死神は殺せない

shinigami wa korosenai

死神は殺せない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×217
  • 萌21
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
218
評価数
59
平均
3.8 / 5
神率
28.8%
著者
三日ミタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
秒で分かるBL
発売日
電子発売日
ISBN
9784799752470

あらすじ

「アンタは今も俺の側にいるんだろ?」
異常なまでの危険体質である瑛士は、昔から何度も死の危険に直面してきた。
だけど危険な目に遭う度、自分を守る謎の“影"の存在に気付く。
いつしかその影に特別な感情を抱くようになった瑛士は、影の正体を知るべく、
窓の外に自ら身を投げ出そうとするが、そこに現れたのは恐ろしい形相のマスク男で!?
エリート死神による絶対死なないエスコートラブ!

表題作死神は殺せない

ケイレブ,死神
真白瑛士,23歳,カフェのキッチン担当

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数9

思った以上に駆け足だった

タイトルと表紙から受ける雰囲気だけでいつもなら購入しちゃうんです
が 今回しっかり試し読みしちゃったんです ←しまちゃん積んでる人

まぁびっくりです

金木(東京喰種)?  え? イケオジになった金木かッ?
と ムダに二度見 三度見するくらい目につく異様なマスク 

えぇ マスク(死神)買いですw



幼い頃さまよった狭間で掴んだ温もり
繋ぎ止めた生にまとわりつく黒い影

もう大好きじゃん こんな出鼻

不幸な星のもと生まれ不運にみまわれ 相手と出会って相手の幸運に自分の不運が緩和されるお話は数々読んでまいりましたが 逆だよ

相手と出会ったことで常に危険と隣り合わせ
ただ その死から確実に守られてる


あぁぁぁあああ なんなんだよぉぉおお 禍々しいマスクから漂ったその雰囲気
出された食事にあっさりマスク外したかと思えば とんでもねぇブツ隠してやがってぇぇええ

ァァァァ 死神のクセに神々しいやら 艶めかしいやら


運命をねじ曲げて生を繋いだ瑛士
ケイレブが語る悪魔の階級や死神同士の争いより大事な背負わされた運命

悲恋にしかならないじゃん もうさ
だって 瑛士が度々危機に直面するのは 歪んだ運命を正すため
本当なら瑛士の魂を送り届けなきゃいけない立場でって

いやまぁまだ恋も自覚していませんがね
万が一恋を自覚しても相手は人間じゃない 欲や感情のない存在なんだろしな
って


自分の階級を上げるためケイレブを貶めたい輩の存在に ケイレブ自信が背負った罰

ヤバイ 油断したッ!

申し訳ないけど そんな展開思いもしなかったから瞬間目に入った光景にびっくりして1回本閉じちゃったよ (。>д<)

ええぇ? (※ 見返したらなんてことないただの回想でした (*´σー`)エヘヘ)


当て馬にもなれなかった中途半端な存在の死神が若干哀れで呆気ない幕切れに エロの挿入も強引ちゃ強引

ではあったけど なかなかどうして

ただ 話数不足で割愛された部分や 生まれ変わっての日々がもう少し欲しかった
なんなら そこにたどり着くのにかかった3年の月日だけでももうちょっと見たかったァァ


てか 個人的にはケイレブが人間だったころに何があって死神になんてなったのかってところが一番気になりはしたけど そこは上手くかわされたのでね  うん しかたない


んんんん なんならおかわをで見せていただきたいくらい 設定はよかったんですよ
ほんとに お話の流れもよかった 執着や執念は弱かったけど申し分ない位まとまってるし 優しいお話ではあったんだけど

だからこそ物足りなさが残っちゃったんですよね……そこだけがもったいなかったな

0

垣根を越えて

死神であるケイレブが幼い頃から何度も死の危険にあう瑛士を守り続けているという、ちょっぴり不思議な関係性のふたりを描いたお話でした。

瑛士がはじめに死にかけた時からいつも身近だった「黒い影」の正体は死神のケイレブで、それから幾度となく危険なことから救ってくれたことに恩返しをするため、その奇妙な同居生活は始まるわけですが。
わりと穏やかに進むふたりの日々が逆に非現実さを際立たせている気がして面白かったです。
理屈ではないところで惹かれ合う様子はすごくキュンとしました。

両想いになるところまでで終わりかなと思いきや、エッチシーンまでしっかりあったのですごく得をした気持ちに。
消えてしまったケイレブも戻ってきて、めちゃくちゃハッピーな終わり方をしていて本当に良かったなと思いました。

0

純愛!!!

瑛士を助け続けると消えるケイレブ×ケイレブに助けられないと死ぬ瑛士
というカップルなので、どちらかが犠牲になってしまうシリアスストーリーなのかな…と思いきや、ハッピー展開になってくれてにっこりでした!
死神界の主様ありがとう!!
お互いが何よりも大切な2人がてぇてぇです。
元気で健気な瑛士も、瑛士にはすこぶる甘いケイレブもとても可愛かったです!

0

くろまる

絵が美しく、ケレイブのキャラデザインがツボです。後輩くんも深掘りしたら面白そう。
一方で、ケレイブがそこまで瑛士にとらわれた理由がイマイチ謎。冒頭の病院の一瞬が何か深く刺さったのだと思うのだけど、彼が忘れている人間だった頃と関係あるのかな?と思いながら読んでいたら特に本編で描かれませんでした。オムレツをリクエストする理由も、小さな瑛士が笑顔で食べてるシーンと「そんなに美味しいものなのかと思って」というセリフこそあれ、終盤で再登場するならもう少し強い理由が欲しい。秒で分かるBLの触れ込みなのによく分からないとはこれいかに。私が大事なコマを見落としていたらすみません。
くろまるケレイブは可愛い。ただ瑛士の生死と、ただでさえ寿命の長いケレイブが数年くろまるになるのとが等価なのはなんだかな〜

0

死に愛された男

新人作家様でしょうか❗初読みです
まず絵がとても綺麗です♡特に死神ケイレブのビジュアルが素晴らしい!黒髪スーツの美形悪霊倒すときもカッコいい
ただ元は人間だったとありますが、瑛士と何か関係があったのでしょうか?6歳のときに死ぬはずだった英語士を助けてますが(そのせいで悪いものに狙われるようになったけど)初めから二人は惹かれ会ってた?

ケイレブと瑛士が前世で恋仲だったり何かドラマティックなことがあったら間違いなく神評価でした。

でもTVとか本なんかに載ってる死神ってドクロに鎌持ってるすがたが定番ですが、もし死神が本当にいるとしたらケイレブのようにゾッとするほど美しいのかもしれないですね
最後はケイレブ消えたんじゃなくて、黒いスライムみたいになってて可愛かったです

1

死神BL良かった…!!

ずっと『死神BL』っていうパワーワードが気になってました。購入するきっかけになったのは、お試し読みでケイレブを見てから…。ケイレブが初めて登場するシーンのまぁ…印象的な事!!ゾッとする程の美しさと底知れない恐ろしさが共存していましたね。
幼い頃から得体の知れない黒い影に命を守られている感覚があった瑛士。
黒い影は瑛士にとっていつの間かその存在を感じながらオナニーしてしまう程に大切な存在に。
初めて目にするケイレブに当初は戸惑いながらも惹かれていく…そしてそれは死神であるケイレブも同じで…。
お話の流れも斬新でしたし、ラストまでの展開がとても良かったです!!2人が愛おしくなってしまった。
読んだ後に余韻の残る綺麗なBLでした。

0

最後の最後に性癖に刺さった

読み終わった一番最初の感想は、「表紙ほど重くなかった」でした。
真っ黒の表紙に死神というワード、物語自体も重めかもと覚悟をしたが、結構あっさり読める一冊だと思いました。
物語全体的に、淡々と進んでいく印象でした。
死神は人間みたいに欲求がなく、常に無表情でいるが、読んでいくと無表情でもなんとなく彼の感情が見えてくる気がします。
無機質な感じがするが、決して感情がないというわけではない。受けは本来子どもの時死ぬはずだが、彼の魂を導くため差し伸べた死神の手に、子どもの受けは嬉しそうに掴んだ。それきっかけで、死神は彼の魂を回収しなかったのです。
物語が進んでいくと、人間に感化され欲が出てきたり感情が芽生えてきたりすることが多いと思うが、ここの死神は最初から最後まで欲はなかった(性欲や食欲なども)。でも受けが欲しがるから、冷静に手伝うという感じで。
つまり、エロ自体は少なめです。
ただ最後の描き下ろし(本編から3年後)で、酔っ払った受けが死神に迫る時、乳首を弄るシーンがありました。受けの乳首は、本編中より大きく膨らんでいるように見えて、気のせいかもしれないが「これが開発済みの乳首?!」と思わず心の中で拍手しました。

ドキドキハラハラ、心拍数が上がるような内容を求める腐女子はがっかりするかもしれません。
穏やかな物語、やさしいお話など求める方は、表紙に騙されず(?)ぜひ読んでみてほしいです

3

黒い目に

ケイレブの黒い目に引き込まれました。ケイレブは死神で感情を表に出しませんが美しい表情で気持ちが読み取れました。
たんたんと進むお話ですが瑛二を思うケイレブの愛とケイレブへの瑛二の想いに胸がジーーンとしました。

0

死神に押せ押せ照れ照れ男子

『秒で分かるBL』の「人を愛したバケモノ」テーマ群で、加藤ススさんの傑作「いけにえもんぜんばらい」と共に気になっていた作品でした。表紙かっこいい…

幼い頃死にかけた瑛士は、死神が差し出した手に喜んで頬擦りする。
意識を取り戻した瑛士は成長し、幾度となく危険な目に遭いつつも間一髪で“黒い影”に助けられてきた。その正体が見たいとベランダから身を乗り出したところで、スーツ姿の死神が姿を現す。というお話。

ケイレブが現れた時のゾッとする感じが凄く良かった!ガタイ良くて三揃スーツキマってます。
このお話は死神に守られている瑛士が、徳を積んだから助けられた人間でも特別な出生だったわけでもなく、普通の人間だからこそ面白いです。
リアクションが一般的で笑えるのだけどちょっと変わってて(何度も死にかければそうなるのかもしれませんが)
「まさかこんなに怖い人だと思わなかったけど」と言いつつ助けてくれたお礼と、食事を作ったり会話しようと押せ押せ。
料理描写がとても雰囲気が良くて美味しそうです。

幼い頃死ぬはずだった瑛士は、生きたことで歪みが生じ危険が多く、他の死神にも目をつけられているという。
「君を絶対殺させない 君が生きているうちは」
SPなケイレブ!照れ照れな瑛士が可愛い。

ケイレブの琴線に触れたものが素朴なのが良かったです。
庇護欲から違う感情になっていったのか、瑛士の好き好きって顔に流されたのか、最後まで彼の感情は(あるのかないのか)あまり見えない。人間臭くならないよう調整されたのかなと思いました。
ベッドシーンは二人ともガタイ良くてかっこいいし、瑛士の泣き顔が可愛くて甘かったです。

死神と一緒に暮らすとは…と思いますが(ケイレブも、普通に人間の恋人にしなよとは言わない)瑛士がほのぼの幸せそうだし、一番安心できるのかなと。

設定に萌え要素(SPとか身体に傷跡とかいいよね…)と読みやすい世界観を作られていてお話の流れは好きなのですが、恋人な雰囲気になるのが唐突だったり、個人的に山場に余りハラハラ出来なかったので、萌評価にさせて頂きました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う