「羊の皮を着たケモノ」電子限定特典番外編「ケモノよ、眠れ」

hitsuji no kawa wo kita kemono

「羊の皮を着たケモノ」電子限定特典番外編「ケモノよ、眠れ」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

51

レビュー数
1
得点
15
評価数
4
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小冊子
出版社
徳間書店
電子発売日
付いてきた作品(特典の場合)
羊の皮を着たケモノ
ページ数
15ページ

あらすじ

電子限定特典番外編「ケモノよ、眠れ」

モノクロ漫画/15P

内容:入院中、の辰巳を毎日見舞う大地。少しずつ変わっていく辰巳視点のお話です。

表題作「羊の皮を着たケモノ」電子限定特典番外編「ケモノよ、眠れ」

辰巳圭吾,元詐欺師
日下部大地,サラリーマン

レビュー投稿数1

ささやかな幸福感、あたたかい日々

「羊の皮を着たケモノ」電子限定特典番外編となります。
15p。

以下、内容となります。
↓↓↓↓




内容は本編の続き。本編読了後の方/ネタバレOKの方向けです。
↓↓↓↓




タイトル「ケモノよ、眠れ」

辰巳が詐欺の被害女性に刺されて入院中の場面から。
献身的に病院に通う大地。
周囲はてっきり弟/親族だと思ったくらい。
すっかり素になった辰巳は、そんな大地をバカだと思う。俺のどこがいいんだか。

そして退院し、大地は辰巳に食べさせたいご馳走をたくさん作って待っている。
そしてつぶやく。
『…でもいいや こうやってまた一緒にご飯が食べられるだけで』

素直に辰巳への想いを表現する大地に、ぐだぐだ考えるのはやめよう、と感じる辰巳…



心を失っていた自分、そんな自分を慕ってくる大地。
大地の想いを受け止めて自分も素直に生き直そう…そんなラストシーンなのかな。
辰巳の更生と大地の恋の成就、が描かれて、本作の完全なエンディングとなったのではないでしょうか。

2

この作品が収納されている本棚