遊びじゃねえんだ 上

asobi ja neenda

遊びじゃねえんだ 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
タクミユウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
電子発売日
ISBN
9784253154796

あらすじ

半グレの対立陣営同士に所属しながらも惹かれあっていた時生と蓮児。
とある事件で2年間服役し、出所した時生はかつての仲間たち、そして蓮児に再会するがーーー。
抜き身のこの愛を、お前に突き刺したい。
ハードコア・ナイフエッジ・ラブ

EXILEメンバー【橘ケンチ】原案、講談社マガジンポケット連載「あらばしり」が話題のタクミユウの新作本格BL! 色気に溢れる青年たちの躍動、ハードな濡れ場、熱く燃え上がる男同士の愛が読む者の胸を打つこと間違いなし!!

表題作遊びじゃねえんだ 上

矢街時生,半グレ「ドッグス」メンバー
二神蓮児,半グレ「ジェイド」リーダー

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数2

バイクの作画がイイ!!

半グレのお話ということで構えて読み始めましたが、ちょっと前の時代の半グレのイメージというか、軽いヤンキー集団て感じなので読みやすかったです。暴力や痛い描写は上巻時点でそんなに出てきません。
メインカプは対立する集団に属する時生と蓮児。時生が出所した現在から過去回想に移り、絡み合った人間関係が見えてきます。事件は時生に執着する、集団のリーダー格が蓮児を潰そうとして起きたのかな。敵キャラ?の曲者っぽさがとてもイイ感じでした。
目を奪われたのは1話のラストページ!コマの端に見切れるバイク、地平線を背景に座って顔を寄せ合うヤンキー二人の後ろ姿、しかも一方がロン毛、そしてシンプルな告白。めちゃくちゃ昭和で既視感ある気がするんですが、情緒があって、すごく惹かれる雰囲気でした。ポストカードにしても良さそう…(昭和!)。
個人的にはバイクの作画に注目してました。細部まで見応えがあって嬉しいです。あのメカメカしさがとても好き。
曖昧ながら気持ちは通じ合ってる様子の上巻。次巻も読みます。

0

半グレのロミジュリ

タクミユウ先生のファンです。
久しぶりの新作は、なんと上下巻のボリューム!これは嬉しい。
そして、読んでみるとストーリーもガッツリ、恋愛もガッツリの良い読み応えのある作品だった。

上巻。

ファーストシーン『覚えているのは 衝撃と熱』
そして、長い髪の美しい男を庇ったのか、腹を刺される男の姿…
もうここだけでこれから始まる何かへの期待が膨らむ。
そして、それは夢で、主人公は半グレメンバーで指名手配されており、刺されて担ぎ込まれた病院で逮捕されてその後服役、今日が出所の日なのだ、ということが明かされてくる。
主人公は、時生。夢の男は対立するグループのリーダー・蓮児。
そう、これは敵対関係にある2人の、ロミジュリ風味の恋愛物語…

2年の服役期間の間に、時生が所属する「ドッグス」と、蓮児の「ジェイド」の抗争が激しくなっていた。
改めてお互いの想いを確かめ合った時生だが、抱き合った後で蓮児から「俺か 仲間か」と突きつけられる…
…というなかなかシリアスでイタい展開が疾走感を持って始まります。
時生の生い立ち、孤独な少年時代。
そこに寄り添ってくれた先輩と仲間。
一番つらい時に居場所をくれたから、信頼しているし裏切ることはできない…

障害がありすぎる2人の葛藤、それでもどんどん好きになる、そんな想い。
時生の先輩で「ドッグス」の裏幹部・早房の陰謀と冷血、相反する時生への溺愛的な態度。
早房に追い詰められていく「ジェイド」。
ストリートでドッグスとジェイドがぶつかり合う…!

私は長髪が好きなので!もう蓮児はドンピシャですよ!
艶かしいけれど決して女性的ではない。そんな魅力があります。
代議士の愛人の子だという早房の屈折した心、彼の存在感もいい。
下巻に続く。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う