我らが少女A

warera ga shoujo A

我らが少女A
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
2
平均
5 / 5
神率
100%
著者
高村薫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
毎日新聞出版
レーベル
発売日
ISBN
9784620108421

あらすじ

一人の少女がいた――
合田、痛恨の未解決事件

12年前、クリスマスの早朝。
東京郊外の野川公園で写生中の元中学美術教師が殺害された。
犯人はいまだ逮捕されず、当時の捜査責任者合田の胸に、後悔と未練がくすぶり続ける。
「俺は一体どこで、何を見落としたのか」
そこへ、思いも寄らない新証言が――
動き出す時間が世界の姿を変えていく人々の記憶の片々が織りなす物語の結晶

表題作我らが少女A

レビュー投稿数2

ニマニマできます

合田雄一郎シリーズの現時点での最新作。
警大教官となった57歳の雄一郎が、12年前に担当した未解決事件と再び向き合うこととなったお話でした。

前作では大阪に居た祐介がまた東京で住んでおり、歓喜したのも束の間、病気を患ったとの事でショックを受けました。
そんな祐介を気遣う雄一郎。
祐介も祐介で入院先を警大の近くに選んでるのがもう可愛い。
入院してから知らせてくるあたりも祐介らしくて良い。

退院祝いをしたり、祐介の手料理を食べたり、ハイキングに行ったり割と交流の多い本作は読み甲斐がありました。

祐介に頼られて「40年近い年月がつくりあげたなにがしかの情合がある」と発見したとあるけど、再確認しただけですよね。
2人は身内も恋人も居ないけど、お互いが居るから「真に孤独ではない」んだと雄一郎が思ってるのが嬉しかった。
どうか雄一郎から祐介が離れてしまう事がありませんように…。

雄一郎はまた桜田門に移動になったそうで。
今度はかなり上の役職になるのでは?
定年後は田舎で2人で暮らしてほしいなぁ。
逆にそれ以外の道は見えないな。

2

甘食

こんばんは。コメントありがとうございます。そして合田雄一郎シリーズの完読おめでとうございます。あれはももよたん様もおっしゃる通り、もう「恋人」で良いですよね。クリスマスも自然に一緒に過ごしちゃってるもの。将来的には同居して本物の義兄弟、いや家族になってほしい。

雄一郎は最後に本庁に戻るとサラッと書いてあり、定年前の最後の活躍を読みたい気はすごくありますが、高村先生は他の作品では主役級のキャラクターをバンバン殺してしまう人ですし確かに怖いんですよね。祐介が病死とか雄一郎が殉職とかしてしまう位なら、定年後は雄一郎の作った野菜を祐介が美味しく料理して末長く2人で仲良く暮しました…という童話のような腐女子の妄想エンドでいい、とも思ってしまいます。

2人とも健康に生きててこの家族のような関係も続くのなら続編めっっちゃ読みたいですが。その時はまたお互い読んで萌えの感想を言い合いましょう。義兄弟萌え談議に何度もお付き合い頂き嬉しかったです。ありがとうございました!

50代の刑事と判事

合田雄一郎シリーズ最新作です。相方の加納祐介と共に57歳という年齢になった2人。えええー?と思う人もいるかもしれないけどあの2人は奇跡の50代。まだまだカッコいいし可愛いからご安心下さい。雄一郎は現場を離れて警察大学の教授になりました。エリートっぽいなあ。

今作はシリーズ中1番2人が穏やかにイチャイチャするシーンが見られて満足です。祐介が東京に戻り、遠恋終了。しかし祐介は心臓病と初期の癌と2つの大病を患い、ペースメーカーまでつけるようになりました。雄一郎がそれを聞いた時涙で携帯画面が滲んで返信を打つ手ももつれた…というような表現があり、「レディ・ジョーカー」で自分の命を粗末にした時祐介がどんな思いをしたかというのを身を持って知ったと思います。

その後は祐介が病院の検査のたびに迎えに行ったり、将来は近くに住もうと心に誓ったり、ほぼ家族のようです。2人とももう親兄弟はなく、子もいないから本当に頼れるのがお互いしかいないんだ、と思うとしんみりします。でも2人でスポーツ観戦したり、花火大会に行こうとしたり(雨で中止)、おしゃれなケーキ屋さんに行ったり…この年にしてようやく雄一郎も振り切った感じで遅い青春を2人で楽しんでるみたいで本当に微笑ましいです。やはり電話や手紙だけじゃなく会って話したり飲んだりする2人を読めるのは嬉しい。
 
あ、ラブいシーンの感想ばかりですが、もちろん事件小説です。群像劇風に沢山の登場人物がいます。前回よりはグロくないけどやはり事件は切ない展開です。今までの作品なら犯人タイプの人物が最後に皆に幸せを振りまいて自分も幸せを感じた直後に…という結末は悲しすぎる。

雄一郎は50代になっても高校生や20代の男子に慕われてて、男にストーカーされたりしています。ちょっと危ない男に魅入られるタイプ。相変わらず男にモテる男ぶりは健在です。

追記…吉祥寺のLEMON DROPの写真見た。あんな可愛いお店におっさん2人で行ったの?萌えすぎる!少しレトロチックでケーキも美味しそう。いつか行きたい。お店の名前も生涯青春っぽい2人にピッタリ。レモンって初恋とかそういうイメージ(感性古い?)。物語で重要な役割も果たした場所なので雄一郎は最愛の友と祝杯でもあげたい気分だったのかも。ケーキで祝杯…やっぱ可愛すぎる!そういえば「クリスマスイブは空いているか?」の名ラブレター(あれは銀座の風月堂で書いた手紙。スイーツ好きか!笑)の頃からちょうど約21年後の2人です。こんなに仲良しの熟年カップルみたいになっているよってあの頃の2人に教えたい。

1

甘食

硬筆じゃない。硬質!鉛筆じゃなくてもいい。

甘食

2回目読了しました。周りの人々に愛されていたのに幸せにはなれなかった少女A。精神障害を持ち、悩みもがきながらも懸命に生きた少年A。野川公園近辺に住む人々の切ない人生劇場でした。対して合田と加納の関係はシリーズ通しての愛の集大成と言っていいほどの蜜月ぶりでした。今までの作品ではネガティブ思考ばかりだった雄一郎が「自分達にはお互いの存在があるから孤独ではない」と幸せを噛み締めている感じがなんと言っても良い。雄一郎も祐介も人生のほとんどを仕事に捧げてきたので(時々悩みながらもやりがいを持っている)プライベートでこんな幸せな結末が待っていて良かったと思います。続編読みたいけど合田と加納の関係としてこれ以上のハッピーエンドってある?と思うと読むのが怖い気もするのです。これ以上と言ったらもう完全に伴侶となって一つ屋根の下で共に暮らすというのしかないかな?高村先生の硬筆な文章でそんな甘々が読めたらそれはそれでハッピーだな。

ももよたん

こんばんは。
『我らがー』読了しました。
甘食さんのおっしゃってらした通り、2人のイチャイチャが多めで大変満足しました。
もうこれ恋人でいいじゃん、と思いました。
そして老後は祐介の身体を労りながら、手に手を取り合い暮らしたらいいじゃん、と。
高村薫先生はそんな甘いラストにしない予感がしてて、続編が読みたいような、読みたくないような…まぁ続編あるとは限らないんですが。

甘食さんのレビューを読んで、私もLEMON DROP検索しました!
ここで初老のイケオジ2人が…と思ったらとてつもなく萌えでした(//∇//)

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う