スロウ・ダメージ Clean dishes -leveret-

slow damage

スロウ・ダメージ Clean dishes -leveret-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
21
評価数
6
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
奥嶋ひろまさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
Nitro+ CHiRAL 
媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
電子発売日
ISBN
9784253155243

あらすじ

新神海で掃除屋として働くバクとシロ。恋人同士という関係の二人だが、ある時若者たちが相次いで自殺する現場を担当することになる。どうやら若者たちは"ヘアズネスト"というSNSに心酔していたようで…?

表題作スロウ・ダメージ Clean dishes -leveret-

バク,「皿屋」と呼ばれる死体処理屋
シロ,バクの恋人で同じく皿屋として働く青年

その他の収録作品

  • あとがき(奥嶋ひろまさ先生)
  • special Message(「スロウ・ダメージ」脚本担当 淵井鏑)
  • あとがき(スロウ・ダメージ」原画担当 山田外朗)

レビュー投稿数1

BLゲーム「スロウ・ダメージ」のコミカライズ版

奥嶋先生が描かれているということで興味を惹かれて手に取りました。

「スロウ・ダメージ」というゲームを軸にしたコミカライズ版。メインとなるストーリーを描いたコミカライズもあるようですが、今作品はスピンオフにあたる作品のようです。ゲームも、もう一つのコミカライズ版の方も未読という全く何も知らない状態で読みましたが、世界観が非常に独特で面白かった。

ゲーム、そしてもう一つのコミカライズ版も含めてネタバレに触れる可能性があります。ネタバレ厳禁な方はご注意ください。





経済が悪化し不況が深刻化した近未来の日本が舞台。
不況を打破すべく開発されたのが、一大カジノリゾートの「新神海」。
「新神海」を運営する「鷹郷組(たかさとぐみ)」は金銭的に潤い、世間の不況をあざ笑うように栄えていた。

そして、その煌びやかな世界の裏では、闇となる部分もある。
その闇の部分で、抗争や喧嘩で生み出された遺体を片付ける裏仕事の死体処理屋・通称「皿屋」と呼ばれる人物にスポットを当てて描かれた作品です。



バクはシロという名の恋人ともに皿屋をしている。

シロは精神的に不安定なところがあり、彼らが仕事として赴いた遺体がある場所での行為をねだったり、死にたがったり。けれど、それを時に厳しい言葉で叱咤するバクの存在のおかげでバランスをとっていた。

最近、自死の後片付けが増えていた。その理由に、SNSの「ヘアズネスト」が関わっているようでー?

というお話。

退廃的な世界、そこで裏の仕事をしながら懸命に生きる男たち。めちゃめちゃ萌えツボを刺激されました。BL作品にしては珍しい攻めさん視点のお話で、精神的に弱い受けさんが登場することもあってタフな攻めさんをイメージしながら読んだのですが、この「バク」という青年がかなりやんちゃです。いわゆるスマートな、スパダリな攻めさんではないんですね。それがまた味がある感じ。

「ヘアズネスト」とは一体何なのか、若者たちを死に誘導するその理由、手腕、そして目的は。

その謎を追いつつ、バクとシロの揺るぎない関係が描かれていました。

奥嶋さんが描かれているということもあってか、エロ度は低め。そしてどちらかというとその絵柄から青年誌っぽい感じが強くします。さらにシリアスベースで流血とか死とかも描かれている作品なので、読み手を選ぶ作品かもしれません。甘々で優しいストーリーを求める方には正直不向きな作品かと思われます。

ゲームそのものを知らないので、もしかしたらゲームをクリアしたことがある方だと感じ方がまた違うのかな?と思いましたが、その青年誌ぽいっていうのかな、いわゆるBLぽさが低い感じが、個人的にはこの作品の世界観にあっていた気がしました。

萌え、とは少し違うのですが、ストーリーやその世界観はめちゃめちゃツボ。他のコミカライズも読んでみたいし、小説とかも出版して欲しいなと思いました。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う