時給2000円、猫付き、同棲アリ いじわるダーリン付き通い妻バイト

溺愛な嫁のバイトです

dekiai na yome no baito desu

溺愛な嫁のバイトです
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×217
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

98

レビュー数
7
得点
123
評価数
36
平均
3.5 / 5
神率
11.1%
著者
鳥田ちず 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784865549034

あらすじ

兄の紹介で家事代行のバイトをすることになった育は、威圧感あふれる美形の京平と知り合う。
忙しいエリートリーマンな彼は汚部屋の主であり、リビングに下着を放置するような適当な性格。
「年の割に経験なさそうだな」
なんていじわるにからかってくるし、初対面の印象はわりとマイナス。
しかも初日、泥酔した京平にうっかり手を出されてしまう!
――育にとって最悪のバイトの幕開け、だった…けど!?
ちょいクズいじわるエリート×ピュア学生の溺愛系年の差ラブ

表題作溺愛な嫁のバイトです

根岸京平,27歳,リーマン
野田育宏,20歳,大学生

その他の収録作品

  • おたがいさま(描き下ろし)

レビュー投稿数7

疲れいるから迷わず手を出す

ついにわたしもフルリモート勤務となりました。この前、会社から提供されてるポケットwifiがいきなり繋がらなくなり、サポートで電話してきてくれたひとがまぁーひどい態度で、しかも直らなくて、自力で直したという、、
そんな嫌なことあったときは、溺愛じゃーーというわけで、こちらを購読。

タイトルという、キャラクター設定といい、溺愛確約、最後はお見通しだけど、その安心感が心地いい!

受けの育くんがお料理上手で、かわいいくて、猫さんとのツーショットは癒し以外の何者でもありませんでした。

それは攻めの京平もいっしょなはず。
そして、そして、描き下ろしのおたがいさまが最高です!温泉旅館で繰り広げられる浴衣でえっち!!かわいいし、エッチ!!!

疲れてるひと、是非読んでほしい

0

タイトルに溺愛を付けなくても良かった

1冊丸々表題作で書き下ろしも京平と育のお話です。
絵柄は少し気になるところもあるものの最近の絵柄で読み易いと思います。
お話も王道な物です。
ただし飲酒したら記憶が飛ぶという設定の攻が初っぱなから受に手を出すのですが受はノンケなのに流されやすすぎだなと違和感を持ってしまいます。
別に途中でエロを無理矢理入れなくても良かったなと。

それとタイトルでわざわざ溺愛な嫁と付けているのにその溺愛加減は小匙程度…。
攻か受のどちらかが相手を昔から想っていて滅茶苦茶に甘やかすようなストーリーを期待していたので萌にしました。
最後まで読んで思ったのはタイトルや帯で溺愛を大々的に言っているほど溺愛は高くないです。

1

危険なアルバイト

今回は片付けられない会社員と家事が得意な大学生のお話です。

受様が家事代行を引き受けた攻様と恋仲になるまでと
2人が旅行にいく続編短編を収録。

受様は高校生になった時に両親が海外赴任となり、
7つ上の兄と2人暮らしとなります。

兄は仕事が多忙で面倒見も良かった受様は
積極的に家事をするようになり、
大学生の現在も家事スキルは日々向上中です。

そんなある日、
受様は兄から久しぶりに会った友人の家で
片付けバイトをしないかと持ち掛けます。
この友人こそ今回の攻様になります♪

受様はちょうどバイトを探していたし
兄の友人が困っているならと
快く引き受ける事にした受様でしたが

向かった攻様宅で会った攻様は
兄とは正反対な派手で押しの強いタイプで
通されたリビングはとてもとても
人が生活できる状態には見えません!!

しかも説明が終わると休日出勤で
飲み会だと出かけて行ってしまうのですよ。

受様は攻様の飼い猫とともに残され、
なんとか夕方までにリビングを片付けましたが
疲れからついソファで居眠りしてしまいます。

そんな受様がやっと目覚めたのは
酔って帰った攻様の伸し掛かられたからでした!!

誰と間違えているのか
唇を狙われ、素早く手コキされた挙句
貞操を奪われかけるも辛くも逃げ切りますが

こんなアルバイトはこりごりと断りたいと思っても
兄の善意(!?)に邪魔させてなかなか言い出せません。

しかも攻様は酔っぱらった記憶がないらしく
兄の自慢で受様の料理を所望されてしまうのです。

受様はアルバイトを続けるしかないの!?

WEB配信載作をまとめての書籍化で
多忙で汚部屋住人の攻様と片づけ要員となる受様の
ドタバタラブコメディになります♪

攻様はお仕事のできるモテ男ですが、
綺麗にしているのは飼い猫の部屋だけという
片付けられない男でもありました。

その上、
酔ったら記憶を無くすタイプで
初日から受様に手を出すも覚えていなくて
受様は大変な目にあってしまいます。

しかも受様の初心すぎる反応がツボに入った攻様は
正気でもちょっかいを出すという
しょうもない根性悪なのですよ(笑)

そんな攻様と受様がどうやって恋仲になるのか
ワクワクしながら楽しく読ませて頂きました (^O^)/

展開は正に王道で
私にはその鉄板さがイイ感じですが

読者の予想を裏切らない展開を良しとするか、
物足りないと思うかは微妙なラインかもしれません。

次作に期待します。

カバー下には
描き下ろしの旅行編の翌朝のSSがあります。
こちらも忘れずペラッとしてみて下さいね。

1

BLの若葉マーク付けたて初心者様向け

だな〜と思いました。
ちなみに初読みの作家様で他の作品はどうかわかりませんが、オリジナリティが全く感じられなかった。1ページ目読んだら結末まで予想出来る位のザ・定番のストーリー展開。
電子で読みましたがなんならおまけまでそんな感じ。唯一予想と違ったのは出会いの猫と今の猫は違うという所だけ。
自分みたいにBLの若葉マークの頃はマニュアル(紙書籍)だけだったンだよねーという方には残念ながらオススメ出来かねます。
ちなみに自分は「ン〜?お金払って新品買ったつもりなのになんか手アカついてる気がするなぁ〜」という気分になりました。

5

緩やかに進んでく

ゆるくておおきなトラブルもなく少女漫画にもありそうな物語でBL初心者でも読みやすそうな作品だと思いました!

受けが流されやすいところがあるしよく頬を赤らめるし涙目になって女の子みたいだなと感じましたが可愛かったです!料理も上手だし家事もできて嫁にしたい気持ちがわかりました。

攻めはイケメンで性格キツそうにみえますが、実際は偉そうな態度もとらないし普通にいい人でキスとか触ったりはしていましたが受けも本気で嫌がっていなかったし最終的に恋人になっていたので相性が良かったんだなと思いました。

付き合ってから完全に同棲するのかと思ったらしずに週末に通うようになって、お兄ちゃんを見捨てないところが本当にいい子だなと思いました!!

0

もっと。求む。ちゃんと溺愛して欲しい。

「嫁」と言い切り、タイトルに「溺愛」付けるならば。きちんと溺愛して欲しい。
受けちゃんをとことん甘やかし、蕩けさせ、その愛情と執着で、やわやわに雁字搦めにして欲しいのだ。

ハイスペックイケメンのリーマン、京平は一人暮らしの部屋の汚なさと自分の生活能力の低さに辟易していたので、友達の尚の勧めもあって、尚の弟の育に家事バイトを頼む。
もちろん京平にはそれなりに下心はあったと思うんだけど、序盤は自分でも気付いていない。終始オレ様で。溺愛の素振りは微塵も無い。無いのだよ!
友達の弟さんに生活の面倒を見て貰いながら、オレ様。そして酔って記憶の無い中で、エッチな事をかまして置きながら、悪びれる事無くオレ様。
そんな京平に振り回されて、ドギマギしながら、意識しまくり。恋に落ちてしまう育。
そもそも京平は男を好きな人でも無く。恋を知らない欠落人間っぽい描かれ方。
なので、本当に「溺愛彼氏」に成るのには道が遠そう。ところがこれは一巻完結ものなので、ダッシュで「そういうこと」になる。

お兄ちゃんである尚も天然過ぎて。可愛い弟のピンチを察する事も無く。
このぽわぽわお兄ちゃんと京平の恋でも良かったと思うんだがな。
エッチはほわほわ白抜き。京平は育が可愛い過ぎるのが悪いと思ってそうな。不埒なヤツである。

5

また楽しみな作家さまが…

初読みの作家さまです。
初めての商業作品で初めてのコミックスだそうです。

受けの大学生の育が世話焼きで、まさに可愛い嫁でした。

そしてバイト先の育の兄の友達である京平が、カッコいいのにちょっと残念な人なんです。
あらすじにちょいクズいじわるエリートとありますが、まさにその通りの人物でした。
そんな京平が育に胃袋を掴まれて、育の素直さにキュンとして行く様子に萌えました。

特に育の兄の長期出張中に、2人が一緒に暮らす新婚みたいな様子に激萌しました。

初めは揶揄い半分だった京平が、やがて育に本気になってしまうんです。
そして段々と京平を意識して行く育がとても可愛いです。

2人が映画に出掛ける約束をした日に、京平は前日の接待で泥酔して寝過ごしてしまうんです。
悲しんだ育が家に帰ってしまうのですが、なりふり構わないで走って来た京平がカッコ悪いのにカッコいいんです。

2人が付き合う事になったと知った、ゆるふわな育の兄の反応も面白かったです。

絵も綺麗だし萌どころも掴んでいるし、これからとても楽しみな作家さまが誕生したと思います。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う