2gether 1

2gether 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
47
評価数
14
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
奥嶋ひろまさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
ジッティレイン 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ワニブックス
レーベル
クランチコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784847068607

あらすじ

話題沸騰中の“甘キュン"タイBL『2gether』のコミカライズ第1巻!
人気漫画家・奥嶋ひろまさが、甘えたがりのS系男子×天然愛され系男子の尊すぎる青春ラブを描く!

2020年2月にタイで放送開始されると、Twitter世界トレンド1位を獲得し、話題になったドラマ『2gether』。
日本でも人気となり、映画「2gether THE MOVIE」が(2021年6月)公開されるなど、今年は「泰(タイ)流」旋風が巻き起こること間違いなし!
巻末には描き下ろし漫画も収録!!

大学1年のタインは、運命の相手(可愛い女子)との出会いに胸を膨らませていたが、告白されたのはゲイの同級生グリーンだった。
その気のないタインは、積極的にアプローチしてくるグリーンから逃げまわるが、猛アタックは止まらない…。
困り果てたタインは、グリーンに諦めさせようと学内イチのイケメン・サラワットに“ニセ彼氏"になってもらいたいと頼み込む。
最初は、ぶっきらぼうで塩対応なサラワットに“嫌なやつ"と腹を立てていたタインだが、直球に「恋人のフリ」をぶつけてくる彼の態度に、なぜか高鳴る心臓(ムネ)の鼓動。
戸惑いを感じるタイン――。

翻訳:佐々木紀

表題作2gether 1

サラワット,大学1年生
タイン,大学1年生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数6

攻めがめちゃ良い

実写にはハードル低い方なのですが言葉の関係でちょっと見てはUターンを繰り返していたタイBLですが、このお話はお薦めされて読んでみました。
2巻まで読んでの感想です。

攻めのサラワットがとってもとっても良かったです!
あらずじに甘えたがりのs系男子とあったのですがまさにそれでした。
物語はどこにでもいそうな女の子大好きなタイン視線で進むのでタインに共感できないとダメな人もいるかもしれませんが、共感できないならちょっと俯瞰視線で読むといい気がします。
だんだんサラワットの心情がわかってくるともに物語りはぐんと面白くなると思います。
このサラワットくん顔面力は鬼の様にいいのですが、着ているもの、音楽など、人と同じものを好きになれないという子、多分自分と同じ空間にいるいわゆる同じヒエラルキーにいる子たちと共通項は音楽だけと言う子だったんだと思います…(あくまでコミカライズ2巻までの情報の印象です)
そんな時に自分と同じ音楽を好きと全身で態度で表していたタインくんを見かけ、彼のことをずッと心にひっかけていたんだと思います。
そのタインくんに思いがけず再会し(タインくんにとっては初対面)偽装工作のためとはいえ交際を申し込まれ、顔面にはあまり出ていない様ですが、よく見るとずっと溢れているのです。彼のドキドキっぷりが!
タインくんがなんとも思っていない行動に引っ張り回されムカついたりドキドキしたりムッキーとなっていたりデレデレしているんですが、タインくんが全身で表現するタイプ故かサラワットの表現がもどかしいくらいなのですがそこがまためちゃ可愛いのです。
2巻まで読んでスマフォ握ってサラワットオオオオと震えました。

2巻の続きは実写か小説でもいいのでしょうけど、奧嶋先生のサラワットの留顔がめちゃ萌えてしまったので漫画を待つべきか…今大いに迷っています。
久々に激ったので神とさせていただきました!

1

タイン最高にかわいい

タインが尊い! とにかく尊い! 
いつもふざけていて面白おかしいことばっかりするタイン。数ページごとに笑えて、後半からどんどん可愛くなっていくのが最高です。
小説の方は、漫画では描かれていない細かいところが上乗せされ、濃厚なストーリーを楽しむことができます。一、二巻ともエロ度は非常に少ないため、初めての作品にもぴったりです。個人的には、コミックよりも小説の方がおすすめです。

コミックは一巻しか買っていませんが、ぜひ二巻も買うことをおすすめします。

0

萌え感

どこかで見かけたドラマで、それ自体はあまりはまらなかったのですが、こちらはそのコミカライズ。
漫画の方は面白いですね。

作者さんが原作のファンというだけあって、その萌えが伝わってくるようなコミックスになっています。

学校中の誰もが振り向くようなハンサム。でも本人はいたってクール、むしろ変人かもしれない、というキャラが際立っている。
一方、明るくて彼女が欲しいばっかりな単細胞?なキャラが主人公で、この人物の目線で物語りが進んでいきます。

別の男子に言い寄られて困っていて、学校一のイケメンに彼氏のフリをしてもらおうと近づいた主人公でしたが、はてさて相手は、まさかの本気の恋?
というようなややコミカルな作品。続きが気になります。

0

初のタイBL

前からタイトルだけよく見かけていたタイBL。
コミックスが電子化していたので何気なく読んだら大当たり!!
特に攻めのサラワットの切ない心理描写に心臓を鷲掴みされちゃいました。
日本の男性作家さんがコミカライズを担当したBLで一瞬躊躇してしまいましたが、文句なしで面白かったです。
文化や言語の違いで翻訳が難しかったんだろうなあという印象のシーンもありましたが、それも含めてとても面白い作品に仕上がっていました。

1

最初は趣味じゃないかもと思ったけれど……?

タイ実写BLで話題になっていたのは知っていたのですが結局見る機会は無く。
コミカライズ、しかも私の好きな先生が担当されるとのことで購入しました。

大学生同士で性的描写も無く(少なくとも1巻時点では)BL初心者も読みやすいかと。
タイが舞台なので文化的に戸惑うこともあるかなと読む前は思っていたのですが、名前やニックネーム等に馴染みがないくらいであとは日本と変わらないスクールライフで読みやすかったです。

最初は主人公のタインくんが図々しくデリカシーが無い印象を受けて、合わないかも……と思っていたのですが、後半にいくにつれてニヤニヤしながら読みました。BL的にはこれから!って感じで次巻が楽しみです。

0

完全に好みの問題ですが。

ドラマが大人気だそうですが、ドラマは未聴。ちなみに原作小説も未読という、まったくの初心者状態で手に取りました。

内容はすでにご存じの方も多いのかもしれませんが、一応ざっくりと。




主人公のタインは大学1年生。
日常は常に「ペア」であふれている。自分も、自分の「ペア」になる彼女が欲しい。大学生になり新生活を始めたタインは運命の相手との出会いに期待する青年だが、彼に愛の告白をしてきたのはゲイの同級生のグリーンだった。

断っても断ってもしつこく付き纏うグリーンに辟易したタインは友人の勧めもあって架空の彼女を見つけようと奮闘するが、そのタインが偽物の恋人としてロックオンしたのはイケメンで女子人気の高いサラワットだった。サラワットに事情を説明し偽物の恋人になってもらおうとするタインだったがすげなく断られてしまう。

諦めずにアタックし続けるタインだったが、その過程で少しずつお互いを知っていき―?

というお話。

誤解の無いよう初めに書きますが、奥嶋先生の絵柄も作品も好きなんです。
好きなんですが。

んー、でも、この作品にはちょびっと合っていなかった気がしました。この作品のベースはコメディなんですね。そのコメディ調のストーリーに奥嶋さんの絵柄では、本当に少年誌、あるいは青年誌に掲載されているような作品になってしまった気がします。

画力はもちろん高いですが、BL作品として読もうとすると色香が圧倒的に足りない。コメディ寄りの作品であっても、そこはかとなく漂う色香とか綺麗さ、可愛らしさがなければそれはBLとしての魅力は欠如する、と個人的には思うんですね。これが青年誌であればアリだと思うのですが、あくまで今作品はBL作品なので……。

いや、失礼な感想で申し訳ない。
このコミカルさが今作品のキモであることは分かってはいますし、こういう作風がお好きな方がたくさんいらっしゃることも分かります。あくまで好みの問題です。

で、ストーリーも微妙に突っ込みどころがあったように感じました。

まず、タインはなぜサラワットに白羽の矢を立てたのか。
あれだけ拒否られ、女子人気が高い男性ゆえに女子の皆さんの反感も買うのでは?とか思うとなぜそれがサラワットでなければいけなかったのか、が分からない。いつもつるんでいる男友達でもよかったんじゃないですかね。

そしてそもそもタインは女の子が好きなんですね。
サラワットに架空の恋人になってほしいと迫っているさなかに、ギター部に入ってくる女の子に夢中になるシーンがありますが、それはあまりにもサラワットに対して失礼じゃないですか……?とかね。

そしてこれに尽きるかも。
サラワットがタインに惹かれ始めている風でありますが、いったいそれは何故……?

たぶん、綺麗な男の子たちのわちゃわちゃを楽しむが正解な作品なのでは?と思うのですが、何度も書いて申し訳ないですが、その二人の間に流れる色っぽい感情とか男の色香が読み取れなかったのが敗因かと思われます。

ドラマも小説も拝見していないので、今後ストーリーがどう動いていくのかわからないのですが、おそらくまだ序盤かと思われます。今後どうなっていくのか、楽しみではあるのですが。正直に言ってしまうと評価は「趣味じゃない」なのですが、今後の期待も込めて「中立」で。

人気作品に、人気作家さまの作品に低評価をつけて申し訳ない。
次巻に期待。

5

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う