なんでもない日々が、君といると天国になる。

フロムヘブンヘブン

from Heaven Heaven

フロムヘブンヘブン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神76
  • 萌×271
  • 萌30
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
28
得点
758
評価数
183
平均
4.2 / 5
神率
41.5%
著者
ほど 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784758022842

あらすじ

「お前って俺のこと好きなの?」
高校三年の卒業式、片想いをしていた同級生・藤田から突然の呼び出し。
誰にもバレるわけがないと思っていた想いが、まさかの本人にバレてしまった…
慌てる林だったが、どういうわけか卒業式の一週間後、藤田とセックスすることになって――?

毎日「好き」になって、いつだって天国に連れていかれるみたいに「幸せ」。
ほど渾身のデビューコミックス。

【描き下ろしあり】

表題作フロムヘブンヘブン

藤田武,高校生→社会人
林直和,高校生→大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし(描き下ろし)

レビュー投稿数28

理想のお付き合い像

最初から最後まで読者の全身に幸福感漂います。

あらすじ通り、片思いの相手と何故かセックスすることからお話がスタートします。その点はBLではありそうな展開ですけれど、読中は何故か二人の恋愛が出会いから一歩一歩階段を登っていくように受け取れる位ピュアです。最初がセックスからですけれど、二人の付き合いの進展と様々な出来事との兼ね合いが自然です。

あらすじはその通りですし話中でも適度にやってますが、読後感はどちらかというとエロ無しアオハル物にかなり近いです。

12

可愛いくて甘い

カバー表紙の攻めの表情に惹かれて購入を決めました。

そしてやはり攻めがメチャクチャ可愛くて萌えました。買って良かったです。とにかく受けも攻めも可愛くて好みでした。

当て馬とか全く登場しなくて、二人の世界なんです。でも攻めの藤田は就職で受けの林は大学進学と進路が分かれてしまう事から、時間が合わなくなってしまって林がぐるぐるしてしまいます。

林は卒業式に藤田に呼び出された時から、一人でぐるぐるして勝手に結末を用意するとか臆病な面があります。
そんな林の誤解を解いたりとか、時間を見つけては会おうとする藤田が格好良いんです。

同僚にもちゃんと彼氏が居るって言ってるところも素敵でした。そして同僚女性は間違い無く腐女子です。www
この女性の存在を林は誤解してしまうんですが、藤田から林の話を聞きたくなる気持ち分かってしまうと思ってしまいました。

藤田から話を聞いて誤解だと分かると、ちゃんと気持ちを切り替えられる林がとても可愛いんです。

藤田の家族と一緒に祭りの手伝いをする林との関係も良ければ、描き下ろしの藤田視点の林を気になって行く心理描写も良かったです。

この二人の関係が微笑ましくて大好きでした。また楽しみな作家さまの登場に嬉しくなりました。

電子限定特典の漫画も可愛いのでお勧めです。

12

甘い、とにかく甘い、フロムヘブンヘブンヘブン

初めてレビュー書きます。読書感想文とか苦手で語彙力低い人間なので拙い文章かと思います、ご了承下さいませ… 。

いやぁ、幸せ一杯の読後感間違い無しです。主人公の直和くんが、とにかく可愛い、一生保護したい。可愛いけど自分をしっかり持っていて流されない、我慢せずにきちんと気持ちを言う。見た目と違って心は男前なのです。高校生活で片思いしていた相手に卒業式で突然「俺の事好きなの?」と聞かれ思わず正直に答えてしまう...そして、まぁ、その年代の男の子がまず付き合って考える事はデート云々よりセッ...であります。ラブホテルで初めてのシーンもとても綺麗で素敵でした。一足先に社会人になった藤田くんと会えない切なさや誤解からモヤモヤしてしまう直和くんですが、逆にそれは愛されているが故の藤田くんの行動からというのが分かり、一安心。同僚に恋人の事堂々と自慢したり家族の前で恋人だよって言いそうになったり相手に黙って近くのアパート借りたり、すんごい溺愛していて、何も心配いらないじゃん!って位、藤田くんはも男気あって男前なのです。私は攻めを苦しませる当て馬が出てくるお話大好物なのですが、この作品には無くて良かった〜って思える位、甘くて幸せな気持ちになれました。付き合い始めなのでガッツいて身体ばかり求めてしまう藤田くんですが、直和くんとの関係も落ち着いて、仕事にも慣れて、これからきっとラブラブデートとかゆっくり出来るといいねって思いました。今後の二人も見てみたいなぁって思える作品でした。沢山の方に読んでもらいたいです。

7

タイトル通りずっとしあわせを感じられる作品

フロムヘブンヘブンというタイトルの通り、ずっとしあわせなところに主人公が置かれるので、穏やかな気持ちで読めました。(ただし平坦という印象はありません)

1冊まるまる同じストーリーなのですが、第1話が読みきりと言われても違和感がないほど序盤で展開がトントンと進みます。
とは言え無理な話の運びではなく、キャラクターの心情は丁寧に描写されています。
物語の最初と最後がなんとなくリンクしているような雰囲気があるのもおしゃれで好きです。

二人が不器用ながらもちゃんと思い合っているのがわかってキュンもほっこりも感じられて、繰り返し読んでしまう1作です。

3

なにこれ、かわいすぎる!!

叶うはずがないと思っていた片思いが、まさかの成就。

付き合い始めの、あのドキドキ感。
お互い手探りで、たまに不安になったりするけれど、それも含めて幸せで。
高揚感、多幸感、heavenly っていうんでしょうかね。
一緒にいる限り、ここは天国か?みたいな。
そういう気持ちが描かれています。






ーー

積んでるあれこれを今、崩している最中で、これを読んだんだけど……。
早く読めば良かったなーって思いました。
確かこれ2022年のBLアワードで「次に来る」でノミネートされてた記憶があるんですよね。
でも、その当時は読んでなかったので投票しなかったけど、読んでたら絶対に投票してたのにー!って後悔。
今更だけど、私の中で「次に来る」だなー。ほんと今更だけど……

3

最初から最後までホワホワ

いやぁ~。
可愛い。
2人ともなんて可愛いんだろう・・・。

何か事件がある訳でもなく、ほぼ2人のやり取りの1冊なのに読み始めたら止まらない。
え、こんなヘブンだらけでなんで途中で飽きないの??
不思議。
いや、不思議じゃない。

漫画がとってもお上手ってことですよね。
なんでもっと早く読まなった自分!!
ほど先生これからも追っかけていきます。

3

365日の言葉を持たぬラブレター。とりとめなく押し寄せる甘い波。

甘いっつつつ‼︎‼︎ もぅっ‼︎ とりとめなく甘いっ‼︎ 糖度120%‼︎
ひたすらに甘いのだ。疲れた心と頭を癒す、ただそれだけ。
ムッツリの藤田の気持ちは分からない。ただ。恋焦がれて見つめていただけなのに。
卒業式のその日。藤田は林の想いに、思いがけず応えてくれた。
その日からずっと。2人は恋人同士。
言葉少なくムッツリめの藤田の真意を測りかねて、グルグルしちゃう可愛い林。
風邪っぴき看病タイムで楽しみにしていたデートはお流れ、とか。
卒業後、一足先に社会人になった藤田との時間が激減して、会えばエチしかしてない事での「セフレ疑惑」とか。BL読者ならお馴染みの設定がこれでもかと続くウフフ展開。
好きで。片想いだと切なく想っていた林の、そんな気持ちを軽く大きく、上回る藤田の溺愛っぷりに、うはーってなります。まぁ言えば軽くドン引きです。こんな幸せがあっていいのかと。
藤田は林を、林は藤田を。天国へ連れてってくれる、そんな幸せ。
彼等は読み手側をも天国へ連れてってくれるんです。まさに癒し。

同級生だったからこその男子らしく苗字呼びしていたのが、藤田の実家でお手伝いする事がキッカケで、ナチュラルに名前呼びに変わる瞬間も良い。
きっといつかは。一緒に生きる相手なのだと紹介するのでしょうし。
林の大学卒業後は、同棲もスタートする事でしょう。たまにすれ違って、またグルグルしても。藤田の想いが、林の気持ちが、真っ直ぐだから。2人はきっと大丈夫。

描き下ろしには、普段ムッツリの藤田視点からの溢れる想いがあって。林のことを最初っから好きな事が分かるんだけど。林の、藤田を好きになった馴れ初めは、「見た目」だけじゃない何かを描いて欲しかったなぁ。でも。それが「見た目」だけだったとしても。どんどん好きになって行く。なんてったって。フロム ヘブン ヘブンだからね。
卒業式のあの日から。1年後の春。天井知らずのヘブン ヘブン♬

11

ふわっふわの癒し系でフロムヘブン

すごいですコレ!!超平和!夢!ほぼ二人の世界で、幸せしかないラブラブ漫画、頭蕩ける感覚が味わえそう笑。読後にタイトル見て爆笑しました。確かにフロムヘブンな内容ですよ。
卒業式での告白から始まって、思い出作りの初H!かと思いきや、実は両思いで…!?からのお付き合い編です。
主人公の林はBLの受けらしいネガディブ思考なんですが、表情は明るく、くるくる大ゲサに変わって見ていて飽きません。身長的に上から見下ろす形になる藤田が林を可愛いと思うの分かるなあってタイプの受けでした。わたわたパタパタやってる小さい子って可愛く見えます。
ちょっとした波風は、女子からのメールを見て勝手に勘違いと自己完結でフラれると思い込むいつものパターン。正直ここだけは、またコレかー…とテンション下がりました。
それ以外はただただ可愛い二人のいちゃいちゃで、癒し系に最適!
お気に入りは藤田がスーパーで雪だるまケーキを取りに戻るところ。ケーキの上の雪だるまちゃんと目が合った瞬間に泣きそうになってしまいました。私こういうエピソードに弱いみたいで。きっと二人に甘く美味しく食べられたんだろうなあ。
派手さはないけど最高に癒される、幸せなお話でした。

10

甘くて幸せ

最初読み始めたときは、受けがつらい思いをしちゃう話の展開なのかな、と思っていました。
こういう展開から、受けがいじめられて...みたいなパターンはよくあるので。
けれど、そうではなかった。私の心が穢れていました。

純粋に恋をして、愛を育んでいくお話です。

最初は、なぜ攻めが好きになったのか、というところに疑問を持っていたのですが。小さなきっかけもつもり積もれば、大きな想いに。
攻めがきちんと受けに向き合っているので、高ポイントでした。
お互いがお互いに、相手のことを考えて行動しています。

すれ違いはありますが、基本的にはこじれる前にきちんと話し合う2人。
なので、大きくこじれることもなく、ゆったりと進んでいきます。

悪い人のいない、幸せなお話でした。
劇的さを求めてしまいがちですが、こういう優しくて幸せなお話も良いなあと思います。

9

題名がピッタリ

↓多少ネタバレ含みます
ほど先生の初コミックスです。初コミックスとは思えないくらいキャラ、特に表情が良いです。林のクルクル変わる表情が可愛いし感情が伝わってきます。

内容としては続編のような安心感のある(?)ストーリーでした。多少誤解からのすれ違いはあれど基本平和です。1話の時点で付き合い始めるので付き合った後のストーリーを沢山読めます。基本受けの林視点ですが途中攻めの藤田視点の話も読め、藤田から林への想いも見れて良かったです。お互いがお互いのこと大好きなんだなーと伝わってきました。書き下ろしも藤田視点なのですが、付き合う前の高校時代のエピソードが読めてとても良かったです!個人的にエッチの時攻めも顔が赤くなる描写が好きなのでそれが見れて良かった。

幸せなお話が好きな方にオススメです。次回作も楽しみにしてます。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う