羊の皮を着たケモノ

hitsuji no kawa wo kita kemono

羊の皮を着たケモノ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神159
  • 萌×260
  • 萌44
  • 中立13
  • しゅみじゃない20

--

レビュー数
40
得点
1180
評価数
296
平均
4.1 / 5
神率
53.7%
著者
九號 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784199608667

あらすじ

これ以上、近づいたらマズい。
この人は、姉貴の婚約者だ──

一流企業勤めで、金も将来性もある超イケメン──。
しかも出会って三ヶ月で婚約した!?
姉が連れてきた恋人の井川に、
内心驚愕する大学生の弟・大地。
外面はいいけど、家ではガサツで我儘な姉と、
欠点がなさすぎて逆に胡散臭いこの人がなぜ…!?
初めは違和感が拭えず警戒していた大地。
けれど、就活や人生相談に乗ってくれる
大人の男に、次第に心を奪われていき…!?

表題作羊の皮を着たケモノ

井川 淳,サラリーマン,姉の婚約者
日下部 大地,就活中の大学生

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数40

井川さん素敵〜〜〜〜!!!!

井川さんのハイパースパダリ力にひれ伏して下さい。井川さんは最高です。かっこいいです。

受けの姉の婚約者が井川さんなんですが、この井川さんがめちゃくちゃカッコイイ...!
受けに対して優しく包み込むように、相談に乗ってくれます。そんな井川さんに少しずつ惹かれていく受け。好きになってはいけない人と思いつつも、お酒の勢いで井川さんと身体を重ねてしまい...!?

と、あらすじではこんなスタートですが、もうボリュームが凄いので最後まで自分の目で読んでいただきたいです。
受けも攻めもどちらもキャラクターが良かった...
特に受けの光属性...!自分の気持ちを伝えようとする姿に胸打たれます。健気な受けは健康に良い。
対して、攻めの井川さんなんですけど、3Kを取り揃えた井川さんは完璧な男です。ダメなとこが1つもありませんね。いや〜井川さん...!!!!井川さん!!!(井川!!)大地くんを一生大事にしてください。

それと、九號先生の作品初読みだったのですが、絵の上手さに衝撃を受けました。デッサン力が100万くらいあります!安心して読める画力は大事。
欲を言えば、この2人がイチャコラするシーンをもっと見たい...。あとがきで「今後立ちはだかる問題も〜」と書いてありましたが!今後!?先生!!その今後は読めたりしますか!?先生〜〜〜!!!!!

普段はネタバレしまくりのレビューしかしてないのですが、この作品に関しては極力ネタバレ無しで...
攻めの井川さんが3K(高身長・高学歴・高収入)取り揃えたいい男なんだ〜!くらいの情報だけで読んで下さい。
後、電子の特典が15Pと大ボリュームな上にぐう萌えるので是非...是非電子で.....!

(このレビュー内容はホントと嘘半々です。)

16

ネタバレを見ずにとりあえず読んで

絶対ネタバレを見ずに読んでほしい作品です。
ちるちるの詳細なタグや受け攻めの属性タグもネタバレになりかねないので是非公式のあらすじのみで。もう遅い?
あらすじだけ読むと主人公の姉の婚約者という設定に
浮気や二股、寝取るお話かな?とそういったジャンルは苦手なのでスルーしそうになったのですが
冒頭の数ページで惹き込まれて購入して本当によかったです。
これを読まないのはもったいない…
買ってよかった!!!と声に出ました。
BLは萌えを摂取するために読むことが多いのですが
このお話はBLの中でもというより1冊の作品として読み応えが高く、まるで映画のようなストーリー展開、心理描写、視点、構成に購読後の満足度は約束できます。
何年か後に映画化される気がします。

13

ハッピーエンドを見届けて

このお話大好きです!一気に読んでしまって更に何度も読み返しています。
ストーリー重視派の方には本当におすすめです。あとは受けと攻めの好みでご判断を。

ネタバレ無し推奨ですが表紙とタイトルから既に悪そうな雰囲気が漂うこの匂わせがまたニクイ。むしろこの表紙じゃないさわやか井川だったらまさに詐欺かも(笑)

内容は好き嫌い分かれそうだなとあらすじを見て思いましたが、状況が二転三転するのでグイグイ読み進められました。
攻めはとにかくかっこいい…クズだけど。本性を出してからのほうが断然好きですが、猫をかぶってる時の胡散臭さも良い。
そして受けですが、私はまっすぐで強い受けだなと感じました。
もちろん未熟さもあって、序盤は隙だらけで世間知らずの真面目くんなのですぐ人を信じちゃう。だから痛い目に合うのも必然といえば必然。
でもこの受けの信じる心の強さはすごい。まぶしい。
とはいえしっかり葛藤するし悩み苦しみます。
その上で、同じ痛みを知っているからこそ、攻めが受けにだけ見せたいくつかの綻びを知っているからこそ、信じて貫けたんだと思います。
大人になって一度は決別を選ぶけど、正直にまっすぐ相手に向かい合い「ただ伝えたい」という一心でぶつかっていく強い受けでした。
ほんと届いてよかったなあ…
その強さ、まっすぐさ、羨ましいですよ。

他の方もおっしゃっていますがこのお話は救済のお話だと思います。
テーマは重めだけど全体を通してどん底のシリアスというわけでもなく、脇を固めるキャラがいい味をだしていたり緩急のバランスやテンポがすごく良いです。
そして読み返す度に特に攻めに対しては色々とあ〜〜〜っとなって語彙力ゼロになりがちです。いい意味で。
あとは7話あたりで「ん?」と思ったんですが、このタイトル…井川だけを指してるわけじゃないのかも…どうなんでしょう?

11

ぜひネタバレなしで

表紙買いして大正解!

ハードな描写もあり、内容も辛口なストーリーでした。
受けが世間知らずな大学生なんだけど、だからこそ攻めを闇から導ける、光の道みたいなものを感じます。
救済のお話でした。
面白かった。久々に神をつけます。

電子では本編後の話が14ページあり、これは単行本に入れなきゃまずいのでは?ページの都合でカットされたの?ってくらい必要な後日談なので、ぜひ電子で読むことをおすすめします。

電子では294ページもあり、読み応えがあって超お得です。

11

おおと唸った

ネタバレなしで読んでいただきたいし
そうで無いといけないお話なのでストーリー的なおすすめはできませんが

この作品は多くの人に手にとってもらえる先生の顔の様な作品になると思いました
先生の良さ、らしさ、そして人によっては受け入れられない部分が詰まっていると思います

絵は前作でぐんと飛躍されたところからまたグッと上手くなられて
映画で言うとこの止め画的なシーンが兎に角良いです

お話もセリフの緩急が効いていいのです

BLにエロや可愛らしいロマンティックな恋愛を求めてる方やキャラクターに心情を重ねて見る方は今作は一本の映画を見るつもりで見ることをお勧めします
今回は特にマイナー映画
暗い古い映画館で一人ぽつんと座りスクリーンを見ている感覚で読んでほしいです

10

血を流して。心砕かれても、前へ進め。

前半の井川の、優しく、大地を愛おしむ様なイケメンぶりから、急転直下。タイトルと表紙がもはや盛大なネタバレなので。結末は読めてはいるのですが。このジェットコースター的な展開にまんまと乗せられて。ハラハラドキドキ。

大地は、非の打ち所がないイケメン・井川が外面が良いだけの姉の何処が、そんなに気に入って結婚したいのかを訝しんでいた筈なのに。まんまと自分自身がハマってしまう。この男の危なさに気付く隙はあったのに。多分、恋は盲目。井川、もとい辰己にとって、この姉弟を手玉に取るなんて朝飯前だったのだ。
井川と名乗る辰己は、百戦錬磨の結婚詐欺師。大地の姉がコツコツ貯めていた金を搾り取って、行方を眩ませる。それだけで彼は満足するべきだったのに。
ところが大地が泣き寝入りしなかった為に、事件は思わぬ事態を呼び寄せる。大地は、初めての恋に執着したのか。親に捨てられたという同じ境遇の辰己に激しいシンパシーを感じたからか。大地のその一生懸命ぶりに絆されて、辰己は観念する事になる。
割と先の読める、あるあるお涙頂戴的なお話なんですけども。
彼等の真摯な思いと。頭では分かってる筈なのに、心がどうしても動いてしまう、といった様な激しさに。グイグイ引き込まれてしまうんです。
辰己にしたって。大地が同じ様に親に捨てられたとしても、心ある人に引き取られ、育てられたこと。
それ故に真っ直ぐに育ったという事が憎い。激しく嫉妬している。あなた、大地よりずっといい大人なんですよ⁈ っていう。それは多分そうなりたかった自分。クソみたいな地獄から見上げた、一筋の光、温かさ。希望。
自分とはあまりにも違うから、離れたかった、同じ場所にはきっと。いられなかった。
そんな辰己のことを、大地は、『何を思って。何を感じて。どうしてそうなったんだろう。』と考えてばかりいる。
想いは一つなのに。何だかすれ違っている。それがキリキリと胸を締め付けて。息苦しいんです。辰己の悪質な結婚詐欺は、女性性への復讐にも見える。だから女性にも酷く恨まれて。お決まりの、傷害事件を起こしてしまう。

4年後、という年月はいささか早急な気もするけれど。そこまで彼等の未来をふわっとさせないで描き切ってくれた事は嬉しかった。
地味だけれど地に足のついた生活を自分らしく送る大地が、辰己の支えになっている事も嬉しかった。

TVなどで観ていると、結婚詐欺の手口は穴だらけに見えるのだが。辰己がどういうわけか、時間もお金もいちいち掛けているのが。前半にもの凄くページを割いて描写してるのが可笑しかった。だって読み返してみると、それなりにツッコミどこ満載なんですもん。
大地の友人で、大らかで世話焼きの永井さんを、何故女の子にしたんだろうと訝しんでいたんだけど、
ここは、母親だったり、辰己のいた施設の職員の女性が、全て「悪」として描かれているので、中和の意味があったと思うんだけど。違うかな。大地の性格から言って、そこは男の友人でも良かったのになぁ、とは思うんだけど。
BLってば、男同士の愛を語らいたいが為に、女性性を悪く描かれる事もありがち。そこを払拭しておこうと思ったのかなぁなんて。深読みしてしまうのでした。
評価はちょっぴり悩むけど、手に汗した度数を込めて。

10

コンパクトにまとまった大作!

「ケモノ」に悪い位の悪人ではありますが、極悪人ではありません。途中でさらりと生い立ちが説明され、それじゃこんな大人になっても仕方ないかな・・という背景もあります。
コンパクトにまとまったというのは、話が小話だ、という事ではなくボリュームのある漫画になる可能性もあるのに設定やら背景が考えつくされている感じで無駄なページが無く1冊になっているという感想です。凄いなと思いました。

受けはさえない大学生設定ですけれど、本当は凄いポテンシャルを持っており、それを導き出す(受けを好きな)大学生の女の子がこれまた素晴らしい。

8

非道になりきれない酷い男(攻)が地に落ちて這い上がる様っていいですよね

とにかくいい!!好き!それに限ります笑

自分の容姿を活かし人を騙し金だけを頼りに生きてきた酷い男が世間に背く形でのし上がり、ターゲットとして選んだ一人の少年の無垢な気持ちにより感情をかき乱され地に落ちそして人生を変えさせられる…愛憎と後悔と孤独と…そういう要素が散りばめられている作品ってたまらなくないですか…。

姉の婚約者として紹介された一流企業勤めの何もかも兼ね備えたイケメン井川にだんだんと控えれてしまう弟の大地…。井川に心惹かれてしまう大地がその後知る真実が大地の人生とそして井川、実の名を辰巳…を変えていくのですが酷い男ながらも藻掻き苦しむ辰巳とそして地に落ちた辰巳を大いなる気持ちで愛そうとする大地のやり取りがドラマティックで…詳しくは作品を読んで頂きたいのですが最終的に『人を見る目がある』と大地が徹頭徹尾揺るぎなく辰巳に対して思い続けていた、そのかっこよさがいいなぁと…。出会いが互いを変えやがて共に生きるように二人が同等になる…その過程が圧倒的頁数で語られる、ドラマティックな話だと思います。こういう作品を読みたかった!!有難うございます!


8

攻が思ったほどクズではなかった

攻様カッコ良かったです。表紙にひかれて購入
さすがに九號先生の作画美しいですわりと読みやすくてどんどんお話に引き込まれましたバッドエンドも想像したのですが、ちょうど良いとこに落ち着きました

最初井川もっとクズのサドのサイコパスなのでは?と家族を次々と地獄におとしたニュースで騒がれてた事件が頭をよぎったりよぎらなかったり…
とにかく姉の婚約者だと言う井川が胡散臭く不気味に思えたのですが、本性は思ったよりもいいやつだった
無愛想で、薄情に見えるけど愛に餓えてるだけだったり
詐欺師になったのは過去の悲惨な生い立ちだったりとか
小悪党は本物の、悪党にはなりきれなかったんですね
根は優しいやつなのかもと
受の大地は確かに天然が過ぎる人を疑うことを知らない子猫ちゃんのようだけど、でもこういう攻さんには、ピュアな過ぎる子でちょうどいいかもしれません

きっと無愛想な攻様に流されることなく、ひたむきな愛情を注いでくれることでしょうし甘やかしてくれることでしょうそんなシーンがもっと見たかったです
番外編ででないかな?
全体的にハラハラしたり泣けたりとドラマティック内容重視でとても良かったです。

8

突き刺さるものがある

読み始めたら集中しちゃって、読み終わったら色々すごくて語彙力なくすほどでしばらくぼんやりしてしまったレベルに神作品と言えるかもしれない。

いままで見てきたBL作品の中でダントツに衝撃的で内容重視で、引き込まれて感情移入して、感動して泣けてきたり、最後まで読み手を夢中にさせてくれた。
BL漫画でここまで内容に引き込まれたのは初めて。

まず、表紙で引き込まれて面白そうと思って買った。内容もすごいんどけど、ちゃんとリアルでありそうで無い設定とか、犯罪をテーマにしてるのも新鮮だった。

本当に素晴らしい作品に出会ったって感じ
作者さまに感謝したいです
ありがとうございました

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う