「ソラのひと」出版社ペーパー「白昼の星」

sora no hito

「ソラのひと」出版社ペーパー「白昼の星」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

2

レビュー数
2
得点
22
評価数
5
平均
4.4 / 5
神率
60%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
ソラのひと

商品説明

一部協力書店さんで購入するといただける特典SSペーパー。
無くなり次第終了。
A4サイズ/四つ折り
両面にSSが印刷されています。
SSのタイトルは「白昼の夢」。
SSの内容:
時系列は本編終了後。高校生の姿に変化した学と唯愛のやりとりを見た孤月は…。

レビュー投稿数2

彼等に末永く幸せを

本編終了後のお話でした。

宇来不在の三年間をたった1人で唯愛を支えて来た孤月でした。
高校生だった彼の負担はどれほどだったか、それは宇来が帰って来た時の号泣する姿が全てを物語っていたと思います。

そしてこちらは大学生になった孤月が宇来先輩と初対面した時のお話でした。

幸せそうな宇来と唯愛の様子にほっこりしました。

とても楽しそうな3人ですが、そこに流星の姿は無くて…。いつか3人の共有する秘密を流星に打ち明けられる時が来る事を願わずにはいられませんでした。

孤月と宇来が話す流星の人物像からは孤月の恋の成就は難しそうですが、どうにか孤月にも幸せになって欲しいと思いました。

1

これはなんか分かる

本編後日談で、まだ流星さんはハブられているので、狐月、学、唯愛の3人のお話でした。本編は今一つシンクロしきれなかったんですけど、この番外編はなんか分かる!と思ったので萌にしました。

(本編のネタバレになるので以下ご注意)

高校時代の、気の置けない仲間ときゃいきゃい楽しそうにする姿を見たかったという唯愛の願いにこたえて、1週間かけて高校生姿になった学。大学生になっている流星とはいえ、二人そろえばなんとなく願いが叶うように思って、「ゲームやって!」とおねだりするのでした。

一回かぎりの高校時代。色々乗り越えて記憶の上書きをするべく、やり直しに協力してくれる学と狐月。いつか流星もその輪に加わってくれるとよいなあと思います!

0