿は印象に残りました。

 小説の描写は現実に迫っていて面白かったのですが、小説のプロット構成が不可解でした。中盤まで盛り上がった事件の描写があっさり終わり、その後はBL話がメインで事件の真相がほんの少し入ります。
日本のBL小説のように、事件後のBL話は別のタイトルにして独立させた方が読み易く思いました。
欧米ミステリー小説風で、二人は警察でも探偵でも無いので、当然と言えば当然ですが、事件の真相解決には部外者的な立場で真相もあっさり警察から語られて終わりでした。終盤の二人のイチャイチャやモト彼ミステリーより、法医学のウンチクや事件の真相をもっと読みたかった。。

ドラマ自体はとてもハマっていたのですが、ここまで原作と別物だとモヤモヤ感が…。 
ドラマ版と原作の双方の違いが読者にとって大きいシコリになる、、。こういう事があるんですね。。原作版の大きな収穫はブートとバーンのフラグが爆弾級でした。ドラマ版では全く想定していなかっただけに。ここはもっとクローズアップしてもらいたかったです。残念。



0

初めてのタイBL

どんなんだろう?とワクワク読みました。結構なボリュームと話が現在・過去と混じったり、視点も受けと攻めで急に変わったりとちょっと読みづらい面はありました。26歳の塾講師・テーン×30歳の監察医・バンが主人公です。

ミステリーは中盤で急展開があり、謎が謎を呼んで面白かったです。ラブの面で残念だったのはベッドシーンがほぼないというか朝チュン程度だった事。受け攻めポジもわかったのが最後にかろうじて、という感じだったので。ねちっこくエロを書いてくれる日本人作家やモノロマ文庫で出てる外国人作家に感謝。タイ人作家は奥ゆかしいのかな。長いストーリーだけに挿し絵も欲しかったな。表紙は美しいけどどっちがどっちだかもはっきりしないし。監察医だから手袋してる方が受けだと思うけど4歳年上に見えないしなー。

素敵だったのはタイ文化が垣間見えること。タイ料理が美味しそうだとかワイの挨拶(合掌するやつ)とか。あと「バンはテーンのものだよ」とかいう表現が翻訳だからニュアンス違うのかもしれないけどなんだか女子っぽくて可愛い。BLで世界旅行楽しいですよね。今私はタイの家の壁になってこのカプを見ている、みたいな(笑)

最後の書き下ろしはライトBLっぽくて楽しかった。惚れっぽくて好きな相手にすぐ大量のお菓子をプレゼントする癖のある学生が可愛い。モテモテのバン先生の次に好きになった人が意外。危険なとこ行っちゃったなーって感じです。

長いしお値段高めだけどちょっと変わった海外BL読みたい方にはおすすめ。ドラマだとさらに良さが出そうなストーリーなので見てみたいなあ。

1

ドラマの原作だからなのかなぁ?

「ドラマで観れば感想が違うくなるかもしれない」と思ったので中立にします。
と言うのも、この本、ミステリ小説として散漫だと思うのですよ。
謎解き部分があるので出来るだけ内容に触れずに感想を書きますね。

少なくとも殺人事件について書かれる部分と、バンのセクシャリティをアウティングした人物を洗い出す部分は別物のお話として、例えば二部構成にするとかした方が良かったんじゃないかと思うんですね。だってお話のトーンが全く違って、キャラクターの一貫性も揺らいでしまっちゃった様に感じたりしたものですから。

殺人事件に関するお話でも4つ位の謎解きがこちらに投げかけられます。
この手の錯綜する話は嫌いじゃないです。
でも、せっかくいくつもの謎を出してきた割には、それぞれが単独の謎なんですよね。出来ればもっと滅茶滅茶とこんがらがって欲しかったかなぁ……

文章は非常に緊迫感があります。
これはを読んでいて面白かった。
ただ、キャラクターの造形が今一つピンと来ないんですね。
これね、多分ヴィジュアルがあると違うんだと思うんですよ。
ドラマだったら激しく燃え滾ったかもしれない香りがするんですね。

申し訳ないことに私、ヴィジュアルではなく字面と文章のリズムから萌えを補給するタイプの者なので、この手のお話は乗り切れんのです。
作品の良し悪しではなく『謝った部分に手を出してしまった』感であっぷあっぷしております。

4

表紙が一番の萌えどころでした…

うーん、これはあらすじを考えた方が素晴らしいと思います。
こんなふうに書かれたら、読んでみたくなるもんね。
ただ、私にはそこまでの面白さは感じられませんでした。


監察医のバンが主人公です。
ある女性の首吊り事件の真相に迫ります。
バンは、自殺に見せかけた死体の死因を他殺だと鑑定するのですが、その直後からバンを脅す男が現れます。
死因を自殺ということにして死亡診断書を書くように脅されたバンでしたが、脅しに屈しないバンの周りで親しい人達が行方不明に!?
親友だったプートを攫われたバンは、犯人を女性の恋人・テーンだと推測し接近するのですがーー…

女性を殺した犯人は?
親友・プートの行方・生死は?
テーンの正体は?
黒幕は?

……と、バンが謎多き事件に巻き込まれていくサスペンスBL。

ですが、犯人が思った通りの人すぎて残念。
一周回って意外とも取れるかもしれませんが、驚きはありませんでした。

大筋の事件自体の真相は早々に種明かしされ、話が殺人事件からマフィアの兄弟喧嘩へと移っていくのですが、この展開がちょっと安っぽかったかな;
個人的には、肝心のラブの方も全然萌えられなかったです。

ゲイであることを知られて虐められた学生時代を改めるように、女性と付き合うバン。
しかし心から愛せる人はおらず、長続きしないまま別れを繰り返すばかり。
そんなバンが惹かれたのは、容疑者・テーンで……

テーンもゲイなのですが、強く賢いバンに心惹かれていきます。
自分は一途だと自負するテーンですが、私は独占欲と執着心の塊に感じてしまい、あまり好きになれませんでした。
唯一気になったのは、プートがバンを愛していたという事実。
この大きな萌えに繋がりそうな案件をもっと掘り下げて欲しかった〜
ここに萌えが詰まっていたのでは……と、思わなくもない。

事件解決後の何だかんだも、正直どうでもいいような?
この犯人も思った通りだったし;

エロ描写はなし。
挿絵もなし。(電子だけ?)
これは残念過ぎた……

後半の補章は、青春BL風?
ソラウィットは惚れっぽいなあ;

値段もお高いのですが、翻訳ものは仕方ないですよね。
それにボリュームも凄いので、値段に見合わないとは思いませんでした。 

事件を通じて生涯のパートナーを得る素敵なお話ですし、キャラの心理描写も丁寧でした。
ただ、自分には合わなかったのだと思います。
それから、バンが自分を「僕」じゃなくて「バン」と呼ぶ事があり、誰のセリフか分からなくなる時があって読み辛かったです。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP